• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2019年
    08月30日

    2019年度前期国際ビジネス・インターンシップ①:香港のEGLツアーズ(東瀛遊旅行社有限公司)でのインターンシップⅠ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。

    プログラムが始まった2016年度以降、学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ695名にのぼります。

    今年度前期の国際ビジネス・インターンシップは85名が受講し、多くの学生が将来の就職先として志望している旅行・観光、航空、ホテル、貿易、金融・保険業界を中心にインターンシップを実施しました。

    このうち日本に最も多くの観光客を送り出していることで知られる香港の旅行会社EGLツアーズ(東瀛遊旅行社有限公司)でのインターンシップには、国際キャリア学科2年のY.Mさん(福岡県立筑前高等学校出身)とA.Tさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)が参加しました。二人は「アジアの観光業界のカリスマ」とも呼ばれている袁文英社長、鹿児島県のご出身でA.Tさんの高校の先輩にあたる末廣スーパーバイザーをはじめ同社の社員の皆様から多くのことを学ばせていただき、旅行会社の業務にさらに魅力を感じたようです。お忙しいなか、ご指導いただきました同社の皆様、本当にありがとうございました。

    EGL.jpg
    EGLツアーズの袁文英社長とY.Mさん(右)、A.Tさん(左)

    以下では旅行会社の現場で貴重な経験を積んだふたりのうちA.Tさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)の感想をご紹介します。

    A.Tさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)

    今回の香港のEGLツアーズ様でのインターンシップでは、袁社長を始め、同社の方々のたくさんのサポートのおかげで、とても充実した時間を過ごすことができました。
     
    インターンシップでは社員の方々に丁寧に教えていただきながら、主に団体向けの日本ツアーの旅程を作成していくうえで重要なホテルの情報収集の業務を経験させていただきました。日本全国に新設される予定のホテルの基礎情報をまとめたり、今年8月から来年のオリンピック期間までの九州各地のイベント情報の収集などを行いました。団体向けツアーでは、いくら観光名所やショッピングモールなど訪れる場所が決まっていても、泊まるホテルがなければ旅程を完成させることができません。また、一つのツアーが30人から40人のお客様で構成されているので、たくさんの人数を一度に受け入れることのできるホテルを探すことは困難を極めます。特に、東京オリンピックや人気アイドルのライブなどが開催される期間は、全国各地のホテルが予約で埋まってしまうため、特に厳しい状況になります。そのため、同社では半年から2年以上前からホテルの予約を行い、お客様のために綿密に旅程の作成を行っていらっしゃいます。

    EGLIMG_6665.jpeg

    私は今まで、旅行会社と聞くとカウンターでお客様と一対一で対話する業務を想像していました。しかし、今回、経験したようなひたすら情報をまとめて、予約を取るような地道な業務を知り、旅行会社の奥深さを学びました。
     
    今回のインターンシップでは日本と香港の働き方や職場環境の違いについても学びました。多くの日本企業の場合、残業は普通です。これに対し、香港の企業では残業することはほとんどなく、EGLツアーズ様の場合、18時になると皆さん、退社の準備を始めます。決められた時間のなかで、いかに効率よく仕事をするかが大切だと社員の方はおっしゃっていました。社員の方々とお昼をご一緒させていただいた時に皆さんの仲の良さにもとても驚きました。もちろん仕事をしている間は先輩、後輩の上下関係がありますが、日本ほど厳しいものではなく、コミュニケーションを取りやすい環境だと感じました。
     
    今回の研修でEGLツアーズの袁社長のお話を聞いて、お客様やEGLツアーズが関わる香港や日本の企業の方々、そして何よりも一緒に働いている社員の皆さんに対する思いやりの心がいかに大切であるかを学びました。どんなに小さなことでも、相手を想って手を抜かないことが思いやりの心に繋がるという袁社長の考えが現在の同社を形成しているのだと思い、感銘を受けました。

    これから就職活動をしていく上で、自分が本当にやりたいことを探っていくことが大切であるとともに、職場環境や企業の経営理念なども見定めていく必要があると思いました。短い期間でしたが、有意義な時間を提供してくだったEGLツアーズの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。今回、学んだことを土台に、将来についてさらに深く考えていきたいと思います。本当にありがとうございました。

    IMG_8105.JPG
    EGLIMG_4689.jpeg

     
    IMG_2438.JPG 006.JPG
    IMG_5930.JPG IMG_5931.JPG
    東アジアの経済ハブ、香港でのインターンシップで二人は大きく成長しました!
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月27日

    (授業紹介)Reading and Writing Skills (担当:Robert Hulse)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の英語科目は定期的に実施するテストに基づき、レベルごとにクラスを編成しています。カリキュラムは英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており、授業の多くは英語圏のネイティブの教員が担当しています。

    6______________Nakano_______N_10929.jpg3______________Nugent_N_11137_(1).jpg4______________Alan_N_11155.jpg
    三先生.jpg

    以下は「Reading and Writing Skills 」を担当しているロバート・ハルス先生(Mr.Robert Hulse、英国出身)による授業紹介です。

    Reading and Writing Skills (担当:Robert Hulse)

    IMG_5369.JPG

    In this course, we will combine reading and writing activities in class and all who attend will have the opportunity to express their ideas on the topics raised.  The main goal is to focus on how to communicate clearly and effectively. All participants will cover varying issues and topics; together students discover answers to questions posed gaining knowledge and a deeper insight into the topics touched upon. We will focus on how to use and present work in a clear and concise manner.

    IMG_5368.JPGIMG_5465.JPGIMG_5412.JPG
     
    Students are able to submit their work online, and have access to extra material via smart phones/tablet/desk top computer. Assignments will also comprise of contemporary topics implementing skills, vocabulary and grammar studied in class. All who attend will also be given freedom to read books outside of the classroom that are of interest to them. This will personalise the learning process and give the opportunity to put into writing what they have read. As a class everyone will also be given opportunities to discuss what they have read; this is leading towards enhanced vocabulary and comprehension of written English. 

    IMG_5384.JPGIMG_5404.JPGIMG_5416.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月26日

    海外留学留学先からの報告130:S.Mさん(カナダ・セントメアリーズ大学-久留米信愛女学院高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。130回目となる今回は、今年5月からカナダのセントメアリーズ大学に留学中のS.Mさん(久留米信愛女学院高等学校出身)からの報告です。

    S.Mさん(久留米信愛女学院高等学校出身)​​からの留学報告

    私は現在、カナダ東部のハリファックスにあるセントメアリーズ大学に通年で留学し、英語を中心に学んでいます。

    S.M①.jpg

    授業は午前と午後に分かれており、教科書だけでなく、日常生活で起こった出来事をテーマにディスカッションするなど、楽しく英語を学んでいます。授業ではペアやグループでのディスカッションが多く、自分の考えだけでなく、韓国や中国、マリ、ヨルダンなど様々な国からの留学生の文化や言葉、考えを学ぶことができます。ご指導いただいている先生方はとてもフレンドリーな方々で、分からないことや気になることがあると、いつも丁寧に教えてくださいます。

    S.M②.jpg

    放課後や週末には大学主催のアクティビティに参加したり、地域のダンススクールに通ったりしながら交流の幅を広げ、とても充実した日々を送っています。

    S.M③.jpg

    残りの留学期間も楽しく英語を学び、自分自身を成長させるためにたくさんの経験を積み、一日一日を大切に後悔のないように過ごしたいと思います。
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月23日

    (学生の活躍)国際キャリア学科のM.Yさん(福岡海星女子学院高等学校出身)が在日米国大使館等の女性リーダー育成プログラム(TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program)の団員に選ばれました!

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科2年のM.Yさん(福岡海星女子学院高等学校出身)が日米カウンシル、在日米国大使館、メットライフ生命が共催する女性リーダー育成プログラムTMWLP(TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program)に参加する全国の50名の女子学生の一人に選ばれました!

    TMWLPは、社会に変革をもたらし、女性の活躍を牽引する次世代のリーダーを輩出するために、高い目的意識を持つ日本の女子学生に約10ヵ月間のリーダーシップ研修と実務経験豊かな女性リーダーたちによるメンターシップの機会を提供するプログラムで、米国での研修も組まれています。貴重な学びと交流の機会を活かして、M.Yさんがさらに大きく成長することが楽しみです。

    h.y IMG_8099.JPG

    なお、国際キャリア学科生が同プログラムの団員に選ばれるのは今春卒業した二期生で、現在、スカイマーク株式会社の客室乗務員として活躍中のM.Eさん(純心女子高等学校出身)に次いで二人目となります。

    前回、選抜されたM.Eさん(国際キャリア学科二期生、純心女子高等学校出身)のワシントンD.C.での活動の様子

    IMG-9431.JPG
    IMG-9540.JPG
    IMG-9430.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月22日

    海外留学留学先からの報告129:M.Eさん(カナダ・セントメアリーズ大学-福岡工業大学附属城東高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。129回目となる今回は、今年5月からカナダのセントメアリーズ大学に留学中のM.Eさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)からの報告です。

    M.Eさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)​からの留学報告

    私は今年5月からカナダの東部の街、ハリファックスにあるセントメアリーズ大学に留学し、英語を中心に学んでいます。

    クラスは少人数編成で、先生との距離がとても近いのが魅力です。リーディングの授業では毎日、チャプターごとに先生に自分の意見や感想を伝えながら読み進めていきます。

    学内だけでなく、ハリファックスの街に赴いて、自由に会話したりすることも多いです。このような日々の会話の中で分からなかった単語や言い回しについて、遠慮することなく先生に質問できる環境は少人数クラスならではだと思います。先生方はとても優しく、様々な国からの留学生と交流する機会を作ってくださいます。こうした日々の授業や交流を通してリスニング、スピーキング、リーディング力が着実と身についてきていると実感できます。

    M.E②.jpeg

    放課後は大学が企画した様々なアクティビティに参加することが多いです。一緒に参加してくれるセントメアリーズ大学の学部生と交流できるのでとても楽しいです。カナダでの観光地を巡る機会も多く、刺激的です。

    M.E①.jpeg

    この留学中に特にリスニング力、スピーキング力をもっと向上させるよう取り組んでいきたいと思っています。

    ME③.jpeg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@