• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2019年
    02月27日

    2018年度後期国際キャリア学科インターンシップ①:アシアナ航空地上職員(GS)研修

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科では、国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップを中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ565名にのぼります。

    今年度後期の学科のインターンシップ(Business InternshipⅡ:国際キャリア学科3年選択科目)は24名が受講し、多くの学生が将来の就職先として志望している旅行・観光、航空、貿易業界を中心にインターンシップを実施しました。

    このうちアシアナ航空のご協力を得て実施したアシアナ航空地上職員研修には、N.Kさん(福岡県立香住丘高等学校出身)、M.Iさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)、K.Fさん(福岡県立光陵高等学校出身)、R.Tさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)、H.Nさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)の5名が参加し、旅客、貨物、営業、グランドスタッフなどの各部署で研修を受けました。

    学生たちはアシアナ航空の皆様の丁寧なご指導で多くのことを学ばせていただき、航空会社の業務にさらに魅力を感じたようです。お忙しいなか、ご指導いただきました福岡支店の金支店長、韓販売部長、横山セールス・スーパーバイザー、グランドスタッフの山田様はじめアシアナ航空の皆様、本当にありがとうございました。

    *本研修はアシアナ航空のフェイスブックでもご紹介いただきました。
    https://www.facebook.com/asiana.jp/posts/3080860671939296?__xts__

    __________________1.jpg
    アシアナ航空地上職員研修:金支店長はじめご指導いただいた福岡支店の皆様と研修生
    S__67854393.jpg S__67854376.jpg
    福岡空港の国際線カウンターでアシアナ航空GSの山田様にご指導いただく研修生

    以下では参加した学生の感想をご紹介します。

    N.Kさん(福岡県立香住丘高等学校出身)

    S__67854371.jpg昨年夏にアシアナ航空客室乗務員研修を経験させていただきましたが、今回、支店での営業や予約業務、空港でのグランドスタッフの業務、貨物業務について実地で学ばせていただき、たくさんの知識を得ることができました。業務内容が異なる様々な部署の方が連携し、一人一人が業務に責任感を持って取り組まれていることがお客様の安全と満足度につながっていることを学びました。グランドスタッフのお仕事は確認作業がたくさんあり、ひとつの見落としやミスが重大な問題へと発展することも多く、システムを100%信じるのではなく、報告・連絡・相談と確認を徹底されているとのことでした。また、国によりビザの規定も異なるため、その都度、勉強して知識を増やしているとおっしゃっていました。今回、グランドスタッフ業務について説明してくださった山田様とは共通の友人がおり、顔見知りでもありました。同世代の方が社会に出て働き、活躍されている姿を見て、とても刺激を受けました。今回、学ばせていただいたことを活かし、これからの就職活動に臨みたいと思います。本当にありがとうございました。

    K.Fさん(福岡県立光陵高等学校出身)

    S__67854384.jpg航空業界の地上職員の業務について、多くのことを学ばせていただきました。普段、なかなかできないような体験をさせていただき、本当に参加できて良かったと思います。様々な部署の方からこの業界ならではのやりがいや大変なこともお話しいただき、航空会社の業務にとても魅力を感じるとともに、働く上で「報告・連絡・相談」がいかに大切で、コミュニケーション能力が必要とされるかを実感しました。金支店長からは、外資系企業ならではの文化の違いを超えて働くことの魅力やその大変さを教えていただきました。金支店長によると、日本人は約束や時間を必ず守るという良さがある一方で、自分のルーティーンを大切にするあまり臨機応変な対応が苦手になる傾向があるそうで、自分が社会に出た際にはぜひ気をつけようと思いました。また、グランドスタッフの業務にはたくさんの人の旅の始まりと終わりを見届けられるという魅力がある一方で、言語や文化の違いという大きな課題があると教えていただき、たとえ言葉が伝わらなくてもしっかりと相手の方の目を見て、聴く、話すということが大切だと教えていただきました。これは空港でご指導いただいたグランドスタッフの山田様もおっしゃっていました。今回、学ばせていただいたことを今後の就職活動に活かしていきたいと思います。

    M.Iさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)

    S__67854377.jpg今回の研修を通して、今後の就職活動では何を軸にするべきなのか、改めて考えることができ、また普段では話すことができないような方々のお話を聞くことができ、とても貴重な経験になりました。ご指導いただいた福岡支店の金支店長は仁川空港でグランドスタッフの業務を担当されたご経験もあり、「グランドスタッフとは多くの国の方と関わる仕事で魅力も多いが、忍耐力や体力が必要である」とおっしゃっていたことが印象的でした。また、韓販売部長からは①人から聞いたことは必ずメモをとる、②お礼と謝罪、挨拶と笑顔、③分からないことを分からないままにせずにすぐに聞く、④報告、連絡、相談を欠かさない、⑤常に何にでも関心を持ち、向上心を持つという社会人になる際に大切なポイントを教えていただきました。私は韓国語を勉強していて韓国企業にとても関心があったので、福岡女学院大学国際キャリア学科でしかできないこの研修に参加できて、とても良かったです。この経験をこれからの就職活動に活かしていきたいです。

     ​Y.Mさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)

    S__67854375.jpg私は今回、アシアナ航空地上職員研修に参加し、多くのことを学ぶことができました。外資系航空会社では、若いときから様々な仕事を任せていただけるという長所があり、それがやりがいにもつながり、魅力的だと思いました。金支店長からは、アシアナ航空がどのような航空会社であるのか、どのような路線があるのか、どのような機体を使用しているのかなど、丁寧に一つ一つ教えていただき、企業理解を深めることができました。また、航空業界全般の動向についても教えていただきました。アシアナ航空と提携されている旅行会社MSツーリストの八尋様からも貴重なお話を伺うことができました。どのようなところをポイントに企業選びをするべきか、これからどのような業界が人材を必要としているのかなど、航空業界以外の業界でどのようなところを視野にいれるのかを考えるきっかけになりました。これからの就職活動にこの研修で学んだことを活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

    H.Nさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)

    S__67854387.jpg今回のアシアナ航空地上職員研修では、様々な部署を周り、お話を伺い、これまで研修を受けた国内の航空会社と同様、チームワークと他の部署との連携の大切さを実感しました。他方、国内の航空会社との違いを感じたのは求められているのが即戦力だということです。グランドスタッフの採用では、エントリーシートの提出から二か月ほどで入社が決まるそうです。福岡支店にも中途採用の方が多く、他の企業で経験を積み、現在の仕事にそれを活かされています。福岡空港では、現場で働くグランドスタッフの方からお話を聞きました。国際線のカウンターで働くグランドスタッフは、確認と報告・連絡・相談が重要になります。国際線には福岡-仁川の往復だけでなく、仁川国際空港からのトランジットのお客様も多いため、乗り継ぎが必要なお客様の情報に加え、空港ごとのトランジットに要する時間や国籍によって異なるビザなどの入国書類、アライアンスにまたがって使用できるマイレージカードなどを確認します。実際にカウンターに入って業務を見学させていただき、手荷物にタグをつける作業やパソコンでの入力作業などを見学させていただき、システムについても丁寧に教えていただきました。カウンターでご指導いただいたのは私たちと同年代の方でした。社会人を初めて1年7か月でこんなにも雰囲気が違うものかと驚きました。本当に学ぶことの多い、充実した研修でした。お忙しいなか、ご指導いただき、ありがとうございました。

    アシアナGS①.jpg
    아시아나항공 여러분, 대단히 감사드립니다.
    (アシアナ航空の皆様、本当にありがとうございました!)
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    02月26日

    (授業紹介)Senior Seminar(国際政治経済、中東研究:山口ゼミ)

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科では経済界と連携して国際ビジネスの現場で学ぶプログラム(インターンシップ、実務研修)を充実させる一方で、3年次からは国際政治経済、地域研究、国際協力、英語・異文化コミュニケーション、経営・ビジネスの各専門分野の少人数のゼミ・クラスでの専門教育を重点的に実施しています。

    このうち、中東・北アフリカ地域の政治経済を中心に学ぶ山口ゼミの4年生は先月、卒業研究レポートを提出しました。

    山口ゼミ4年生は、3年前期、ここ数年、国際テロなどで世界を揺るがせてきた「イスラーム国」(IS)が生まれてきた要因や背景について、『イスラーム国の衝撃』(池内恵著、文春新書、2015年)や『現代中東の国家・権力・政治』(ロジャー・オーウェン著、明石書店、2015年)『倒壊する巨塔 アルカイダと「9.11」への道』(ローレンス・ライト著、平賀秀明訳、白水社、2009年)など、指定された文献や資料に基づき、各自が春休みに調べた結果をグループに分かれて議論し、再度、グループで深堀りして、その結果を発表しました。
     
    IMG_2828.JPG IMG_2834.JPGIMG_4332.JPGIMG_4325.JPG
     
    IMG_2814.JPG続いて、3年後期には前期の議論を通して浮かび上がってきた「イスラーム国」台頭の要因に関連して、①現在の中東・北アフリカ地域の混乱のきっかけとなった2011年以降の広域的な政治的変動、いわゆる「アラブの春」はどのようにして起き、なぜ総じて失敗に終わったのか、②現代における過激なイスラーム主義はどうして生まれてきたのか、③大国の同地域への介入の主たる要因である石油資源はどのように開発され、世界と地域の情勢に影響を与えてきたのか、④中東・北アフリカ地域の混迷を象徴するイラクは建国後、どのような歩みをしてきたのか、という4つのテーマをグループごとに分担し、さらに掘り下げて調べて、報告しました。

    IMG_2813.JPGIMG_2925.JPG
     
    以上のグループでの研究、報告を踏まえ、4年次には各自、テーマを設定して卒業研究を進めました。研究テーマは卒業後の進路(職業)などを踏まえ、各自が最も深い関心を持った分野を担当教員と協議しながら選定しました。

    IMG_5768.JPG

    例えば、コカ・コーラボトラーズ ジャパンへの就職が内定しているM.Iさん(福岡市立福翔高等学校出身)はドバイ首長国(アラブ首長国連邦)を中心とする中東の飲料市場と日本企業の進出状況を、水回り機器の代表的なメーカーである株式会社タカギへの就職が内定しているM.Iさん(大分県立中津南高等学校出身)は水資源をめぐる中東諸国の対立と先端技術で知られるイスラエルの水関連産業を、西鉄グループの広告代理店である西鉄エージェンシーへの就職が内定しているH.Kさん(福岡県立筑前高等学校出身)はドバイ首長国の経済開発と企業誘致のための広報戦略を、それぞれ研究テーマに選びました。また、全日本空輸株式会社(ANA)の客室乗務員に内定しているA.Kさん(佐賀県立佐賀商業高等学校出身)はトルコ航空やエミレーツ、カタール航空など世界の航空業界の台風の目ともなっている中東の航空会社の成長の要因について研究し、株式会社福岡銀行への就職が内定しているN.Bさん(福岡県立小郡高等学校出身)はイスラーム金融(*)について研究を進めました。

    *イスラーム法(シャリ―ア)に則った金融取引。イスラーム教の聖典コーラン(クルアーン)で禁止されている「利子(リバー:ربا」を回避する金融手法など。

    IMG_6700.JPGIMG_6481.JPGIMG_6486.JPGIMG_6696.JPG
    4年後期の卒業研究の発表会

    学生たちは何度かレポートの提出と担当教員による指摘、修正を繰り返し、卒業研究を終了しました。完成したレポートからはこの4年の学修と成長が伺えます。大きく成長した彼女たちがこの4月から社会の各分野で活躍していくのがとても楽しみです。

    IMG_7399.JPG
    مبروك (マブルーク!アラビア語で「おめでとう」):頑張った卒論を手にガッツポーズ!
     
    L1070049.JPG L1060218.JPG R1070249.JPG 中東 053.JPG
    中東の国々:上左からウズベキスタンのサマルカンド、イスラエルのエルサレム、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ、トルコのサフランボル
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    02月25日

    (授業紹介)Business Reading(ビジネス英語、担当:Ian E. Kenyon)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の英語科目は定期的に実施するテストに基づき、レベルごとにクラスを編成しています。カリキュラムは英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており、授業の多くは英語圏のネイティブの教員が担当しています。

    6______________Nakano_______N_10929.jpg3______________Nugent_N_11137_(1).jpg4______________Alan_N_11155.jpg
    三先生.jpg

    以下は2年生を対象とし、英文ビジネス文書の読解・作成力の向上を目指す「Business Reading」(国際キャリア学科2年生必修科目)を担当しているイアン・ケニオン先生(Mr.Ian E. Kenyon、英国出身)による授業紹介です。

    授業紹介:Business Reading(担当:Ian E. Kenyon)

    IMG_1606.JPGIn Business Reading, our reading matter focuses on a different kind of business each week, for example, the fashion business, the airline industry or the IT industry.  Reading is a solitary pursuit, so other activities are always built in. Students may, for instance, receive slightly different versions of that day’s reading material, with different bits of information missing. Each student’s task is then to prepare questions in order to elicit that information from another student. This makes the class more interactive and more lively than if students were simply reading on their own.

    Other reading exercises may include asking students to research questions typically asked at job interviews abroad, and then practice asking and answering these in pairs. Yet another example - perhaps in preparation for a career with a non-Japanese company -  is having students research more individualized “western-style” CVs, and then express themselves artistically by making their own.
     
    Basically, although this is a reading class the aim is not simply to sit and read about the world of business, but to try and stimulate curiosity by having students discover information for themselves.  

    IMG_6898.JPGIMG_6892.JPGIMG_6902.JPG

    以下は受講している学生の感想(代表)です。

    N.Tさん(大分県立国東高等学校出身)

    私はケニオン先生の「Business Reading」の授業で、英語力の向上を実感するとともに、ビジネスについての知識も増やすことができています。この授業は、ネイティブの先生によるオールイングリッシュの授業です。将来、外資系企業での就職活動に役に立つ英語での履歴書作りなどもしています。また、映像を見たり、ペアワークでの学習をする機会も多く、楽しく、かつ集中して授業を受けることができています。先生もとても優しい方で、このような良い環境で学習できることをとても嬉しく思っています。

    M.Iさん(福岡県立糸島高等学校出身)

    これまでの授業では、日本の政治や経済に関するニュースが海外でどのように放送されているのかをリスニング形式で読みとったり、日本の災害が発端で問題視された原子力発電所の安全対策について改めて考えたほか、英語での履歴書の作成などを行いました。英語での履歴書作成については、いざケニオン先生に添削していただくと、皆が同じような内容になっていて、先生からは「もっと自分の個性や強みになるようなことを様々な形で書いたらアピールできるよ」とアドバイスいただきました。頭では分かっているものの、自分のこととなるとうまく表現ができなくなってしまうものだなと思いました。ケニオン先生の授業は全て英語で進められますが、理解できなかった際には何度も何度も分かるように説明してくださるなど、とても丁寧です。時にはゲーム感覚で進めていく時間もあり、メリハリがある楽しい授業です。

    N.Kさん(明光学園高等学校出身)

    「Business ReadingⅡ」では、ビジネスとビジネスシーンで使う英語について学ぶことができます。堅苦しい授業ではなく、ケニオン先生は楽しく一人一人のレベルにあった英語で教えてくださいます。先生との距離が近く、自ら英語を使って質問できるような授業になっています。将来、英語を使用して活躍したいと考えている私にとっては最適な授業であり、大好きな授業です。

    R.Oさん(福岡県立玄界高等学校出身)

    日本語で話される映像の英語字幕を見ながら、内容について英語での質問に答えるという授業では、始めのうちは頭のなかでの言語の整理が追いつかず、戸惑いましたが、続けていくうちに理解できる速度が早まり、キーワードを捉えて内容を理解する良いトレーニングとなったと思います。また、英文を読み、それに対しての英語での複数の質問に答えるという授業の際は、始めは本文の文章をそのまま回答にしてしまいがちでしたが、要約して、いかに他の人に伝わりやすい文にして伝えるか、何度も問題をこなすうちに、自分なりに改善することができました。

    S.Iさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    ケニオン先生の授業では、ネイティブな英語にたくさん触れることができます。先生は私達が日本語で質問しても、必ず英語で説明されます。分からない単語でも、日本語は使わずに、簡単な表現で納得するまで教えてくださるので、英語で英語を学び、理解を深めることができます。先生と会話する機会も多く、改めて英語を学ぶ楽しさを感じられる授業です。

    IMG_6893.JPG IMG_6894.JPG
    IMG_6896.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    02月20日

    国際キャリア学科、開設から5年! 「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」に向け着実な歩み!

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科は「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目標に掲げ、2014年4月に定員70名で開設され、2018年度からは一般入試とセンター利用入試の受験者数増加に対応して定員を80名に増員しました。

    開設からのこの5年間、①ミッションスクールとして培ってきた定評のある英語教育を通した実践的な英語力の向上、そして②インターンシップなど経済界と連携したプログラムを通じた国際ビジネスで活躍できる行動力のある人材の育成に特に力を入れて取り組んできました。具体的な数値をあげると以下のとおりです。

    ◎海外留学者数:148名
    ◎海外・国内インターンシップ・実務研修参加者:565名
    ◎公的機関のプログラム、奨学生に選抜された学生:43名


    海外留学者数は国際キャリア学部の留学プログラムに参加した学科生の数です(2016年度~18年度)。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は2年次に9カ国・地域にある15の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。留学中の学びを活かして帰国後にTOEIC®で700点~800点台の成績をあげる学生も相次いでいます。

    国際キャリア学科では国際ビジネスやエアライン業界(キャセイパシフィック航空)での実務経験のある教員が中心となって経済界と連携したキャリア教育、キャリア支援にも力を入れています。3年次には前期及び後期に「ビジネス・インターンシップ」という科目を設け、これまで日本国内のほか、イタリア、アラブ首長国連邦、カナダ、タイ、マレーシア、カンボジア、シンガポール、台湾、香港、韓国などでのインターンシップや実務研修を実施してきました。インターンシップ・実務研修の参加者はのべ565名に達しています。

    世界を目指す彼女たちのチャレンジは各方面からも高く評価していただいており、国連機関や米国政府、福岡県、福岡市などが提供するプログラムや奨学生に選ばれる学生は2014年度の1名から年々、増加し、累計で43名に達しています。

    ◎一期生、二期生:各業界を代表する企業に就職、内定
     (新日鐵住金、日本通運、日本郵便、JTB、H.I.S.など)
    ◎人気のエアライン業界には21名が就職、内定
     (日本航空、全日本空輸、スカイマーク、マカオ航空など) 


    2018年卒の国際キャリア学科第一期生はこうしたプログラムを通じて培った語学力と実務経験、行動力を武器に就職活動に臨み、現在、日本航空やアシアナ航空、アイベックスエアラインズ、マカオ航空、ANA福岡空港、ジェイティービー(JTB)、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)、東武トップツアーズ、ホテル日航福岡、ヒルトン福岡シーホーク、新日鐵住金、西日本シティ銀行、東京東海フィナンシャルホールディングス、第一生命保険、日本郵便、フルラジャパンなどで活躍しています。

    今年卒業予定の二期生も全日本空輸やスカイマーク、コカ・コーラボトラーズ ジャパン、西鉄エージェンシー、日本通運、日本郵便、福岡銀行、鹿児島銀行、宮崎太陽銀行、明治安田生命、楽天カード、新出光、JALカーゴサービス、JALスカイ九州、ANA大阪空港、西鉄エアサービス、ANAフーズ、ジェイティービー(JTB)、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)など各業界を代表する企業から次々と内定をいただきました。

    ジェニー・ギール先生.jpg福岡女学院は今から134年前の1885年(明治18年)に「日本の少女達が新しい生き方を見つける学校を」という理想を掲げた米国人の女性宣教師ジェニー・ギールによって創設されました。その理想と精神は最も新しく設立された国際キャリア学部国際キャリア学科にも受け継がれています。(右:福岡女学院創立者/初代校長 ジェニー・ギール)

    ☆148名が留学:英語力を高め、逞しくなって帰国しました!

    IMG_6302.jpgimage3.jpgIMG_3695.JPGIMG_6504.jpgA.O③.JPGIMG_7363.jpgIMG_6209.jpeg9.jpeg
    ①テネシー大学マーティン校留学中の現3年生
    ②セントメアリーズ大学の学部生と交流するS.NさんとH.Uさん(春日高等学校出身)
    ③オークランド大学留学中のS.Hさん(大分舞鶴高等学校出身)
    ④テネシー大学マーティン校の学園祭でのK.Mさん(春日高等学校出身)
    ⑤セントメアリーズ大学の学部生、留学生と交流するA.Oさん(都城西高等学校出身)
    ⑥レディング大学で学部生と交流するH.Kさん(筑紫高等学校出身)
    ⑦バギオ大学留学中のH.Iさん(左から二人目、香椎高等学校出身)
    ⑧セントメアリーズ大学でのA.Yさん(右端、東筑高等学校出身)

    ☆565名がインターンシップ・実務研修を経験:社会人の顔になっています!

    DSC_0865.JPGIMG_6456-1.jpgIMG_7438.JPG支店写真.jpegモルガンスタンレー(2017)①.JPG
    IMG_6462.jpg日航②.jpg2.jpg 日航①.jpg2.jpg 2018前期 IMG_0727.JPG
    IMG-2602.JPGEGL(2018)①IMG_5919.JPGイタリア(2017)①.jpgADPCIMG_5758.JPGIMG-6793.JPG S__67854393.jpg IMG_2318.JPG IMG_2312.JPG
    ①アシアナ航空と提携した客室乗務員研修(ソウル)
    ②H.I.Sで研修中のF.Mさん(香住丘高等学校出身)M.Hさん(武蔵台高等学校出身)
    ③H.I.Sで研修中の
    K.Iさん(久留米高等学校出身)Y.Iさん(志布志高等学校出身)C.Iさん(佐世保南高等学校出身)
    H.I.Sマレーシア(コタキナバル)でのインターンシップ
    ⑤三菱UFJモルガン・スタンレー証券で研修中のM.Kさん(筑紫高等学校出身)Y.Iさん(筑紫高等学校出身)M.Oさん(加治木高等学校出身)
    ⑥ホテル日航福岡で研修中のA.Uさん(熊本信愛女学院高等学校出身)
    ⑦ホテル日航福岡で研修中のK.Aさん(嘉穂高等学校出身)
    ⑧ホテル日航福岡で研修中のF.Mさん(香住丘高等学校出身)
    ⑨福岡観光コンベンションビューローで研修中のM.Sさん(三池高等学校出身)K.Iさん(大島高等学校出身):
    博多町屋ふるさと館の館長を務められている長谷川法世さんと
    ⑩H.I.Sカナダ(トロント)で研修中のS.Hさん(大分舞鶴高等学校出身)
    ⑪EGLツアーズ(香港)で研修中のM.Iさん(加治木高等学校出身)C.Iさん(佐世保南高等学校出身):「世界の観光業界のカリスマ」として有名な同社の袁文英社長と
    ⑫イタリアのワイナリー、カッサーレ・マルケーゼ(ローマ)で研修中のN.Kさん(城南高等学校出身)
    ⑬タイの大規模災害防止センター(ADPC)で研修中のD.Pさん(東アジア日本語学校出身、ネパール出身)
    ⑭パーソル台湾(台北)で研修中のK.Mさん(春日高等学校出身)
    ⑮アシアナ航空でのGS研修(福岡)
    ⑯エミレーツ航空での研修(ドバイ)

    ☆相次いで国際機関や外国政府、福岡県などのプログラムに選抜!

    IMG-9431.jpg
    h.jpg
    高校生たちと.JPG2_全体写真(ハラル産業開発公社視察後).jpgIMG_2735 (1).JPG
    IMG_4430.jpeg MH2.jpg
    在日米国大使館等共催の女性リーダー育成プログラムに選抜されてワシントンDCを訪問中のM.Eさん(純心女子高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼の団員に選抜されてミャンマーで活動中のM.Hさん(久留米高等学校出身)
    福岡県グローバルステージの団員に選抜されてブラジルで活動中のM.Sさん(左端:三池高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼の団員に選抜されてマレーシアで活動中のM.Kさん(八幡高等学校出身)とK.Mさん(春日高等学校出身)
    模擬国連全日本大会に選抜されて活動中のM.Oさん(中央:福岡西陵高等学校出身)
    ⑥福岡県国際協力リーダー育成プログラムの団員に選抜されてミャンマーで活動中のM.Kさん(筑紫高等学校出身)

    福岡県グローバルステージの団員に選抜されてハワイで活動中のY.Bさん(筑紫女学園高等学校出身) 

    ☆4年生が志望企業に内定:次々と嬉しい報告が届きました!

    IMG_5788.JPGIMG_5784.JPGIMG_5791.JPGIMG_6478.JPGIMG_6476.JPGIMG_6465.JPGIMG_5874.JPGIMG_5902.JPGIMG_6469.JPGIMG_6474.JPGIMG_6798.JPG
    ①コカ・コーラボトラーズ ジャパンに内定したM.Iさん(福翔高等学校出身)
    ②鹿児島銀行に内定したM.Oさん(加治木高等学校出身)
    ③西鉄エージェンシーに内定したH.Kさん(筑前高等学校出身)
    ④エイチ・アイ・エスに内定したA.Kさん(福岡女学院高等学校出身)
    ⑤スカイマークの客室乗務員に内定したM.Eさん(純心女子高等学校出身)
    ⑥福岡銀行に内定したN.Bさん(小郡高等学校出身)とM.Mさん(久留米信愛女学院高等学校出身)
    ⑦新出光に内定したM.Oさん(三池高等学校出身)とY.Cさん(下関南高等学校出身)
    ⑧全日本空輸(ANA)の客室乗務員に内定したA.Kさん(佐賀商業高等学校出身)
    ⑨タカギに内定したM.Iさん(中津南高等学校出身)
    ⑩JALスカイ九州に内定したM.Nさん(西南女学院高等学校出身)とM.Uさん(中村学園女子高等学校出身)
    ⑪楽天カードに内定したS.Iさん(九州産業高等学校出身)

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    02月20日

    (学生の活躍)TOEIC®挑戦レポート㉑(M.I.さん-3年、鹿児島県立加治木高等学校出身:840点)

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科の英語学習カリキュラムはレベルごとに編成した少人数のクラスで、英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており(*)、授業の多くは英国、米国、カナダ、ニュージーランドなど英語圏出身のネイティブスピーカーの教員が担当しています(*)。
     
    img01.jpg
    三先生.jpg

    そして、多くの企業が海外駐在員派遣等の目安としているTOEIC® 730点以上を目標にしています。2年次には9カ国・地域、15の海外提携校に留学するプログラムもあり、現2年生以上では計129名の学生が米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの提携大学に半年から1年間、長期留学しました。さらに、国内及び海外でのインターンシップや研修でも英語を使う機会が豊富にあります。こうしたカリキュラムを通じて、TOEIC®の得点を大幅に伸ばし、700点台から800点台の成績をあげる学生も相次いでいます。

    TOEIC®挑戦レポート、21回目となる今回は840点を達成したM.Iさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)の報告を紹介します。

    M.Iさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)のTOEIC® ​挑戦レポート

    私はTOEIC®のリスニングの点数を約1年間で100点あげ、9割の得点を取ることができました。そこで、私はリスニング・パートの点数を上げるために行ったことを主に三つご紹介します。

    IMG_7111.JPG一つ目は、「金のフレーズ2」というアプリを使って、ボキャブラリーを増やしたことです。知らない単語は聞き取ることもできません。この携帯アプリは一つ一つの単語の発音も聞くことができるので、リスニング対策とリーディング対策の両方にとても役に立ちました。二つ目は、苦手な国の発音を集中的に聞き、耳を慣れさせたことです。リスニング・パートはアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアの4か国の英語から構成されています。私は一度、TOEIC®のリスニング・パートのみを全部解き、どの国の人が話したときに間違うことが多いのかを分析しました。人によって聞き取りにくい国の発音は異なりますが、私はイギリスとオーストラリアの発音が特に苦手で、よく間違っていることがわかりました。それから、YoutubeやDVDを見るときは意識してイギリス英語、オーストラリア英語が使われているものを選び、苦手意識がなくなるように、何度も同じ動画の英語を聞いていました。三つ目は、英語を聞いている時間を増やしたことです。日本にいると英語を聞く機会がどうしても少なくなってしまいます。そこで、私は携帯をスピーカーにつなげて家の中では常に英語を聞き、英語に触れている時間を少しでも増やすことを心掛けました。聞く英語は自分の好きなものや興味があるものを流していました。例えば、好きな女優が出ているトーク番組やドラマ、ラジオなどです。特に1回見ているドラマは内容が頭に入っているので、リスニングを勉強するとてもいい教材になります。

    以上がリスニングの得点をあげるために私が取り組んだことです。私は自分が好きな分野で楽しく勉強するようにしていました。この方法は私に合っていましたが、全員に合うわけではないので、自分に合う方法を見つけることが大切だと思います。

    これからも、日常に役立つ英語を勉強しながらTOEIC®の点数を少しでも上げることができるように頑張っていきたいと思います。

    EGL(2018)①IMG_5919.jpg
    高めた英語力を活かして香港の旅行会社EGLツアーズでのインターンシップに挑戦!同社の袁文英社長とM.Iさん(左)、右は国際キャリア学科の同級生のC.Iさん(佐世保南高等学校出身)
    IMG_7079.JPG
    「Current Business」の授業で、同じく短期大学部から編入してきたR.Tさん(佐賀北高等学校出身)A.Sさん(玄界高等学校出身)と一緒に真剣に聴講!

    *国際キャリア学科の他の主な英語関連授業の紹介は下記をご参照ください。

    授業紹介: Reading and Writing SkillsⅡ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、 担当:Philippa Nugent​)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/639
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当:Allan Williams)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/638
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Arthur Nakano)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/574
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Darcy de Lint
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/652
    授業紹介: Reading and Writing Skills(1年生必修科目、担当:Ian E. Kenyon)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/561
    授業紹介:Communication Skills (1年生必修科目、担当:Paul Shimizu)
      
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/506
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Ian E. Kenyon)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/583
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/262
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/515
    授業紹介:Senior Seminar(4年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    授業紹介:Presentation Skills(1年生必修科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/602
    授業紹介:Analysis and Discussion (2年生選択科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/597
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:蘭紅艶)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/492
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅱ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@