• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2019年
    01月31日

    (授業紹介)「Current Business」-金融:西日本シティ銀行人事部の立花様による講義

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科3年生を対象とする「Current Business」(担当:山口)は、世界とつながるビジネスの第一線で活躍されてきた様々な業種の方を招き、実務の視点から日本の産業や企業経営、国際展開などについてご講義いただくオムニバス形式の授業です。

    前回は一昨年度より実施している西日本シティ銀行との提携講義の一環として同行人事部人財開発室の立花優子様をお招きし、「銀行の業務と社会的役割」についてお話しいただきました。

    IMG_7121.JPG立花様は福岡女学院中学高等学校のご出身で、青山学院大学教育人間科学部を経て、2013年に西日本シティ銀行に入行され、北九州の戸畑支店に配属。戸畑支店では、預金係、貸付係のほか、女性行員登用の一環としてそれまではほとんど男性が担当していた渉外営業も担当されました。一昨年からは本部の人事部人財開発室に異動され、行員の方々の研修業務に従事されており、O.Yさん(福岡県立香住丘高等学校出身)やM.Kさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)など、昨年、同行に入行した国際キャリア学科一期生もご指導されています。

    立花様からは、はじめに銀行の役割と業務について、もしも銀行がなかったら生活がどう変わるのかということから説き起こしていただき、「お金に関わる『不便』を『便利』に変えるのが銀行です」とわかりやすくご説明いただきました。そのうえで、銀行法に規定されている①預金、②融資、③為替という銀行の固有業務と①金融仲介機能、②信用創造機能、③支払決済機能という銀行が経済活動の中で担っている機能について、学生がイメージしやすい具体例を交えながらご説明いただき、2008年の金融自由化によって個人向けの投資信託、保険商品の販売、証券仲介の業務が加わるなど、銀行の事業が多角化している現状を解説いただきました。

    IMG_7145.JPG

    銀行の仕事内容については、はじめに二人のお子様を育てながらテラー(窓口)係として顕著な業績をあげておられる同行の脇坂久美子様の活躍振りを紹介したDVDを見せていただいた後、預金担当(テラー係、預金後方係、出納係)、融資窓口担当、フィナンシャル・アドバイザー、渉外営業担当、支店長・課長、本部のそれぞれの仕事内容と求められる資質について、例えば渉外営業担当は「若い行員でも取引先の経営者と話して親しくなることもでき、様々な業種の企業の方と関わることができるやりがいのある、しかし緊張感のあるお仕事です」など、ご自身の経験談を織り交ぜながら説明いただきました。

    IMG_7139.JPG

    IMG_7150.JPG地域経済・社会と密接な結びつきを持つ地方銀行の役割とメインバンクとする企業が全国、そして九州・沖縄でも二番目に多い西日本シティ銀行の概要についてもご紹介いただき、全国有数の銀行激戦区といわれる福岡県で勝ち抜いていくにはお客様に「あなただから任せたい」と思っていただけるようになることが重要で、そのためには幅広い視野や発想、そしてユーモアのセンスを持つ「人間力」が必要であると話されました。講義の最後には、銀行の仕事の魅力を「一つの企業の中で様々なことを経験できることです」とされたうえで、同じ女子校出身の先輩として「女子校はリーダーシップを発揮しやすい環境にあります。女子校でのリーダーシップの経験は社会に出ても必ず役立ちます。女性をまとめることができたら、男性をまとめることは簡単です」など貴重なアドバイスをいただきました。

    お年の近い社会人の先輩女性からの学生の目線に立ったわかりやすい解説とアドバイスは就職活動を控えた3年生たちに強い刺激を与えたようです。

    IMG_7160.JPGIMG_7129.JPG

    C.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)

    立花様の講義のおかげで、銀行業務のコアな部分を知り、金融システムなど大切なことも学べ、とてもいい経験になりました。「女性は渉外営業には不向き」という固定概念を打破し、女性ならではの力を駆使してお客様の信頼を得てこられた立花様の姿はとてもかっこよく、憧れを持ちました。女性の社会進出が課題となっているなか、女性にいろいろなチャレンジの機会を与えている西日本シティ銀行様の職場環境は素晴らしいと思います。

    A.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)

    融資のお話のなかで立花様からは一風堂やピエトロのように西日本シティ銀行が最初に融資をし、それから全国規模の企業に成長した企業のご紹介がありました。地方銀行は誰かの夢を応援し、共に成長することができるお仕事だということを学ぶことができました。西日本シティ銀行のように一人一人の生き方や考え方にベストな形で手を差し伸べることができる素晴らしい企業で私も将来、活躍していきたいです。

    Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)

    とても元気で、面白く、エネルギッシュで、人を惹きこむ力のある講義でした。立花様のプレゼンテーション能力に魅了されました。お人柄に惹かれながら興味を持ち、講義を聴くことができました。

    K.Tさん(佐賀県神崎高等学校出身)

    これまでのカレントビジネスの講義を通して、どの職業でも人とのつながりが大切であると学びました。今回の立花様の話され方から、とりわけ銀行では人柄や人間力が求められることを実感しました。また、就職活動において自分の人間力が伸ばせる仕事やスキルアップできる仕事を見つけることが大切だと感じました。

    T.Eさん(福岡県立柏陵高等学校出身)

    銀行業界の魅力、そして営業の仕事の大変さとそのやりがいを学ぶことができました。立花様のお話はとてもわかりやすく、面白く、聞き手の心を掴むお話の仕方をされていて、圧倒されました。

    N.Kさん(福岡県立香住丘高等学校出身)

    銀行はお金という信用を取り扱うお仕事なので、金融に関する知識や能力はもちろんのこと、人柄もとても大切ではないかと感じました。立花様の話し方、魅力のあるお人柄にとても惹かれました。また、融資した事業を通じて社会に貢献する地方銀行の業務にも魅力を感じました。私も仕事を通じて地元に貢献したいという思いがあるため、これから銀行も視野に入れて就職活動を行っていきたいと思います

    H.Kさん(福岡県立春日高等学校出身)

    立花様のお話を聴いて、相手から信頼されるような人間力がいかに大切かということ、地道な努力の積み重ねこそが信用につながるということ、そして人と人とのつながりが極めて重要であることを学ばせていただきました。これから社会に出るにあたって、非常に大切なことを学べた講義でした。

    C.Aさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    立花様の講義からは、基本的な金融の仕組みに始まり、社会で働くうえで大切なことまで、いろいろな有益な情報を得られました。特に印象的だったのは、お金を取り扱う銀行業務においてとても大切なことが人との関係であることでした。貴重なお話をありがとうございました。

    H.Nさん(福岡県立春日高等学校出身)

    今回の講義を聴いて、地域経済や社会の発展に貢献する地方銀行の業務の魅力を知ることができました。特に、幅広い業種の方と関わることができること、若いうちから企業経営者の方々とお話をする機会が多いことなどに魅力を感じました。

    M.Kさん(福岡県立春日高等学校出身)

    立花様のプレゼンテーション力に感動しました。人を惹きつけるパワー、以前から知っていた方ではないかと思わせるような距離感、圧倒的な経験談のレパートリー、これまでのご経験が今の立花様を形成しているのだと思います。立花様のお言葉のひとつひとつから「社会人は大変ですが、思っているより楽しいですよ」というメッセージが伝わってきました。私もいつか母校で講義ができるくらいに立派な社会人になりたいです。

    N.Mさん(福岡県立香住丘高等学校出身)

    様々な業界で活躍されてきた方々の講義を聴いて、やはりどの業界でも人とのつながりが大切であると実感しました。私も立花様のように明るくて、ユーモアがあって、コミュニケーション能力の高い女性になりたいと思います。

    A.Hさん(福岡県立玄界高等学校出身)

    今回の講義のなかで私は終始、笑顔だったと思います。立花様のお人柄に惹かれました。自分もこのようにお話ができる人になりたいと思いました。人事部に所属されていると伺い、もし西日本シティ銀行を受けさせていただくことがあれば、その際は面接官が立花様だったらいいなと思いました。楽しい講義をありがとうございました。
     
    IMG_7153.JPG IMG_7130.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    01月28日

    「ボンジョルノ」:イタリア講座を開催しました!

    kc_head04.gif
     th[6].jpg先日、国際キャリア学科ではイタリア系企業のディサント株式会社より吉村友見様、ルーチョ・フィッビアーニ様を講師にお迎えし、「イタリア講座」を開催しました。

    「イタリア講座」には、イタリアやイタリアでのインターンシップに興味のある1年生と2年生、20名が参加し、イタリアでのビジネスやインターンシップなどについてお話を聞いた後、イタリア語のミニレッスンを受けました。

    DSC_1384.jpgDSC_1385.jpgDSC_1401.jpg
     
    国際キャリア学科では、3年次に開講される国際ビジネス・インターンシップ(Business Internship)の一環としてイタリア企業でのインターンシップを実施しています。これまで、国際キャリア学科生たちはトリノの食品商社や文化交流機関、ローマのワイナリーなどでのインターンシップを経験し、様々なことを学んできました。このうち、トリノでのインターンシップを経験したK.Hさん(大分県立大分雄城台高等学校出身、昨年卒業)はイタリアでの経験を活かし、第一志望だったフルラ(FURLA)ジャパンに就職して、活躍しています。

    DSC_0059.jpgイタリア(2017)①.jpg

    上:トリノの文化交流機関でのインターンシップを経験したK.Hさん(大分県立大分雄城台高等学校出身)、昨年4月よりフルラ(FURLA)ジャパンに勤務
    下:ローマのワイナリー、カッサーレ・マルケーゼでのインターンシップを経験したN.Kさん(福岡県立城南高等学校出身)


    今回の「プチ・イタリア講座」に参加した学生のなかから、K.Hさんの後を継いで日本とイタリア、そしてヨーロッパを結ぶビジネスで活躍する人材が生まれることが楽しみです。

    DSC_1405.jpg
    ディサント株式会社の吉村様、フィッビアーニ様と学生たち
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    01月17日

    センター利用入試で入学した国際キャリア学科1年生、2年生から受験生の方々へのメッセージをご紹介します!

    kc_hed3.gif

    福岡女学院大学では、受験のチャンスをさらに広げるため、大学入試センター試験の結果を利用する入試を導入しています。

    国際キャリア学科には、国語と外国語「英語」の「2科目型」と、国語と外国語「英語」の2科目に地歴、公民、数学、理科から一科目を選択する「3科目型」のふたつのセンター利用入試があります。「3科目型」で地歴、公民、数学、理科を2教科・2科目以上、受験された場合は、高得点の科目を合否判定に使用します(*)。

    センター利用入試では個別学力検査は課していませんので、本学で受験される必要はありません。ただ、実際に学校を見ないまま進学を決めるのは少し心配という方もいらっしゃると思いますので、以下ではこのセンター利用入試を受けて、国際キャリア学科に入学した1年生と2年生から受験生の皆様へのメッセージをご紹介します。

    *国際キャリア学部では一般入試(後期日程、出願期間:2019年2月12日~27日)でも大学入試センター試験の外国語「英語」の得点を利用し、それに面接(英語および日本語)で判定を行っています。

    国際キャリア学科1年生IMG_7396.JPG

    M.Kさん(宮崎県立宮崎大宮高等学校出身)

    受験生の皆さん、センター試験の勉強、お疲れ様でした。私が学んでいる国際キャリア学科について少しでも興味を持っていただけるよう、ほんの一部ではありますが、紹介させてください。
    国際キャリア学科の授業は、ほとんどが英語で進められます。そのため、毎日、英語に触れることができ、英語力が向上します。先生方のご出身もアメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランド、中国、韓国など様々であるため、それぞれの先生方の母国の文化や慣習を知ることができ、もっと知りたいという気持ちになります。先生方との距離も近く、小さなことでも相談できます。
    どの大学に行くか迷っている方も多いと思います。私自身も昨年、迷っていました。しかし、福岡女学院大学国際キャリア学科に入学して、先生方や友人に恵まれ、毎日、楽しく大学生活を送ることができています。皆さんが素敵な大学生活を送れるよう、微力ながら応援しています。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
    IMG_7168.JPG
    M.Kさん(右から2人目):3年生のA.Aさん(筑紫高等学校出身)、2年生のA.Yさん(東筑高等学校出身)、英語教育担当のイアン・ケニオン先生(英国出身)と

    S.Mさん(福岡県立春日高等学校出身)

    受験生のみなさん、大学入試センター試験の勉強、お疲れ様でした。私は昨年、2科目型のセンター利用入試で福岡女学院大学の国際キャリア学科に入学しました。

    私が学んでいる国際キャリア学科では、カナダ、イギリス、アメリカ、ニュージーランドなど各国のネイティブスピーカーの先生方による英語の授業を受けることができます。先生方は皆さん、とても優しく、私たちにわかりやすい表現で伝えてくださるので、毎日の授業がとても楽しいです。また、大学で所属している国際交流のサークルでは留学生と交流する機会が多く、様々な国の友達ができました。このように日常的に英語を使う機会が多いところがこの学科の大きな魅力です。

    CIMG6133.JPGいつでも私たちを応援してくださる先生方のおかげで、入学以来、たくさんのことを学び、知ることができました。昨年夏には、カンボジアとタイでの国際協力研修に参加し、今までに経験したことのない充実した2週間を送りました(右写真)。そして、自分の考えをしっかりと持った友達と一緒にいることで、たくさんの刺激を受けています。国際キャリア学科の先輩方はとても優しく、行動力があり、本当に憧れの存在です。私も先輩方のようになれるように、これからいろいろな経験を積んでいきたいと思います。

    福岡女学院大学国際キャリア学科はたくさんのチャンスがある最高の場所です!みなさんが素敵な大学生活が送れるように応援しています。

    S.Mさん(熊本県立玉名高等学校出身)

    受験生の皆さん、大学入試センター試験、お疲れ様でした。私も去年、センター試験を受け、福岡女学院大学にセンター利用入試で入学しました。
    私が福岡女学院大学国際キャリア学科を選んだ理由は、自分の将来、就きたい職業を目指すための環境が整っていると思ったからです。国際キャリア学科には、自分の挑戦や努力次第で様々なことを学べ、成長できる機会が多くあります。航空会社へのインターンシップ制度や航空関係の授業が非常に充実しており、私は将来、客室乗務員になることが夢なので、他の大学にはあまりない、このような制度や授業があることに魅力を感じました。実際に、航空関連の研修に参加していますが、そこで学ぶことは非常に多く、同じ夢を持つ仲間の存在にも刺激を受けています。もちろん、航空業界を目指す人だけでなく、ホテル業界や旅行業界に興味がある人、グローバルに活躍したい人など、様々な人におすすめできる学科です。多くの経験を積まれた先生方や各国のネイティブ・スピーカーの先生方の授業は、学ぶことが多くあり、新たな価値観や視点が得られます。大学を休学することなく、単位がとれる留学制度も整っています。
    皆さんもこの魅力あふれる国際キャリア学科で充実したキャンパスライフを送ってみませんか。
    IMG_6406.JPG
    1年生も参加した第3回アシアナ航空客室乗務員研修(ソウル、2018年8月)

    Y.Sさん(九州国際大学付属高等学校出身)

    受験生の皆さん、大学入試センター試験、お疲れさまでした。私も去年、皆さんと同様にセンター試験を受けました。そして、センター利用入試で国際キャリア学科に入学しました。一度も訪れたことのない大学に入学することは、正直、不安でした。
    しかし、今では福岡女学院大学国際キャリア学科に入学してよかったと思っています。その理由は主に三つあります。一つ目は英語の習熟度にあわせたクラス分けがあり、自分のペースで勉強することができることです。クラスは少人数で構成されているので、わからないことがあれば、その場ですぐに先生に質問することができます。二つ目は学科での行事やイベントや講演会が多いことです。夏の運動会や冬のクリスマス・タレント・ショーなどを通して、先輩方や先生方との交流も深めることができます。実際に世界を舞台に活躍されている企業経営者や客室業務員、税関職員、外交官などの方々のお話を聞く機会が多く、幅広い情報と知識を得ることができます。三つ目は充実した留学制度です。海外9カ国・地域にある提携大学から、好きな大学を選ぶことができ、留学中にも単位を取ることができます。私もこの留学制度を利用して、今年5月からカナダのセントメアリーズ大学に留学することが決まっています。
    このように国際キャリア学科では英語だけでなく、国際的な幅広い知識を得ることができ、日々、自分の成長を感じ、毎日が充実しています。4月に皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
    P5291073.JPG
    Y.Sさんが5月から留学するカナダのセントメアリーズ大学

    R.Oさん(福岡県立柏陵高等学校出身)

    私は志望校がいくつかあり、全ての大学の入試対策をするのは難しいと判断したため、福岡女学院大学のセンター利用入試を受けることに決めました。国際キャリア学科のセンター利用入試では、2科目型か3科目型を選べるため、自分の得意科目で受けることができます。
    国際キャリア学科に入学し、高校生の頃から興味があった英語をよりに身近に学ぶことができ、充実した毎日を送っています。国際キャリア学科では必修科目の授業が英語で行われ、先生方にもネイティブ・スピーカーの方が多く、最初は授業についていけないかと不安でした。しかし、先生方はとてもフレンドリーで、積極的に質問することができています。ヤマハ発動機の会長さんなど、世界とつながるお仕事で活躍されている方が来校して下さり、国際社会でどのような人材が求められているかなど、将来に繋がるお話を聞くことができるところも国際キャリア学科ならではの特徴だと思います。また、国際ビジネスの現場で学ぶインターンシップなどの制度も充実しており、私も昨年夏、目指しているホテル業界でのインターンシップに参加して、貴重な貴重な経験をさせていただきました。
    皆さんも福岡女学院大学国際キャリア学科に入学し、自分の可能性を広げてみませんか。
    DSC_0706.jpg
    リゾートホテル、ザ・ルイガンズのインターンシップでのR.Oさん(右から2人目):ご指導いただいた同ホテルの千綿様、一緒に参加した先輩たちと

    N.Fさん(福岡県立筑紫高等学校出身)

    受験生の皆さん、大学入試センター試験、お疲れ様でした。私も去年、センター試験を受け、国公立大学の二次試験を受けたうえで、国際キャリア学科のセンター利用入試を志願しました。国際キャリア学科のセンター利用入試は自分の得意な科目を選べるという点がいいところだと思います。
    国際キャリア学科では、英語を使用する授業がたくさんあります。授業は少人数制のクラスで行われ、ネイティブ・スピーカーが多い先生方ともたくさん会話をすることができます。日常的に英語に触れることができるところがとても魅力的です。私自身も入学してから英語力を高められたのではないかと思います。単位をとることができる留学制度もあるので、英語や国際系に興味がある人には最適です。留学をしなくても学科には留学生がたくさん在籍しており、学内でも様々な国の文化に触れ、学ぶことができます。ぜひ、この国際キャリア学科で充実した大学生活を送って下さい!
    IMG_2333.JPG
    ダーシー・デリント先生(カナダ出身)の英語授業「First Year English」

    K.Oさん(福岡県立城南高等学校出身)

    国際キャリア学科はその名前通りとても国際色豊かな学科です。英語の授業では、自分のレベルにあったクラスでネイティブ・スピーカーの先生による授業が行われています。授業は少人数で行われるので、疑問があれば先生にすぐに質問できます。私が特にこの大学、この学科でよかったと思っているところは、学科での行事が豊富なところです。夏の運動会や冬のクリスマス・タレント・ショーなど、学年の垣根を越えた交流ができます。
    受験生の皆さん、今はとても苦しい時期だと思いますが、それを乗り越えれば、楽しい学生生活が待っています!頑張ってください!
    CTS29.jpg
    全学科で盛り上がったクリスマス・タレント・ショー(2018年12月)

    S.Kさん(福岡県立八女高等学校出身)

    受験生の皆さん、福岡女学院大学国際キャリア学科にはネイティブ・スピーカーの先生方による英語の授業や充実した留学制度など、実践的な英語を学びたい方に最適な環境があります。英語の授業は習熟度ごとに少人数で編成されたクラスで学ぶので、自分にあった学習ができます。世界を舞台に活躍されている様々な業界の方による講義もあり、大学時代にやっておくべきこと、今後、必要とされる能力など、自分の将来を考えるきっかけとなるお話を聞くことができます。航空業界、ホテル業界、外資系企業などで働くことを目標としている学生が多く在籍しているため、同じ夢を持つ人と情報交換もしやすく、日々、切磋琢磨しながら成長しあえる学科です。
    IMG_2229.JPG
    フィリッパ・ヌージェント先生(英国出身)の英語授業「First Year English」

    N.Hさん(福岡県立新宮高等学校出身)

    受験生の皆さん、大学入試センター試験、お疲れさまでした。センター入試を受けられたということは、国公立大学を目指している人が多いと思います。福岡女学院大学には、このセンター試験の結果で判定されるセンター利用入試があります。個別学力試験は課されないので、国公立大学の二次試験の勉強と両立できます。
    国際キャリア学科は、英語を学びたい、海外に興味があるという人にはとてもおススメです。少しでも福岡女学院大学、国際キャリア学科に関心があったら、このセンター利用入試をお勧めします。

    R.Mさん(福岡県立八女高等学校出身)

    国際キャリア学科では、英語の習熟度にあわせて少人数クラスが編成されており、先生方との距離も近く、毎日の授業がとても楽しいです。授業の多くは英語で行われますが、先生方は簡単な英語に言い換えてくださったり、全員が理解するまで教えてくださるので、安心して受けられます。課題は大変ですが、仲間と切磋琢磨して乗り越え、着実に自分の力になっていると感じています。国際キャリア学科は学習面だけでなく、行事も充実しています。私は12月に開催されたクリスマス・タレント・ショーでネパールの民族衣装を着てファッション・ショーに出て、留学生の先輩方や同級生と素敵な思い出ができました。
    国際キャリア学科は自分からアクションを起こせば、先生方がいつも手厚くサポートしてくださり、何事にも挑戦できる環境が整っています。受験生のみなさん、国際キャリア学科でともに学びましょう!お待ちしております!
    DSC04437.JPG
    クリスマス・タレント・ショーでのR.Mさん:ネパールからの留学生のK.Sさんと

    S.Iさん(福岡県立朝倉高等学校出身)

    受験生のみなさん、大学入試センター試験、お疲れ様でした。
    私も去年、センター試験を受け、センター利用入試で国際キャリア学科を受けました。国際キャリア学科の魅力の一つは充実した留学制度です。私も今年5月からこの留学制度でカナダのセントメアリーズ大学に留学します。国際キャリア学科では、国内にいてもネイティブ・スピーカーの先生方や留学生との交流の機会が多く、毎日、新しい発見があり、様々な経験を積むことができます。季節ごとに様々な学科でのイベントもあり、同じような目標を持った友達にも出会えます。みなさんも、この福岡女学院大学国際キャリア学科で学びませんか。
    IMG_7175.JPG
    1年後期のPresentation Skillsの授業でクラスメイトと:後ろから2列目、左から4人目がS.Iさん

    R.Kさん(福岡大学附属若葉高等学校出身)

    国際キャリア学科では、入学後、すぐに行われる英語のテストの結果を受け、4つの習熟度別のクラスに分けられます。必修の英語関連授業はこのクラスで受けることが多く、少人数制なので先生方との距離も近く、コミュニケーションもとりやすいです。学科の中で季節ごとにイベントを開催して、仲を深める機会もあります。私も入学以来、楽しい思い出がたくさんできました。
    DSC03957.JPG
    クリスマス・タレント・ショーで空手の演武を披露するR.Kさん(右)

    A.Sさん(福岡常葉高等学校出身)

    福岡女学院大学国際キャリア学科は、ネイティブ・スピーカーの先生が多く、初めは戸惑いましたが、慣れてくると徐々に英語も第二外国語もより分かるようになってきました。周りの友人たちには意識が高い人が多く、日々、いい刺激を受けながら、学習に取り組めています。留学制度も充実しているので、大学に入学して留学することを考えている方には最適です。また、学科内でのイベントも定期的にあるため、多くの友人を持てることも魅力的なところだと思います。
    今は不安や迷いで苦しい時期だとは思いますが、そこを乗り越えられ、みなさんが学習面でもプライベートでも充実した大学生活を送られることを願っています!応援しています!
    IMG_0136.JPG
    陳齢先生(中国出身)の中国語授業

    A.Nさん(福岡大学附属若葉高等学校出身)

    国際キャリア学科ででは日々、たくさん英語に触れることができます。留学制度も充実しており、9カ国・地域にある提携大学に留学することが可能です。授業以外にも楽しいイベントや、社会で活躍されている方のお話を聞く機会もたくさんあります。ぜひ、私たちと一緒に国際キャリア学科で充実した学生生活を送りませんか。
    IC-1587.jpg
    ヤマハ発動機の柳代表取締役会長による特別講義(2018年6月)

    国際キャリア学科2年生 IMG_4803.JPG

    A.Yさん(福岡県立東筑高等学校出身)

    私も大学入試センター試験を受け、国公立大学の二次試験を経たうえで、福岡女学院大学国際キャリア学科のセンター利用入試を志願しました。
    入学当初は高校までとはまるで違い、戸惑いました。国際キャリア学科にはすべて英語で進められる授業も多く、語学の先生方が各国のネイティブ・スピーカーであるため、1年生のうちから国際的な雰囲気を味わうことができます。周りには意識が高い友人が多く、一緒に切磋琢磨できます。留学プログラムも充実しており、必要な単位を取れば、自分が関心をもつ国に長期留学することもできます。私が特に国際キャリア学科でよかったと思うことが、充実したインターンシップや実務研修の制度があることです。私も昨年、参加した西日本国際ビジネスフォーラムでのインターンシップで先輩や同級生、ベネチア大学大学院からのインターン生と協力して、貴重な経験をさせていただきました。
    皆さんもぜひこの魅力ある福岡女学院大学国際キャリア学科で充実した学生生活を送ってください!
    DSC01646.jpg
    西日本国際ビジネスフォーラムでのA.Yさん(左から3人目):同級生やベネチア大学大学院からのインターン生と

    M.Mさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)

    受験生の皆さん、大学入試センター試験、お疲れ様でした。国際キャリア学科では、様々な国籍の先生方と話す機会が多く、留学制度やインターンシップなども充実しているので、自分の世界観が確実に広がると思います。同級生には自分の夢を持った人が多く、行動力ある人も多いので、とても刺激になります。
    皆さんも、ぜひ福岡女学院大学国際キャリア学科への入学を考えてみられてはいかがでしょうか。
    IMG_4794.JPG
    1年後期のフレッシャーズ・セミナーの授業で「イスラーム国」が生まれた背景や要因について発表するM.Mさん

    N.Tさん(大分県立国東高等学校出身)

    受験生の皆さん、大学入試センター試験、お疲れさまでした。私も一昨年、皆さんと同様、勉強に励み、センター試験を受けました。そして、福岡女学院大学のセンター利用入試で国際キャリア学科に入学しました。
    まずは、私が利用した福岡女学院大学国際キャリア学科のセンター試験利用入試の利点を二つ紹介したいと思います。一つ目は、出願が簡単なことです。インターネットを使い、簡単に出願できます。個別学力検査はないので、出願後は結果を待つのみとなります。二つ目は、2科目型(国語・英語)と3科目型(国語・英語・選択科目<地歴・公民・数学・理科>)があり、自分の得意教科で戦うことができるということです。数学が苦手だった私にとってとても嬉しい条件でした。
    国際キャリア学科に入り、多くの刺激を受け、少しずつですが、成長している自分を感じることができています。その理由の一つとして、世界とつながるお仕事で活躍されている方々の講義を聴く機会が多くあることがあげられます。ヤマハ発動機の会長さんやフル(FURLA)の社長さん、税関の方、全日空のグランドスタッフの方、ラジオのDJとして活躍されている方など、幅広い業界の素晴らしい方々からのお話を聴けるなんて、ここでしかできないのではないかと思います。努力され、社会で輝いておられる方のお話を聴くことは、とても刺激的であり、大きな影響を受けました。
    自分で考え、行動する力も大学に入り、身についたのでないかと思います。国際キャリア学科では、国際機関や外国政府、福岡県など様々な機関と提携し、各機関が実施しているプログラムへの参加を支援してくれます。私も昨年、福岡県の海外青年派遣プログラム「グローバル青年の翼」に応募し、選抜いただき、マレーシアとミャンマーでの研修を経験しました。
    国際キャリア学科は大学生活を有意義に過ごしたい方、多くのことにチャレンジしたいと考えている方にはとてもおすすめです。先生と学生の距離が近いのも魅力の一つで、いつも優しく相談に乗ってくださいます。先生方と一緒に参加できるイベントも多くあるので、何も心配いりません!
    福岡女学院大学国際キャリア学科は、皆さんが活躍できる場、成長できる機会を多く与えてくれるところです。ぜひ、ともに学びましょう!お待ちしています!
    IMG_6049.JPG
    福岡県の「グローバル青年の翼」の団員としてミャンマーで研修中のN.Tさん(左から4人目)

    M.Mさん(熊本県立必由館高等学校出身)

    福岡女学院大学国際キャリア学科はネイティブ・スピーカーの先生方による英語の授業が多く、留学制度も充実しているため、実践的な英語を学びたい方には魅力溢れる学科です。私も昨年、学科の留学制度でオーストラリアのモナシュ大学に留学しました。私と同じく航空業界を目指す学生も多数、在籍しており、航空会社やエアラインスクールから来てくださる外部講師の方の授業も受講できます。同じ夢を持つ者同士、刺激し合いながら、日々、成長していける最高の大学、学科です!
    20181106_014112_811.jpg
    オーストラリア留学中のM.Mさん:お世話になったホストファミリーのホームパーティで

    M.Tさん(宮崎県立小林高等学校出身)

    受験生の皆さん、福岡女学院大学には自分の得意教科であり、大学入試センター試験で点数を採れた教科で出願するセンター利用入試があります。私もそのセンター利用入試で、国際キャリア学科の合格を勝ち取ったひとりです。センター試験の総合点数では伸び悩みましたが、得意科目の英語である程度、点数が採れていたため、合格することができました。
    私が最終的にこの国際キャリア学科を選んだのは、少人数指導の授業が多く、先生方との距離が近いこと、また英語力を伸ばすために色々なカリキュラムが組まれており、ネイティブ・スピーカーの先生方と関わる機会が多いことでした。国際キャリア学科では「国際」について色々な観点から学ぶことができます。これまでの人生で本当に人並みではない経験をされてきた先生方がいらっしゃって、その先生方からのお話を伺うことも自分の世界観や価値観を見直すための非常に良い機会となります。同級生も、皆、とても個性があり、努力家であるため、毎日、刺激を受けながら、楽しく学ぶことができています。学科での運動会やクリスマス・タレント・ショーなどの交流の場も多くあり、先輩方や先生方、授業やクラスの違う同級生とも仲を深めることもできます。私はこの学科に入学して、毎日、楽しく学生生活を送っています。
    受験生の皆さん、私たちと一緒に充実した大学生活を送ってみませんか。
    IMG_4474.JPG
    M.Tさん(左から二人目):3年生のS.Aさん(筑紫中央高等学校出身)、航空会社の客室乗務員に内定した4年生のM.Eさん(純心女子高等学校出身)と

    I.Mさん(宮崎県立延岡高等学校出身)

    福岡女学院大学国際キャリア学科は、先生方との距離がとても近く、自分から積極的に学ぼうと思う気持ちがあれば、多くのことを学ぶことができる学科です。男子学生がいないこともあり、自分たち女子だけでやっていこうとする力も付きます。1年次からネイティブ・スピーカーの先生方による英語の授業があり、レベルごとの少人数のクラスで学ぶことができます。キャンパスもとてもきれいで、設備も整っています。私も授業の空きコマには、カフェで休んだり、図書室で映画を観たり、本を読んだりして過ごしています。
    IMG_4701.JPG
    1年後期のPresentation Skillsの授業でのコンテストで上位入賞したI.Mさん(左から二人目):R.Oさん(香椎高等学校出身)Y.Yさん(筑陽学園高等学校出身)ら同級生と

    Y.Tさん(鹿児島県立鹿児島中央高等学校出身)

    私はセンター利用入試で福岡女学院大学国際キャリア学科に入学しました。国際キャリア学科の英語科目は、習熟度ごとにクラスが編成されているので、自分のレベルにあった英語を学ぶことができます。海外留学も長期、短期を選ぶことができ、提携先の大学と連携した成績評価で単位も認定されので、遅れることなく卒業できます。先生方も常に学生一人一人と向き合ってくださいます。
    皆さんもぜひこの国際キャリア学科で一緒に学びましょう。  
    IMG_6896.JPG
    Y.Tさん(左):ケニオン先生、同級生のS.Oさん(純真高等学校出身)と

    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    01月16日

    (学生の活躍)国際キャリア学科1年のY.Mさん(筑前高等学校出身)が、「海外福岡県人会青年派遣プログラム」(メキシコ派遣)の最年少団員に選ばれました!

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科1年のY.Mさん(福岡県立筑前高等学校出身)が福岡県国際交流センターが主催する、「海外福岡県人会青年派遣プログラム」(メキシコ派遣)の最年少団員に選抜されました。
     
    「海外福岡県人会青年派遣プログラム」は、福岡県の18歳から29歳までの学生、社会人を県出身者が活躍している国・地域に派遣し、世界に挑んだ先人の足跡を学ぶとともに、現地の政治・経済情勢等を理解し、将来に向けての人的ネットワークを築くことを目的に実施されているもので、Y.Mさんは書類審査と面接を経て、最年少の団員に選ばれました。
     
    無題.pngY.Mさんは事前研修の後、今年2月から3月にかけてメキシコのメキシコ・シティとグアナファトを訪問し、政府機関や教育機関の訪問、福岡県人会の方々や現地の青年との交流会などに参加します。Y.Mさんがメキシコでの経験を通してさらに成長するのが楽しみです。
     
    国際キャリア学科の学生が、「海外福岡県人会青年派遣プログラム」(昨年度までの呼称は「グローバルステージ」)の最年少団員に選抜されるのは2015年度のN.Kさん(福岡県立城南高等学校出身、ボリビアに派遣)、2016年度のM.Sさん(福岡県立三池高等学校出身、ブラジルに派遣)、昨年度のY.Bさん(筑紫女学園高等学校出身、米国ハワイ州に派遣)に次いで4年連続となります。

    果敢に世界に挑む国際キャリア学科生のチャレンジ精神は着実に後輩たちに引き継がれています。

    IMG_7365.JPG
    Y.Mさん(右端)、左から2015年度に選抜されたN.Kさん(4年、城南高等学校出身)、2016年度に選抜されたM.Sさん(3年、三池高等学校出身)、昨年度、選抜されたY.Bさん(2年、筑紫女学園高等学校出身)

    bo250.jpg*4年生のN.Kさん(城南高等学校出身)の「海外福岡県人会青年派遣プログラム」参加報告(ボリビア)は下記をご参照ください。

     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/205
    kc_20151106_01.jpgkc_20151106_02.jpg
    ボリビアの牧場、養鶏場で研修中のN.Kさん(下:左)

    無題.png*3年生のM.Sさん(三池高等学校出身)の「海外福岡県人会青年派遣プログラム」参加報告(ブラジル)は下記をご参照ください。

    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/438
    高校生たちと.JPGコーヒー農園2.jpg
    ブラジルの学校と日系コーヒー農園で研修中のM.Sさん(上:左端、下:左から3人目)

    アメリカ.png*2年生のY.Bさん(筑紫女学園高等学校出身)の「海外福岡県人会青年派遣プログラム」参加報告(ハワイ)は下記をご参照ください。

    https://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/630
    図4.jpg0225ヒロ県人会交流会.jpg
    上:ハワイ州議会を訪問(後列右から3人目)下:コナ福岡県人会の方々との交流会(前列右から5人目)
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    01月15日

    Dream Comes True(就職内定者の声)㉕:N.Bさん(福岡県立小郡高等学校出身)-福岡銀行内定

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科の二期生にあたる現4年生からは、昨年、目指していた業界や企業への就職が内定したとの嬉しい知らせが相次ぎました。今春、卒業した一期生の多くが就職したエアライン(客室乗務員グランドスタッフなど)、旅行ホテル金融保険等の企業に加え、二期生は製造業エネルギー貿易業運輸業広告、不動産業等の業界で著名な企業からも内定をいただいているのが大きな特徴といえます。

    このコーナーでは志望していた企業様より内定をいただいた4年生(代表)の体験談をシリーズでご紹介しています。今年度の14回目となる今回は、第一志望であった福岡銀行様より内定をいただいたN.Bさん(福岡県立小郡高等学校出身)からの喜びの報告です。

    Dream Comes True㉕:N.Bさん(福岡県立小郡高等学校出身)-株式会社福岡銀行内定

    私は第一志望である株式会社福岡銀行から内定をいただくことができました。

    IMG_6465.JPG
    N.Bさん(右)、同じく福岡銀行様から内定をいただいた国際キャリア学科の同級生のM.Mさん(久留米信愛女学院高等学校出身)と

    就職活動が始まる3ヶ月程前から、大学の進路就職課主催のプログラムに参加し、面接対策やエントリーシートの作成など基礎を教えていただき、就職活動に向けて準備しました。昨年3月から本格的に就職活動が始まり、合同説明会、会社説明会など様々な業界のお話を聞くうちに、自分の考えの軸がぶれてしまい、自分自身を見失いかけた時もありました。しかし、改めて自己分析を行い、将来、どのような人生を送りたいか、どのような女性になりたいか、自分の考えをまとめることで、軸をしっかりと太いものにすることができました。こうして気づくことができたのも、国際キャリア学科で学ばせていただいたおかけだと思っています。

    面接では、志望企業の方に自分のことを少しでも知っていただくように、学生時代に努力したことや自己PRの具体例を入れながら話すことを意識しました。また、小学校から11年間続けているテニスを武器に、困難にぶつかった時の乗り越え方やその経験を通して学んだことなど、できるだけ自分の言葉で話すように努めました。

    就職活動の期間は正直、辛かったですが、そこから逃げ出さず、全力で取り組んだからこそ、ついてきた結果だと思っています。行き詰まった時は、一緒に頑張っている友人と話すことで、「辛いのは自分だけではない、もっと頑張ろう!」という気持ちになり、困難な時を乗り越えることができました。

    後輩のみなさん、高校生のみなさん、福岡女学院大学国際キャリア学科には、仲間と切磋琢磨して頑張れる環境があり、それを支えてくださる先生方がいらっしゃいます。将来の夢が定まらずに焦っている人もいるかも知れませんが、学生時代により多くの経験を積むことで、夢を見つけることができると思います。是非、この国際キャリア学科で多くのことを学んでください。

    ☆The Path to Her Dream☆

    1年生:海ノ中道のホテル ザ・ルイガンズでのオリエンテーション!
    L-9383.JPG


    3年生①:国際ビジネス・フィールドワークに参加!
    IMG_3501.JPG
    IMG_3494.JPG
    3年生②:山口ゼミ(中東・北アフリカ政治経済研究)で発表原稿を協議!
    IMG_4188.JPG


    4年生①:ゼミの卒業研究の中間発表で!
    IMG_6487.JPG
    4年生②:製造業、ホテル、銀行、石油、広告、不動産、IT等、それぞれに希望していた業界・企業への就職が内定したゼミの友人たちと!
    IMG_6707.JPG


    jennie2.png次回は第一志望であった株式会社エイチ・アイ・エス様より内定をいただいたH.Gさんからの喜びの報告をご紹介します。

    福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります!


    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@