• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    07月20日

    3年生の海外留学経験者と1年生との懇談会を開催しました!

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    IMG_6302.JPG

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEIC©の成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    先日はこうした海外留学経験者の3年生とこれから留学を検討する1年生との懇談会を開催しました。1年生たちは熱心に先輩たちの体験談に耳を傾け、留学先での勉強や生活など様々な質問をしていました。海外生活でさらに成長した3年生のチャレンジ精神と経験は後輩たちに引き継がれていきます。

    IMG_5865.JPGIMG_5853.JPGIMG_5845.JPGIMG_5816.JPGIMG_5814.JPGIMG_5810.JPGIMG_5855.JPG

    *国際キャリア学部(FICD)現3年生の昨年度の留学中の様子です!

    IMG_1784.jpg②.jpg
    オークランド大学(ニュージーランド)留学中の国際キャリア学科現3年生
    IMG_3695.jpg②.jpg
    オークランド大学(ニュージーランド)留学中のS.Hさん(国際キャリア学科3年、大分県立大分舞鶴高等学校出身)
    IMG_0142.JPG
    モナシュ大学(オーストラリア)留学中のY.Yさん(国際キャリア学科3年、福岡市立福岡西陵高等学校出身)
    IMG_9772.jpg②.jpg
    オークランド大学(ニュージーランド)留学中のY.Iさん(国際キャリア学科3年、鹿児島県立志布志高等学校出身)
    IMG_6504.JPG
    テネシー大学マーティン校(米国)留学中のK.Mさん(国際キャリア学科3年、福岡県立春日高等学校出身)
    レディング大学(英国)留学中のK.Nさん(国際英語学科3年、福岡雙葉高等学校出身)
    IMG_7363.jpg
    レディング大学(英国)留学中のH.Kさん(国際キャリア学科3年、福岡県立筑紫高等学校出身)
    image3.jpeg
    セントメアリーズ大学(カナダ)留学中のS.NさんとH.Uさん(いずれも国際キャリア学科3年、福岡県立春日高等学校出身)

    バギオ2017④.png
    バギオ大学(フィリピン)留学中のK.Rさん(国際英語学科3年、福岡県立光陵高等学校出身)とN.Hさん(国際キャリア学科3年、自由ケ丘高等学校出身)、C.Aさん(国際キャリア学科3年、福岡市立福翔高等学校出身)
    短期留学プログラムで西オーストラリア大学に留学中の国際英語学科現3年生!修了証を手にご機嫌です!
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    07月19日

    (学生の活躍)国際キャリア学科の留学生が香住丘高校の実践型英語学習にゲストとして招かれました!

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の海外からの留学生5名が、福岡県立香住丘高等学校で行われた実践型英語学習にゲストとして招かれ、高校生25名と英語で交流を行いました。

    このプログラムは、夏休みにニュージーランドでホームステイする同校の生徒さん向けの事前学習として企画されたもので、英語を話す環境に慣れ、文化の異なる人とのコミュニケーションを体験することを目的としています。留学生の自己紹介に続いてグループごとに高校生の自己紹介があり、そのあとはお互いの文化や生活について紹介し合うなど、終始、笑顔と笑い声が絶えない1時間となりました。

    5人の留学生にとっても忘れられない貴重な体験となりました。英語学科主任の瀧本先生はじめ香住丘高等学校の皆様、そして企画をしてくださった株式会社エイチ・アイ・エス九州営業本部の皆様、このような機会をいただき、ほんとうに有難うございました!

    IMG_2360.JPG IMG_2371.JPG IMG_2379.JPG IMG_2426.JPG IMG_2378.JPG

    以下は参加した留学生の感想です。

    D.Pさん(東アジア日本語学校出身)

    We had an exchange program with students of Kasumigaoka Senior High School. Aim of this exchange program was to make high school students familiar with English speaking environment and intercultural communication. It was my first time to visit a high school here in Japan and I was really looking forward to spending time with students. Program started with opening note from staffs of H.I.S and introduction of international students of ICD. Five of us were assigned to five different groups and we had 15 minutes of rotational conversation with each group. Our conversation was mainly focused in practicing self introduction, explaining different Japanese food, tradition and other useful phrases . Most of the students tried their best in expressing themselves, they had also prepared picture cards for better understanding. They explained us what they are looking forward in their first home stay abroad, what souvenirs they were buying and how will they spend their time. Few of them were nervous and shy for the first round but were actively participating after they got used to with the questions. Towards the end of the program, we could give them advices on learning second language and living as foreign students in different culture and environment. We encouraged them not to hesitate in speaking English, making mistakes, learning from it and making many foreign friends as possible. I hope they have a wonderful time and great experience abroad.This program was an amazing experience for us. High school students’ eagerness of learning English motivated us too. I am really thankful to H.I.S and ICD for providing this opportunity.

    IMG_2464.JPG

    T.Kさん(くるめ国際交流学院出身)

    I would like to thanks to H.I.S for providing such a wonderful opportunity to us. It was really a good experience having a conversation with high school students. I appreciate all student and class teacher for create a friendly environment. I found all students were well prepared and had good English knowledge, they share their hobbies and interest or planning for New Zealand, some topics are difficult for them to describe like Japanese foods and culture but they tried to explain themselves. I hope our conversation will be helpful for them. I would like to wish them good luck for their bright future.

    IMG_2385.JPG

    S.Bさん(弘堂国際学園出身)

    We spent about an hour having English conversation with 25 high school students of Kasumitakasi Senior High School(香住丘高校). They were divided into five small groups and we talked about 15 minutes with each group. It was really great time. All students had well preparation to interact in English. I asked about their introduction, images of Fukuoka prefecture, how they are spending their leisure time, their aim, hobby, their plans in New Zealand and so on. They answered confidently in correct English with good pronunciation. All students like English and want to work where they can use English in future. Definitely, they can gain their aim because they have good English skills and they are doing their best. We had a wonderful English conversation that day. Further, I got knowledge about Fukuoka and also could have image of Japanese high school students, because it was my first experience with high school’s students of Japan.  It was a very good experience for me and I would like to go again if have such a chance. I think students also got good practice in English for their next trip to New Zealand. I wish them to have a great time in New Zealand and bright future ahead.

    IMG_2440.JPG

    T.Dさん(愛和外語学院出身)

    had taken part in many exchange meetings before, but it was the first time for me to speak only in English. So it was a precious experience for me, and I really enjoyed it. The students were very shy, but they like English, the piano, football and singing. I don't have any talent, so I really admire them. Their English pronunciation was beautiful. I believe the students I met the other day are trying hard to improve their English, so they will have a great success in the future. I hope we will have another chance to meet a lot of people like this one in the future. Thank you for giving us this opportunity.

    IMG_2382.JPG

    K.Kさん(FLA学院出身)

    香住丘高等学校の皆様へ:先日は皆様と会話できて、本当に楽しかったです。とてもよく英語でコミュニケーションがとれていました。これからも勉強、頑張ってください。ホームステイも楽しんでね! Please experience and explore the new things.Have the great time and make the happy memories.Good luck. Wish you all the best.

    IMG_2447.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg
     

     

    2018年
    07月18日

    TOEIC®挑戦レポート⑰(A.Iさん-長崎県立長崎北高等学校出身:790点)

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科の英語学習カリキュラムはレベルごとに編成した少人数のクラスで、英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており(*)、授業の多くは英国、米国、カナダ、ニュージーランドなど英語圏出身のネイティブスピーカーの教員が担当しています(*)。
     
    img01.jpg
    三先生.jpg

    そして、多くの企業が海外駐在員派遣等の目安としているTOEIC® 730点以上を目標にしています。2年次には9カ国・地域、16の海外提携校に留学するプログラムもあり、現2年生以上では今年度前期までに計119名の学生が米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの提携大学に半年から1年間、長期留学しました(今年度後期からはさらに10名が長期留学の予定)。さらに、国内及び海外でのインターンシップや研修でも英語を使う機会が豊富にあります。こうしたカリキュラムを通じて、TOEIC®の得点を大幅に伸ばし、700点台から800点台の成績をあげる学生も相次いでいます。

    今回は2年次のニュージーランド留学での学びを活かして、帰国後の今年4月に受けたTOEIC®で790点を達成したA.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)の報告を紹介します。

    A.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)のTOEIC® ​挑戦レポート

    私は、昨年度、国際キャリア学科の留学プログラムでニュージーランドのオークランド大学に9か月間、長期留学しました。そして、帰国後に受けたTOEIC®で790点まで伸ばすことができました。
     
    IMG_5626.jpg②.jpg留学中は実用的で“使える英語”を重視して勉強に取り組みました。そのおかげか、Listeningで約9割の得点を取ることができました。留学先の生活は英語にどっぷりとつかれる期間でした。そういう環境に身をおく努力をしたことと、英語を常に口に出して使っていたことが今回の結果に繋がったのでないかと思います。やはり自分の母国語を話すことには楽ですが、留学中は留学に来た意味と初心を思い出しながら、できるだけ現地の友達と英語を使うように心がけていました。

    ホームステイ先に3人の子供達がいたことも支えになりました。夕食を囲みながら毎日の出来事を話したり、宿題を教えたりと、日々、英語に触れることができました。子供に発音や使い方を習えることもホームステイの良さで、よりネイティブな環境のもとで力が伸ばせたと思います。ホストマザーとは教育問題や環境問題などの難しいテーマについても意見を交わしました。通学に片道1時間弱かかっていたのですが、その道中はYouTubeの海外の動画と、TED talk(様々な分野におけるアイディアをシェアする英語のスピーチ・演説)を字幕なしで視聴していました。この習慣は現在も続けています。字幕ありだと、結局、目からの学習になってしまうので、極力、耳から英語を取り入れるようにしています。

    IMG_4749.jpg
    留学先のニュージーランドで様々な国からの友人たちと(右端がA.Iさん)
    IMG_1491.jpg
    ニュージーランドのホストファミリーと

     
    帰国後、自分の英語の実力試しと海外の文化を知るという目的のため、6週間、一人でヨーロッパへ行きました。そこでいろんなアクセントに触れたり、困難な状況に出くわしたことは、新しい発見と共に自分の英語の弱点を見直すきっかけになりました。
     
    ヨーロッパからの帰国後、公式問題集と文法書の2冊に絞って勉強に取り組みました。時間を図って本番に似せた練習をし、自分にあった時間配分を見つけ、なおかつそのなかでできなかった部分を文法書でカバーするようにしました。Listeningは、自分で発音できない部分は聞き取れないと思ったのでスクリプトを見ながら音読しました。Readingは今まで最後まで解き終わったことがなかったので、Skimming(速読)の練習をしました。また、毎日、今日の出来事をひたすら英語で独り言をして、英語脳を定着させています。
     
    これからは、ListeningとReadingの点数の差を埋めるために、Readingにおいて“早く正確に”解けることが目標です。目標点数にまだ届いていないので、勉強の継続とモチベーションの維持という意味でもこれからTOEIC®を定期的に受験しようと思います。また、留学中にIELTSの授業も受講していたので、卒業までにIELTSにも挑戦したいです。将来はぜひ国際的な企業で海外勤務をしたいと思っており、何より英語を話すことが好きなので、これからも自分にあったやり方を模索しながら、結果も残せる勉強を続けていきたいと思います!

    IMG_3397.jpg
    ニュージーランドで!

    *国際キャリア学科の他の主な英語関連授業の紹介は下記をご参照ください。

    授業紹介: Reading and Writing SkillsⅡ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、 担当:Philippa Nugent​)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/639
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当:Allan Williams)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/638
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Arthur Nakano)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/574
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Darcy de Lint
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/652
    授業紹介: Reading and Writing Skills(1年生必修科目、担当:Ian E. Kenyon)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/561
    授業紹介:Communication Skills (1年生必修科目、担当:Paul Shimizu)
      
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/506
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Ian E. Kenyon)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/583
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/262
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/515
    授業紹介:Senior Seminar(4年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    授業紹介:Presentation Skills(1年生必修科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/602
    授業紹介:Analysis and Discussion (2年生選択科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/597
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:蘭紅艶)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/492
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅱ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg 

    2018年
    07月18日

    (学生の活躍)国際キャリア学科3年のA.Aさん(筑紫高等学校出身)が博多織PRの着物モデルを務めました!

    kc_hed3.gif

    topics_170517[1].jpg国際キャリア学科3年のA.Aさん(福岡県立筑紫高等学校出身)が写真家の二石光正様が経営する株式会社nicographyと博多織の織元の井上絹織株式会社が共同で進めている博多織PRの着物モデルを務めました。

    A.Aさんは昨年、「ミスジャポン」に選ばれ、日本の伝統文化である着物の歴史や技法を学び、 着付けや作法を習得し、国内外で開催される着物ショーに出演するなど、日本文化を世界に向けて発信する活動に従事してきました(*1)。また、昨年11月に開催された国際会議、西日本国際ビジネスフォーラムでも着物を着てレセプションの司会進行を務めました(*2)。今回、こうした実績を二石様と井上様に評価いただき、博多織をPRするモデルに選ばれました。
    IMG_1295 (1).jpg20180712_0004.jpg

    *1.http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/459
    *2.http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/566

    A.Aさんは昨年3月には福岡県国際交流センターと国連ハビタット福岡本部が実施している「国際協力リーダー育成プログラム」の最年少団員としてミャンマーでの国際協力研修を体験するなど(*3)、積極的に様々な活動に参加しています。得意の語学力と行動力、そして「ミスジャポン」として深めた日本の伝統文化に関する学びを活かし、今後、ますますの活躍が期待されます。

    *3.http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/420

    以下は撮影を終えたA.Aさんのコメントです。

    博多織PRの着物モデルを務めて

    国際キャリア学科3年 A.A

    今回は株式会社nicography様と井上絹織株式会社様が提携された博多織PRプロジェクトにモデルとして参加させていただきました。

    クルマなどから人物まで幅広い撮影をこなされる写真家の二石様が音楽をかけながらテンポよく進めてくださったので、楽しく撮影できました。真顔、睨んだ顔など笑顔以外の顔も求められ、自分の新しい一面が発見できた気がします。

    また、博多織を着ての撮影は今回が初めてだったので嬉しかったです。博多織は縦糸で柄を出し、締めやすいのが特徴です。こんな可愛い色があるのはびっくりでした。着付けはレンタル着物の「ゆずの木」の方にご指導いただきました!

    本当に貴重な経験ができました。ありがとうございました。

    20180712_0007.jpg
    スタジオで、とても楽しい撮影でした!
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

     

    2018年
    07月17日

    (授業紹介)First year English(国際キャリア学科1年生必修科目、 担当:Philippa Nugent)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の英語科目は定期的に実施するテストに基づき、レベルごとにクラスを編成しています。カリキュラムは英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており、授業の多くは英語圏のネイティブの教員が担当しています(*)。
     
    6______________Nakano_______N_10929.jpg3______________Nugent_N_11137_(1).jpg4______________Alan_N_11155.jpg
    三先生.jpg

    以下は1年生を対象とし、レベルごとに分けられた三つのクラスで学ぶ大学英語の基礎的な授業である「First Year English(1年生必修科目)を担当しているフィリッパ・ニュージェント先生(Ms. Philippa Nugent、英語教育センター講師、英国出身)による授業紹介です。

    授業紹介:First Year English(Philippa Nugent先生)

    3______________Nugent_N_11137_(1).jpgIn my First Year English classes I focus on the students having a comfortable and pleasurable experience using English. Students activate the language skills they already have as well as adding to their knowledge of how to use English in a communicative context. Being able to talk face to face with someone in English is the most important skill-set they can learn, so classes are based on pair work activities involving real communicative exchanges between partners. Games, quizzes and information exchange activities keep students active whilst offering genuine reasons for communication.

    IMG_2217.JPGIMG_2207.JPGIMG_2233.JPG

    F.Nさん(福岡県立宗像高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生はいつも私たちに分かりやすいようにゆっくりと聞き取りやすく英語を発音してくだいますので、理解しやすく、リスニング力もアップしたと実感しています。また、授業中は常に英語を使うように指導してくださり、学生たちも英語を話そうと努力するため、コミュニケーション力も上がったように感じています。ペアワークでクラスメイトと楽しく英語を学習でき、ペアワーク中も先生が私たちのところを回って分からないところを教えてくださいますので心強いです。何よりフィリッパ先生の授業はとても明るく、先生の指導への情熱が伝わってきて私たち学生もとてもやる気が出ます。

    Y.Oさん(宮崎県立宮崎南高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生のFirst Year Englishの授業は、とても活発で、いつも笑顔に溢れています。授業はすべて英語で進められるため、初めは緊張したり、難しいと思うこともありましたが、繰り返すうちに慣れてきて、今では毎回の授業が楽しみになっています。先生との距離が近く、ペアワークの相手も毎回、変わるように工夫されていて、知らないうちに英語で積極的にコミュニケーションを取れるようになってきているなと感じています。

    K.Hさん(山口県立華陵高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業は全てが英語で行われます。いつも授業のテンポが良く、楽しく英語を学ぶことができています。ペアワークでは毎回、違う人と学習するので、クラスの仲間とのコミュニケーションを深めることもできます。私はこの授業を通して、英語でのコミュニケーション能力をさらに向上させていきたいと思っています。

    S.Kさん(愛媛県立新居浜西高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生のFirst Year Englishの授業はペアワーク中心で、様々な分野の英単語を使って会話します。私は単語を覚えることが苦手ですが、先生のネイティブの発音を聞きながら真似したり、相手と会話したりすることで、自然と頭に入ってくるようになりました。ペアワークが多く、毎回、ペアも変わるので、たくさんの人と仲良くなれます。自分の家族や地元の話をテーマに会話することもあり、より深く相手のことを知ることができます。フィリッパ先生の授業はあっという間に時間が過ぎるくらい夢中になれます。毎回の授業がとても楽しみです。この授業を通してもっとスピーキング力、コミュニケーション力を高められるように頑張ります。

    C.Yさん(福岡市立福岡女子高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業は全部、英語で行われていますので、毎回、ずっと英語と接することができます。先生の英語もとてもわかりやすいので、楽しく学んでいます。授業はだいたいペアになって英語で話し合う感じなので、自然と英語になれることができ、自分の伝えたいことを英語で表現する練習にもなっています。今は基本的な英語から学んでいますが、どんどん慣れて、どんどん難しい会話もできるようになれると思うので、楽しみです。

    A.Yさん(福岡舞鶴高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業は英語だけで行われます。初めのうちはあまり聞き取れませんでしたが、今ではきちんと聞き取れるようになり、リスニング力が上がったと実感しています。授業もわかりやすく、毎回、ペアが変わって英語でコミュニケーションをとるため、色々な人の英語を聞けることもとても楽しいです。最初は英語で話す時、発音があっているかどうかが不安で、積極的に話せませんでしたが、今では自分から積極的に話すことができるようになって良かったと感じています。

    A.Oさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業では、英語を使ったコミュニケーションを楽しく学習できます。毎回、ペアが変わるので、そこも楽しいです。私は英語を話すことがあまり得意ではなかったのですが、この授業を通して英語を使ったコミュニケーションが楽しいと感じるようになりました。

    IMG_2229.JPG

    *国際キャリア学科の他の主な英語関連授業の紹介は下記をご参照ください。

    授業紹介: Reading and Writing SkillsⅡ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当:Allan Williams)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/638
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Arthur Nakano)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/574
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Darcy de Lint
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/652
    授業紹介: Reading and Writing Skills(1年生必修科目、担当:Ian E. Kenyon)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/561
    授業紹介:Communication Skills (1年生必修科目、担当:Paul Shimizu)
      
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/506
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Ian E. Kenyon)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/583
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/262
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/515
    授業紹介:Senior Seminar(4年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    授業紹介:Presentation Skills(1年生必修科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/602
    授業紹介:Analysis and Discussion (2年生選択科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/597
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:蘭紅艶)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/492
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅱ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@