• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2017年
    07月20日

    (授業紹介)Japanese Industry(日本産業論:3年前期選択科目)

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科3年生を対象とする「Japanese Industry(日本産業論)」(担当:山口)では、戦前から太平洋戦争の敗戦、戦後復興、高度経済成長、石油ショックと安定成長への移行、プラザ合意からバブル景気、バブル崩壊と長期デフレ、現在のアベノミクスまでと戦後日本経済の変遷をたどりながら、各時代の日本経済を牽引した繊維、鉄鋼、自動車、電機、総合商社、金融など主要産業の概要と現況を日本語と英語で学ぶ講義を進めました。

    P1200033.JPG
    IMG_2950.JPG
    IMG_2951.JPG
    IMG_2774.JPG

    授業最終日には期末テストを実施しました。テストはそれまで学んだ戦前から現在までの日本経済とそれを支えた主要産業の歩みに関する問題で構成され、学生たちは真剣な表情で取り組んでいました。

    IMG_2783.JPG

    以下は「Japanese Industry」を受講した学生の感想です。

    Y.Iさん(福岡県立三池高等学校出身)

    この講義を受講してから経済への関心が増して、ニュース等もよく見るようになりました。講義中もわからない専門用語はすぐに調べるようになって、よい習慣が身についてきたと感じています。先生がしてくださる就職活動に関するお話も本当にためになります。来年、後悔しないようにしっかりと企業研究を行い、知識を増やしていこうと思います。

    M.Oさん(福岡県立三池高等学校出身)

    経済は歴史を知るためだけでなく、将来を予想し、予測するいいツールだと思いました。日本や日本と世界の関わりの流れをわかりやすく学ぶことができ、これから自分たちに何が求められているかを考える良い機会にもなりました。

    Y.Iさん(福岡県立糸島高等学校出身)

    この講義では戦後の日本の経済発展について実際の企業の動きなど豊富な実例を紹介しながら解説してくださったので、日本の経済、産業の歩みがリアルに理解できました。主要な産業や企業の盛衰など、私たちの将来を考える際に役立つ知識も得ることができ、来年の就職活動に活かしていきたいと思っています。

    M.Iさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    「Japanese Industry」は自分の将来に直結した講義で、就職活動の前に視野を広げるという意味でもとても重要だと思います。いただいた黄色い教科書は大切に持っておこうと思っています。世の中の流れをしっかりつかめるように新聞を読む習慣を身につけて、いろいろと吸収して、来年の就職活動で後悔しないようにしたいです。

    S.Iさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    「高度経済成長」などよく知られた言葉も英語で学ぶことにより新たな発見がありました。グローバルな現代社会で生きていくためのはやはり自国の経済のことを説明できないと恥ずかしいし、知らないことと同然だと思います。この講義では、日本の経済や産業について基礎からまず日本語で理解し、さらに英語でも学ぶことができたので、ここで得た知識をぜひ将来、役立たせていきたいと思います。

    M.Eさん(純心女子高等学校出身)

    戦後の困難を乗り越えた当時の人々のことを考えると相当な苦労や忍耐があったことと思います。こうした人々のおかげで、今の私たちは自分次第でやりたいことに挑戦することができます。この講義は私たちが置かれている状況を見つめなおす機会にもなったので、とても良かったです。これまでの講義を振り返り、深く掘り下げ、勉強を続けていきます。

    A.Eさん(熊本学園大学付属高等学校出身)

    昔から社会科が好きで、特に政治・経済の分野が好きだったのでとても楽しく学べました。戦後の日本がどのようにして経済大国に発展してきたのか、ここも現代史の中で最も好きなテーマなので、この講義で学べてよかったです。大学に入ってから商社の仕事に興味を持ったので、これからもっと詳しく調べていこうと思っています。

    S.Oさん(宮崎県立小林高等学校出身)

    今も続く有名な企業の歴史についても学ぶことができました。まったく知らなかったことばかりで、たいへん興味深かったです。

    M.Oさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)

    高校の日本史の授業では表面的なことしか知ることができませんでしたが、この講義で日本が敗戦の焼け跡から復興し、経済大国と呼ばれるに至るまでどのように歩んできたのか、何が起き、日本人の生活や文化がどのように変化してきたのかを含め、詳しく学ぶことができました。特に、高度経済成長を支えた繊維産業や鉄鋼業の発展のプロセスを学ぶことで、開発途上国が工業化し、テイクオフするプロセスについても学ぶことができました。

    M.Oさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)

    戦後の経済の流れが論理的にわかるので、聴講していてとても興味がわきます。高校までの日本史や政治・経済の授業では事実を淡々と教わるのに対し、この講義では身近な実例や商品、企業が紹介されるので、いろいろと考え、新しい着眼点を得ました。今、商社の仕事に興味を持っているので、今回、総合商社の歴史や機能、現状について教わったことをもとに自分でも調べていこうと思っています。

    M.Eさん(九州国際大学付属高等学校出身)

    講義で紹介いただいた松下幸之助や早川徳次、安藤百福、稲盛和夫など戦後の日本の産業界をリードした経営者の方々の言葉には深いものがあり、考えさせられました。いつか役に立つ、心の支えになる言葉になるだろうと思い、ちゃんとメモしています。しっかりと学び、将来に役立てていきたいです。
     
    IMG_2777.JPG IMG_2779.JPG

    後期に開講する「Current Business」では、「Japanese Industry」の学びを踏まえ、今度は実際に国際ビジネスの第一線で活躍されてきた様々な業種の方々を招き、実務の視点から日本の産業や企業経営、国際ビジネスについて講義いただきます。

    現在のところ、鉄鋼(新日鐵住金)、輸送機器(ヤマハ発動機)、繊維・ファッション(HITOYOSHI、FURLA)、観光・旅行(ハルトラベル)、航空運輸(日本航空)、ホテル(リーガロイヤルホテル)、金融(西日本シティ銀行)、メディア(西日本新聞社)、官公庁(公正取引委員会)、商工団体(福岡県信用保証協会)などの方々に講義を依頼する予定で、このうちヤマハ発動機との提携講義は「グローバルビジネスの舞台で翔ぶために~第一線の現場から~」と題して同社の各部門で活躍されている女性社員の方々による講義を3回シリーズで開催します。

    「定評のある英語教育で英語力を総合的、かつスキル別に高めながら、専門科目については実務、現場からの視点を重視しながら学ぶ」、これが国際キャリア学科のカリキュラムの特色といえます。

    IMG_2955.JPG
    前期テストを終え、ガッツポーズの3年生
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    07月20日

    国際キャリア学科2年のK.Mさんが福岡よかトピア国際交流財団の「日本人大学生留学奨学金」奨学生に選ばれました!

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科2年のK.Mさん(福岡県立春日高等学校出身)が福岡よかトピア国際交流財団の「日本人大学生留学奨学金」の奨学生に選抜され、このたび高島宗一郎福岡市長より奨学生認定証を交付されました。
     
    「日本人大学生留学奨学金」は福岡の将来を担う日本の若者をグローバル人材として育成し、福岡での創業・就職を通じて、福岡のグローバル化、活性化に貢献してもらうことを目的に創設された奨学金です。アジアに開かれた福岡の歴史、文化などの特性を生かした国際交流を促進する活動を行っている福岡よかトピア国際交流財団では、①福岡をより良くしていこうとする高い志を持つ学生、②留学での経験を福岡の発展に活かしていきたいという学生、③困難にぶつかってもくじけず挑戦を続ける学生を求めています。

    K.Mさんは、小論文を含めた書類審査と二度にわたる面接を経て多数の応募者の中から7名の奨学生のひとりに選ばれました。国際キャリア学科の学生が福岡よかトピア国際交流財団の「日本人大学生留学奨学金」の奨学生に選抜されるのは昨年度のM.Iさん(3年、福岡市立福翔高等学校出身)に続いて2年連続となります。

    K.Mさんは、今年8月からアメリカのテネシー大学マーティン校に留学し、英語とともに同国におけるビジネスや産業振興などについて学びます。今後、さらなる活躍が期待されます。

    IMG_2956.JPG
    K.Mさん(右)、左は昨年度、同奨学生に選ばれたM.Iさん(3年、福翔高等学校出身)
    DSC08181.JPG

    高島市長から認定証をいただくK.Mさん(提供:福岡よかトピア国際交流財団)
    DSC08227.JPG

    高島市長と一緒に(市長の右がK.Mさん、提供:福岡よかトピア国際交流財団)

    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    07月18日

    ICD’s Second Annual Sports Festival(ICDスポーツフェスティバル②)

    kc_hed3.gif
    The Department of International Career Department (ICD) holds events regularly to foster students’ teamwork spirit and help sharpen their communication competence such as leadership. The annual sports festival is one of them.

    On July1st after the TOEIC IP test, ICD had its second sports festival. Different from the first time which took place last year, this time the students took complete charge in the process of planning, negotiating, decision making, preparing for everything such as prizes and the venue, cleaning up, reflection as well as many other relevant chores. Although the weather was hot, the students showed even hotter enthusiasm and had a very competitive but friendly time together which has undoubtedly enforced the teamwork and synergy among all participants.

    以下は実行委員を務めた各学年の代表者の感想です。 

    K.Tさん(4年、聖和女子学院高等学校出身)

    学年の垣根を超え、一致団結できた運動会だったと感じています。決勝戦では、円陣をつくり盛り上がっている姿を見て、観戦側も興奮して応援しました。運動会を通し先生方や後輩との繋がりを深めることができました。

    K.Aさん(3年、大分県立日田三隈高等学校出身)

    今回で二度目の運動会でしたが、前年度よりも参加者が多く、活気がある楽しい運動会になりました。実行委員長として実行委員や参加者をまとめることや状況を逐一把握し、その場にあった正しい判断をすることなど、とても大変でしたが、リーダーシップ力を身につけるよい機会でした。来年はより素晴らしい運動会になるよう、後輩達に受け継いでもらいたいと思います! 

    M.Yさん(2年、福岡県立伝習館高等学校出身)

    運動会実行委員として、大学に入って初めて人を動かすことの大変さを知りました。後輩、先輩や同級生の力を借りて、実行し、「楽しかったよ!」と言ってもらえてよかったです。とてもいい経験ができました。

    T.Fさん(1年、福岡県立鞍手高等学校出身)

    今回の運動会で前もって準備することの難しさと大切さを学びました。実際に運動会をやってみて、自分自身とても楽しめました。また、先輩やたくさんの人と協力して運動会を成功させるという同じ目標に向かって頑張る良い経験ができました。

    SF②.jpg
    SF⑤.jpg
    SF④.jpg
    SF18.jpg
    SF⑦.jpg
    SF⑧.jpg
    SF⑨.jpg
    SF⑪.jpg
    SF⑬.jpg
    SF⑩.jpg
    SF⑭.png
    学科全学年がひとつになった熱い、暑い1日でした
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

     

    2017年
    07月18日

    チンタラーの南川先生観察日記39:先生とゼミ2017というお話(Lehrer und Seminar 2017)

    kc_hed3.gif

    head_cat_2015.jpg

    先生が真剣な表情で忙しげに資料を確認している。「ゼミ」の女の子の研究計画書らしい。

    「ゼミ」と言ってもこれから始まる暑く長い夏の昼下がりに我々の微睡(まどろみ)を妨げ、さらに体感温度を上げる半翅目・頸吻亜目の昆虫のことではない。ゼミナールという授業のようだ。先生の話を聞くだけでなく、少人数で研究テーマに関する報告や討議、専門書の講読を行うことを基本とする授業で、どうもこの国の人間の近代的な高等教育が始まった際にドイツの影響を強く受けていたために、ドイツ語で呼ばれているらしい。Ach So!Gefunden!ふつうは指導する先生の名前を付けて、「○○ゼミ」と呼ばれることが多い。
     
    そうこうしているうちに女の子たちが先生の部屋に入ってきた。「南川ゼミ」の二期生たちだ。授業が始まると、先生は珍しく真剣な表情で話を聞いている。女の子たちは「南川ゼミ」で勉強し、論文にするテーマを先生に報告している。先生は時に優しく、時に鋭くコメントして女の子たちを導いている。既に「南川ゼミ」一期生の女の子たちは来年の就職に向けて「しゅーかつ」に臨んでいるが、二期生の女の子たちもこれから先生の背中を見て、社会に向け歩んでいくのだろう。
    IMG_3456.JPG
    真剣かつ鋭い視線を投げかける先生 

    d03ec780[1].jpg先生も女の子たちもお話に一生懸命なあまり、小生への食糧供給を失念しているようだったが、ようやく一人の子が小生の存在に気づき、なすべき行動をとってくれた。昨年、同じようなオケージョンの際に古代中国の戦国時代の人物である郭隗が「どうすれば賢者を招くことができるか」と燕という国の王様(昭王:右図版)に問われたときに「まず私のような凡人を優遇することから始めて下さい。そうすれば優秀な人材が集まってくるでしょう」と応えたことからできた「まず隗より始めよ」という言葉をあげて注意を促したが、少しは効果があったようだ。Sehr nett!

    IMG_3484.JPG
    ゼミの後、愛弟子たちに囲まれて一生懸命もっともらしい表情を保とうと努める先生

    P1200301.JPG

    真剣かつ鋭い視線で先生の観察と分析を続ける小生:Ernst!

    footer_cat_2016.jpg
     

    2017年
    07月14日

    (授業紹介)Junior Seminar(蘭ゼミ、異文化コミュニケーション分野)

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科3年生は、今年度から国際政治経済、経営・ビジネス、国際協力、地域研究、異文化コミュニケーションの各専門分野のゼミ・クラスに分かれ、専門科目を重点的に学んでいます。このうち、異文化コミュニケーション分野の蘭ゼミではコミュニケーションに関する様々なテーマについて研究を行うことを目標としています。

    1年次のIntroduction to Communication(コミュニケーション入門)と2年次のIntercultural Communication(異文化コミュニケーション論)の講義で学んだ内容を踏まえて、各自関心があるテーマを決めて、先行文献をしっかりと検討したうえで、研究を進め、研究成果を発表します。ゼミの時間には、異文化コミュニケーションのコンテクストや諸現象について検討し、担当教員(蘭紅艶)から文献検索の仕方や研究する際の注意点なども説明します。また定期的にグループディスカッションを行い、研究の進行報告や意見交換を行います。

    P1200287.JPG
    P1200252.JPG
    蘭先生(前列中央)と蘭ゼミのメンバー

    以下はゼミ生の感想です。 

    C.Nさん(福岡県立福岡中央高等高校出身)

    このゼミの大きな特徴として「自由度の高さ」があります。‟コミュニケーション”というテーマが設定されていますが、一口にコミュニケーションといってもさまざまな方法があります。自分の趣味や興味、関心の高いもの・ことから、コミュニケーションへつなげられると思うので、「研究テーマをいろいろ考えてみたい」「枠にとらわれない研究をしたい」という人におすすめです。 
    P1200260.JPG

    K.Aさん(大分県立日田三隈高等学校出身)

    以前から外国人と日本人のコミュニケーションに対する考え方や宗教の違いにとても興味があり、より深い知識を得たいと思い、異文化コミュニケーションに詳しい蘭先生のゼミを希望しました。現在、私はノンバーバルコミュニケーションやジェスチャーの違いについて研究を進めています。将来、海外で働くためにも、ゼミでの研究や討議を通して視野を広げたいと思います。 

    Y.Iさん(福岡県立三池高等学校出身)

    私がこのゼミを選んだ理由は異文化に興味についてもっと深く学びたいからです。実際、選んで本当に良かったと思います。私は今、日本と韓国における‟ギャップ”について研究していますが、旅行や留学で訪れた際はもちろんのこと、日頃から気になっていたことを調べることができ、とても充実しています。毎週、ゼミの時間が楽しみです! 

    M.Kさん(福岡県立筑紫高等学校出身)

    私がこのゼミを選んだ理由は、1、2年の時に受けた蘭先生の授業内容に興味を持ったからです。異文化コミュニケーションやノンバーバルコミュニケーションなど、改めて考えてみると、自分の身近なことだけどいろんな視点から見ることができて面白いです。 

    N.Kさん(福岡県立城南高等学校出身)

    私は今学期,「手紙」について研究をしています。自分の身の回りにある「連絡手段」は明らかにデジタル化していて、私たちのコミュニケーション能力にも影響してるからです。自分の興味と関心に沿って、自分のやり方で研究を進めていけるので、私にあったゼミだと実感しています。 

    M.Hさん(福岡県立糸島高等学校出身)

    研究テーマ:「承認欲求がコミュニケーションに与える影響」。コミュニケーションはこれからの人生において欠かせないものだと思い、蘭先生のゼミを選びました。自分たちの生活に直結した内容であるため、イメージもしやすく、学んだことをすぐに実践できる面白さがあります。コミュニケーションだけでなく、女性としてのあり方なども一緒に学ぶことが出来ていると思います。 
    P1200269.JPG
    アメリカからの留学生(奥)を交えたディスカッション

    Y.Kさん(東筑紫学園高等学校出身)

    このゼミでは自分で主体的に学び、研究することができます。私の研究テーマは「日本語と英語の俗語」です。このテーマにしたきっかけは蘭先生の2年生のコミュニケーションの授業で「言葉」と人とのつながりについて学び、興味を持ったからです。自分の学びたいテーマを自由に決めることができ、しかも少人数なので、とても楽しいゼミです。 

    S.Tさん(佐賀清和高等学校出身)

    蘭先生のゼミでは、自ら決めたテーマについてそれぞれ調査を進めていき、論文を作成します。定期的にそれぞれの研究の進み具合の報告や意見交換をグループでするので、新たな調査方法の発見や違う視点からの考え方、疑問が生まれたりして、面白いです。 

    C.Tさん(海星高等学校-長崎-出身)

    私の研究テーマはディスニーランドについてです。なぜこのテーマにしたかというと、コミュニケーションのとり方が一番素晴らしい場所、感心する場所を考えた結果、ディスニーランドにたどりつきました。自分で考えて、研究するので、行動力も身につきます。 

    C.Nさん(福岡県立玄界高等学校出身)

    私は日本で日本語を勉強している留学生が感じたカルチャーショックについて研究しています。蘭先生のゼミでは自分が調べたいと思ったことが研究テーマとなるので、研究しやすいし、楽しみながら調べることができます。

    K.Mさん(八女学院高等学校出身)

    私がこのゼミを選んだ理由は様々な国の人達や考え方などを学ぶことができると思ったからです。将来、社会に出て働いていくなかで自分の考えを一方的に押し付けることはできません。ものごとを客観的に捉え、相手の気持ちなども考慮する必要があります。そのような力をこのゼミで身に着けることができるのではないかと私は考えています。 

    K.Yさん(福岡県立糸島高等学校出身)

    蘭ゼミは基本的に自分で考え、発言する場面が多いです。日本人は自分の意見を持っているのに発言しないことがあり、このゼミはその苦手?を克服できると思います。また、私自身クラスのみんなと上手くコミュニケーションが取れるようになりました。
    P1200253.JPG
    最後にみんなでヨガのポーズ
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@