• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    11月14日

    グローバルキャリア発見の旅23 イタリア編②: トリノ大学 小林貴恵先生

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    kc_20161114_02_01.jpg前回に続きイタリアのトリノからです。今回は、トリノ大学で日本語を教えていらっしゃる小林貴恵(こばやし たかえ)先生にインタビューします。先生はオランダで日系旅行会社に勤務していた頃にイタリアを訪れ、「イタリア語の響き」に惚れ込んでしまい、それが人生の大きな転機となったそうです。日本語学科の学生や卒業生たちから慕われる、明るくて元気な小林先生にお話を伺います。

    Q1. 先生はイタリアに来られて何年になるのでしょうか?イタリアに来られた経緯についても教えて下さい。

    イタリアには1995年に来ましたから、今年で21年経ちました。もともと大学でドイツ語を勉強したのですが、卒業後、東京のメーカーで2年働いた後に思うところがあってオランダの日系旅行会社へ転職。アムステルダムに住んでいる時にイタリアを旅行してイタリア語の響きに惚れ込み、「ここに住みたい」とローマ支店へ異動させてもらいました。その後、航空会社へ転職し、2007年にトリノ大学の日本語講師として教えることとなりました。それからほぼ10年になります。初めは2~3年住むつもりだったのに、すっかり長くなってしまいました。

    Q2. 日本語を教えるようになったきっかけなどを教えてください。また、日本語を教えるときに先生が一番大切にしていることは?

    ローマに住み始めた時、たまたま同じアパートに日本語を勉強し始めた女性がいました。彼女の卒業論文を手伝った時、「私、教えることが好きなんだ」と気づきました。それから友人などにプライベート・レッスンをしている間に教えたいという気持ちがどんどん強くなりました。そんなある時、トリノ大学で日本語講師の選考が行われることを知って、トライしたら、何と幸運なことに採用されたのです。実は、日本を出る前に日本語教育能力検定の資格をとっていました。その時は「将来結婚して旦那さんについて海外に行ってもできる仕事って日本語教師かな」くらいの軽いノリでとったのですが、それが後に役に立ったわけです。日本語を教える時に一番大切にしていのは、なるべく授業にリズムを作って学生が興味を持って取り組めるようにすることです。しかし、大学では学生数が多すぎて(1年生は100名以上)、これがなかなか難しいです。

    Q3. イタリア人学生に日本語を教える上で、苦労すること、難しいと感じることがあれば、教えてください。また、嬉しい、楽しいと感じることは?

    一番残念なのは、学生がせっかく学んだ日本語を使える機会がほとんどないことです。トリノはローマやミラノなどと比べると日本人がとても少なく、日本人と知り合って会話の練習ができる幸運な学生は数えるほどしかいません。そのようななかでヨーロッパ言語とは全く異なる難しい日本語を、モチベーションを失わずに勉強を続けてもらうのは、特に大学教育では難しいと感じます。ですから学生には「どんどん日本へ行って」と言っています。日本へ行った学生たちがそれぞれに日本の魅力を発見したり、日本人の恋人を作ったり、さらには日本で仕事を見つけたりして、それを聞くのが何より嬉しいです。もちろん頑張ったのはそれぞれの学生ですが、そのなかで少しでもお手伝いできたなら、教師冥利に尽きます。

    kc_20161114_02_02.jpg
    日本語クラスで、修了証書を手にする教え子たちと

    Q4. 今年9月、国際キャリア学科の3年生2名がインターン生として1週間トリノに滞在し(*)、「必ずまたトリノに帰って来たい」と声を揃えていました。先生から観たトリノの街の魅力を教えて下さい。

    トリノは人口100万人弱、ローマ、ミラノ、ナポリに続くイタリア第4の都市ですが、他の三都市とは違ってとても落ち着いた町です。何世紀もサヴォイア公国の首都でしたから町の建築物は美しく、郊外には宮殿や城がたくさんあり、アルプスまでも車で1時間ちょっとという恵まれた環境にもかかわらず観光客が少ないので、われわれ外国人も落ち着いて生活できます。実はトリノ人はイタリアでは”Torinesi falsi e cortesi”(親切だけどホントは何を考えているか分からないトリノ人)と言われ、言わなくてもいいことまで口に出してしまう典型的なイタリア人からはあまり良く思われていません。でも、日本人にとってはこれがちょうど日本的で有難いのです!南イタリア人に比べるとちょっと大人しいかもしれないですが、トリノは勉強したり働いたりする人にはぴったりの町ではないでしょうか。

    *イタリアでのインターンシップにつきましては以下をご参照ください。
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/352

    トリノ①.jpgトリノ③.jpg
    トリノの街並み

    Q5. 日本の女子大学生、高校生にメッセージをお願いします。

    仕事なら何でもそうだと思いますが、その仕事が好きかどうかはとても大切だと思います。あなたの熱意は必ずそれを受け取る側に伝わります。私たちは誰でも人生の中で30年から40年は仕事をして生活するわけで、それは本当に長い時間です。楽しくてもつまらなくても40年働かなければならない。だからこそ、皆さんには自分が何に興味を持っているのかを常に自分自身に問いながら、積極的に「自分の一生の仕事」を見つけて欲しいと思います。「強い思いや願い」というのはとても大切で、そこにチャンスが生まれます。私は三重県の田舎から、それを探してここまで来てしまいました。最初は深く考えずに選び、悩んだりあがいたりして仕事も4回変えましたが、今はとても満足しています。ぜひたくさん世界を見てください。短い旅行でも、日本から出てみると、「あー、世界には自分の知らなかったことがこんなにあるんだ」と嫌でも思わされ、物事を見る視点が変わり、その数も増えます。そうすることで皆さん自身の世界もどんどん広がることでしょう。

    kc_20161114_02_03.jpg
    学生の卒論発表会にて
    kc_fut.gif
     

    2016年
    11月11日

    (学生の活躍)英語学習TOEIC挑戦レポート⑥ N.Mさん(長崎県立島原高等学校出身、790点)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の英語学習カリキュラムはレベルごとに編成した少人数クラスで、英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されています(*)。2年次には海外提携校に留学するプログラムもあり、現3年生では半数近くの学生が米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの各大学の提携校に長期留学しました。さらに、国内外でのインターンシップや研修でも英語を使う機会が豊富にあります。こうしたカリキュラムを通じて、在学中にTOEICの得点を大幅に伸ばす学生も出てきています.。

    以下では前回、790点を達成したN.Mさん(3年、長崎県立島原高等学校出身)からの報告をお伝えします。

    N.Mさん(長崎県立島原高等学校出身)のTOEIC挑戦レポート

    IMG_1699.JPG私は2年次のカナダ・セントメアリーズ大学への長期留学を通して、特にリスニングの力が上がったと思います。留学に行く前はリスニングが苦手で、行った後も初めは相手の人が言ったことがよく聞き取れず、何回か聞きなおすことがありました。最初は苦労しましたが、常に英語に囲まれた環境の中で生活しながら耳もネイティブの人が話すスピードに慣れ、会話についていけるようになりました。留学期間中は英語学習科目だけでなく、経済学やマーケティングなどの専門科目も受講し、インタビュー調査など行いましたが、これらを通して語彙をさらに増やすことができたのではないかと思います。今後はさらに英語学習に努め、次回のTOEICでは800点以上を目指したいと思っています。

    1436910976953.jpg
    留学先のカナダでイタリアからの留学生と歓談するN.Mさん
    IMG_1524.JPG
    学園祭(葡萄祭)で、経営学を学ぶ朴ゼミで商品開発に取り組んだ化粧品を紹介するN.Mさん(中央)、左は同級生のY.Hさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)、右はK.Sさん(ルーテル学院高等学校出身)

    *英語授業の紹介は下記をご参照ください。
    授業紹介:Communication Skills (担当:Paul Shimizu)
    授業紹介:Business Reading (担当:Darcy de Lint)
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅰ/Ⅱ(担当:Gregory J. O’Keefe)
    授業紹介:Reading and Writing SkillsⅡ(担当:Ian E. Kenyon)
    授業紹介:Test Taking Skills(担当:横尾聡子)
    授業紹介:Reading and Writing SkillsⅢ(担当:中島千春)

    kc_fut.gif




     

    2016年
    11月10日

    海外留学先からの報告㊵:C.Nさん(カナダ:セントメアリーズ大学-宮崎県立都城西高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    このコーナーでは海外提携校に留学中の学生からの報告をシリーズで紹介します。40回目となる今回はカナダのセントメアリーズ大学に留学中のC.Nさん(宮崎県立都城西高等学校出身)からの報告です。

    留学先からの報告-C.Nさん(宮崎県立都城西高等学校出身)

    私は大学ではぜひ海外留学したいと考えていました。国際キャリア学部では留学にあたってGPAが2.8以上必要ですので、それを達成するためにまずは日々の授業をしっかりと受けました。英語学習に関しては、授業で分からなかった単語などをノートにまとめたり、文法の勉強をやり直したりしました。
     
    カナダでは最初、なにもかもが日本と違っていて戸惑ったり、不安になったりしましたが、今では生活にも慣れました。寮のルームメイトは1人が日本人で2人が中国人です。皆、優しい人たちで、一緒に買い物に行ったり、ご飯を食べに行ったり、中国語を教えてもらったりと仲がいいです。
     
    学校生活は、愉快な先生方が多く、毎日の授業がとても楽しいです。ただ、毎回3人のグループで自分の意見を話す機会があるのですが、思っているとことをうまく伝えられないこともあり、その時は悔しい思いをします。発音や文法、単語の使い方が間違っていて相手に伝わらないこともありました。間違った単語や文法などはその都度、ノートにまとめて次回からは使えるようにしっかり覚えています。単語がわからないとすぐに辞書を使ってしまうので、できる限り自分の知っている単語で相手に伝える努力をしています。
     
    私は将来、航空産業など英語力を活かす仕事を目指しています。そのためにこの留学でできるだけ英語力を上げたいと思っています。留学することはお金もたくさんかかりますし、決して簡単なことではありません。この機会を無駄にせず、将来の夢のために頑張りたいと思います。

    kc_20161110_01.jpg
    キャンパスの様子
    kc_20161110_02.jpg
    学んでいる校舎
    kc_20161110_03.jpgルームメイトたちと夕食


     
     

    2016年
    11月08日

    海外留学先からの報告㊴:H.Gさん(フィリピン:バギオ大学-福岡市立福岡女子高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    このコーナーでは海外提携校へ留学中の学生からの報告をシリーズで紹介します。39回目の今回は今年度から新たに留学先に加わったフィリピンのバギオ大学に留学中のH.Gさん(2年、福岡市立福岡女子高等学校出身)からの報告です。バギオ大学留学中の学生は同大学の学部生とともに関心の高い専門分野を英語で学んでいます。

    留学先からの報告-H.Gさん(福岡市立福岡女子高等学校出身)

    私は留学をしようと決心してから、苦手だった文法の勉強に励み、TOEICの点数を伸ばすことをメインに頑張りました。
     
    留学して困ったこともありましたが、それ以上に自分を成長させることの方が断然多いことに気付きました。日本では英語を使うことを躊躇していましたが、留学を経験して今までどんなにもったいないことをしていたのだろうと思い知らされました。フィリピンの人は皆、たとえ文法が間違っていても真剣に話を聞いてくれます。フィリピンでも英語は第二言語ということもあり、苦手な人ももちろんいますが、懸命に英語で会話しようとしています。そんな彼らの姿を見て、間違うことは恥ずかしいことではないと学びました。
     
    私は以前から心理カウンセリングに興味があったため、バギオ大学では心理学を専攻しました。心理学の授業では専門用語が多く出てくるため、難しく感じることもありますが、クラスメイトに助けられながら、日々楽しく学んでいます。宿題も多く出るため、帰宅後も毎日机と向き合っています。英語の授業では、クラスメイトの前でスピーチをする機会が多々あります。その都度、課題に沿ったスピーチを作り、緊張しながら一生懸命乗り越えています。元々、人前に出ることがあまり得意ではなかったので苦痛に感じることも正直あります。しかし、発表の後の達成感は苦労したからこそ味わえるものだと思っています。
     
    授業の空き時間には、様々な国の出身の友人とカフェに行き、その国々の文化を教えてもらい、貴重な経験をしています。フィリピン人の学生はとても優しく、フレンドリーな人が多いので、不思議と友達は増えました。日本が好きで日本文化に興味を持っている人が多く、日本についての質問を長時間されたこともありました。質問をしてくる友人達の興味津々な顔を見ていると話しているこちらまで楽しくなります。週末は友人とランチに行ったり、自宅でホストファミリーと映画を観たりして充実した日々を送っています。

    開発途上国で学ぶ機会はそうそうありません。学べる機会に感謝し、バギオ大学ではもちろん、日本に帰国してからも勉強に精一杯励んでいきたいと思っています。


    kc_20161108_01.jpg
    kc_20161108_02.jpg
    クラスメイトと(上写真中央がH.Gさん)

    kc_fut.gif

     

    2016年
    11月07日

    海外留学先からの報告㊳:M.Oさん(オーストラリア:モナシュ大学-福岡市立福岡西陵高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    このコーナーでは海外提携校へ留学中の学生からの報告をシリーズで紹介しています。38回目の今回はオーストラリアのモナシュ大学に留学中のM.Oさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)からの報告です。 

    留学先からの報告-M.Oさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)

    私の場合、4か月という短い留学なので、最初から目標にしていたクラスに入るため、まずは隙間時間に継続できて、かつ自分にあった勉強方法を検討しました。そして、アルバイトの休憩時間や通学時間を有効活用しつつ、日常的に英語を使うとともに、TOEICの問題集を解き、海外のニュースアプリやラジオを使うなどして、英語学習に取り組みました。また、日本の事をいつもうまく説明できないので、日本の文化についても知るように努めました。
     
    留学先の選定に際し、重視したことは「人との出会い」です。大都市ならより多くの人に出会うことができ、様々な事に挑戦できるチャンスも多いのではと思い、メルボルンにあるモナシュ大学に決めました。実際に日本語教師をしている方から面白いお話を伺うことができたり、日本の観光を紹介するイベントの企画を経験し、日本文化の人気度、認知度の高さに驚きました。福岡にも多くの外国人が暮らしていますが、メルボルンにはその何倍もの外国人がいて、市街地の主な労働力として生活しています。少子高齢化が進み、日本でも同じ光景を見るようになるのかもしれないと想像とすると、教育を含め、いま日本人がすべきことは何か考えさせられます。今月はオーストラリア各地で開催される日本映画フェスティバルのボランティアに参加しようと思っています。来年、日本語教育能力検定試験を受験するので、日本語教師のアシスタントやボランティアにも挑戦します。
     
    メルボルンで生活して、意外に日本が好きだということを実感し、日本人がどのように海外から捉えられているのかを知ることができました。将来は海外で働きたいと思っていますが、この短い期間でも生まれ育った文化の外で生活することがいかに大変なのかを痛感しています。初めて実家から離れましたが、自分自身で生活をコントロールしなければならず、いかにこれまで家庭の中で何もしていなかったのかがよくわかりました。最初のホームステイ先ではさすがラテンだなという元気なブラジル人とシャイな17歳の中国人と一緒でした。夕食時にはその日にあったことやお互いの国の事を話し、住む国が違うだけでこれだけ違うのかと驚くこともあれば、変わらない事もあるのだと気づかされました。ブラジル人はよくダンスを教えてくれますし、中国人とは教育制度や学校生活の違い、日本と中国がどうすれば仲良くなれるのか話すこともありました。
     
    中心地にあるキャンパスはきれいで、先生方やスタッフの方はとても親切です。授業では質問や発言を積極的にするよう意識しています。反対なら反対で理由を述べて、間違いを恐れず発言するクラスメイトには学ぶことが多いです。放課後は課題やTedなどを使って勉強しています。自習にはキャンパス内にある図書スペースなどを利用することができます。
     
    家族や友達、先生方など支えてくださる周りの人に胸を張って帰れるよう、残りの期間、最初に立てた目標である英語力をビジネス・レベルまで伸ばすことを達成するだけでなく、勉強も遊ぶことも全力で楽しんでいきたいと思っています。
    kc_20161107_01.jpg
    ブラジル、中国からの留学生と(左がM.Oさん)
    kc_20161107_02.jpg
    教室で(先生、ユニークなクラスメイトと)
    kc_20161107_03.jpg
    メルボルンの中心地にある美しい校舎

    kc_fut.gif

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@