• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2014年
    01月14日

    グローバル・キャリア発見の旅 (第3章)
    「人とかかわる仕事の質は、現地の人々の言葉をどれだけ操れるか」

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々にインタビューします。
    今回は、海外協力NGOにおいて活動中の内本充統(ウチモト•ミチト)氏にインタビューします。
    内本氏は福岡女学院大学人間関係学部において教育に携わっていらっしゃいましたが、現在は「シャプラニール」のダッカ事務所を基点として、海外協力の分野で活動中です。


    201400114_2_02.jpg

    Q:シャプラニールとは?
    シャプラニールは日本におけるNGOの草分け的存在で、「バングラデシュ・ネパールといえばシャプラニールといわれるほどの業績と活動歴を持っています。
    私はその「シャプラニール=市民による海外協力の会」のダッカ事務所(バングラデシュ)で勤務しています。

    Q:海外協力に関わることになったきっかけは何ですか?
    私はシャプラニールで働く前に長く社会福祉にかかわってきました。またシャプラニールに勤務する前は福岡女学院大学で働いていました。でもいつか海外協力にかかわりたいと思っていたので、50歳を前にして思い切ってNGOに飛び込んだのです。その結果は...まだ出ていませんが、もっとバングラデシュの人々の役に立ちたいという気持ちが強くなってきています。

    Q:どのような活動をしているのですか?
    シャプラニールは現在、バングラデシュで児童教育、障害者、家事労働にかかわる少女、防災教育等の分野での支援を行っています。またネパールでも防災と、児童労働の削減を目標に活動をしています。

    Q:NGOで活動するためには、どのような能力が求められるのでしょうか?
    現地の人々と一緒に働くには、仕事に支障がない程度の英語(特に読む・話す)を使えることが必要です。また、私は現地の言葉(ベンガル語)も使えるように、今必死で頑張っていますが、人とかかわる仕事の質は、現地の人々の言葉をどれだけ操れるかに左右されると思います。

    Q:高校生、大学生の皆さんへのメッセージをお願いします。
    バングラデシュに来て大切だなと思ったことは、言葉はもちろんですが、支援する側の姿勢です。「人の役に立つためにはどのような態度で何をすべきか、ということは支援にかかわる際の最大の課題だと思います。私自身はこの課題をめぐって常に自分との対話を続けています。
    大学で海外協力に勉強したいと考えているみなさんには、語学とともに、まず日本で「私はこんな役にたてる(かも)」という分野をつくってみてはいかがでしょうか。

    2014年
    01月14日

    新年好!あけましておめでとうございます!

    kc_hed3.gif

    20140114_01.jpg


    ICDの3つの分野の1つである「異文化コミュニケーション」について、今回は、蘭紅艶(らん こうえん)先生にお話してもらいます。蘭先生は中国青島の出身ですが、中国語はもちろん、英語、日本語と、3カ国語を自由に使うことができます。


    20140114_02.jpg2007年に施行された観光立国日本推進基本法では、外国人観光客を2020年までに、当時の800万人から2,500万人に増やすことを目指しています。
    2013年12月でその数は1,000万を超え、東京オリンピック開催決定によって、その目標が早期に達成される見込みとなりました。
    今後、福岡市の人口の16倍以上の外国人が毎年日本を訪れることになります。

    1964年の東京オリンピックは、日本全国に英会話ブームを引き起こしました。
    2020年、東京で再びオリンピックが開催され、世界中の人々が日本の首都に集まります。欧米だけでなく、中国を始めとしたアジア各国、南アメリカ、アフリカなど、世界各地から様々な人々が訪れます。
    異なる文化的背景を持つ人と、私たちは出会うことになります。その際もちろん、国際語として英語が使われるわけですが、世界各国の人とコミュニケーションをとるために、英語が使えるだけで十分なのでしょうか?

    日本特有の「おもてなし」の精神は、相手の気持ちを考える接待です。その「おもてなし」の精神を発揮するためには、相手の文化、習慣、あるいは人間関係に注目していくことが欠かせません。
    将来国際舞台で活躍する「国際人」になるためには、様々な角度から物事を見る事ができ、柔軟な考え方の持ち主である必要があります。
    英語を使って、異なる文化的背景を持つ人々とのより良いコミュニケーションを目指して行かなくてはなりません。

    皆さんも、ICDで一緒に「異文化コミュニケーション」を学びませんか?

    20140114_03.jpg

    2014年
    01月11日

    国際キャリア学科:経済・経営・商学?それとも

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科は国際キャリア学部の1学科として2014年4月に開設されます。さて「どのようなことが学べる」学科なのでしょうか。

    AliceShop.JPG

    上の写真は「ふしぎの国のアリス」で有名な「Alice's Shop」です。世界中で読まれている児童書ですが、本の著者ルイス・キャロルの本名はチャールズ・ドジソン、オックスフォード大学クライストチャーチ・コレッジの数学の先生でした。

    ご存知のようにアリスはウサギの穴から不思議な国に入り様々な経験をします。最後は夢が覚めてもとの世界に戻ってくるのですが、大学時代の4年間はアリスの経験とまでは行かなくても、自分の価値観を変えたり、新たな自分に出会う大切な期間となります。

    国際キャリア学部の教育目的は「グローバル人材の育成」です。その中でも国際キャリア学科は、ビジネス・異文化コミュニケーション・地域研究国際協力といった分野を横断的に学び、グローバル社会でもとめられる仕事力・人間力を育成します。

    したがって、経済・経営・商学に関連する科目も専門科目に置かれています。ただし、経済学部、経営学部、商学部と異なり、学問体系ありきでなく、「人材育成に最重点を置いた教育」が特徴です。つまりこれまでの大学教育と発想を異にしています。

    受験生や高校生の皆さんは、学問体系を学びたいのでしょうか?それともグローバル人材として活躍できるための資質を身につけたいのでしょうか?この問いはしっかりと考えて頂きたい、また、考えるに値する問題です。本学科は人材育成を目的に、専門科目を厳選しています。そこが他大学との違いです。

    もう1つ力を入れているのは、外国語(英語、中国語、留学生用の日本語)です。特に英語については、TOEIC 730点以上を目指します。ビジネス、経済、経営等に関心のある方で、英語はちょっと、と苦手意識を持っている人がいるかも知れません。それは心配いりません。本学には英語教育の伝統を通して培った指導ノウハウがあります。1年で100点近くスコアを伸ばせる指導技術を持っています。皆さんの「本気」と「決意」があれば、卒業時には一回り大きくなった自分に出会えるはずです。

    一般入学試験(前期)の出願期間は 2014/1/8〜1/23、試験日は2014/2/2(日)です。皆様の受験をお待ちしています。

    2014年
    01月06日

    山口先生の新著が日本経済新聞書評欄で紹介されました

    kc_hed3.gif

    20131227_01.jpg山口先生の新著『中東経済ハブ盛衰史-19世紀のエジプトから現在のドバイ、トルコまで』(明石書店)が1月5日付の日本経済新聞朝刊書評欄で「政変や戦争で経済繁栄が損なわれる中東の特性を含め、7つの経済史はいずれも興味深い」と紹介されました。

    福岡女学院大学の図書館にも入る予定ですので、興味のある方は図書館でご覧になってください。

     
     
     
    20140106_03.jpg

    2014年
    01月06日

    グローバルキャリア発見の旅 (第2章) 「毎日が勝負です!」

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg


    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々にインタビューします。
    今回は、タイ国際航空で旅客営業部長として活躍されている川波美子さんにインタビューします。


    20140106_02.pngQ:川波さんのお仕事について教えて下さい。
    主に旅行代理店や学校・企業に働きかけて、自社を利用して旅行をしてもらうよう営業活動を行うのが仕事です。また、タイという国に親しみを感じてもらうために、コンシューマー•イベントを行うこともあります。

    Q:管理職としての立場は苦労も多いと思います。
    管理職として営業戦略をたて、部下のやる気を引き出し、統率すること、他部署との連携を取ること、外部との難しい交渉をすることが私の課題です。その意味で、毎日が勝負です。

    Q:お仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?
    お客様の嬉しそうな笑顔やワクワクした様子を見た時、「飛行機を飛ばす」ということに向かって空港スタッフや営業スタッフが一つになったと感じる時です。

    Q:川波さんは本学の卒業生です。川波さんにとっての女学院とは?
    今振り返ると女学院でのおおらかな学びの環境が自立心を持ってがんばる私を作ってくれたのだと思います。また、学生時代にチャペルで学んだ聖書の言葉がいつも心の支えになっています。社会人になった今だからこそキリスト教の教えを心の根っこに持っていることで、正しい道を賢く、強く歩んでいけると感じています。

    Q:受験生の皆さんへのメッセージをお願いします。
    強い意志とぶれないビジョンを持つ「使える人材」になることが何よりも大切だと思います。目標に向かって頑張って下さい。

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@