• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2019年
    08月20日

    海外留学留学先からの報告128:Y.Fさん(ニュージーランド・オークランド大学-福岡県立春日高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。128回目となる今回は、今年4月からニュージーランドのオークランド大学に留学中のY.Fさん(福岡県立春日高等学校出身)からの報告です。

    Y.Fさん(福岡県立春日高等学校出身)​からの留学報告

    私はニュージーランドのオークランド大学に留学しています。

    IMG_4786.jpegオークランド大学のクラスはレベル別、コース別に編成されています。IELTコース、Generalコースなど様々なコースがあり、自分にあった選択をすることが可能です。クラス分けのテストは定期的に行われるため目標をつくりやすく、高い向上心を保ちながら授業を受けることができます。1クラスは15人ほどの少人数で編成されているため、発言しやすいことはもちろんのこと、クラスメイトとすぐに仲良くなることができ、様々な国の文化についても学べます。まるで一日の授業で世界旅行をしている気分です。先生方は、日常会話で使う単語から私たちの知らない難しい単語まで教えてくださるため、毎日、質の高い授業を受けていると実感します。自分の受講姿勢次第で様々な視点から多くのことを学べます。
    IMG_4706.jpeg
    様々な国からのクラスメイトと!

    ニュージーランドに来た当初は、バスの乗り方や買い物の仕方など、わからないことも多くありましたが、今では慣れてきました。休日には色々な国の友人と様々な場所へ出かけています。オークランドは都会と田舎の両方を兼ね備えており、本当に素敵な場所です。また、カフェの文化が素晴らしく、おしゃれなカフェが街中に溢れており、スターバックスの店舗数が少ないのも納得です。アイスクリームの消費量が世界一というのもあってユーモアのあるアイスクリームを堪能できるのもニュージーランドの魅力の一つだと思いました。

    既に留学期間の折り返し地点をすぎ、帰りたくない気持ちと英語学習に対する焦りとで一杯です。今より更に語彙を増やし、もっと多くの友達と様々な話題について話し、様々な国の文化を学んでいきたいと思っています。
    IMG_3987.jpeg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月19日

    海外留学留学先からの報告127:Y.Mさん(カナダ・セントメアリーズ大学-福岡県立筑紫高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。127回目となる今回は、今年5月からカナダのセントメアリーズ大学に留学中のY.Mさん(福岡県立筑紫高等学校出身)からの報告です。

    Y.Mさん(福岡県立筑紫高等学校出身)​​​​​からの留学報告

    私は今年度通年でカナダ東部のハリファックスにあるセントメアリーズ大学に留学し、英語を中心に学んでいます。

    Y.M①.jpg2.jpg

    Y.M②.jpg2.jpgセントメアリーズ大学の授業では、最初に教科書の論題に沿って英文法とイディオムを復習し、ペアやグループ学習で話し合うことでそれらを演習します。英語で英文法を習うのはとても新鮮で、英語を実際に使っている環境であるからこそ、より身近な表現や適切な単語を知ることができ、毎回、新しい発見があります。(右はクラスの担当の先生との写真です。ハリファックスの気候はとても穏やかなので、晴れた日には外で授業を行うこともあります。)

    私のクラスにはヨルダン、マリ、韓国、中国からの留学生がいます。授業を通して彼らの国についての話を聞く機会もあり、価値観や文化の違いを学ぶことができます。日本にいる時は『それが普通である』という感覚であったために考えたこともなかったことも、『なぜそうなのか』と考えるようになりました。日本を基準にするのではなく、客観的に捉えるように意識しています。

    Y.M③.jpg2.jpg放課後や週末は、セントメアリーズ大学や今、住んでいる大学の寮が企画するアクティビティやハリファックスの様々なイベントに参加して、積極的に大学の学部生や現地の方々とも交流するようにしています。左はハリファックスのカナダ・デー(祝日)のイベントで出会った韓国人の友達との写真です。お互いの文化や価値観について語り合い、とても仲良くなりました。


    また、私は美術に興味があり、ハリファックスにはたくさんの美術館や展示会、ストリートアートがあるので、それらを訪れ、出会った人々とお互いの文化や芸術について話すことで刺激を受けています。下は街で出会ったストリートアーティストの方と仲良くなり、ペイントを体験させていただいた時の写真です。彼女は建物の壁や天井などに絵を描くアートペインターで、休日には彼女の家にお邪魔させていただき、工房を見学したり、ペイントをお手伝いさせて頂いたりしました。


    Y.M⑤.jpg2.jpg

    新しい世界に飛び込むのは少し勇気のいることですが、そこでしか得られない貴重な体験をすることができ、それは自分の人生においても大切なものになるので、これからも失敗を恐れずに挑戦していこうと思います。
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月08日

    海外留学留学先からの報告126:R.Tさん(米国・セントラルワシントン大学-久留米市立久留米商業高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。126回目となる今回は、今年3月から米国のセントラルワシントン大学に留学中のR.Tさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)からの報告です。

    R.Tさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)​​​​​​からの留学報告

    RT.CWU2.jpg私は今年3月末からアメリカ西部のワシントン州にあるセントラルワシントン大学に留学しています。私が学んでいるセントラルワシントン大学の英語学習クラスでは、コミュニケーション、グラマー、リーディング、ライティングの4つの授業があります。クラスはレベルごとに分かれていて、一定の成績に達すると、一つ上のレベルに上がることができます。ご指導いただいている先生方はとても親切で、質問にも丁寧に答えてくださり、どの授業も楽しく受けることができています。(右はご指導いただいている先生と)

    RT.CWU1.jpg放課後は仲良くなったアメリカ人の友達の家を訪ねてメイクを教えてもらったり、英語学習クラスのみんなで映画を見に行ったり、ショッピングをしたりして過ごしています。大学のキャンパス内には大きなアスレチック・ジムもあり、誰でも楽しむことができます。また、セントラルワシントン大学には大学が企画する楽しい交流イベントがたくさんあります。大学全体でのバスケットボールの交流試合が開催された時には、私も友達とチームを組んで、アメリカ人の学部生の選手と試合をしました。(左はスクールマスコットのワイルドキャットの像です!)

    8.jpg3.jpg
    上:友達の家で、下:バスケットボールの試合でチームメイトと

    休日には留学生仲間や学部生の友達と郊外でキャンプに行ったりしています。この前、行ったキャンプでは一緒にいろんなゲームをやったり、夜にはキャンプファイヤーでスモア(マシュマロのお菓子)やホットドッグを作って食べました。

    6.jpg5.jpg

    10.jpg先日はセントラルワシントン大学の卒業式でした。約3000人の学生が卒業しました。日本の卒業式よりスケールが大きく、式で友達や家族の名前が呼ばれると、叫んだり、クラッカーをならしたりと、とても自由で、見ているだけでも楽しかったです(左の写真は仲よくなった卒業生の友達と!)。このようにセントラルワシントン大学では現地の人や学部生と交流する機会がたくさんあり、英語を勉強するにはとてもいい環境だと思います。

    これからももっと人とのつながりを広げ、勉強し、自分の英語のスキルを上げることができるよう頑張りたいと思います。

    4.jpg

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月07日

    海外留学留学先からの報告125:O.Hさん(カナダ・セントメアリーズ大学-福岡県立春日高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。125回目となる今回は、今年5月からカナダのセントメアリーズ大学に留学中のO.Hさん(福岡県立春日高等学校出身)からの報告です。

    O.Hさん(福岡県立春日高等学校出身)​からの留学報告

    私は今年5月からカナダの東部の街、ハリファックスにあるセントメアリーズ大学に留学し、英語を中心に学んでいます。

    O.H①.jpg

    授業では、クラスのレベルに合わせた教科書を使い、リーディング、リスニング、ライティングのスキルを高めていきます。先生が提示されたテーマについてのディスカッションをペアワーク、グループワークで行うことも多く、楽しみながらスピーキングのスキルを高めることができます。私のクラスには韓国、中国、マリ、ヨルダンからの留学生がいて、“Speak English only”というルールもあるため、日本人同士の日常会話も英語で行います。積極的に発言するクラスメイトから刺激をもらい、親切で気さくな先生方にご指導いただきながら、意欲的に英語学習に取り組んでいます。

    O.H②.jpg
    ご指導いたいているレイチェル先生と!
    O.H③.jpg
    マリからのクラスメイトと!


    放課後や週末は、大学が企画したアクティビティに参加しています。カヌーやピクニック、シティー・ツアーなど、他国からの留学生やセントメアリーズ大学の学部生とたくさん交流しています。また、私は放課後、ハリファックス内のダンス・スタジオに通っていて、そこでもカナダ人の友達が多くできました。

    O.H④.jpg
    韓国人の友達とカヌー体験!
    O.H⑤.jpg
    映画「ハナミズキ」の撮影地のペギーズコーブで!

    私は今、留学前に不安を抱いていたことが嘘のようにとても充実した生活を送っています。残りのカナダ生活でも留学中にしかできない経験をたくさんして、目標を達成できるよう一生懸命、頑張りたいと思います。
     O.H⑥.jpg
    CANADA!
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    08月01日

    海外留学留学先からの報告124:K.Mさん(カナダ・セントメアリーズ大学-福岡県立玄界高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。124回目となる今回は、今年5月からカナダのセントメアリーズ大学に留学中のK.Mさん(福岡県立玄界高等学校出身)からの報告です。

    K.Mさん(福岡県立玄界高等学校出身)​からの留学報告

    私は二年次の前後期、カナダのハリファクスにあるセントメアリーズ大学に留学し、英語を中心に学んでいます。

    K.M①.jpeg

    IMG_6654.jpeg最初は基礎的なことから学ぶため、復習感覚で授業を受けました。基礎を丁寧に学ぶため、着実に英語力を身に着けることができました。先生方はとても優しく、親切で、分からないときは丁寧に教えてくださいます。2週間に1回テストがありますが、先生もしっかりと対策や復習をしてくださるので、安心して受けることができます。

    _____________________.jpeg私のクラスには中国、ロシアなどからの留学生もいて、お互いの文化や言語を教えあったりして、楽しく過ごせています。一緒に過ごしているとたまに驚くようなカルチャーショックもありますが、これも留学に来たからこその体験であり、互いに尊重しあっています。放課後には先生夫婦とクラスのみんなで日本食を食べに行ったり、中国人の友達に中華料理を作ってもらったりなど、なかなかできない体験をしています。寮生活で何でも自分でしないといけないため、最初は大変でしたが、日がたつにつれ慣れていき、自立していく力もつきました。

    これからの留学生活も後悔が残らないように、たくさんの事に挑戦し、英語学習も精一杯頑張っていきます。

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@