• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2014年
    01月28日

    海外での経験からきっと将来の道が見えてきます
    -北九州市田上国 際部長からの応援メッセージ-

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々にインタビューします。
    今回は北九州市の国際業務を総括されている北九州市総務企画局の田上裕之国際部長にインタビューします。


    20140118_03.jpgQ:現在のお仕事についてご紹介ください。
    北九州市の国際関連業務の総括や企画の仕事、すなわち、どの国や地域とどのような方針で交流するかをコーディネートする仕事です。
    また、海外の有能な人材を北九州に呼び込むために外国人が住みやすい環境(=地域における多文化共生環境)を整備する仕事も担当しています。

    Q:北九州市は海外との積極的な交流で知られていますが、特に重点的に取り組まれている分野についてお教えください。
    北九州市には1970年代までの深刻な公害を克服する過程で得た環境技術や自治体の上下水道の整備・運用の技術で強みを持っています。こうした分野での海外との技術協力を通じて経済交流の基盤を整備して、市内の企業のビジネス交流につなげています。
    交流の相手国としてはこれまで主流だった中国、韓国、台湾から、最近では経済発展著しい東南アジアやロシアなどの新興国に焦点を当てています。

    Q:田上部長の国際業務のご経験についてお教えください。
    およそ20年になります。自治体国際化協会に出向してニューヨークに駐在したことがきっかけになりました。それ以降、北九州の港への外国の船舶の寄港の誘致(ポート・セールス)や市内の企業の海外の市場開拓の支援、外国企業の北九州への進出の誘致などの仕事に取り組んできました。

    Q:北九州市のような公的機関で国際業務に携わるにはどのような資質や能力が求められますか?
    私の経験からみると、多分野に関心を持ち、いろいろな人と人的なネットワークを構築する能力が必要だと思っています。語学力はその次に必要な能力だと思います。

    Q:大学生、高校生へのメッセージをお願いします。
    公的機関に限らず、今後は様々な分野で国際的な対応力が求められます。ぜひ機会をみつけて積極的に海外を見に行っていただきたいと思います。
    海外での経験の中からきっと将来の道が見えてくると思います。

    20140118_02.jpg
    中国で北九州市の紹介の講演をする田上部長

    2014年
    01月27日

    小倉発、世界へ-小倉クリエーション渡部社長の応援メッセージ

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々にインタビューします。
    今回は伝統的な小倉織を現代的なコンセプトの布として復活させ、ヨーロッパなど海外市場の開拓にも積極的に取り組まれている有限会社小倉クリエーションの渡部英子(わたなべ ひでこ)社長にインタビューします。


    20140127_02.jpgQ:御社のお仕事についてご紹介ください。
    小倉クリエーションは昭和初期に生産が途絶えていた小倉織を現代的な布として復活させ、インテリア用品やファッション小物、バッグなど幅広い製品を製造・販売しています。
    小倉織伝統の縦縞を基調にした製品は九州にとどまらず首都圏のデパートやセレクトショップで取り扱われているほか、JR九州の特急列車の車内インテリアなどにも採用されています。

    Q:国際ビジネスにはどのように取り組まれていますか?
    2008年からフランスやドイツ、イタリアで開催される国際見本市に製品を出展し、商談を進めた結果、海外企業とのビジネスを開始することができました。
    今後はわが社のSHIMA-SHIMAブランドの製品がヨーロッパの市場に広がっていくと期待しています。

    Q:国際ビジネスにはどのような資質や能力が求められますか?
    インターネットが発達した今、様々な情報が溢れています。こうした情報を受け身に聞いているのではなく、主体的に自らの価値観に基づいて判断していく姿勢、そして自分の行うことに自信を持ち、ぶれない立ち位置から物事を考えていく姿勢が必要ではないかと思います。

    Q:大学生、高校生へのメッセージをお願いします。
    私の会社の製品はもともと小倉織という地元の伝統産品の再生からスタートし、今では首都圏、そして海外にまで販路を拡げています。
    インターネットが発達した現代に生きる皆さんはどこにいても情報を発信できる環境にいます。ぜひ地方に拠点を置いてもそこから中央に、さらには海外におそれることなく向かって行く気持ちを持って取り組んでいっていただきたいと思います。

    20140127_03.jpg
    ヨーロッパの展示会で製品の説明をする渡部社長

    2014年
    01月14日

    グローバル・キャリア発見の旅 (第3章)
    「人とかかわる仕事の質は、現地の人々の言葉をどれだけ操れるか」

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々にインタビューします。
    今回は、海外協力NGOにおいて活動中の内本充統(ウチモト•ミチト)氏にインタビューします。
    内本氏は福岡女学院大学人間関係学部において教育に携わっていらっしゃいましたが、現在は「シャプラニール」のダッカ事務所を基点として、海外協力の分野で活動中です。


    201400114_2_02.jpg

    Q:シャプラニールとは?
    シャプラニールは日本におけるNGOの草分け的存在で、「バングラデシュ・ネパールといえばシャプラニールといわれるほどの業績と活動歴を持っています。
    私はその「シャプラニール=市民による海外協力の会」のダッカ事務所(バングラデシュ)で勤務しています。

    Q:海外協力に関わることになったきっかけは何ですか?
    私はシャプラニールで働く前に長く社会福祉にかかわってきました。またシャプラニールに勤務する前は福岡女学院大学で働いていました。でもいつか海外協力にかかわりたいと思っていたので、50歳を前にして思い切ってNGOに飛び込んだのです。その結果は...まだ出ていませんが、もっとバングラデシュの人々の役に立ちたいという気持ちが強くなってきています。

    Q:どのような活動をしているのですか?
    シャプラニールは現在、バングラデシュで児童教育、障害者、家事労働にかかわる少女、防災教育等の分野での支援を行っています。またネパールでも防災と、児童労働の削減を目標に活動をしています。

    Q:NGOで活動するためには、どのような能力が求められるのでしょうか?
    現地の人々と一緒に働くには、仕事に支障がない程度の英語(特に読む・話す)を使えることが必要です。また、私は現地の言葉(ベンガル語)も使えるように、今必死で頑張っていますが、人とかかわる仕事の質は、現地の人々の言葉をどれだけ操れるかに左右されると思います。

    Q:高校生、大学生の皆さんへのメッセージをお願いします。
    バングラデシュに来て大切だなと思ったことは、言葉はもちろんですが、支援する側の姿勢です。「人の役に立つためにはどのような態度で何をすべきか、ということは支援にかかわる際の最大の課題だと思います。私自身はこの課題をめぐって常に自分との対話を続けています。
    大学で海外協力に勉強したいと考えているみなさんには、語学とともに、まず日本で「私はこんな役にたてる(かも)」という分野をつくってみてはいかがでしょうか。

    2014年
    01月06日

    グローバルキャリア発見の旅 (第2章) 「毎日が勝負です!」

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg


    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々にインタビューします。
    今回は、タイ国際航空で旅客営業部長として活躍されている川波美子さんにインタビューします。


    20140106_02.pngQ:川波さんのお仕事について教えて下さい。
    主に旅行代理店や学校・企業に働きかけて、自社を利用して旅行をしてもらうよう営業活動を行うのが仕事です。また、タイという国に親しみを感じてもらうために、コンシューマー•イベントを行うこともあります。

    Q:管理職としての立場は苦労も多いと思います。
    管理職として営業戦略をたて、部下のやる気を引き出し、統率すること、他部署との連携を取ること、外部との難しい交渉をすることが私の課題です。その意味で、毎日が勝負です。

    Q:お仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?
    お客様の嬉しそうな笑顔やワクワクした様子を見た時、「飛行機を飛ばす」ということに向かって空港スタッフや営業スタッフが一つになったと感じる時です。

    Q:川波さんは本学の卒業生です。川波さんにとっての女学院とは?
    今振り返ると女学院でのおおらかな学びの環境が自立心を持ってがんばる私を作ってくれたのだと思います。また、学生時代にチャペルで学んだ聖書の言葉がいつも心の支えになっています。社会人になった今だからこそキリスト教の教えを心の根っこに持っていることで、正しい道を賢く、強く歩んでいけると感じています。

    Q:受験生の皆さんへのメッセージをお願いします。
    強い意志とぶれないビジョンを持つ「使える人材」になることが何よりも大切だと思います。目標に向かって頑張って下さい。

    2013年
    12月17日

    グローバルキャリア発見の旅 (第1章)
    「ピンチであればあるほど、チャンスに変えることが重要!」

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg


    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々にインタビューします。
    今回は、コーチ・ジャパン、シニアヴァイスプレジデントの倉田浩美さんにお話を伺いたいと思います。
    倉田さんは米国大学留学やコンサルティング会社勤務などを経て、2002年コーチ・ジャパンに入社され、現在コーチ・ジャパンのマーケティング統括責任者として活躍されています。
    本学の卒業生でもある倉田さんには、11月に国際キャリア学部新設を記念して行われた「国際キャリアセミナー:女性が世界を舞台に活躍する」でもパネリストとしてお話をしていただきました。


    20131217_02.jpgQ:11月のセミナーでは、まさに「世界を舞台に活躍する女性」を思わせる華麗なプレゼンでした。あのような形でお話をされる機会は多いのでしょうか?
    そうですね。コーチは、女性が活躍する機会がたくさんあるグローバル企業です。
    常に進化するコーチでは、社員へきちんとマーケティング戦略を伝えていくことも重要な役割ですので、社内でのプレゼンテーションの機会も多くあります。
    また、社外でもコーチのブランドやマーケティング戦略についてお話しをさせていただく機会を頂いております。


    Q:倉田さんは本学の卒業生です。どのような学生時代でしたか?
    学生のときから英語は好きでした。
    また、ワンダーフォーゲル部の部員で、よく登山やトレッキングをしました。北アルプス縦走10日間も経験をし、15キロほどのリュックを担ぎ、夜はテント泊、また次の朝起きて山歩きを続ける。体力と精神力はつきました!


    Q:そう言えば、セミナーの日も、前日ニューヨークから帰国したばかりという倉田さんでしたが、そんな疲れなど全く見せないパワフルなプレゼンでした。
    好きな言葉、座右の銘は?

    「ピンチはチャンス」です。私がコーチ・ジャパンに入社したときも、最初からレールが敷かれていた訳では決してありませんでした。コーチの日本での事業展開にどうしても関わりたいという強い思いがあって、行動を起こしたからこそ。コーチへの入社が実現したのでした。
    長い人生において挫折はあります。ピンチであればあるほど、チャンスに変えることが重要です。頑張れば、夢は必ず叶います。そして一生懸命でいること、それが大切だと思います。


    Q:「海外で働きたい、或は英語を使って仕事をしたい」という将来の希望を持つ高校生、大学生にメッセージをお願いします。
    海外に出る事で自分の可能性は大きく広がります。
    その際、英語が使える事は必須でしょう。例えば、コーチでは中国をはじめ25か国以上でビジネスを展開していますが、母国語が英語でない中国などの海外のスタッフとコミュニケーションを取る手段は英語です。
    英語ができることによって、ビジネスの世界での活躍の場が広がります。とにかく自分の興味がある分野を、自分の可能性を信じてとことん追求してください。その先には必ず可能性が広がっていきます。夢に向かって頑張って下さい!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@