• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2015年
    02月24日

    グローバルキャリア発見の旅14(ディサント株式会社 吉村様)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、国際ビジネス、国際協力、公的機関その他、世界とつながる色々な分野で活躍されている方々をお招きしてお話を伺います。

    kc_20150224_01.jpg今回はディサント株式会社でキーアカウントマネージャーとして活躍されている吉村友見さんにインタビューをします。
    吉村さんには、昨年10月、福岡女学院大学国際キャリア学科(ICD)でのロレッタ・ナポレオーニさんの特別講演の際にイタリア語の同時通訳として、その流暢なイタリア語を披露して頂きました。
    また、西日本国際フォーラムでのインターンシップでは、ICD学生スタッフにきめ細かく指導して頂きました。

    学生の間だからこそできる色々なことに挑戦してください!
     (ディサント株式会社 吉村友見様)

    Q:吉村さんのお仕事の概要を簡単に教えてください。

    A:企業や自治体、団体などの組織が海外で活躍するのをお手伝いするための国際的なイベントを企画したり、コーディネイトしたりしています。
      

    Q:お仕事で一番苦労することは?

    A:その時のテーマに合わせて、前例や関係する法律について調べたり、取り掛かる前の下準備や段取りのところが一番時間がかかり大変なことが多いです。
     

    Q:お仕事で一番楽しいと思うことは?

    A:お客様にとって、成果が出たとき、事業に関わってくださった方が、参加できてよ かったといってくださった時が一番感動する瞬間です。
    kc_20150224_02.jpg
    ナポレオーニさん特別講演会での吉村さん
     

    Q:大阪外国語大学の地域文化学科でイタリア語を専攻されました。学生時代はどんな女子大生でしたか?

    A:学生時代は、高校では文系の進学コース、大学は外国語学部と、毎日、辞典や大きな教科書を持ち歩くような学部で、あまり華やかとは言えない学生時代だったと思います。
    大学に行って、1年間イタリアに留学することを目標にしてから、やりがいができ、あっという間に時間が過ぎて行ったように記憶しています。休学して卒業が1年間延びてしまうのが残念で、3回生が終わるまでの間に卒業までに必要な単位を取ってしまおう!と目標を立て、教授に事情を説明し、イタリアから卒論の指導をしていただきながら、集中講義の時期以外の大学4回生の間のほとんどの時間をイタリア留学で過ごしました。
     

    Q:女子高校生と女子大学生にメッセージをお願いします。

    A:わたしは、中学生の時に外国語に興味を持ち「外国語学部に行ってみたい!」という夢を持って、そのままそれを信じて大学に進むことができました。でも、実際に社会に出て、学生の時には気が付かなかった、自分がまだこれから勉強してみたいと思うことに、たくさん出会いました。
    高校生の皆さんは進学希望、大学生の皆さんは現在の専攻などのテーマがあると思いますが、それだけにとらわれず、様々な角度から自分の専門や夢を「さらに」深めるためには、どんな方法があるか、枠を飛び出して、色々なことを経験してみてほしいとおもいます。毎日毎日が小さな経験や発見の積み重ねで、失敗したと思うことがあっても、絶対に無駄にはなっていません。決まった枠だけにとらわれずに、自由に勉強や経験、表現をする勇気と活動力をぜひもって学生の間だからこそできる色々なことに挑戦してください!
     

    吉村さん、有り難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いします!

    kc_20150224_03.jpg
    西日本国際フォーラムでICD1年生と

    2015年
    02月09日

    グローバルキャリア発見の旅13(ロレッタ・ナポレオーニさん)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、ビジネス、貿易関係、国際協力その他、色々な分野で活躍されている方々をお招きしてお話を伺います。

    kc_20150209_01.jpg今回は特別ゲストとして、世界的に著名なイタリア人国際経済学者のロレッタ・ナポレオーニさんをお迎えします。
    ナポレオーニさんはジャーナリストとしても活躍され、近著「イスラム国 テロリストが国家をつくる時」(Islam Phoenix) の著者としても注目されています。
    また昨年の秋には、国際キャリア学科の特別講義において貴重なお話をして下さいました。
    関連記事|2014.10.21|国際キャリア学科Today

    "Just spread your wings as much as you can..."
     (Loretta Napoleoni)

    Q:去年秋に来福された折にはICDの1年生に話をしてくださり有り難うございました。ナポレオーニさんのメッセージは学生たちの心にしっかりと刻まれました。また、世界の動きに常に注目しながらエネルギッシュに仕事をされる姿にも強い印象を受けました。仕事をする上での原動力となっているものは何でしょうか?仕事をする上でどのような時に一番喜びを感じますか?

    A:I feel happy when people ask me interesting questions, when they understand what I am explaining. It is a joy to share my research with others. I do this work because I want to find out the truth, it is a constant quest and sometimes when I discover something new I feel very satisfied.
    (興味深い質問を受けたときや、説明していることが理解してもらえたときが一番嬉しいです。調べたことを他の人達と分かち合うことが私の喜びなのだと思います。真実を見いだしたい、その目的のために私はこの仕事をしてきましたし、それはずっと変わりません。また新しい発見をしたときには大きな満足を感じます。)
     

    Q:仕事をする上で最も大切にしていることは何ですか?

    A:I always try to say the truth, to search for the truth actually and to promote it.
    (常に真実を述べるように務めています。真実を探求して、その真実を広めるよう努力しています。)
     

    Q:ローマ育ちで、その後イギリスとアメリカの大学の大学で学位を取得後、ヨーロッパで経済アナリストとして活躍され、現在はロンドン在住です。世界の様々な場所を見てこられましたが、どの街が一番好きですか?それはなぜですか?

    A:I do not like cities, I used to and London was my favorite because it was not a metropolis and it was very bohemian. Today London is very very different, like all cities there are too many people and it is dirty and pushy and unkind. I like small towns now, where people know each other and meet in the streets and say hello to each other. I believe the quality of life is much better in a small town than in any big city.
    (都会はあまり好きではありません。かつては都会が好きで、ロンドンが大好きでした。大都市で、とても自由奔放なところが気に入っていたのですが、今は変わってしまいました。他の大都市と同様、人が多すぎて、人々も強引だったり不親切だったりします。今は小さな町のほうが好きですね。皆が顔見知りで、道で出会ったら「こんにちは!」と言い合うような。小さな町の方が大都市よりも、生活の質が格段に高いと思います。)
     

    Q:日本の女子学生にメッセージをいただけますか?

    A:When you are young go and explore the world, see as much as you can and then decide what to do, work in a big city for a while, work abroad. Just spread your wings as much as you can because when you will be getting old these experiences will help you find a new equilibrium in life.
    (若い時には外に出て世界を探検して下さい。できる限り多くのものを見て、その上で何をするかを決めて下さい。しばらくの間は大都市や、海外で働いてみることです。とにかく、あなたの翼を可能な限り大きく広げるのです。そういった経験があれば、将来歳をとろうとする時、新たな方法で心の平静を得ることができるでしょう。)
     

    世界各国からインタビューが殺到する多忙な毎日を送っていらっしゃるロレッタさん、ICDのインタビューに快く答えて下さって有り難うございました。是非また福岡にいらしてください。ICD一同心からお待ちしています!

    kc_20150209_03.jpg

    2014年
    11月06日

    グローバルキャリア発見の旅12(門司税関 直塚ももこ様)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    今回は門司税関の直塚ももこ様にインタビューします。
    国際キャリア学科(ICD)では直塚様をはじめ、国際ビジネスやそれを支援する公的業務の第一線で活躍されている方々に講義やフィールドワークなどでご協力をいただく予定です。
     

     

    kc_20141006_01.jpgQ1. 税関のお仕事についてお教えください。

    税関には、「国民の安心・安全の実現」「適正かつ公正な関税等の徴収」「貿易の円滑化」という三つの使命があります。具体的には、覚せい剤や拳銃などの密輸の取り締まり、輸出入貨物の通関、関税などの徴収といった仕事をしています。全国に税関は9つあり、そのうち門司税関では九州のだいたい東半分と山口県を管轄しています。
     

    Q2. 税関のお仕事を目指されたきっかけは何でしたか。

    学生時代から公的なお仕事、特に警察のように国民の生活を守るお仕事に就きたいと思っていました。そのなかで税関は、一人一人の職員に任せられている裁量の範囲が大きいこと、違法薬物のほとんどを取り締まっているように仕事の規模とそれが国民生活に与える影響が大きいことに魅力を感じました。
     

    Q3. 税関でのこれまでのお仕事についてお教えください。

    2011年に入関(税関では入社することを「入関」といいます)して、最初は博多税関支署で、その後は下関税関支署でビートルなどの旅客船で入国する方々の旅具検査に携わりました。2013年から現在の部署に移り、税関の業務を広く国民の皆様に知っていただくための広報業務に従事しています。具体的には、ホームページなど広報資料の作成や税関業務に関する説明、学校などからの見学の受け入れなどに携わっています。
     

    Q4. 税関のお仕事に携わるにはどのような資質や能力が求められますか?

    密輸を防いで国民の生活を守る仕事ですので、まず使命感が必要だと思います。また、税関の仕事では「関税法」だけでなく、商標権や意匠権、著作権などに関する法律、さらにはワシントン条約のような条約についても知る必要があります。語学も大事です。したがって、知識を積極的に吸収しようとする姿勢が求められます。現場の旅具検査に携わった経験からは、入国される方に検査の必要性を理解していただくためのコミュニケーション能力、そして普通とは違うところを探して密輸しようとする人を見分けるための観察力も大切です。偽ブランド品の持ち込みも規制していますので、モノの真贋を見分ける能力も必要になります。
     

    Q5. 大学生、高校生へのメッセージをお願いします。

    働き始めるとなかなか時間がとれません。海外研修・旅行やインターンシップなど学生時代でしかできないことをいっぱい経験してください。視野が広がり、自分の適性と将来の進路が見えてくると思います。語学の勉強もぜひ頑張ってください。英語に加えて、中国語、韓国語など他の言語ができると仕事の幅が大きくひろがります。
    kc_20141006_02.jpg

    2014年
    10月27日

    グローバルキャリア発見の旅(LOVE FMのDJ Annaさん)2

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    前回に続いて、今回もLOVE FMの人気DJ Annaさんにインタビューします。
     

     

    kc_20141027_01.jpgQ1. LOVE FMでは色んな国のゲストが登場しますが、国籍や文化的背景によって意識することがありますか?

    文化の違いによって相手に失礼な事をしてしまわないようには気を付けますが、意識して変える部分はないと思います。職種によっては大きな差が出てくるのかもしれませんが、インタビューをする点でいうと逆に人間同士として向き合う事が大事だと思っています。ただ、知ったかぶりはしない。分からない時は相手に素直にその事を伝えた上で質問します。その方が誤解が生まれにくく、理解し合えると感じるからです。
     

    Q2. ニュースや天気予報を「英語と日本語の両方で」おしゃべりされますが、苦労することや、日々努力しているなどありましたら、教えて下さい。

    基本的にニュースは原稿を読む作業なので情報をしっかり伝える事に徹します。英語と日本語で伝えている場合は切り替えが難しいですね。会話では使わないような単語が沢山出てくるのでニュースを耳で聞いたり、記事を読む努力をしたりしています。
     

    Q3. ICDの新入生オリでは、音楽紹介を英語でしていただきました。Annaさんみたいにかっこ良く英語をしゃべれるようになりたいと思う学生にメッセージを!

    何事も好きになる事が大きな原動力になると思います。英語の勉強も是非、自分の好きなモノと絡めてみて下さい。私は憧れの人のインタビューを読んだり、動画を見たりという方法が良い勉強になりました。英語は世界をぐんと広げてくれます。楽しく親しんで下さいね。
     

    最後にLOVE FMの紹介を英語でお願いします。

    LoveFM is an international radio station with DJs from around the world. We are a very music oriented station but we also try to introduce international point of view from a Japanese and Foreign perspective. Please check out my morning show Top Of The Morning! English messages are welcome so why not brush up your English by sending requests and messages? We'd love to hear from you.

     

    Annaさん出演番組

    Top of Morning [HP]
     Mon- Fri 7:00-11:00

    2014年
    10月22日

    グローバルキャリア発見の旅(LOVE FMのDJ Annaさん)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    今回と次回はLOVE FMの人気DJ Annaさんにインタビューします。
    LOVE FMは、福岡市中央区天神エリアから、音楽や情報を多言語で発信するホットな放送局です。
    Annaさんにはこの4月、ICDの新入生オリエンテーション(海ノ中道ザ・ルイガンス)でも、ご自身の体験を交えた大変貴重なお話をしていただきました。  
     

    kc_20141022_01.jpgQ1. Annaさんのお仕事について教えてください。

    ラジオDJを『喋り手』と呼ぶ方がいますが、まさしく一番の仕事はラジオでお話をする事です。話す内容は自分で用意する場合もあれば、用意をして頂く場合もありますし、様々なジャンルで活躍する方々へインタビューをする事も。また、番組内容に対する下調べや取材、体調管理も仕事と言えると思います。
     

    Q2. 仕事をする上で、一番大切にしていることは?

    ラジオはとても距離感の近いメディア。チューニングすれば、いつもそこにいるという親近感を大切にしたいと思っています。情報が溢れる中で自分のフィルターを通して何を伝える事ができるのかを考え、リスナーの方がわくわくしたり、楽しい気持ちになれるような放送ができるように心がけています。
     

    Q3. 一番印象に残っている仕事は?

    同年代のスーパースターである宇多田ヒカルさんとお会いできたのは貴重な体験でした。いつものスタジオではなく東京までインタビュー収録へ行ったのですが慣れた空間ではない分、緊張が増しましたね。小さなテーブルを挟み対面する形で宇多田さんを目の前にした時は思わず心の中で「うわっ!宇多田ヒカルだ!」と叫んでしまいました。それだけ自分にとって非現実的な体験だったのです。ご本人はとても自然体で、丁寧に質問に答えて下さいました。歌詞でもそうですが、会話の中でも選ぶ言葉や表現が個性的ですっかり彼女の人柄に魅了されてしまいました。
     

    Q4. インタビューでは初対面の人と話をするわけですが…。

    私、実は人見知りです。普段は自分からあまり話しかけないタイプなので人とお話するのは大好きなのですが緊張する場面も多々あります。そんな時は「相手も自分と同じ、人なんだから大丈夫!」と自分に言い聞かせます。インタビューのスタイルはそれぞれだと思いますが、私は背伸びをせず相手の素敵な部分を探す事をポイントにお話を聞くようにしています。自分の好みと、リスナーの方々の好みは違う訳ですから良い部分を皆さんに知ってもらって興味を持ってもらいたいと思っています。インタビューをした方に「楽しかった!」と言ってもらえると嬉しいです。
     

    Q5. Love FMのアナウンサーをしていて良かったな!と思うときは?

    一番は人との繋がりを感じた時。インタビューをさせて頂く方々ももちろんですが、リスナーの皆さんとの交流が楽しいです。日常の小さな出来事から人生を変えるような一大イベントまで、メッセージ等で共有したいと思ってもらえる事が何より嬉しいですし、やりがいを感じます。
     

    Q6. 高校生や大学生の皆さんへの応援メッセージをお願いします。

    感性が柔軟な時期。わくわく、ドキドキ、ときめくような事に没頭する 時間を大切にして色んなモノに触れて下さい。物事の本質は実はシンプルで繋がる部分が沢山あります。関係ないと思うような事でも夢中になって取り組むと今後に繋がる部分が絶対あるはず。「好き」という気持ちを原動力にいっぱい夢を広げて下さいね。
    4月の新入生オリエンテーションでトーク中のAnnaさん
    4月の新入生オリエンテーションでトーク中のAnnaさん
     

    次回に続く。
     

    Annaさん出演番組

    Top of Morning [HP]
     Mon- Fri 7:00-11:00

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@