• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    01月14日

    グローバルキャリア発見の旅19(鹿児島県企画部世界文化遺産総括監 田中完 様)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    鹿児島県企画部 世界文化遺産総括監 田中 完様からの応援メッセージ


    kc_20150114_01.jpg今回は鹿児島県庁で、昨年7月、世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」に関する業務に携わられている田中完様にインタビューしました。
    国際キャリア学科では田中様をはじめ、国際ビジネスやそれを支援する公的業務の第一線で活躍されている方々に講義やフィールドワークなどでご協力をいただく予定です。
     



    Q:田中様の現在のお仕事についてお教えください。

    A:「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録に向けた業務に2006年度から通算でほぼ8年間、携わってきました。昨年7月に登録されてからは、国や関係自治体と連携しながら遺産の計画的な管理保全や活用、理解促進・情報発信の取組などの業務に携わっています。

    Q:「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録までの取組について教えていただけますか。

    A:2005年に英国の産業遺産分野の世界的権威である故スチュアート・スミス先生から鹿児島県の伊藤知事に「鹿児島をはじめとする九州地域には日本の近代化に貢献した貴重な遺産が数多くあり、これらの遺産をセットにして、九州ワイドでストーリーを作れば、世界文化遺産登録の可能性がある」との助言をいただいたことが契機になりました。

    これを受けて同年7月にスミス先生をはじめ国内外の専門家を招いて「九州近代化産業遺産シンポジウム」を鹿児島県主催で開催し、「九州近代化産業遺産の保存・活用に向けたかごしま宣言」を採択。以後、伊藤知事のイニシアティブのもと取組が進み、2006年には九州地方知事会の各県共同の取組がスタートしました。

    2008年には世界遺産暫定一覧表への追加記載決定を受けて、九州・山口の関係自治体(6県11市、現在は8県11市)による世界遺産登録推進協議会が設置され、関係自治体による本格的な取組が始まりました。取組の初期の段階では、私も関係自治体を回って説明や調整に当たったほか、協議会設置以降は英国やオーストラリア、カナダ、インド、中国などの海外専門家を含む専門家委員会の開催などの業務にも携わりました。

    Q:昨年7月に世界文化遺産への登録が決まった時はどうでしたか。

    A:その日、私も伊藤知事とともにドイツのボンで開催されていた世界遺産委員会の審議に立ち会っていました。登録が決まった時は十年にわたる取組に関わった方々の顔が走馬灯のように思い浮かび、感謝の気持ちでいっぱいでした。

    Q:田中様のこれまでのお仕事についてお教えください。

    A:1984年度に鹿児島県庁に入庁して、初任地の鹿屋では県税関係の仕事をしながら、大学時代にESSに所属して国際交流に関心があったことから、在日留学生に約2週間、鹿児島の農漁村でのホームステイを体験してもらう「からいも交流」にボランティアで携わりました。
    1997年度からは地方公共団体等の海外活動支援などを行っている自治体国際化協会(CLAIR)に派遣され、1998年度から2年間はシンガポールに勤務しました。帰国後は国際交流課での仕事のほか、さきにお話したとおり2006年度からは世界文化遺産登録に関わる仕事に従事してきました。

    Q:県庁のような公的なお仕事、特にそのなかで国際的な業務に携わるにはどのような資質や能力が求められますか?

    A:公務員の仕事は法律に基づいて組織で行う業務ですので、まずは真面目でルールを守り、そしてチームワークができることが必要だと思います。一方、近年、グローバル化の進展とともに、国内では地方分権が進み、地域主導による地方創生が重要な政策テーマになってきています。こうした中、地方公務員にも創造性や個性の発揮が今まで以上に求められるようになってきています。国際的な業務に携わるには価値観の違いを認め合い、それを受け入れる柔軟性と、思い切りよくコミュニケーションを楽しむぐらいの積極性が必要かと思います。

    Q:大学生、高校生へのメッセージをお願いします。

    A:国際的な仕事に従事するためには、やはり日本人としてのアイデンテティを涵養することが大切です。在学中に積極的に留学やホームステイ、各種交流事業に参加するようにしてください。一度、海外に出ると、自分のこと、そして日本のことを外から見ることができます。また、私自身が世界文化遺産登録に携わってきた経験などからも、温故知新、すなわち現代の日本を築いてきた人たちの生きざまを知ることも大切だと思います。

    地域活動に参加することもお勧めします。私も経験しましたが、地域の伝統行事やイベント、特産品開発などに積極的に参加することで、仕事を始めてから必要になる企画立案・調整能力やコミュニケーション能力を養うことができます。地域にいても世界とつながる仕事が増えており、人材が求められています。ぜひ頑張ってください。

    kc_20150114_02.jpg
    職場での田中総括監
    (鹿児島県世界文化遺産課では女性スタッフの方が活躍されています。)

    2015年
    12月22日

    グローバルキャリア発見の旅18(株式会社一蘭 ペレス・サラ様-福岡女学院大学OG-)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    今回は福岡女学院大学人文学部英語学科OGで、株式会社一蘭の海外事業部で同社の海外展開に携わっておられるペレス・サラ様(スペイン出身)にインタビューします。
    kc_20151222_01.jpg

    Q:現在のペレスさんのお仕事について教えてください。

    天然とんこつラーメンの専門店である一蘭は、現在、積極的に海外展開を進めています。2013年に初の海外店舗を香港に出店し、今年は香港に2号店を開店しました。私は海外事業部で海外総務を担当し、海外出店に際しての事前調査や政府機関、弁護士などとの折衝を行っているほか、他部署との調整や情報収集にも携わっています。

    弊社ではどこの店舗でも同じ味と同じ品質を提供することをポリシーにしているため、海外でもJVやフランチャイズの形式をとらずに直営で出店しています。このため、こうした海外出店に関わる業務も全て自社で行っています。また、海外に赴任する日本人社員の研修や海外社員の日本での研修も担当しています。

    言葉だけでなく、文化の違いを考慮しながら自社ブランドを海外で発信するための基礎知識を学んでいただくとともに、店長および副店長に向けて必要な厨房スキルの教育なども行っています。

    Q:一蘭にお勤めになるきっかけは何でしたか?

    長いお話になりますが、一言で言うと、「縁」です。日本に来て間もない頃、友人に連れられて一蘭の天神店に行ったところ、長い行列ができていて、まず「こんなに行列ができるのはどんな店だろう」と関心を持ちました。店では店員の方に親切にしていただき、味もとても気に入り、その後も定期的に食べに行くようになりました。

    2007年に福岡女学院大学に入学してからは勉学とともに、アルバイトやバンドでの活動に力を入れましたが、縁あって、友人の紹介で代表の吉冨の英語の家庭教師をすることになりました。

    4年生になって以前から関心のあった玩具業界をはじめ幅広く就職活動を行いましたが、その話を聞いた吉冨から「一蘭も海外の仕事が重要になるが、関心はあるか」と声をかけていただき、まずアルバイトを通してお互いをもっと知る機会を与えられました。エントリーシート・面接を受け、採用に至りました。

    Q:ペレスさんのお仕事は日本の「食」と「サービス」を海外に展開するという国際ビジネスの世界でも今、最もホットな分野といえますが、こうしたお仕事に携わるにはどのような資質や能力が求められますか?

    日本のこと、特に「日本の文化のよさ」を知ることが大切です。そして、自社の商品を愛して、それを海外に伝えていきたいという思い(情熱)を持つことも重要だと思います。

    Q:大学時代はいかがでしたか?

    勉強には力を入れました。人文学部英語学科の後継である国際キャリア学科でも同じと思いますが、言語力を磨くことができる多くの授業があります。大学で学んだ異文化コミュニケーションやビジネス・コミュニケーションなどは現在の仕事でも役に立っています。

    後輩の皆様には必修科目だけでなく、興味のある授業はどんどん履修し、他学部の授業も聴講することをおすすめします。課外ではアルバイト、バンドでの活動に取り組み、多くの方と出会うように努めました。その時の出会いと人の縁が今につながっています。

    Q:ペレス様の夢をお聞かせください。

    私は子供のころから日本の漫画が大好きで、日本のテクノロジーやスペインとの文化の違いにも大きな関心がありました。そこで、スペインの大学を中退して来日しました。これからもずっと日本とつながっていきたいと思っています。

    現在の私の仕事は大好きな「日本の文化」、「日本のよさ」を食、それも私が大好きなラーメンを通じて海外の人に紹介していくという仕事で、とてもやりがいを感じています。まずは、次の海外出店を成功させ、そして本格的なとんこつラーメンをさらに世界に広げていく、これが私の夢です。

    Q:最後に後輩へのメッセージをお願いします。

    何にでもチャレンジしてください。自分から動いていろいろなところに行き、いろいろな人に出会いましょう。そして、人との出会いに感謝し、大切にしてください。いろいろな知識に触れることも大切です。大学での勉強を頑張って、本を読むようにしてください。私のお勧めの本は『夢をかなえるゾウ』と『アルケミスト-夢を旅した少年』です。一緒に夢に向けてがんばりましょう。

    kc_20151222_02.jpg
    国際キャリア学科の講義でのペレスさん

    2015年
    03月05日

    グローバルキャリア発見の旅16(HITOYOSHI株式会社取締役工場長 竹長一幸様)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、国際ビジネスや国際協力など、世界とつながる様々な分野で活躍されている方々をお招きしてお話を伺います。

    今回は高品質のシャツを生産し、ファッション業界で注目されているHITOYOSHI株式会社(本社:熊本県人吉)の竹長一幸取締役工場長にインタビューします。

    HITOYOSHI株式会社取締役工場長 竹長一幸様

    kc_20150305_1_01.jpg

     Q:御社のお仕事についてご紹介ください。

     A:当社は100%天然素材のシャツを製造しています。生地には綿100%を、ボタンも貝ボタンを使用しています。現在、自社ブランドの製品は約50のデパートやセレクト・ショップで取り扱われています。そのほか約80のブランドのシャツをOEM生産(*1)しています。
      


     

    Q:竹長工場長のこれまでのお仕事について教えてください。

    A:私は卒業後、老舗の大手シャツ・メーカーであるトミヤアパレルに就職し、大分工場の設備保全の仕事からスタートしました。入社3年目に人吉工場の立ち上げに携わることになり、設備の計画、据え付けから人材の確保、教育まで幅広い業務を担当しました。生産が軌道に乗るまでの数年間はとても忙しくて、工場内に段ボールを敷いて寝泊まりしたこともありました。
    2009年にトミヤアパレルの経営が行き詰り、事業を分割して、採算部門を再建することになりました。ベトナムやミャンマーにあった工場は大手商社に売却されましたが、国内の工場は買い手がつかず、岩手と大分の工場は閉鎖されます。人吉工場については2009年に現社長と私が中心になり、福岡のファンドなどの協力を得てMBO(*2)で再生し、生産を再開しました。
    当初はOEM100%からスタートし、事業の継続のため、他社がやろうとしない小口の注文や難しい加工も含めてあらゆる仕事をしました。そのうち徐々に取引先が増えていき、2011年に阪急百貨店から有楽町のメンズ・ファッション専門館「阪急メンズ・トーキョー」の開業にあわせて自社ブランドでの生産を勧められたことが転機となりました。当初は白だけの300枚のシャツからスタートしましたが、幸い製品が評価されるようになり、現在では阪急百貨店の有楽町、梅田、博多の3店舗で毎月約800枚が販売されるようになりました。昨年からは香港向けに輸出も始めました。
     

    Q:アパレル・メーカーで働くにはどのような資質や能力が求められますか?

    A:生産部門では常にどうしたら効率よく生産できるかを考えている人、無駄なく動ける人が伸びていきます。企画部門は少し違います。当社の場合、東京にある企画部門の社員はイタリアで開催される世界最大のメンズ・ファッション見本市ピッティ・ウオモなどでトレンドを把握して、百貨店に企画を提案しています。こうした仕事に携わるには製品知識やサイズ感も必要ですが、何と言ってもセンスが大事です。
     

    Q:大学生、高校生へのメッセージをお願いします。

    A:就職する際にはしっかりと企業を吟味して、長く働ける企業を選ぶことをお勧めします。そのためには、給与面だけでなく、社会保障や社風を確認することが大事です。働き始めたら仕事と趣味を両立するように努めた方がいいと思います。私もいろいろなスポーツをしていますが、仕事以外の人脈が広がり、発想の幅も広がります。
     

    Q:最後に竹長工場長の夢をお聞かせください。

    A:現在、日本で流通している衣料品のうち日本製はわずか4%です。高品質のシャツを生産し、Made in Japanを少しでも増やしていきたいと思っています。そして、2020年の東京オリンピックで来日する外国人の方に日本製の衣料品の良さを体感してもらえればと思っています。そのためにも当社には若い人に入ってきてもらい、シャツづくりを学び、なるべく長く勤めてもらいたいと思っています。
     

    kc_20150305_1_02.jpg
     
    *1.OEM(Original Equipment Manufacturer、相手先ブランド製造)とは、発注元企業の名義やブランド名で販売される製品を製造すること。
    *2.MBO(Management Buyout、経営陣買収)とは、会社の経営陣が金融支援を受けることによって自社の株式や事業部門を買収することで、オーナー経営者として独立する手法。

    2015年
    03月04日

    グローバルキャリア発見の旅15(フクオカ・ナウのマネージャー サーズ恵美子様)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、国際ビジネスや国際協力など世界とつながる様々な分野で活躍されている方々をお招きしてお話を伺います。

    今回はフクオカ・ナウのマネージャーとして活躍されているサーズ恵美子さんにインタビューします。

    今できることを実行し、
    五感をフルに活用して毎日を楽しんでください。
     (フクオカ・ナウのマネージャー サーズ恵美子様)

    Q:フクオカ・ナウについて教えてください。

    kc_20150304_03.jpgA:外国人のために福岡・九州の「使える」情報を、外国人視点で発信する外国語メディアです。月刊誌Fukuoka Nowは1998年12月創刊のフリーペーパーで、webサイトでも情報発信をしています。主な言語は英語ですが、コンテンツによって、日本語、韓国語、中国語の掲載もあります。情報発信だけでなく、交流や地域PRを主な目的としたイベントやパーティの主催、外国人旅行者向け観光地図「NOW Map Fukuoka」の発行も行っています。
      

    Q:Fukuoka Nowに関わることになったきっかけは?

    kc_20150304_02.jpgA:Fukuoka Nowが掲げるミッション(使命)、「外国人や国際人(国際志向の日本人)のために、九州で過ごすための実用的な情報や、福岡や九州に関するタイムリーで使える情報を発信すること」に共感したこと、そして、そのミッションが果たす社会的意義と必要性を強く感じていたので、自分のもつスキルや情熱を注いでNOWの役に立ちたいと思ったことが、直接この仕事に携わるようになったきっかけです。もちろん、熱い想いで事業に取り組んでいる創業オーナー兼フクオカ・ナウ編集長と一緒にFukuoka Nowを育てたいという思いも、後押ししています。
     

    Q:お仕事で苦労するところは?

    A:「苦労」ではありませんが、その都度、課題はでてきます。また、言葉だけでなく、様々な文化背景(異なる宗教、国、会社組織、世代など)や価値観をもつ人々と、円滑にコミュニケーションをスピーディにとることには、常に気を配っています。決まった方法がある訳ではないので、毎回、方法やタイミングをあれこれと考えています。
     

    Q:この仕事が大好きだと思うときは?

    A:情報を伝える、発信する、というメディアでの仕事にプロとして携わることによって、今までは広く知られていなかった人、或はモノにスポットを当てることも可能となります。Fukuokaが世界に知られるきっかけとなるニュースを配信することができたり、「Fukuoka Nowを見て福岡に来た」「福岡での生活が便利になった と直接声をかけていただいたりすることもあります。私たちが手がけた情報やイベントなどを通じて皆さんに喜んでもらえるのが一番嬉しいことです。またインタビューなどで、自分とは異なる価値観や視点に触れることができることも、この仕事をやっていく上でのエネルギー源のひとつです。
     

    Q:学生の頃はどんな学生でしたか?

    A:夢中になることを常に探していていたように、今は思います。ラクロスが福岡に入ってきた時期だったので、リーグ開催や認知度向上など、スポーツそのものももちろんですが、新しいことをつくっていく、という過程を仲間と楽しんでいました。
     

    Q:女子学生の皆さんにメッセージをお願いします。

    A:ひとりの人として、物事は自分でしっかり考えて、自分の意思で決めましょう。そして、自分で決めたことを「良かった」といえるよう、毎日を大切に積み重ねてくださいね!
     kc_20150304_01.jpg
    前列中央、インターン、ボランティア、スタッフと
    http://fukuoka-now.com/gallery/creative-community-2014-report/

    kc_20150304_04.jpg
    オランダ王国大使、総領事と。

    2015年
    02月24日

    グローバルキャリア発見の旅14(ディサント株式会社 吉村様)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    国際キャリア学科(ICD)のこのコーナーでは毎回、国際ビジネス、国際協力、公的機関その他、世界とつながる色々な分野で活躍されている方々をお招きしてお話を伺います。

    kc_20150224_01.jpg今回はディサント株式会社でキーアカウントマネージャーとして活躍されている吉村友見さんにインタビューをします。
    吉村さんには、昨年10月、福岡女学院大学国際キャリア学科(ICD)でのロレッタ・ナポレオーニさんの特別講演の際にイタリア語の同時通訳として、その流暢なイタリア語を披露して頂きました。
    また、西日本国際フォーラムでのインターンシップでは、ICD学生スタッフにきめ細かく指導して頂きました。

    学生の間だからこそできる色々なことに挑戦してください!
     (ディサント株式会社 吉村友見様)

    Q:吉村さんのお仕事の概要を簡単に教えてください。

    A:企業や自治体、団体などの組織が海外で活躍するのをお手伝いするための国際的なイベントを企画したり、コーディネイトしたりしています。
      

    Q:お仕事で一番苦労することは?

    A:その時のテーマに合わせて、前例や関係する法律について調べたり、取り掛かる前の下準備や段取りのところが一番時間がかかり大変なことが多いです。
     

    Q:お仕事で一番楽しいと思うことは?

    A:お客様にとって、成果が出たとき、事業に関わってくださった方が、参加できてよ かったといってくださった時が一番感動する瞬間です。
    kc_20150224_02.jpg
    ナポレオーニさん特別講演会での吉村さん
     

    Q:大阪外国語大学の地域文化学科でイタリア語を専攻されました。学生時代はどんな女子大生でしたか?

    A:学生時代は、高校では文系の進学コース、大学は外国語学部と、毎日、辞典や大きな教科書を持ち歩くような学部で、あまり華やかとは言えない学生時代だったと思います。
    大学に行って、1年間イタリアに留学することを目標にしてから、やりがいができ、あっという間に時間が過ぎて行ったように記憶しています。休学して卒業が1年間延びてしまうのが残念で、3回生が終わるまでの間に卒業までに必要な単位を取ってしまおう!と目標を立て、教授に事情を説明し、イタリアから卒論の指導をしていただきながら、集中講義の時期以外の大学4回生の間のほとんどの時間をイタリア留学で過ごしました。
     

    Q:女子高校生と女子大学生にメッセージをお願いします。

    A:わたしは、中学生の時に外国語に興味を持ち「外国語学部に行ってみたい!」という夢を持って、そのままそれを信じて大学に進むことができました。でも、実際に社会に出て、学生の時には気が付かなかった、自分がまだこれから勉強してみたいと思うことに、たくさん出会いました。
    高校生の皆さんは進学希望、大学生の皆さんは現在の専攻などのテーマがあると思いますが、それだけにとらわれず、様々な角度から自分の専門や夢を「さらに」深めるためには、どんな方法があるか、枠を飛び出して、色々なことを経験してみてほしいとおもいます。毎日毎日が小さな経験や発見の積み重ねで、失敗したと思うことがあっても、絶対に無駄にはなっていません。決まった枠だけにとらわれずに、自由に勉強や経験、表現をする勇気と活動力をぜひもって学生の間だからこそできる色々なことに挑戦してください!
     

    吉村さん、有り難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いします!

    kc_20150224_03.jpg
    西日本国際フォーラムでICD1年生と

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@