• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    04月04日

    ​ICD三期生102名が入学

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科(ICD)には今年度、海外からの留学生を含む102名の新1年生が入学しました。

    ICDの三期生になる新1年生は4月1日の入学式と英語科目のクラス分けのテストに続いて、2日からは新入生オリエンテーションに出席。

    2日午後に開かれた教務・履修オリエンテーションでは、大学での学びについて知り、そのうえで今年度に学ぶ科目を選択するための説明が行われ、新入生たちは学科教員やすっかり先輩らしくなった2年生の代表からアドバイスを受けながら、自分の将来の夢や方向性を考えて受講科目を検討していました。

    kc_20160404_01.jpg
    左:細川学部長による学部オリエンテーション 右:中島先生による教務・履修オリエンテーション

    最初は緊張していた新入生たちも少しリラックスしてきた様子で、これから世界を目指して一緒に歩む新たな仲間ができてきたようです。

    kc_20160404_02.jpg
    真剣に履修科目を検討する新入生

    7日には海ノ中道のザ・ルイガンス・ホテルで航空、国際ビジネス、メディア、国際交流、国連機関など国際的な業務で活躍されている多国籍の先生方による講義や2年生、3年生による海外体験紹介などの研修が開催されます。

    様々な体験を経て、4年後、彼女たちは世界に向けて飛び立っていくことでしょう。

    2016年
    03月25日

    ​新3年生、新2年生向けのオリエンテーションを開催しました

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科の開設とともに入学してきた一期生はこの4月に3年次に、そして昨年、入学した二期生は2年次に進みます。

    先日はこれら新3年生、新2年生を対象とした履修オリエンテーションを開催しました。新3年生はこれまでの教養科目と英語力を総合的かつスキル別に伸ばすことを主体とした学習から、国際キャリア(国際ビジネス)、地域研究、国際協力、異文化コミュニケーションの各専門分野に関する学びに移行し、国際ビジネスや国際協力の現場で学ぶインターンシップやフィールドワークなどの科目も履修します。

    オリエンテーションでは来年度前期に予定しているインターンシップやフィールドワークについての説明も行われました。学生たちは真剣な表情で説明に聞き入り、来年度の履修登録に向けた作業を進めていました。

    なお、新3年生のオリエンテーションでは福岡女学院大学短期大学部から編入してくるM.HさんとM.Yさん、愛知県の大学から編入してくるK.Nさん(熊本県立玉名高等学校出身)、九州言語教育学院出身のS.Sさん(中国出身)の編入生4人も参加し、さっそく在学生と歓談していました。

    ne_20160325_01.jpg
    履修オリエンテーション-蘭先生による履修説明
     
    ne_20160325_02.jpg
    説明に聞き入る新2年生

     ne_20160325_03.jpg

    ne_20160325_04.jpg
    自己紹介する編入生-世界を目指す仲間が増えました

    2015年
    11月12日

    ​Guest from Papua New Guinea

    kc_hed3.gif
         2015 is a 40th anniversary year for the establishment of the diplomatic relationship between Papua New Guinea (PNG) and Japan. The Prime Minister of PNG, Mr. Peter O’Neill, paid a visit to Emperor Akihito on Oct 14th, 2015, and made a joint message with Prime Minister Shinzo Abe on Oct 16th, 2015. It was perfect timing for the ICD (International Career Department) of Fukuoka Jo Gakuin to invite Mr. Allan Mogerema, a yoga instructor and dot painting artist, from Papua New Guinea for the university festival “Budousai”, also called “Grape Festa” in October, 2015.
    kc_20151111_01.jpg

    1. What is PNG like?

         Where in the world is Papua New Guinea? Is it somewhere in Africa? No, Guinea is in west Africa, but PNG is in Oceania. What do people look like?  What language(s) do they speak? What kind of foods do they eat, etc.? ICD students had the opportunity in “Freshers Seminar” to research on the above questions and seek information on PNG, and at the same time, check their information by actually talking to someone from Papua New Guinea.
    kc_20151111_02.jpg
         Here are some facts about PNG that the students have collected:  PNG is one of the most culturally diverse countries in the world. There are more than 600 tribes and over 800 languages are spoken. English is used as one of the official languages, and people also speak Tok Pisin as their national language. Each tribe has its own way of celebrating important events, people from the highlands such as Allan dress up with colorful feathers, shells, pearls etc. and paint themselves for the local ritual called “sing sings”.

    2. Interview with D.J. Anna 

        Love F.M. D.J. Anna (guest speaker of ICD orientation 2014 & 2015) had an interview with Allan. Allan introduced the rich diversity of his country, talked about his interest in nature and how the basic five elements (dot, line, color, shape and pattern) of nature have inspired him on his painting. He also shared his life experience of encountering Ms. Fazilah Bazari (guest speaker of ICD orientation 2015 & Freshers Seminar) and yoga. The integration of yoga in his life has transformed him from an underprivileged man to one that is full of confidence and trying to serve society in return. 
       When Anna asked Allan what he would like to take back to PNG from this trip, he said “the cleanliness and good manners”. Although he was only in Fukuoka for two days, he noticed that people here are trying to keep the environment clean all the time and everybody tries to be polite and in fact is well-behaved. 
    kc_20151111_03.jpg

    3. Yoga Training in classrooms

         Allan works as a yoga instructor for a government agency called Mineral Resources Authority of PNG. Mining is one of the major industries in PNG. Mineral deposits such as gold, oil and copper, account for 72 % of export earnings---the life of the people of PNG depends on the success of the mine industry. The Governor of the National Capital District - Port Moresby is trying to help city residents keep healthy to maintain both physical and mental health. This is where the power of yoga training comes in. Yoga may not change the country but will change the people, so Allan plays an important role for his country.
         In Japan, yoga is becoming popular among women partly because they want to get back in shape, but mainly because they can release their stress and find harmony through balancing their private life and work by practicing yoga. It might be a good idea for ICD students who hope to work in today’s tough business world to learn to practice yoga regularly. 
    kc_20151111_04.jpg

    4. Dot Painting for Cultural Festival

         Allan is also a dot painting artist. For our cultural festival (Grape Festa), Allan dressed up in his traditional highland attire. He spent almost two hours putting on all the ornaments, painting his face, and decorating his hair with feathers. Allan walked around the campus in this attire, hitting his traditional drum. The visitors to the festival were a little bit shocked and attracted to him, and enjoyed taking pictures with a man from a completely different culture.
         Allan conducted dot painting lessons. His way of using and combining colors in his dot painting is very different from the way we are taught in Japan. He demonstrated his dot painting skills both on canvas, paper and faces.
    kc_20151111_05.jpg
         Allan’s traditional attire, painting and yoga training all contributed to giving a new dimension to our understanding of different cultures and perspectives, and we hope that the visitors to the Cultural Festival as well as the ICD students could expand their horizon and have found new doors open to a new world.
         Taking this opportunity, ICD would like to express our heartfelt thanks to Allan, for his great effort and hard work during his stay. We would also like to express our gratitude to the NCD Governor Hon. Powes Parkop. LLB LLM. MP, and Ms. Fazilah Bazari, Yoga trainer and life coach, also founder of Yoga Unites, for making it possible for Allan to come to Fukuoka Jo Gakuin for the cultural exchange. Thank you!

    2015年
    10月05日

    第4回ミニオープンキャンパスへのご来場、ありがとうございました。

    kc_hed3.gif

    10月4日のミニオープンキャンパスへのご来場、誠にありがとうございました。

    国際キャリア学科では、学科ブースでの展示と学科教員による模擬授業、進学相談などを行いました。
    模擬授業では、地域研究・国際情勢を担当する千葉先生から「To Be a Global Citizen-国際問題と身近な生活とのつながり」と題して私たちの身の回りにある国際問題、そしてそれらに地球市民としてどう関わっていくべきなのかについてお話ししました。

    出席された方からは
    「核兵器の問題などの国際問題が実は私達にも身近な課題であることがわかり、国際情勢にさらに関心を持つことができました」
    「身近な話題から民族間の考え方の違いなどを解説いただき、大学での勉強が楽しみになりました」
    などのご感想をいただきました。

    学科ブースには今年度の受験を検討されている高校三年生の方に加え、高校二年生の方にも多くご来場いただきました。
    皆さん、国際ビジネスを展開している企業や航空会社、国際協力機関などそれぞれ世界とつながる仕事に就く夢を持たれており、国際キャリア学科での学びや海外留学などについて活発にご質問されていました。

    今年度のオープンキャンパス、ミニオープンキャンパスは今回で終了しますが、国際キャリア学科では学科での学びや入試に関するご質問に随時、学科教員がお答えしています。
    お聞きになりたいことがある方はどうぞ入試広報課までご連絡ください。

    kc_20151005_01.jpg
    千葉先生による模擬授業

    kc_20151005_02.jpg
    学科ブースで来場された方からのご質問に答えるH.Gさん:福岡女子高校出身とY.Nさん:長府高校出身

    2015年
    09月11日

    夢ナビライブで南川先生が講義を行います

    kc_hed3.gif
    夢ナビライブで南川先生が講義を行います
    「国際協力・途上国支援に学ぶ私たち自身の生き方

    kc_20150911_01.jpg10月17日にマリンメッセ福岡で開かれる第6回夢ナビライブで南川教授が「国際協力・途上国支援に学ぶ私たち自身の生き方」というテーマで講義を行います。

    南川先生は長年、東南アジアの恵まれない家庭の子供への教育支援に取り組んでいます。講義ではこうした国際協力分野での豊富な実体験をもとに、驚くような貧困の中で生きている人たちが多い世界の現状の中で、日本にいる私たちにできることは何か、そしてそこから学べることは何か、という観点からのお話をします。皆様のご来場をお待ちしております。

    国際キャリア学科は「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目標としています。
    「世界とつながる仕事」には、国際ビジネス(及びにそれを支援する官公庁や公的機関の仕事)と国際協力などの非営利活動があります。このうち、国際協力分野では南川先生を中心とした講義やゼミ、そして国際協力の現場でのフィールドワークなどのカリキュラムを揃えています。

    この8月には国際キャリア学科の1、2年生、合計14人が南川先生とともにタイとカンボジアの国際協力の現場を訪問し、実際に支援業務に携わりました。
    同じく8月には同2年生のK.Sさん(鹿児島県立大島高等学校出身)が福岡県と国連ハビタット福岡本部が連携して実施する「福岡県国際協力リーダー育成プログラム」の団員に選ばれ、スリランカに派遣されました。
    国際キャリア学科、そこには「世界への扉」があります。

     kc_20150911_02.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@