• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2015年
    12月25日

    国際キャリア学科 一般入試(前期日程)を受験した在校生から高校生の方々へのメッセージ

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科の一般入試(前期日程)は2016年1月31日(日)に行われます。
    試験内容は「外国語(英語)<リスニングテスト含む>」(90分、配点は200点)と「国語(漢文を除く)」(60分、配点は100点)です。出願期間は2016年1月7日(木)から1月21日(木)になっています。

    以下では昨年度の一般入試(前期日程)を受験した在学生代表から高校生の方々へのメッセージ(①国際キャリア学科のおすすめと②入試のアドバイス)をご紹介します。

    Y.Iさん(福岡県立筑紫高等学校出身)

    ①経験豊富な先生方から英語とともに、世界と日本の政治、経済、文化など多くのことについて学べるため、自分の世界が大きく広がることが国際キャリア学科の魅力だと思います。

    ②限られた時間を有効につかうことが大切です。頑張ってください。

    M.Iさん(福岡市立福翔学校出身)

    ①ほとんどの授業が少人数制で行われるので、和気あいあいと、楽しく学ぶことができます。もちろん、先生との距離もとても近く、わからないことはすぐに質問することができます。座学だけではなく、多くのことを体験し、学び、成長することのできる学科です。

    ②終われば、楽しいことがたくさん待っています。今は最後まで気合を入れて頑張ってください。頑張った分だけ喜びも大きいです。応援しています。

    A.Kさん(福岡県立糸島高等学校出身)

    ①少人数での授業がほとんどで、発言しやすいところと、自分の将来のキャリアについて深く考えて追及できるところが大きな魅力です。

    ②英語は単語・熟語をしっかりおさえておくことと、いろんなパターンのリスニング問題に慣れておくことです。国語は、古文の単語の意味を理解しておくことです。

    H.Eさん(佐賀県立小城高等学校出身)

    ①国際キャリア学科は少人数制なので先生との距離が近く、質問がしやすい環境のなかで勉強に励むことができます。また、世界とつながる様々なお仕事をされている外部講師の方々からお話を聞くことができるのもこの学科の魅力の一つだと思います。

    ②学校の授業や小テスト、予習復習がとても大切だと思います。1人で勉強するのが苦手な人は特に、授業を集中して受けることからはじめるといいと思います。私のオススメは空き時間や移動中に勉強することです。辛い時期だと思いますが頑張ってください!

    A.Eさん(熊本学園大学付属高等学校出身)

    ①国際キャリア学科では海外からのゲスト講師による講義や留学生との交流の機会が多く、様々な国の考えの人と接することができます。

    ②入試に向けては基礎をしっかりやっておくことが大切です。

    M.Iさん(大分県立中津南高等学校出身)

    ①まずは少人数であること。人数が少ないので授業もアットホームな雰囲気で受けることができます。次に先生方も学生も個性的であること。それぞれがいろんなところで活躍していて、とてもいい刺激にもなります。

    ②新設間もない学科で過去問が少なかったため、私は他の学科の過去問を解いていました。だいたいの入試の傾向を知るためには良い方法だったと思います。他にはセンターの過去問を解きました。受験ではいろんな不安があるでしょうが、とにかく周りを気にせず焦らずに、自分に合った方法で勉強をコツコツしていくことが大事だと思います!

    M.Eさん(純心女子高等学校-長崎-出身)

    ①国際キャリア学科では、様々な分野で活躍されている外部講師の方をお招きして講義を受ける授業があり、一年生のうちから将来のことや就職について考えることができるため、勉強になります。また、将来の夢や目標を持った友人が周りに多くいるため、自分自身もとても刺激を受ける学科です。

    ②受験ではとにかく過去問を解いて形態に慣れることが大事だと思います。焦らず落ち着いて解けば、いい結果に繋がります。最後まで頑張ってください!

    A.Fさん(長崎県立上五島高等学校出身)

    ①先生方との距離が近く、学生一人ひとりに熱心に指導してくださるところが魅力です。

    ②英語の試験は単語から長文まで幅広く出題されます。事前にしっかりと学習して、落ち着いて頑張ってください。

    S.Oさん(宮崎県立小林高等学校出身)

    ①英語を学ぼうと思ったらとことん学べるところ、そして様々な国からの留学生と触れ合えるところが最大の魅力です。

    ②基礎を固めることが大事だと思います。落ち着いて頑張ってください。
    kc_20151224_01.jpg

    2015年
    11月20日

    ​国際キャリア学科AO入試を受験した在校生から高校生の方々へのメッセージ

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科のAO入試(コミュニケーション入試)は今年12月12日(土)に行われます。試験内容は出願時に提出していただく「志望理由書」と、試験当日に行われる「小論文」、「面接」となります。

    「小論文」(90分)は400語程度の英文を読んで、日本語で300語程度に要約し、自分の意見を同じく日本語で800字程度にまとめるものです。
    「面接」は面接官2名、受験生1名の個人面接で行われ、はじめに英語で自己紹介をしていただき、続いて「志望理由書」の内容などについて英語と日本語でお話を伺います。

    出願期間は11月24日(火)から12月3日(木)になっています。

    以下では昨年、AO入試を受験して入学してきた在学生から高校生の方々へのメッセージ(国際キャリア学科のおすすめとAO入試のアドバイス)をご紹介します。

    K.Aさん(大分県立日田三隈高等学校出身)

    私は将来、海外で働きたいと思い、国際キャリア学科に入学しました。国際キャリア学科では留学生など海外の方との交流の機会も多く、世界の様々な国・地域についての知識を深めることができます。
    授業も少人数で教授との距離が近く、アットホームな雰囲気で質問もしやすいです。たくさんの授業を通して自分を成長させることができます。将来、海外で働きたいと思っている人や海外に興味がある人には向いていると思います!

    私が思うAO入試でのポイントは、笑顔です。絶対に緊張すると思いますので、話す前に一呼吸おいて、笑顔でゆっくり話すことを心がけてみて下さい。そうすることで、落ち着いて面接できると思います。
    小論文は練習あるのみです。私は以上の点を意識したことで、合格することが出来ました。入試までもう少しですが、ベストな状態で挑めるように頑張ってください。努力あるのみ!!皆様のご入学を楽しみにしています。

    M.Nさん(西南女学院高等学校出身)

    国際キャリア学科では留学制度や実際に企業の方とかかわることができるインターンシップも充実しています。様々な分野で活躍されている外部講師の先生のお話を聞く機会もあります。今週は私が目指している航空業界で活躍されている方から貴重なお話を伺うことができました。
    学科には留学生もいて、海外のことを知る機会もたくさんあります。課外でも学科全体で動くことが多く、クラスや授業であまり関わることのない人とも仲良くなれます。5月には実家が被災したネパールの留学生のためにチャリティーコンサートを開き、来月は1、2年生合同でクリスマスパーティーを開く予定です。

    AO入試の準備は余裕を持ってされることをおすすめします。実際に面接を受けるとなると、緊張して何を言っているのかわからなくなります。私は面接ノートを作り、まずは日本語で文を書いてみて、それから英訳することを担任の先生からすすめられました。何度も鏡の前で練習して、英語の先生に面接してもらうとだんだん自信がついてきます。
    面接時は、面接官と目を合わせて話すことが一番大切です。緊張するかもしれませんが、先生方はちゃんと聞いてくださいますので、しっかり自分の言葉で伝えてください。

    M.Sさん(福岡インターナショナルスクール出身)

    語学教育のプログラムが充実しているうえに、経済や様々な異文化についても学べる国際キャリア学科は将来、国際的な舞台で活躍したいと考えている方に最適です。
    面接ではあまり緊張せずに、リラックスしてくださいね。自分の意思を伝えることが一番大事だと思います。

    Y.Kさん(東筑紫学園高等学校出身)

    授業が少人数制のため、ネイティブの先生方と英語でコミュニケーションが日常的にとれます。クラスには留学生もいて、楽しいです。
    国際キャリア学科の特徴は経済界とのつながりが強いことで、様々な分野の外部講師の先生のお話を聞くことができます。自分が将来、目指している業界の話が聞けるのも嬉しいですが、将来の進路に迷っている方も視野が広がります。

    面接では緊張せずに思っていることをそのまま伝えることが大切です。英語の面接となるとやはり緊張や不安が増すと思います。しかし、先生方は熱心に聞いてくださいます。だからと言って練習せずに臨むのは厳しいです。
    私は高校の先生と毎日練習しました(特に英語の発音など)。話したいことをきちんと固めて、色々なパターンを考えて練習するといいと思います。あとはリラックスすることです。

    小論文の対策としては英語小論文の参考書を使うといいと思います。参考書にある英文を訳し、自分の考えをまとめる作業を私は繰り返しました。訳は英語の先生に見ていただき、考えをまとめた小論文は国語の先生に見ていただきました。これをこなすと結構、力はつくとおもいます。簡単な英語の小論文でいいので、たくさん量をこなすことが重要だと思います。

    Y.Kさん(九州国際大学付属高等学校出身)

    国際キャリア学科では、多くのネイティブの先生の授業を受けることができます。語学以外でも英語で行われる授業が多いので、自然と英語が身についてきます。また、様々な分野について詳しい先生方が多くいらっしゃいますので、日々、新しい発見があり、新たな知識を身につけることができます。

    私は入試の前にオープンキャンパスなどで何度か先生たちのお話を伺い、福岡女学院大学について、そして自分の受験する学科について、よく知った上で試験を受けることができました。大学案内やシラバス、ホームページなどをよく調べて、臨むことが一番良いと思います。

    A.Mさん(九州国際大学付属高等学校出身)

    英語はもちろんのこと、自分の興味のある分野を掘り下げて勉強できるところが国際キャリア学科の大きな魅力です。
    英語の小論文対策ではとにかく英文を何度も読みました。そして、他大学の一般入試の問題をたくさん解きました。面接はALTの先生に指導していただきながら、たくさん英会話をするようにしました。

    kc_20151120_01.jpg

    2015年
    09月09日

    鹿島高校出身M.Kさん、九州言語教育学院出身L.Dさんからのメッセージ-10月ミニオープンキャンパスに向けて-

    kc_hed3.gif

    8月のオープンキャンパス、ミニオープンキャンパスへのご来場、ありがとうございました。
    10月4日には今年最後のミニオープンキャンパスが開催されます。学科の専門分野の学びを体感できる模擬授業や進学・入試に関する個別相談、在学生との懇談など盛り沢山な内容となっています。高校生の皆様、そして海外からの留学生の皆様のご来場をお待ちしています。
    以下は8月のミニオープンキャンパスのスタッフとして活躍した国際キャリア学科2年のM.KさんとL.Dさんから高校生の方々へのメッセージです。

    M.Kさん(佐賀県立鹿島高等学校出身)

    ミニオープンキャンパスにお越しくださり、ありがとうございました。 国際キャリア学科の魅力を伝えられていれば嬉しいです。国際キャリア学科では将来、英語を使って活躍したい人におすすめの学科で、素敵な先生方がいらっしゃいます。毎日楽しく、そして将来、役立つ勉強をすることができます。高校生のみなさん、是非、国際キャリア学科に来てくださいね。

    L.Dさん(九州言語教育学院出身、中国・厦門出身)

    先日のミニオープンキャンパスに参加してくださった皆様、ありがとうございました。私は日本に来てもうすぐ3年になりますが、国際キャリア学科へ入学後、日本語が上達しているのを実感しています。本学科には語学力向上につながる独自のカリキュラムがあります。また、卒業が遅れることなくできる長期、短期の留学からインターンシップまで、多彩なプログラムも用意されています。文化の違いを感じる時もありますが、国際色豊かな友達も増え、とても楽しい毎日を送っています。留学生の皆さん、高校生の皆さん、ぜひ国際キャリア学科で一緒に勉強しましょう。

    kc_20150909_01.jpg

    2015年
    09月01日

    ​ICD1年生:前期を振りかえって⑧

    kc_hed3.gif

    前回に引き続き国際キャリア学科1年生へのインタビューを紹介します。

    1 前期で最も印象に残ったこと
    2 後期から特に力を入れて取り組みたいこと

    N.Nさん(福岡県立筑前高等学校出身)

    1 全体的に英語の授業が多く、英語に触れる機会が多いため、特にヒアリングが上達したことが印象に残っています。海外の人と関わる機会も多く、楽しみながら会話をすることができました。
    2 英語力の向上です。

    S.Sさん(宮崎県立延岡星雲高等学校出身)

    1 留学生との交流です。他の国について知ることもできて、とても勉強になり、興味を持つことができました。そして何より楽しかったです。
    2 資格の取得や英語の勉強です。二年次の海外留学に向けて、自分自身のモチベーションを上げていきたいと思います。また、将来に役立てるため、業界研究や企業研究をしてみたいと思っています。

    K.Mさん(八女学院高等学校出身)

    1 ネパールのチャリティ・コンサートが印象に残りました。同級生の特技を見るのもなかなかないことなので、とてもよかったです。これまで食べたことないような食べ物もたくさん食べることができ、良い経験になりました。
    2 授業にさらに集中して、課題もちゃんと期日までに提出して、英語力を高めていきたいと思います。

    N.Mさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)

    1 ネパールのチャリティ・コンサートが印象に残りました。みんなが特技を披露して、個性が光るイベントになっていたと思います。
    2 後期は英語力向上に取り組みます。アルバイト先で使う機会がたくさんあるので、日常的にもっと英語を使う機会を増やして英語力をアップしたいと思います。

    kc_20150901_01.jpg
    英語中心の授業:中島先生の授業風景

    kc_20150901_02.jpg
    英語授業:First Year English

    kc_20150901_03.jpg
    kc_20150901_04.jpg
    ネパールのチャリティ・コンサート

    kc_20150901_05.jpg
    kc_20150901_06.jpg
    留学生との交流(7月)

    2015年
    08月21日

    ​ICD1年生:前期を振りかえって⑦

    kc_hed3.gif

    前回に引き続き国際キャリア学科1年生へのインタビューを紹介します。

    1 前期で最も印象に残ったこと
    2 後期から特に力を入れて取り組みたいこと

    M.Uさん(中村学園女子高等学校-福岡出身)

    1 フレッシャーズ・セミナーや毎日の授業で多くの外国人の方と交流する事ができたため、世界を身近に感じることができ、多くの文化や習慣を学ぶ事ができたことが印象に残っています。国際キャリア入門の講義では先生が経済の内容を分かりやすい見近な例え話で話して下さったので、理解することができ、分かる事によって毎週の授業の内容が楽しみになっていました。
    2 TOEICの勉強を強化し、 将来の自分の夢を確定するために様々な仕事内容を調べていきたいと思います。

    K.Sさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    1 留学生などとの交流会と様々な業種の外部講師の方の講義です。色々な人の話が聞けて、視野が広がりました。
    2 英語力を高め、海外の文化についてさらに勉強したいと思います。

    M.Hさん(明光学園高等学校-福岡-出身)

    1 国際キャリア入門の講義は経済の話もあって難しかったですが、必要なことだと思いました。まだまだ知識が足りないので、新聞やニュースなどを読み、自分で補うことも必要だと思いました。
    2 英語やフランス語など語学力の向上に取り組みたいです。

    C.Nさん(福岡県立玄界高等学校出身)

    1 フレッシャーズ・セミナーでの留学生との国際交流です。
    2 国際ビジネス関連の授業です。

    A.Kさん(佐賀県立佐賀商業高等学校出身)

    1 ネパールでおきた地震のためのチャリティ・コンサートです。みんなの意外な特技を知るとともに、ネパールのために自分ができることを考えることができました。
    2 後期ではより英語力を伸ばすための学習に力を入れていきたいと思います。また自分の夢を見つけていきたいです。

    C.Tさん(海星高等学校-長崎-出身)

    1 ネパールからの留学生を励ますためのチャリティ・コンサートです。見ていてこちらも元気になるような出し物が多くて、印象に残っています。
    2 エアライン講座を受講するので、 将来のためにもしっかりと話を聞き、グランドスタッフになるための知識を身につけようと思っています。

    S.Kさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    1 ネパールからの留学生を励ますためのチャリティ・コンサートがとても印象に残っています。出し物でダンスをしたのですが、得意なことで2人を喜ばすことができて嬉しかったです。
    2 無遅刻無欠席頑張ります。そして、GPA2.8以上をとって留学する準備をしたいです。

    kc_20150821_01.jpg
    外部講師の先生の講義-北九州国際技術協力協会工藤参与による講義

    kc_20150821_02.jpg
    kc_20150821_03.jpg
    留学生との交流

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@