• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    08月05日

    国際キャリア学科1年生:鹿児島、熊本、沖縄出身の在校生から高校生の方々へのメッセージ

    kc_hed3.gif
    福岡県外出身の国際キャリア学科1年生から将来、世界を目指されている高校生の方々へのメッセージ、第四回は鹿児島、熊本、沖縄出身の在校生からのメッセージです。

    kc_20160805_02.jpg
     

    Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)

    国際キャリア学科では他大学の英語科と違い、英語でのコミュニケーションを重点的に学ぶことができます。少人数での授業のため、先生方と接することが多く、質問もしやすい環境です。8つに分けられたクラスそれぞれに高校までの担任の先生のようなアドバイザーの先生方がいらっしゃるので、勉強の相談だけでなく、私生活の相談も気軽にすることができます。私はこの学科を公募推薦入試で受験しましたが、その入試でとても印象に残ったことがあります。それは面接の時間が楽しかったということです。このことから言えることは、先生方がとても親切で、学生一人一人に丁寧に接してくださるということです。実際の授業はほとんどが英語です。入学当初は戸惑うことも多くありましたが、今では先生方の英語を聞き取ることができるようになりました。国際キャリア学科は楽しく学べる最高の学科だと思います。

    K.Iさん(鹿児島県立大島高等学校出身)

    国際キャリア学科に入学し、関わる先生方は日本、中国、韓国、台湾、アメリカ、カナダ、イギリスなど国籍も様々で、皆さん、個性も豊かです。研究室を訪ねると、快く迎えてくださり、本当にいろいろなお話を聞くことができます。先生方のご経験はとてもとても豊富です。この先生と仲良くなりたい、この先生のもとで勉強したい、ついていきたいと思った人の勝ちです。大学生活が何倍も楽しくなります。聴く、書くだけの授業ばかりではなく、グループ・ワークや映画(洋画)を使った授業などもあって、楽しんで学んでいる間に自然と力をつけられます。留学生と交流を深める機会も多くあります。素晴らしい充実した4年間を送ることができる学科だと思います。

    M.Mさん(沖縄県立普天間高等学校出身)

    国際キャリア学科は、少人数での授業が多く、先生方との距離が近いです。英語に触れる機会が豊富にあり、海外での研修が充実していることも魅力のひとつです。私のように福岡県外からの学生も多く、様々な人と交流を深められます。

    A.Uさん(熊本信愛女学院高等学校出身)

    国際キャリア学科の大きな魅力は英語教育です。入学してすぐに英語のテストがあり、その結果に基づき、自分にあったクラスに分けられます。授業ではペアワークで英語を話すことが多く、ほとんどの授業が英語で行われるので、会話力やリスニング力を高めることができます。様々な国籍の先生方がおられ、それぞれの国について知ることもできます。私はたくさんのことを経験できるこの学科に入学して本当によかったと思います。

    2016年
    08月05日

    国際キャリア学科1年生:大分、宮崎出身の在校生から高校生の方々へのメッセージ

    kc_hed3.gif
    福岡県外出身の国際キャリア学科1年生から将来、世界を目指されている高校生の方々へのメッセージ、第3回は大分、宮崎出身の在校生からのメッセージです。

    kc_20160805.jpg

    N.Uさん(日向学院高等学校出身)

    国際キャリア学科はほとんどのクラスが少人数制なので、先生方との距離が近く、海外からの先生も多いため、常に異文化交流をすることができます。日常生活の中に常に英語を取り入れていけるグローバルな大学生活を送ることができます。留学制度ももちろんしっかりしています。たくさんのチャレンジができる学科です。

    R.Kさん(宮崎県立妻高等学校出身)

    国際キャリア学科では先生方だけでなく、先輩方とも交流する機会がたくさんあるので、とても楽しい大学生活を送ることができます。新設間もない学科なので、色々なことに取り組んでいます。いろいろな発見があって面白く、将来、国際的な仕事に就きたいと思っている人にはぴったりの学科です。皆さん、国際キャリア学科で一緒に学びましょう。

    I.Uさん(大分県立大分西高等学校出身)

    国際キャリア学科は少人数制で先生方との距離が近く、先生方もとても頼りになります。オールイングリッシュの授業が多いため、日常的に英語に接し、学ぶことができます。

    M.Kさん(大分県立臼杵高等学校出身)

    国際キャリア学科では基本的に英語で授業をします、難しそうに思われるかもしれませんが、先生方は質問にはわかりやすく、やさしく説明してくださいます。英語のクラスはレベルごとに分かれているため、おいて行かれる心配もありません。ネイティブの先生方と英語でコミュニケーションをとるため、スピーキングとリスニングの力も身につきます。第二外国語のカリキュラムも充実しています。私は中国語を履修していますが、中国出身の陳先生から言葉だけでなく、中国の歴史についても学ぶことができます。授業もとても楽しいです。

    M.Sさん(大分県立大分西高等学校出身)

    国際キャリア学科は少人数の授業が多く、わからないことがあったらすぐ質問することができます。レベルによって分かれているクラスもあり、自分のレベルにあった授業を受けることができます。

    H.Nさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)

    国際キャリア学科はインターンシップや海外の方と関わる機会が多く、ありがたいです。ネイティブの先生方に英語や韓国語、中国語を指導してもらえることもいいです。先生方には明るく、陽気な方が多いので、授業は毎回、楽しいです。

    A.Nさん(1年、大分県立宇佐高等学校出身)

    国際キャリア学科では英語を使ってコミュニケーションをとる授業が数多くあります。外国人の先生やオールイングリッシュの授業も多く、難しさを感じることもありますが、先生方はいつも丁寧にわかりやすく説明してくださいます。福岡女学院大学の魅力としてはエアライン業界への就職者が多いこともあげられます。エアライン研修やANAエアラインスクールの講座、学科独自のプログラムであるアシアナ航空での研修(ソウル)など、様々な講座や授業を受けることができます。

    S.Hさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)

    福岡女学院大学にはネイティブの先生方がたくさんいらっしゃいます。授業を受けるだけで、毎日、英語にふれ、スピーキング、リスニングの力があがります。学生同士で会話したり、短い英語の本を読んで感想を書いたりなど、様々な角度から英語にアプローチすることができます。時には時事的な問題についての英文の記事を読んで、意見をまとめたりします。私が一番、楽しかった授業は英語のアニメのセリフをペアでアフレコする授業です。実際にネイティブの発音をよく聴き取って、テンションもまねて演じてみることで、いままであやふやだった口の動かし方や発音がよくわかり、勉強になりました。日本語で一つのテーマについてのディスカッションをする授業もあります。同級生は積極性があって、自分の意見をはっきり言う人が多く、とても刺激を受けます。

    2016年
    08月03日

    国際キャリア学科1年生:佐賀、香川等出身の在校生から高校生の方々へのメッセージ

    kc_hed3.gif
    福岡県外出身の国際キャリア学科1年生から将来、世界を目指されている高校生の方々へのメッセージ、第2回は佐賀、香川等の高校出身の在校生からのメッセージです。

    kc_20160803.jpg

    M.Kさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    国際キャリア学科は少人数クラス制なので、クラスのみんな仲がいいです。授業中に先生方にも質問がしやすい環境でもあります。ネイティブの先生方が多く、英語でコミュニケーションをとる機会が多いのも魅力です。

    H.Sさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)

    国際キャリア学科は授業のほとんどが少人数制のため、先生方と学生との距離が近く、わからないことがあるとすぐに質問ができるという特徴があります。外国人の先生方も多く、ネイティブの先生と毎日、授業で話すため、リスニング力だけでなく、スピーキング力も日々、向上します。海外からの留学生も多く、日常生活で文化の違いを体験できるところも良いところだと思います。

    M.Tさん(佐賀県立三養基高等学校出身)

    国際キャリア学科では、同級生だけでなく、先輩方に留学体験や大学生活のことなどを聞く機会が多くあります。先生方もそのような機会を設けてくださるので、自分のためになる話がたくさん聞けます。フレッシャーズ・セミナーの授業では国際的な仕事で活躍されている外部講師の先生方から学校だけでは聞くことのできない、貴重なお話をうかがうことができます。

    K.Tさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    福岡女学院大学は先生方と学生との距離が近く、特に国際キャリア学科は先生方が個性豊かで、楽しい授業がたくさんあります。英語の授業のFirst Year Englishではネイティブの先生によって全て英語で授業が行われ、常に英語を聞く状況でとても勉強になります。また、フレッシャーズ・セミナーでは少人数で3回ずついろいろな先生の授業を受けることができ、映画を使っての英語の学習や将来設計、国際協力といった様々な分野の授業を受けることができます。他にも定期的に国際的な仕事で活躍されている外部講師の先生方を招いた講義も行われ、1年次から就職や自分の将来について考えることができます。学科での運動会など、学年をこえての交流の機会も多く、とても充実した日々を送ることができます。

    K.Fさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    国際キャリア学科にはネイティブの先生が多いため、英語に触れる機会が多く、以前より英語がよく聞き取れるようになりました。英語力を確実にあげるための環境が整っていると思います。

    K.Mさん(佐賀県立佐賀西高等学校出身)

    国際キャリア学科は英語を中心に学ぶ学科ですが、単に英語だけを勉強するわけではありません。英語と絡めた様々な分野の授業があります。例えば、異文化コミュニケーションや思考を深めるための授業、日本を含めた世界各国の経済について学べる授業などがあります。もちろん英語力を高めるためのカリキュラムは充実しており、個人個人のレベルにあった授業を受けることができます。様々な国からの留学生も多く、国際色を身近に感じることもできます。

    A.Oさん(香川県大手前中学・高等学校出身)

    国際キャリア学科には様々な国籍の先生方がいらっしゃいます。英語も中国語も少人数のクラスで、ネイティブな発音や言い回しが学べます。入学当初は90分、60分が全て英語で行われる授業があることに驚き、焦りもありましたが、今では楽しく授業を受けることができています。以前より外国のテレビ番組をみても理解できることが増えました。学科全員での運動会など楽しいイベントもあり、国際キャリア学科で学べていることを嬉しく思っています。

    A.Tさん(クラーク記念国際高等学校出身)

    福岡女学院大学は女子大ということで進学を悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、女子大ではのびのびと勉強ができます。学生一人一人にアドバイザーの先生が付いてすぐに相談でき、授業も少人数制が多く、自分のやりたいことを実現しやすい環境です。国際キャリア学科はその名の通り世界に目を向けた授業が多く、英語の授業がほぼ毎日あります。様々な国籍の先生方がいらっしゃり、日本人の先生方も海外経験が豊富で、よく海外のお話を聞かせていただき、留学などに関するアドバイスもいただいています。

    2016年
    08月02日

    国際キャリア学科1年生:長崎、山口出身の在校生から高校生の方々へのメッセージ

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科には九州各県や遠くは東京、四国、沖縄、さらには海外から入学した在校生が学んでいます。以下では、各県出身の在校生から将来、世界を目指されている高校生の方々へのメッセージをシリーズでお伝えします。

    kc_20160802.jpg
     

    A.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)

    国際キャリア学科には英語力の向上を図る授業はもちろんのこと、将来、グローバル化が進んだ社会で働くうえで必要な世界を幅広い視野でみる力を養うことができる授業が豊富にあります。少人数制の授業が多いため、自分の考えを発表する機会が多く、英語の授業では自分のレベルにあったクラス分けが行われるので、クラスメイトと互いに高めあいながら勉強ができます。

    C.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)

    高校までは習ったことを憶えて、テストで点を取るといった勉強が主でしたが、大学では考える力や発言力、コミュニケーション力など社会で本当に使える力を身につけるための授業を受けることができます。特に、国際キャリア学科は先生方が皆さん本当に個性的で、実際に海外で経験された世界の現状を教えてくださるところも大きな魅力です。私は1年生なので、何にでも挑戦しようと思い、TOEICだけでなく、秘書検定などにも挑戦していますが、そのための特別の講座も履修することができます。

    M.Yさん(瓊浦高等学校出身)

    先生方は皆さんとても優しく、ご自身の体験談や様々なためになるお話をしてくださいます。講義も質問しやすい雰囲気で、英語の授業では自分のレベルにあった授業を受けることができます。

    A.Mさん(聖和女子学院高等学校出身)

    私は英語をもっと学びたい、国際関係のことをもっと知りたいと思い、この学科を選びました。オープンキャンパスに来ていなかったので、大学のホームページや大学案内、高校の先生方から聞く話から情報を得ていたので、入学時には不安もありましたが、充実した日々を送っています。国際キャリア学科では英語に加え、国際政治、国際経済、国際協力など様々なことが学べ、知識の幅が広がると思います。

    M.Oさん(早鞆高等学校出身)

    国際キャリア学科は卒業までにTOEIC730点という目標を掲げ、英語教育にとても力を入れています。講義は英語で行われることが多く、ネイティブの方の発音を毎日、聴くことができ、リーディングやライティングだけでなく、リスニングの力も伸ばすことができます。日本人が話す英語からどんどん離れていることを実感できることが楽しいです。

    M.Hさん(山口県立西京高等学校出身)

    福岡女学院大学には様々な国籍の先生方がいらっしゃって、とてもわかりやすい授業をしてくださいます。日本人の先生方も経験が豊富で、色々な国に行ったお話を聞くことができ、さらに海外への関心が高まりました。企業の方による講義やインターンシップなども充実しており、授業以外でもたくさん学ぶことができるところです。先生方は何にでも親身になって対応してくださるので、充実した大学生活を安心して送ることができます。

    2016年
    06月22日

    国際キャリア学科ブースご来場のお礼と在校生から高校生の皆様へのメッセージ(第1回ミニオープンキャンパス)

    kc_hed3.gif
    6月19日のミニオープンキャンパスへのご来場、誠にありがとうございました。

    国際キャリア学科では、学科ブースでの展示と在学生との懇談、学科教員による模擬授業と進学相談を行いました。模擬授業では、経営学分野を担当する朴准教授よりディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」の成功要因をマーケティング戦略の側面から探る授業を行いました。

    聴講された方からは「経済・経営分野に関する関心が高まりました」(高校3年生の方)、「日本で学びたいと思っていた内容でした」(ベトナム専門学校卒業生の方)などの感想をいただきました。

    進学相談では学科の学びや入試についてのご説明を行いました。ご相談にいらした高校生は皆さん、世界とつながる仕事を目指されている方々で、授業内容や留学制度、国内外でのインターンシップ、在学生の海外体験などについて積極的に質問されていました。

    kc_20160622_02_01.jpg
    学科ブースでの懇談風景


    今回のミニオープンキャンパスでは、学科ブース担当の3年生K.Tさん(聖和女子学院高等学校出身)と2年生M.Kさん(福岡県立筑紫高等学校出身)、全体運営担当の1年生のM.Tさん(福岡県立京都高等学校出身)とA.Nさん(大分県立宇佐高等学校出身)が会場の設営から来場された高校生の皆様と保護者の方々へのご説明まで大活躍しました。

    以下は4人から高校生の皆様へのメッセージです。

    「高校生の皆様へ」(在学生からのメッセージ)

    K.Tさん(3年、聖和女子学院高等学校-長崎-出身)

    国際キャリア学科(ICD)では英語だけでなく、国際政治・経済、経営、国際協力、異文化コミュニケーションなど様々なことを学び、現場で体験することができます。私自身、昨年は日本航空でのインターンシップに参加し、カンボジアでの国際協力研修も経験しました。

    今年7月にはフィリピンのバギオ大学に留学し、観光学部で学ぶ予定です。ほかにもさまざまなイベントを学生だけで企画・運営するなど、自分の視野を広げ、可能性を試す機会が数多くあります。全学年が参加する運動会やクリスマス・イベントなど楽しい催しもあります。高校生の皆様、国際キャリア学科で新鮮で充実した大学生活を送ってみませんか。

    M.Kさん(2年、福岡県立筑紫高等学校出身)

    国際キャリア学科には常に英語を使う環境があります。授業は高校までと違い、教科書で学ぶだけでなく、グループで議論して、それをレポートにまとめ、プレゼンテーションする機会が多くあります。国際ビジネスに従事されている企業の方による講義を聴いたり、インターンシップに参加したりするなど、将来の進路について考えるきっかけとなるようなプログラムも多くあります。

    留学制度や海外での研修制度も充実しており、私も昨年、カンボジアでの国際協力研修に参加しました。今年7月からはフィリピンのバギオ大学に留学する予定です。周りにも海外に関心を持ち、積極的に行動する人が多く、学科で出会う先生方や友達からはたくさんのいい刺激を受けます。高校生の皆様、ぜひ私たちと一緒に学びましょう。

    M.Tさん(1年、福岡県立京都高等学校出身)

    グローバル化が進むなか、ビジネスでも世界を相手にする機会が増えています。そうしたなか、求められているのが英語で様々な国の人とコミュニケーションがはかれる人材です。国際キャリア学科では「使える英語」を学ぶだけでなく、どのようにして異なる文化や価値観の方々とコミュニケーションをとるかを学ぶことができます。

    留学制度や海外でのインターンシップ制度など、実際に海外で英語スキルを磨くための機会も数多く設けられており、国際的な人材となるための手助けをしてくださる学科です。社交的な先生方が多くいらっしゃり、丁寧なご指導を日々、受けさせていただいております。

    A.Nさん(1年、大分県立宇佐高等学校出身)

    国際キャリア学科では英語を使ってコミュニケーションをとる授業が数多くあります。外国人の先生やオールイングリッシュの授業も多く、難しさを感じることもありますが、先生方はいつも丁寧にわかりやすく説明してくださいます。

    福岡女学院大学の魅力としてはエアライン業界への就職者が多いこともあげられます。エアライン研修やANAエアラインスクールの講座、学科独自のプログラムであるアシアナ航空での研修(ソウル)など、様々な講座や授業を受けることができます。

    kc_20160622_02_02.jpg
    M.Kさん(左)とK.Tさん(右)

    kc_20160622_02_03.jpg
    M.Tさん(左)とA.Nさん(右)
     

    jennie2.jpg次回は7月24日(日)に第2回のミニオープンキャンパスが開催されます。模擬授業では南川啓一教授が「カンボジア支援に学ぶ『私たちの生き方』」と題して学科の学びの三分野のひとつである国際協力についてお話します。

    なお、国際キャリア学科のブースでは英語と中国語でのご質問にもお答えできます(8月のオープンキャンパスではさらに韓国語とネパール語でもお答えできます)。留学生の方のご訪問も歓迎いたします。


     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@