• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科(ICD)
    5. 国際キャリア学科(ICD)Today一覧

    学部・大学院

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科(ICD)Today 一覧

    2014年
    10月06日

    国際キャリア学科の留学生向け日本語教育

    kc_hed3.gif
     

    国際キャリア学科の留学生向け日本語教育

    国际事业开发学科面向留学生实施日语教育
    國際事業開發學科面向留學生實施日語教育


    国際キャリア学科(国際キャリア学部)では留学生向けに日本語を学ぶための徹底した少人数教育のカリキュラムを揃えています。以下は日本語の授業を担当している大里先生と中国からの留学生のLさんからのメッセージです。
    国际事业开发学科为学习日语的留学生开设日语小班课程。以下是日语课的任课教员大里老师和来自中国的留学生L的寄语。
    國際事業開發學科為學習日語的留學生開設日語小班課程。以下是日語課的任課教員大里老師和來自中國的留學生L的寄語。
    kc_20141006_02.jpg

    大里先生からのメッセージ

    専攻は言語学です。 最近は若者言葉にみられる身近な言語変化など「言語と社会」というテーマにも関心を持っています。私が担当している留学生向けの日本語の授業は少人数教育でできるだけ短期間での上達を目指しています。そのためには、留学生にとっては日本での日常生活すべてが日本語の課題・宿題であると考えることも大切です。今年、入学した中国からの留学生のLさんはこの半年で目覚ましく日本語の会話力、作文力が上達しており、今後が楽しみです。
     

    Lさんからのメッセージ

    kc_20141006_01.jpg日本へきて2年になります。国際キャリア学科へ入学後、日本語教育を担当されている大里先生の講義を受講し、日本語がどんどん上達しているのを実感しています。文化の違いを感じる時もありますが、国際色豊かな友達も増え、とても楽しい毎日を送っています。将来はエンターテイメントの会社で働きたいと思っています。ぜひ国際キャリア学科で一緒に勉強しましょう。
    kc_20141006_03.jpg

    2014年
    08月21日

    国際キャリア学科(ICD)で中国語を学びませんか(陳 齢先生からのメッセージ)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科(ICD)で中国語を学びませんか
    (陳 齢先生からのメッセージ)


    国際キャリア学科ではミッション・スクールとして培ってきた定評のある英語教育に加え、ビジネスの世界でも需要が高まっている中国語の学習のための体系的なカリキュラムを揃えています。
    kc_20140821_2_01.jpg
    ■どうして中国語?
    ・世界で使用人口が最も多い言語の一つです。
    ・国際連合の定めた六つの公用語の一つです。
    ・各国で中国語教育を重要視しています。最近の事例を挙げますと、
    1. イギリス政府は2014年度から中国語標準語を小学校の必修科目にすることを決めています。
    2. オーストラリアでは、アジア文化学習の一環として、全国の小中学校に中国語や日本語などの学習クラスを設置しています。また、これらの言語の学習を教育大綱に盛り込むなど、政府が学校と共に推進しています。

    ■国際キャリア学部での中国語学習
    ・1年生を対象に「中国語基礎」と「中国語会話」を開講し、中国語の「読む・書く・聞く・話す」の4領域にわたる基礎中国語能力を構築します。
    ・2年生向けには、専門に特化した「中国語ビジネス会話」、また、広汎に亘る中国社会の理解を深めるために中国の政治や文化に関する科目(「Asian Studies」)も順次開講していきます。
    ・初年度の学習を終えた段階では、中国語検定4級、 HSK(漢語水平考試)2級以上、2年間を学修した段階では中国語検定3級、HSK 3級以上を挑戦してもらうなど資格の取得にも最大限配慮します。
    ・発音を重視する姿勢を貫き、アドリブやロールプレイ、シャドーイングなどの方法を用いたアクティブ・ラーニングによる双方向の授業を通じて実践を重ね、より自然な中国語のアクセントとイントネーションを身につけてもらうことを目指します。

    【中国語を履修しているICD1年生からのメッセージ1】
    中国語基礎の授業では、中国語の文法、単語を主に学んでいます。文法の構造が英語と似ているので、英語が好きな方にとっては学びやすいはずです。また、世界で一番話されている言語のひとつである中国語ができたら就職の際などにも役立つと思います。是非、中国語を第二言語として履修してみてください。

    【中国語を履修しているICD1年生からのメッセージ2】
    自分の名前に中国語の漢字と発音をつけた時はとっても感動しました。陳先生は発音から一人一人しっかり指導してくださいます。中国語の文法自体はあまり難しく感じられません。語彙を増やすだけだと思います。語彙といっても日本に似た漢字なので覚えやすいし、少しずつ違っているので覚えるのが楽しいです。
    私の学年には中国からの留学生がいるので、たまに教えてもらいながら仲を深めています。早く中国語を話せるようになりたいです。
    kc_20140821_2_02.jpg

    2014年
    08月21日

    国際キャリア学科(ICD)でビジネスについて学びませんか(朴 熙成先生からのメッセージ)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科(ICD)でビジネスについて学びませんか
    (朴 熙成先生からのメッセージ)


    国際キャリア学科ではミッション・スクールとして培ってきた定評のある英語教育に加え、経済や経営などビジネス関連の実学についても幅広いカリキュラムを揃えています。

    1.ビジネス関連分野をはじめて学ぶ方へ
    われわれは企業と深いかかわりをもって生活しています。
    ビジネス関連分野の授業ではビジネスの仕組みや理論を考察していきます。
    ビジネス関連分野を深く学ぶことは、様々な学問分野の基礎を学ぶことにつながります。

    2.ビジネス関連分野の全体像の理解ができたら
    企業経営の現実事例を通して、ビジネスに関する知識を身につけることができます。
    日常生活の中で何気なく見たり聞いたりしている現実をビジネスの観点から整理し直し、その意義や仕組みを明らかにすることができます。
    会社の役割・仕組み、製造過程の管理、社員の行動、人材育成の仕組み、製品の販売、海外でのビジネスの仕方など多岐にわたる部分が明確になります。

    3.ビジネス関連分野の学習で学んでいただきたいこと
    絶えず変化するビジネス世界を理解しましょう。
    グローバル・ビジネスを俯瞰してみましょう。
    ビジネス世界におけるものの見方、考え方を身につけて、社会人基礎力を培ってみましょう。
    ビジネス関連の知識獲得し、また在学中就職の心構えができるようにし、さらに将来の自分のキャリア選択において前向きになるようにしましょう。

    国際キャリア学科で、グローバル社会に貢献し、新しい時代を築くために、ビジネスの専門性やその資質を養いながら、女性ビジネスリーダーとしての能力やスキルを身につけていきませんか。

    kc_20140821_02.jpg8月24日(日)に開催されるオープンデイでは午前11時半から教員による模擬授業(担当:朴)が行われます。
    多くの人に喜びや感動をあたえる夢と魔法の国、東京ディズニーリゾートの顧客の心をつかむ秘密と圧倒的な人気を誇っている理由をサービス・マーケティングの観点から考えます。
    皆様のお越しをお待ちしております。

    kc_20140821_01.jpg

    2014年
    04月01日

    Jennie Who?


    kc_hed3.gif

    kc_20140325_01.gif●Jennie Who? 
    本名はJean Margaret Gheer、1846-1910。
    33歳の時に命をかけた小さな船での2カ月の旅で日本へ。1885年に現在の福岡市天神に福岡女学院を創立した。
    武士が刀を捨てたばかりで「未開の野蛮人の地」と思われていた日本。殆どの日本人には勉強する機会などない時代。まして「女性が勉強するなど!」、そんな時代に命をかけて海を渡り「女子のための学校」を作ったジェニー。
    病気をして一度は日本を離れるが、再び日本を目指したジェニー。目を輝かせて学ぶ日本の生徒たちのために働くことが彼女の幸せだった。

    ●生涯のキャリアを目指して
    生涯の仕事として学校を作ったジェニー。
    彼女が作った学校はおよそ130年の間に、何万人、何十万人という女子に勉強の機会を与え、日本を変えた。
    今度はあなたが夢を持って、希望を持って、人生をかける生涯のキャリを目指して欲しい。「熱い心」と「冷静な判断力」、そして「巧みな語学力」を身に付けて世界に飛び出してほしい。
    21世紀のジェニーを目指して!

    kc_20140325_02.jpg

    南川啓一教授
    レストランなどでの仕事を経て、英語の発声を研究する英語音声学を学ぶ。
    明治学院大学などでの勤務を経て2002年に福岡女学院大学教授に就任。
    教職の傍らカンボジアの子供の教育支援などに取り組む。
    夢はカンボジアに恵まれない家庭の子供が学べる大学をつくること。

    2014年
    01月17日

    「いいえ、ローマです。絶対にローマです!」

    kc_hed3.gif

    20140117_01.jpg

    20140117_02.jpgこの景色を見て「ん?!」と思った人、かなりの映画通なのでは?
    ここはローマの人気観光スポット、スペイン広場。映画「ローマの休日」(Roman Holiday、1953年アメリカ)の中で、オードリー・ヘップバーンがジェラートを食べるシーンが撮影された場所です。オードリー扮するアン王女はこの直前のシーンで、長かった髪を、憧れのショートカットにしました。宮殿から逃げ出した王女は、これから始まる「休日」に胸をドキドキさせていたことでしょう。何処へ行こうと、何を話そうと、そして何を食べようと、全て自分で決めていいのです。自由なのです。

    ICD(国際キャリア学科)の、このブログを読んでいる皆さんも、(今は受験勉強の真っ最中ですが)春がくれば、全く新しい世界に飛び出すことになります。この4月からの4年間、色んな人に出会って、様々なことを見聞きし、何にでも挑戦して欲しいと思います。英語の勉強も、これからは教科書だけが勉強ではありません。「自分の興味のあること」を「英語」で聞いたり、読んだり、そして自分の発見を他の人に伝えたり...。(もちろん、映画も絶好の英語教材です)何だかドキドキしませんか?
    そのためには学ぶべき事も山ほどあります。でも、自分の好きなこと、興味のあることのためならば、とことん英語ともつき合えるのではないでしょうか。そしてその時があなたの英語力が飛躍的にアップする瞬間です。

    20140117_03.jpgさて、アン王女のローマでの冒険はどうなったのでしょう?
    残念ながら王女とアメリカ人新聞記者との恋は成就しません。けれどもラスト・シーン、ヨーロッパ歴訪最後の記者会見での王女の清々しい表情は、彼女のスピーチとともに、新聞記者ジョーだけでなく私たち観客にとっても忘れられないものとなります。(英語のスピーチは春休みにYoutube、またはDVDでゆっくり観てください)

    「いいえ、ローマです。絶対にローマです!」王女の話す言葉は、もう家臣たちによって準備されたものではありません。背筋を伸ばして、一言一言を自分の言葉で話す王女の姿が、私には4年後の皆さんの姿と重なります。

    春に皆さんとICDで会えるのを楽しみにしています!

     
     
      
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@