• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2015年
    02月05日

    卒業生紹介:東京で活躍するY.D.さん

    kc_hed3.gif

    昨年9月に本学を訪ねてくれた卒業生 Y.D.さんを紹介します。

    1.経歴を簡単に紹介してください。

    kc_20150205_01.jpg2003年に福岡女学院大学人文学部英米文化学科を卒業しました。
    卒業後、山口県の放送局、東京の衛星放送局にアナウンサーとして勤務したのち、2009年早稲田大学大学院法務研究科に入学し2013年に修了しました。

    その後、アパレルメーカーを経て現在は広告代理店に勤務しています。
     

    2.大学時代に大切にしたことは何でしょうか。

    私は留学どころか一度も英語圏に行ったことがなかったので、福岡女学院でなんとか英語を話せるようになってやる!と意気込んでいました。少しでも長い時間英語に触れられるように、毎日通学時間2時間は英語のリスニングに使いました。最寄りの駅からは歩いて英語を聴いたので、スポーツジムに行く手間も省けました。

    3.高校時代は音楽を専攻したと聞きましたが。

    はい、高校時代は音楽を専攻しました。専攻楽器はファゴット。授業では音楽理論や楽器演奏・合唱などを学びました。大学の英語音声学で学んだ英語のリズムは、音楽で拍子をとる感覚や音程をとる過程と重なるところがあり、とても学びやすかったです。
    また児童英語指導員の実習の際に小学生と歌ったり踊ったりしながら英語を学んだのは楽しい記憶として残っています。

    4.法科大学院での勉強はどうでしたか。

    kc_20150205_02.jpg法科大学院は入学するだけでも大変なところでしたが、修了するまではその1000倍くらい大変でした。毎日朝から晩まで勉強。入学早々大学院からダンボールいっぱいの判例が届き、それを予習して行くのですが、精神的にも体力的にも苦しい毎日でした。
    講義でも教授の主張にうまく反論出来ず自宅で泣いたこともありました。最後まで苦しんだ私でしたが、そんな私に根気強く勉強を教えてくれた先輩や友人たちには心から感謝の気持ちでいっぱいです。
    kc_20150205_04.jpg

    5.仕事の経験や抱負について聞かせてください。

    放送局では報道や情報番組に携わり、マスコミの世間に対する影響力の大きさを知りました。国内外で多くの方々に直接インタビューさせていただけたことが大きな糧になっています。
    メーカーでは小売の部署に所属していましたが、顧客の望む商品・サービスの提供がいかに難しいかを痛感しました。広告業界は転職したばかりで現在勉強中です。これまでの私の経験が少しでも活かせたらいいなと思います。
    kc_20150205_03.jpg

    6.最後に受験生へのメッセージをお願いします。

    チグハグな私の人生ですが、人生どの瞬間においてもすべてが学びだと実感しています。私は大学2年生のとき勉強に行き詰まり、相談した教授に1つ上の学年の先輩を紹介してもらいました。その先輩との出会いで私は勉強のやり方や取り組み方が変わったと思います。大学院入学時に受験したTOEICで880点取れたのも、その先輩のおかげだと思っています。

    福岡女学院大学は自分のペースで勉強させていただけるのと同時に、勉強が遅れている学生には手を差し伸べ、やる気のある学生には学習のヒントや挑戦の機会を与えてくださるなど、個人に目の行届いた指導をしてくださるところも魅力です。もし勉強のことで困っている場合は、遠慮せず先生や先輩に相談してみるといいと思います。
    大学時代は遊びも勉強もアルバイトも、何をしても許される身分ですが、皆さん自分らしく楽しんで頂きたいと思います。

    2015年
    01月08日

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン2 受験での英語面接のツボ2

    kc_hed3.gif

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン2
    受験での英語面接のツボ(その2-「高校生活の紹介」英語例文付)


    kc_20141226_01.gif英語面接のツボ、第2回目は「高校生活の紹介」です。
    今回も重要な点を3つにまとめてみました。




     

    1.話す内容の整理

    面接はどのような環境で育ったか、どのようなことに関心を持っているのか、などについて面接官に知ってもらう大切な情報提供の場です。面接官は調査書を通して一通りの情報を得ていますが、受験生自らのことばで紹介されることを期待しています。したがって、話の「要点整理」が重要です。
    例えば、(1)学校紹介、(2)得意な教科、(3)その他の顕著な活動、などは面接官が知りたいところです。
    逆に言えば、この3点で十分。脈絡のない話しはかえって情報価値を低くし面接時間のロスにつながります。

     

    2.紹介の視点

    話のポイントが整理できたら、紹介の「視点」を考えましょう。
    「私は高校で…をしました」ではなく、高校での学習や活動が「大学での研究にどうつながるのか、また、少し大げさに言うと「大学にどう貢献できるのか」という視点が重要です。
    面接官は面接入試を通して入学した学生が、一般試験で入学した学生とどう異なり、どのような貢献をしてくれるのかに注目しています。大学が求めているのは「多様性」なのです。このツボを外さないようにしてください。
    それでは英語紹介例を見てみましょう。

     

    3.英語紹介例

    まず高校の紹介をします。

    I studied at ABC High School. The school was located in the suburbs of Oita city. I liked my school because it was not too large. I had a lot of friends there, and we often talked about …

    特に遠方から受験する場合は面接官がその高校についてよく知らない場合があります。簡単に高校の場所や学校に対する印象を述べると受験生と面接官との間に話しの「場」が生まれます。初対面では意外と大切なことなのです。

    次に得意な教科について話しましょう。

    My favourite subjects were English and Social Studies. Especially I liked English. The reason I liked studying English is that … . To improve my English ability, I read not only textbooks but also graded readers at home. … . … This is the reason why I applied to the English department of this university. This university … (現在形で話しても構いません)

    ここで大切なのは「どの教科が好き」ではなく「なぜ好きなのか」その理由です。また、簡単でよいのでどんな勉強をしてきたのか、なぜ受験につながったのか、などについて具体的に述べましょう。

    次は課外活動についてです。

    Besides school work, I worked with other students in the volunteer club called XYZ. We visited … . … I hope I can continue this work at university too. 

    課外活動についても具体的に話してください。
    ここでもその活動に参加した「理由」や「活動内容」が欠かせません。具体例ほど説得力のあるものはないからです。

     


    自己紹介②をまとめると、(1)内容整理、(2)紹介の視点、(3)具体例、でした。

    次回は自己紹介の3回目。大学での学習、将来の夢に関する表現法です。
    お楽しみに。

    2014年
    12月26日

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン1 受験での英語面接のツボ

    kc_hed3.gif

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン1
    受験での英語面接のツボ(その1-英語例文付)


    kc_20141226_01.gif受験生の皆さん、そして高校生1・2年生の皆さん、受験シーズンがやってきました。
    受験生の皆さんは目前に、その他の高校生の皆さんは近い将来、英語面接を受ける方がいるかもしれません。留学をせずに日本で勉強してきた皆さんにとって、これは悩ましい問題かもしれません。
    しかし、面接を選んだとするなら悩むことなく準備にとりかかりましょう。

    このシリーズでは英語面接のツボを紹介します。
    とは言っても大学によって求められる英語レベルは様々なので、ここでは一般的な心構えと英語表現を紹介します。

     

    1.やさしい英語を使うこと

    英語面接は受験生と面接官とのコミュニケーションを総合評価します。したがって、面接を通してやさしい英語で、つまり自分の言葉で考えを表現することが大切です。
    難しい表現を使って完璧に英語を覚えたとしても、面接官の質問で口ごもってしまえばかえって印象を悪くします。これは絶対に避けたい。
    「失態は避ける!」これが英語面接の鉄則です。やさしい英語で表現できる、とは実は難しいことなのです。

     

    2.発音・イントネーションを大切に

    英語は日本語と違ってイントネーションのある言語です。また、子音+母音の日本語と異なり、英語は子音が続く単語も多くあります。
    例えば、splendid(すばらしい)。子音が3つ続いて初めて母音が現れます。個々の単語をしっかり発音すると共に文のイントネーションにも注意を払って下さい。
    文章を覚えるときはイントネーションに注意して練習するということです。短時間の面接は「印象」がものを言います。面接官にいかによい印象を与えるか、これが勝負です。短い会話文の暗記、教科書の音読をしっかりやって下さい。

     

    3.自己紹介①

    さていよいよ自己紹介。ここで大切なことは「あわてない」ことです。そのためにはやさしい言葉で順を追って話しましょう。例えば、

    My name is Sakura Fukuoka. I am from Oita city. Actually I was born in Nagasaki, but I moved to Oita when I was one. Since then I have lived in Oita. 

    こんな調子で始めてよいのです。出身地は言わなくても構いません。日本語面接では触れないこともあります。

    ただし、出身地を述べる場合は具体的に伝えることを勧めます。つまり「Oita」と言っても「Oita city」なのか「Oita prefecture」なのか分かりません。
    また、生まれが異なる場合は、どこで生まれてどこに移ったのか、などを具体的に説明すると面接官に伝わりやすいですね。

    また、上の例文ではしっかり「過去形」と「現在完了形」が使われています。適切な文法が使われているか、これも審査の対象になり面接官が目を光らせています。

     


    自己紹介①をまとめると、(1)あわてない、(2)具体的に、(3)正しい文法で、でした。

    次回は高校での生活について紹介しましょう。お楽しみに。

    2014年
    10月07日

    国際キャリア学部 必修科目の8割以上が英語で授業

    国際キャリア学部(国際英語学科、国際キャリア学科)の授業について

    グローバル人材に求められる能力の1つは語学力です。日本人学生にとっては高度な英語力、そして本学へ留学する国際学生にとっては英語力、日本語力そして母語の3カ国語が将来のキャリアを支えます。

    Q1:82/124 = 66.1% この数字が意味するものは?

    この数字は卒業に必要な124単位のうち最低82単位は「英語」または「英語と日本語」の両言語で行われる授業を履修することを意味します。これは全単位数の66.1%に及びます。以下がその内訳です。

    必修科目56単位中48単位(85.7%):授業言語は英語
    専門選択科目80単位以上:授業言語は英語と日本語のバイリンガル

    選択次第では80%〜90%の科目が日英バイリンガル授業になります(注:ただし時間割上希望する科目が履修できない場合もあります)。これが本学部の言語・専門能力育成法です。

    Q2:なぜ英語のみで授業を行わないのですか?

    専門知識の理解には母語も必要だからです。本学部は "English Only" という概念にこだわりません。日本語で理解が早まる場合は日本語で説明します。両言語を正確にかつ適切に使えることがむしろ重要であり、そうした柔軟性が真の語学力を鍛えるのです。

    Q3:留学制度は単位化されていますか?

    Study Abroad 科目があり、1学期履修で16単位、2学期履修で32単位が与えられます。また、Short Overseas 科目(5週間)を履修すると6単位が与えられます。したがって、長期留学しても卒業が遅れることはありません。

    女性がグローバル人材として求められる時代です。国際キャリア学部は世界を視野にキャリアを考える女性を応援します。

    2014年
    10月06日

    国際キャリア学科の留学生向け日本語教育

    kc_hed3.gif
     

    国際キャリア学科の留学生向け日本語教育

    国际事业开发学科面向留学生实施日语教育
    國際事業開發學科面向留學生實施日語教育


    国際キャリア学科(国際キャリア学部)では留学生向けに日本語を学ぶための徹底した少人数教育のカリキュラムを揃えています。以下は日本語の授業を担当している大里先生と中国からの留学生のLさんからのメッセージです。
    国际事业开发学科为学习日语的留学生开设日语小班课程。以下是日语课的任课教员大里老师和来自中国的留学生L的寄语。
    國際事業開發學科為學習日語的留學生開設日語小班課程。以下是日語課的任課教員大里老師和來自中國的留學生L的寄語。
    kc_20141006_02.jpg

    大里先生からのメッセージ

    専攻は言語学です。 最近は若者言葉にみられる身近な言語変化など「言語と社会」というテーマにも関心を持っています。私が担当している留学生向けの日本語の授業は少人数教育でできるだけ短期間での上達を目指しています。そのためには、留学生にとっては日本での日常生活すべてが日本語の課題・宿題であると考えることも大切です。今年、入学した中国からの留学生のLさんはこの半年で目覚ましく日本語の会話力、作文力が上達しており、今後が楽しみです。
     

    Lさんからのメッセージ

    kc_20141006_01.jpg日本へきて2年になります。国際キャリア学科へ入学後、日本語教育を担当されている大里先生の講義を受講し、日本語がどんどん上達しているのを実感しています。文化の違いを感じる時もありますが、国際色豊かな友達も増え、とても楽しい毎日を送っています。将来はエンターテイメントの会社で働きたいと思っています。ぜひ国際キャリア学科で一緒に勉強しましょう。
    kc_20141006_03.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@