• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2015年
    03月05日

    ICD一期生:1年間を振りかえって④

    kc_hed3.gif

    前回に引き続き国際キャリア学科(ICD)第一期生へのインタビューをご紹介します。

    1:1年次で最も印象に残ったこと
    2:1年次で一番、力を入れて取り組んだこと
    3:2年次でぜひ取り組みたいこと

    Y.Nさん(福岡西陵高等学校出身)

    1 海ノ中道でのホテル研修です。
    2 英会話の学習です。
    3 海外留学で異文化に触れ、英語を話すことに取り組み、資格取得のために勉強したいと思います。
     

    N.Sさん(九産大九州高等学校出身)

    1 First Year Englishの授業です。毎回、違う相手と英語でコミュニケーションがとれて楽しかったです。
    2 毎週提出するブック・レポートです。内容を正しく理解するために比較的、簡単な本を選び、辞書を使わずに読みました。それをとりまとめて、感想を書くのは意外と難しく、毎週、必死でした。
    (教員コメント:ブック・レポートとは毎週、1冊の英文の書籍を選び、その内容と感想を英語でまとめて提出する宿題です。N.Sさんは頑張って、毎回、きっちりと提出していました。)
    3 2年次には英語の発音に力を入れて学びたいと思います。
     

    N.Sさん(柏陵高等学校出身)

    1 プレゼンテーション・スキルの授業やフレッシャーズ・セミナーの外部講師としていらっしゃったファジラ先生によるヨガの講義が特に印象に残りました。
    (教員コメント:N.Sさんはプレゼンテーション・スキルの授業でいつも素晴らしいプレゼンテーションを行っていました。)
    2 英語を話すことに力を入れて取り組みました。
    3 流暢な英語を話せるように取り組みたいです。発音を完璧にしていきたいと思います。
     

    M.Mさん(須恵高等学校出身)

    1 本物の英語を学べたこと、講義で海外の状況や先生方の意見、体験談を聞けたことです。
    2 ブック・レポートです。
    3 しっかりと英語でコミュニケーションをとること、海外の状況をもっと知ること、ボランティア活動に参加することです。
     

    M.Kさん(土佐女子高等学校出身)

    1〜3 軽音部での活動です。
     

    ■海ノ中道研修
    kc_20150305_2_01.jpg
    kc_20150305_2_02.jpg
    ■ファジラ先生による講義とヨガの体験
    kc_20150305_2_03.jpg
    kc_20150305_2_04.jpg

    2015年
    02月25日

    ICD一期生:1年間を振りかえって③

    kc_hed3.gif

    前回に引き続き国際キャリア学科(ICD)第一期生へのインタビューをご紹介します。

    1:1年次で最も印象に残ったこと
    2:1年次で一番、力を入れて取り組んだこと
    3:2年次でぜひ取り組みたいこと

    A.Yさん(鹿児島第一高等学校出身)

    1 中島先生の授業でのプレゼンテーションが特に印象に残りました。
    2 毎日の授業をまじめに受けること、レポートの期限を守ること。
    (教員コメント:A.Yさんはいつも期限を守ってレポートを提出しました)
    3 2年次はニュージーランドに留学するので、積極性を持って様々な国や地域の人と接していきたいと思います。
     

    A.Nさん(筑前高等学校出身)

    1 たくさんの外部講師の先生からいろいろな経験談やアドバイスをいただいたことが特に印象に残りました。
    2 コミュニケーションの授業で、積極的に行動したことです。
    3 ビジネス英語を身につけたいと思っています。
     

    K.Nさん(九産大九州高等学校出身)

    1 コミュニケーションスキルの授業が強く印象に残りました。ここで学んだことを活かしていきたいと思います。
    2 英語で文章を書くことに特に力を入れて取り組みました。
    3 留学で多くのことを吸収してきたいと思います。帰国後は資格取得に向けた学習にも取り組んでいきたいです。
     

    R.Kさん(中村学園女子高等学校出身)

    1 フェレッシャーズ・セミナーです。たくさんの外部講師の先生にいらしていただいて、社会のことや仕事のことなどをよく知るいい機会になりました。とても印象に残っています。
    2 初めてのことばかりでしたが、特に英語力を高めることに力を入れました。
    3 語学力をもっと高め、また社会で役に立つ力も付けていきたいです。
     

    M.Hさん(中村学園女子高等学校出身)

    1 先生方が様々な外部講師の方々を呼んでくださったことです。
    2 英語、特にリーディングに力を入れました。
    3 翻訳の勉強に取り組みたいです。
     

    ■中島先生の授業
    kc_20150224_04_01.jpg
    kc_20150224_04_02.jpg
    kc_20150224_04_03.jpg

    2015年
    02月25日

    ICD一期生:1年間を振りかえって②

    kc_hed3.gif

    前回に引き続き国際キャリア学科(ICD)一期生へのインタビューをご紹介します。

    1:1年次で最も印象に残ったこと
    2:1年次で一番、力を入れて取り組んだこと
    3:2年次でぜひ取り組みたいこと

    K.Sさん(春日高等学校出身)

    1 留学生のLさんと友達になり、夏休みにLさんの実家のあるアモイに行って、中国の文化を肌で感じた経験が一番、印象に残っています。
    2 英語でのコミュニケーション力です。しっかりと話して、発音を身につけ、相手に理解してもらえる英語を話すことに努力しました。
    3 TOEICや資格に挑戦し、しっかりと形にしていきたいです。留学で英語力を何倍にも高め、ステップアップしていきたいと思います。
     

    K.Tさん(聖和女子学院高等学校出身)

    1 フェレッシャーズ・セミナーでの様々な講義です。
    2 ボランティア活動に取り組みました。
    3 英語力の向上と資格の取得、そしてボランティア活動など課外活動に力を入れて取り組みたいと思います。
     

    N.Tさん(福岡舞鶴高等学校出身)

    1 西日本国際フォーラムでのインターンシップです。
    2 英作文が苦手なので克服するように勉強しました。
    3 資格の取得です。
     

    S.Mさん(福岡女子商業高等学校出身)

    1 様々な職業の外部講師の方々のお話を聞く機会や学科の皆や先生方とコミュニケーションがとれるオリエンテーションなどの機会が豊富だったことです。
    2 インターンシップやボランティア活動です。
    3 もっとたくさんの世界を見てみたいと思います。自分が興味のあることに限らず、いろいろな分野に触れてみたいです。
     

    Y.Kさん(中村学園女子高等学校出身)

    1 様々な分野の外部講師の先生のお話です。
    2 Really Englishなどを活用した英語力の強化です。
    (教員コメント:Y.KさんはReally Englishで最高ポイントを獲得しました。)
    3 TOEICのスコアをあげること、資格・検定に挑戦することです。
     

    M.Kさん(筑紫女学園高等学校出身)

    1 フェレッシャーズ・セミナーでの様々な講義です。
    2 英語の学習です。
    3 留学での勉強に力を入れて取り組みたいと思います。
     

    ■国際経済学者ロレッタ・ナポレオーニ先生
    kc_20150224_03_01.jpg

    ■北九州国際技術協力協会工藤先生とK.Tさん
    kc_20150224_03_02.jpg

    ■ハル・トラベル 古賀先生
    kc_20150224_03_03.jpg

    ■北九州エアターミナル今村先生とICD一期生
    kc_20150224_03_04.jpg

    ■西日本国際フォーラムでのインターンシップ
    kc_20150224_03_05.jpg
    kc_20150224_03_06.jpg
    kc_20150224_03_07.jpg
    kc_20150224_03_08.jpg

    2015年
    02月24日

    ICD一期生:1年間を振りかえって①

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科(ICD)は昨年4月に開設され、現在、留学生を含む一期生80名が学んでいます。そのうち25名は2年前期から海外に留学する予定です。そこで、新たなステージに進む一期生に「1年間を振りかえって最も印象に残ったこと」などについてインタビューしました。


    1:1年次で最も印象に残ったこと
    2:1年次で一番、力を入れて取り組んだこと
    3:2年次でぜひ取り組みたいこと

    O.Yさん(香住丘高等学校出身)

    1 個性豊かな先生方の授業です。中学、高校でも様々な先生がいらっしゃいましたが、やはり大学の先生方は一味違うとこの1年間を通して強く感じました。それぞれの専門の研究や長年の経験によって生まれた一人一人の個性が素晴らしい授業を作り出しているのだと思います。そのような授業が大変、楽しかったです。
    2 高校の時とは全く変わった環境に慣れること、自分であらゆることを判断する力を身につけることです。初めは大学に慣れることに必死でした。皆さんオシャレで、知らない人ばかりで不安でしたが、そんな中で出会っていく人たちとの関わりがとても印象深かったです。勉強とアルバイトと両立することも大変でしたが、達成感があり、留学という大きな目標もあるので更に頑張れました。すべてではありませんがいろいろなことを自分で判断できるようになり、行動範囲も大幅に広がりました。
    3 無遅刻無欠席を前提とし、期限までに課題を提出すること。そして、語学ももちろんですが、コミュニケーション力や大人のマナーなどを身につけ、自分の能力をあげていきたいと思います。
     

    C.Oさん(筑前高等学校出身)

    1 海ノ中道での研修です。友達もまだつくっていない状況で不安もたくさんありましたが、ホテルでの経験、特にホテル・スタッフの方から食事のマナーなどを学んだりしたことはとても印象に残りました。
    2 遅刻欠席をしないこと、授業には必ず出席することを目標にしました。一回、授業を休むとその分、差が開いてしまうので、欠席しないよう頑張りました。
    (教員コメント:C.Oさんは無遅刻無欠席で頑張っていました。)
    3 授業に欠席しないことはもちろんですが、南川先生がなさっているカンボジアでの教育支援にもとても関心があるので、参加してみたいと思っています。興味を持ったことなどいろいろな経験をしてみたいです。そして、留学に行く人たちに負けないように英語のスキルアップに取り組みたいと思います。
     

    S.Kさん(久留米高等学校出身)

    1 海ノ中道での研修です。いろいろな外部講師の先生のお話を聞け、ホテルの仕事や雰囲気を体験でき、またこのような経験をしたいと思いました。
    2 留学生との交流会で頑張ってコミュニケーションをとったことです。交流の機会がさらに増えればと思います。
    3 ボランティア活動などを通して海外の人との交流の機会をもっと増やしたいです。資格も取っていきたいと思います。
     

    N.Kさん(熊本信愛女学院高等学校出身)

    1 海ノ中道での研修です。
    2 授業中、英語でできるだけ長く話すように取り組みました。
    3 留学での勉強に力を入れて取り組みたいと思います。
     

    K.Mさん(久留米商業高等学校出身)

    1 「異文化へのアプローチ」の授業でオーストラリアへ行ったことと、夏休みを利用して自分たちの力だけで中国に行ったことです。
    2 普段の授業に力を入れて取り組みました。
    3 英検などの資格の取得です。
     

    ■海の中道での研修ー外部講師(アシアナ航空横山先生)の講義
    kc_20150224_02_01.jpg
    kc_20150224_02_02.jpg

    ■海の中道での研修ーザ・ルイガンス・ホテルでのホテル業務研修
    kc_20150224_02_03.jpg
    kc_20150224_02_04.jpg

    2015年
    02月16日

    英語学科4年生が「ペアで紹介する日本文化プレゼンコンテスト」で2位を受賞

    kc_hed3.gif

    kc_20150216_01.jpg人文学部英語学科4年生のASさんとAIさんが、京都外国語大学で行われた「ペアで紹介する日本文化プレゼンコンテスト」で2位(英文毎日杯)を受賞しました。

    プレゼンのタイトルは “Oshibori, Filled with Love and Japanese Mind”(布に染み込んだ和のこころ)です。

    下記のサイトで二人のプレゼンの様子の一部を観ることができます。

    関連サイト

    http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=I8HQTQIF


    kc_20150216_02.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@