• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2019年
    05月17日

    2018年度後期国際キャリア学科インターンシップ⑥:H.I.S.九州営業本部でのインターンシップⅡ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ565名にのぼります。

    2018年度後期は、学生の関心が特に強い航空、旅行、ホテル、貿易の各業界でのインターンシップを実施しました。このうち、株式会社エイチ・アイ・エス様でのインターンシップにはC.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)、Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)、K.Iさん(福岡県立久留米高等学校出身)、Y.Nさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)、K.Yさん(明治学園高等学校出身)ら10名が参加しました。10人は学生向けのスタディ・ツアーの企画という課題をいただき、また旅行業務の現場で様々な経験を積み、多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきました同社の皆様、本当にありがとうございました。

    なお、国際キャリア学科からは昨年、卒業した一期生のS.Mさん(福岡女子商業高等学校出身)がエイチ・アイ・エス様に就職し、東京の虎ノ門支店でメディア産業向けの法人営業に従事しているほか、この春、卒業した二期生のA.Kさん(福岡女学院高等学校出身)H.Gさん(福岡女子高等学校出身)も入社しています。

    IMG_3171.jpgIMG_4272.jpg

    以下では、参加した10名を代表してY.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)とK.Yさん(明治学園高等学校出身)の報告をご紹介します。

    Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)

    株式会社エイチ・アイ・エス様でのインターンシップは、旅行業務に関する様々な内容が凝縮された研修でした。

    初日はエイチ・アイ・エス様の主な業務内容の説明をいただき、同社独自のワークを体験しました。同社は設立39年目の会社で、従業員数は1万7000人、70カ国157都市に500以上の店舗を展開している大企業です。代表である澤田様が「もっと多くの人に世界に飛び出してほしい、色々なものをみて、たくさんの人と出会ってほしい」という思いで起業されたそうです。ワークでは、グループに分かれて「最適解」について考えました。ここでの「最適解」とはお客様のニーズに沿った解答を出すことです。いただいた課題は、13万円以内でビジネス出張を希望されているお客様の航空券を手配するというもので、選択肢が4つあるなかで最もお客様のご希望にあう「最適解」を導き出すというものでした。このワークでは、普段、考えないような視点から物事をみる大切さを学ぶことができました。

    続いて、学生向けのスタディ・ツアーの企画に取り組みました。私たちが選んだ国はタイで、企画条件に沿った提案を考えていきました。学生が対象で、エイチ・アイ・エス現地支店での研修を組み込むこと、文化研修を取り入れること、学生ならではのアイディアを取り入れることという条件で、予算はひとり10万円程度で検討しました。最終日に行った企画のプレゼンテーションは社員の方々の前で行いました。グループで考えるうえで、意見が異なることもあり、大変ではありましたが、最終的には一つのことを協力して、成し遂げた達成感は大きかったです。他のグループの発表からも刺激をいただき、このような考え方があるのか、このような提案があるのかなど、新しい発見もありました。最後には社員の方からのコメントやアドバイスも頂戴し、自分たちの欠点も見直すこともできました。

    短い期間でしたが、旅行会社ならではのチームワークや発想力などを学ぶことができ、また就職活動に向けてどのような人間になりたいのか、どのようなことをしたいのか見直すことができました。このインターンシップで学んだこと、気づいたことを就職活動に活かしていきたいと思います。

    IMG_7438.JPG
    スタディーツアーの企画を検討する右からC.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)、Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)、K.Iさん(福岡県立久留米高等学校出身)

    K.Yさん(明治学園高等学校出身)

    私は、今回、エイチ・アイ・エス様でのインターンシップに参加させていただきました。

    課題としていただいた学生向けのスタディ・ツアー企画では、ツアー内容、価格設定など、すべて自分たちで考えました。事前に一緒にツアーを企画するパートナーと旅行先には何があるのかなどを調べていたのでスムーズに進めることができました。予算内でお客様に満足していただけるツアーを考えることは大変でしたが、社員の方々から色々なアドバイスをいただき、最終的によい企画を作り上げることができました。最終日のプレゼンテーションは緊張しましたが、大きな達成感がありました。

    会社説明会では人事部の方からお話を伺いました。エイチ・アイ・エス様の成り立ち、さらにCEOの方がどのような気持ちで創業されたのかなどを伺い、とても楽しそうな会社だと感じました。お話を聞いてさらに旅行業に対する関心を深めました。入社2年目の社員の方とお話をする機会もいただき、就職活動に対する考え方などを聞かせていただき、とても良い時間でした。

    今回のインターンシップは旅行業界に興味があり、参加しました。どのようにお客様に旅行を提供されているのか、さらにどのようにツアーを企画されているのかなどを社員の方々に聞くことができました。最初は店舗店頭での営業のお仕事しかイメージにありませんでしたが、他にも色々な仕事があると知り、ますます旅行業界に対する関心を深めました。本当に多くのことを学び、改めて就職活動についてを考えさせられた時間でした。インターンシップで学ばせていただいたことをこれからの就職活動に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

    IMG_4267.jpg
    スタディーツアーの企画を検討する右からS.Sさん(筑紫中央高等学校出身)、K.Yさん(明治学園高等学校出身)、N.Bさん(糸島高等学校出身)
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    05月07日

    2018年度後期国際キャリア学科インターンシップ⑤:技術商社ドーワテクノスでのインターンシップ(北九州)

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ565名にのぼります。

    2018年度後期は、学生の関心が特に強い航空、旅行、ホテル、貿易の各業界でのインターンシップを実施しました。このうち、北九州市に本社を置く技術商社ドーワテクノスでのインターンシップにはM.Tさん(福岡県立京都高等学校出身)、M.Uさん(福岡県立古賀竟成館高等学校出身)、N.Yさん(福岡県立光陵高等学校出身)の3名が参加し、貿易業務の現場で経験を積み、多くのことを学ばせていただきました。

    お忙しいなか、ご指導いただきました同社の皆様、本当にありがとうございました。

    maxresdefault[1].jpg
    3人が研修を受けたドーワテクノス本社(写真提供:ドーワテクノス)
    DSC02550.JPG
    ドーワテクノスの取扱商品が製造される安川電機のロボット工場で
    DSC02659.JPG
    製品が積み出される北九州港太刀浦コンテナターミナルで

    以下では貿易業務の現場で貴重な経験を積んだ3人の報告をご紹介します。

    M.Tさん(福岡県立京都高等学校出身)

    インターンシップ初日と最終日では商社とその業務に対する印象が180度変わるくらいの貴重な体験をさせていただきました。

    初日は商社の業務に関する座学に続いて、ドーワテクノス様の事業内容について詳しくご説明いただき、そのうえで同社に内定されている先輩方が顧客役、我々が商社役になって商品を売るというグループワークを行ないました。お客様が何を求められているのか、全ての条件を箇条書きして、それに最も近い商品を提案すること、お客様が購入したいと心から思われるようなご説明をすることが大切であると学びました。グループで協力してプレゼンテーションを行ない、自分たちのチームが選ばれた時、商社の仕事の魅力が肌で感じられました。

    二日目からは、営業の方の取引先訪問に同行させていただきました。同行した方の今回の業務は主に納品でした。注文された商品をただお渡しするのではなく、その際、様々なことをお客様と話されており、人と人との結びつきの大切さを学びました。お客様が笑顔でお礼の言葉を述べられた時、とても心が温かくなりました。続いて、ドーワテクノスの主な取引先で製品の供給元である安川電機様のロボット工場、臼田産業様での製品の梱包の現場、門菱港運様の保税倉庫を見学し、最後に門司税関と北九州港でコンテナを見学しました。ひとつの商品を海外に輸出するという一連の業務にたくさんの企業と人が関わり、協力していること知り、とても感動しました。

    最終日は実際に貿易の一連の流れをロールプレイした後、人事の方に面接指導をしていただきました。自分の長所や特技、学生時代に頑張ってきたこと、10年後の自分は何をしているかなど、面接ではどのようなことが聞かれるか、どのように答えたらいいのか、そのときの姿勢や態度はどうあるべきなのかなど、細かいところまでご指導いただき、とても身になる体験ができました。

    就職活動が本格化していく前の3年後期にこのような貴重な体験ができたことはとても良い刺激になりました。後悔のない就職活動ができるよう、今回の研修で学んだことを忘れずに、高い意識を持ち、頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

    DSC02419.JPG
    課題解決型営業のロールプレイングでのM.Tさん
    DSC02607.JPG
    コンテナターミナルで輸出貨物の積み出しを見学

    M.Uさん(福岡県立古賀竟成館高等学校出身)

    私は今回のインターンシップで専門商社の具体的な仕事内容を知るとともに、仕事を楽しめる人とはどういう人なのかを知ることを目標としました。

    研修初日の朝は商社の仕組みやメーカーとの違いに関する座学に続き、ドーワテクノスの小野社長に同社の概要とビジョンについてご説明いただきました。続いて、同日午後からは課題解決型営業のロールプレイングをしました。「お客様が求める車を提案する」という課題を他学からのインターン生を含む5人ずつAとBの2つのチームに分かれて話し合い、発表しました。最初、私たちのチームは「提示されたパンフレットの中から一番、お客様の要望にあった車を提案する」と思い込んでいましたが、パンフレットはあくまで参考程度に使うものであって、自分たちで最適な車を提案していいことを先輩方から指摘いただきました。それからはいろいろな車種から様々な機能を組み合わせた車のカタログを作りました。残念ながら私たちのチームは負けてしまいましたが、お客様が求められていることを聞き出す力や役割分担をして効率よく作業を進めていく方法、魅力的なカタログの構成、プレゼンテーションなどを学ぶことができました。

    営業同行も体験しました。北九州営業部の方の営業に同行させていただき、井上産商様、日本コークス工業様、日鉄住金物流様を訪問し、部品や機械の納品に立ち会いました。続いて、安川電機様のロボット工場、臼田産業様の輸出商品の梱包作業の現場、門菱港運様の保税倉庫、門司税関、太刀浦コンテナターミナルと、ドーワテクノス様の商品が製造され、輸出されるまでの一連の流れを現場で学ばせていただきました。また、北九州貿易協会では北九州地域の貿易動向について詳しくご説明いただきました。
     
    最終日には営業同行を振り返った後、貿易実務のロールプレイを体験しました。貿易の際に必要な書類を使って、商社、顧客、メーカー、乙仲(海運貨物取扱企業)、海運会社、税関と役割分担をして、私は商社役になりました。中国の顧客にマスクを売るという設定で、顧客、メーカー、乙仲と交渉し、貿易の際に必要な書類やそれをどのタイミングで使うのかを知ることができました。その後は面接対策講座もしていただきました。インターン生で面接をする人、受ける人、評価する人に分かれ、実際に面接をしました。面接練習はとても苦痛でしたが、これからの就職活動にとても活かせる貴重な体験ができて、とても有意義でした。

    内定者や社員の方々との座談会もありました。内定者の方は全員、この会社に決めた理由を「社風が自分に合っているから」とおっしゃっていました。確かに皆さん、とても明るくて面白い方々だったので、今回のインターンシップで垣間見れたドーワテクノス様の社風にあっていると納得しました。

    専門商社の仕事について深く知ることができ、仕事を楽しんでいる人を間近で見ることができ、このインターンシップは私にとって学びの深いものとなりました。興味を持っていた物流業界のお話もたくさん聞くことができ、ますます魅力を感じました。また、様々な企業と関わることのできる営業職の仕事に魅力を感じました。とても貴重な経験ができました。本当に参加できてよかったと思います。ありがとうございました。

    DSC02372.JPG
    ドーワテクノスの小野社長に質問するM.Uさん
    DSC02576.JPG
    北九州貿易協会で北九州地域の貿易動向について学ぶM.Uさん

    N.Yさん(福岡県立光陵高等学校出身)

    ドーワテクノス様でのインターンシップを通して商社と物流の仕事にも関心を深めるとともに、北九州のものづくり都市としての魅力も垣間見ることができました。
     
    初日午前中は、商社の業務とドーワテクノス様の事業概要について学びました。小野社長からは経営方針に関する詳しいお話もいただき、そのなかで同社では全社的な目的・目標に逸脱していなければ部門、拠点毎に経営方式を自由に決められるという「連邦経営」方式をとっておられること、タイとロシアでの現地法人の開設に代表されるように経営理念にある「永遠の発展を図る」ために常に成長しようとされていることが強く印象に残りました。
     
    二日目からは、営業同行をさせていただきました。私が同行した方は営業成績トップの方でした。その方は商品を自ら組み立てるなど、「できるところは自分でやる」ということをモットーとされており、工場の休憩時間中には取引先の方々と一緒に休憩室で世間話をされていました。このようなところでも取引先の方との関係を築き、それが人脈となり、思いがけず顧客の増加となるのだと知り、いかにコミュニケーション能力が大事かが分かりました。続いて、商品の生産から海外へ輸出されるまでの流れを、その現場を見学して体感することができました。
     
    最終日には貿易実務のロールプレイングを行い、これまで学んだ貿易の流れをより明確に理解することができました。新たな発見が多くあり、とても実りのあるインターンシップでした。本当にありがとうございました。

    DSC02370.JPG
    小野社長とN.Yさん
    DSC02637.JPG
    門菱港運の保税倉庫で研修中のN.Yさん

    IMG_2110.JPG
    小野社長はじめご指導いただいたドーワテクノスの皆様、他学からの研修生と
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    04月19日

    2018年度後期国際キャリア学科インターンシップ④:福岡観光コンベンションビューローでのインターンシップ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ565名にのぼります。

    このうち、福岡市の観光等誘致機関である福岡観光コンベンションビューローでのインターンシップには、国際キャリア学科3年のM.Hさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)とA.Hさん(福岡県立玄界高等学校出身)が参加しました。二人は海外からの観光客、ビジネス客が急増している福岡の観光等誘致業務の現場で多くのことを学ばせていただきました。

    お忙しいなか、ご指導いただきました福岡観光コンベンションビューローの皆様、本当にありがとうございました。

    なお、福岡観光コンベンションビューローでのインターンシップを経験した国際キャリア学科生のうち、一期生のA.Nさん(福岡市立福翔高等学校出身)K.Nさん(九州産業大学付属九州高等学校出身)は東武トップツアーズ株式会社に就職、二期生のM.Uさん(中村学園女子高等学校出身)は株式会社JALスカイ九州に就職し、旅行業、航空運輸業の最前線で活躍しています。

    EVO.JPG
     eスポーツの世界大会 EVO JAPAN 2019の会場を視察:ご指導いただいた永峯係長と

    M.Hさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)

    私はこの春、福岡観光コンベショビューロー様でのインターンシップ に参加させていただきました。クルーズ船対応、天神観光案内所での業務、ボランティアの方との街歩きなど、様々な貴重な経験をすることができまし た。

    クルーズ船対応では、主に個人旅行のお客様からお薦めの場所などについて聞かれました。福岡については自分なりに知っているつもりでしたが、博多や天神、大宰府以外のお薦めを聞かれた時にはすぐに思いつかず、慌てました。 ご指導いただいたボラティアガイドの方からは「お客様がどこで何をされたいのかまず把握することが大事で、同時にご案内するためは福岡のことをよく知ってなければいけない」とご指導いただきました。続いて、窓口業務を体験させていただいた天神観光案内所では観光案内だけでなく、ホテルの宿泊手配やインバウド客向けのチケット案内 などもされており、業務の幅広さを感じました。 

     eスポーツの世界大会も視察しました。この大会は東京に続き国内では二度目の開催でした。会場で驚いたことは外国人の多さで、様々な国籍の方々が交流しており、このような国際的なイベントは福岡を知っていただくためのとても大切な機会だと実感しました。

    街歩き体験ではボラティアガイドの方にご指導いただきながら、志賀島や博多旧市街を巡りました。福岡には歴史を感じられる場所が多く、改めてとても魅力ある都市だと思いました。

    私は今回のインターンシップに参加して、福岡の魅力を知るとともに、多くの方々に福岡にお越しいただくための施策や活動について学ぶことができました。福岡観光コンベショ ンビューローの皆様は、お仕事について教えてくださっただけでなく、進路の相談にも乗ってくださいました。 私にとって今回のインターシップは今後の方向性を決める大きな経験になりました。ご指導いただき、本当にありがとうございました。

    クルーズ客対応.JPG
    クルーズ船で来訪された外国人観光客の方々への案内業を体験

    A.Hさん(福岡県立玄界高等学校出身)

    この春、公益財団法人福岡観光コンベンションビューロー様の三つの部署でのインターンシップを経験させていただきました。初めてのインターンシップでとても緊張していましたが、職員の方々がいつも優しく声をかけてくださり、落ち着いて業務を行うことができました。

    体験させていただいたのは、志賀島などでの街歩き、博多埠頭のクルーズセンターでの外国人観光客への案内業務、そして天神の観光案内所での業務でした。クルーズセンターでの業務は上海からお越しのお客様に対する観光案内で、英語を使ったお仕事を体験できて非常に嬉しかったです。EVO JAPAN2019というeスポーツの世界大会の視察にも同行させていただきました。とても大きな大会で福岡市がMICEに力を入れてきた成果を目に見えて理解することができました。

    事務所内では、新聞のクリッピングも担当しました。この業務は職員の方々が毎日、行われているとのことで、福岡市の情報を職員の方々で共有されていて素晴らしいと思いました。インターンシップは終わりましたが、自分自身でも今回、覚えた新聞のクリッピングを続けていこうと思います。また、毎日、たくさんの福岡市関連のパンフレットをいただいて、目を通していたのですが、福岡出身で21年間、過ごしてきたに関わらず、まだ知らない場所や歴史的建造物がたくさんあり、日々、発見の毎日でした。お昼休みには様々な部署の方々からお話を伺える機会があり、これからの就職活動などの相談にも乗っていただき、とても新鮮で有意義な時間を過ごさせていただきました。「いろいろな情報が手に入る時代ですが、その情報が正しいものなのかどうかを自分で判断し、正しい知識を身に着けてください」というアドバイスをいただいたので、今後、それを実行していこうと思います。

    今回の経験を通じ私はMICEに非常に興味を持ち、何らかの形でMICEと関わる仕事に就きたいと思いました。非常に貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました。

    天神観光案内所体験.JPG
    天神の観光案内所で案内業務を体験
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    04月15日

    2018度後期国際キャリア学科インターンシップ③:ホテル日航福岡でのインターンシップⅠ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ565名にのぼります。

    今年度後期は、学生の関心が特に強い航空、旅行、ホテル、貿易の各業界でのインターンシップを実施しました。このうち、ホテル日航福岡でのインターンシップにはK.Aさん(福岡県立嘉穂高等学校出身)、M.Iさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)、S.Bさん(弘堂国際学園出身、ネパール出身)、F.Mさん(福岡県立香住丘高等学校出身)の4名が参加し、客室、ベル、宴会サービスの各部署に配属されて、研修を受けました。4人は九州の玄関口、福岡を代表するシティホテルで貴重な経験を積み、多くのことを学ばせていただきました。ベルとレセプションの業務を経験したF.Mさんは国際キャリア学科一期生でホテル日航に就職したY.Kさん(福岡県立小倉西高等学校出身)からも指導を受けました。

    お忙しいなか、ご指導いただきました同社の皆様、本当にありがとうございました。

    IMG_4886.JPG
    4人が研修を受けたホテル日航福岡

    今回はベル部門で研修を受けたF.Mさん(福岡県立香住丘高等学校出身)と客室部門で研修を受けたS.Bさん(弘堂国際学園出身、ネパール出身)の報告をご紹介します。

    F.Mさん(福岡県立香住丘高等学校出身)

    私は今回、ホテル日航福岡様でインターンシップを経験させていただきました。

    日航①.jpg2.jpg私の配属先はフロント・サービスのベルでした。ベルのお仕事は思っていたよりも多岐にわたっていました。午前中は主にエレベーターの前に立ってチェックアウトされるお客様をフロントへご案内し、荷物のお預かりをします。荷物のお預かりは何時頃に戻られるのか、何点預けられるのかなどを書き留めるとともに、受け渡しをするスタッフに分かりやすいように受取後のお客様のご予定まで細かいメモを残します。「常に後のスタッフのことを考えて行動する」と何人もの先輩方がおっしゃっていたのが心に残りました。午後になるとチェックインのお客様が増え始めます。チェックインを済まされると、お部屋までご案内します。お部屋や設備を説明して、それが終わると話題を作ってお客様との無言の時間がないようにしました。最初は先輩方のご案内について行き、その説明を聞いて内容を覚えました。終盤には一人でご案内をさせていただきました。

    ホテルには宿泊のお客様だけでなく、宴会やランチにいらっしゃるお客様も多く、宴会の予定やホテルの設備の隅々まで知っておかないと答えられないことが多く、それぞれの質問に素早く対応されている先輩方は素晴らしいと思いました。チェックイン、チェックアウトの時間以外にも常にベル・スタッフは動き回られていて、体力のいるお仕事だということがわかりました。

    今回、ベルのお仕事を体験させていただき、多くのお客様と接することができて、とてもよい経験になりました。この経験を通してやはりサービス業は素敵だと思うとともに、サービス業、なかでもホテルで働きたいという思いを新たにしました。この経験を就職活動に活かしていきたいと思います。ホテル日航福岡の皆様、ご指導いただき、本当にありがとうございました。

    S.Bさん(弘堂国際学園出身、ネパール出身)

    ホテル日航福岡様の様々な部署のなかで私は客室係の業務を経験させていただきました。

    研修期間は毎日、1時間の休憩を入れて計9時間の勤務でした。朝は全部署の朝礼の後、各部署毎に朝礼をしてから勤務が始まりました。客室係の方々はいつも忙しそうで、お互いの動きが分かるように事務所のホワイトボードには連絡事項がたくさん書いてありました。ホワイトボードには部屋番号毎にお客様のチェックイン、チェックアウトの日付、ベビーベッドなど特別の手配がいる部屋などの情報も記入してありました。私は毎日、一人の社員の方について業務を体験し、丁寧にご指導いただきました。時間が空いている時や部屋の準備に行った時には、ホテル業務に関する詳しいお話をうかがいました。

    一週間のホテル日航福岡様での研修を通して多くのことを学びました。客室係の仕事はお客様が快適に滞在いただくための重要なお仕事で、この仕事がわからないと他の部署の仕事もわからないということが理解できました。また、お客様は春節シーズンということもあって半数が外国人、特にアジア系の方で、語学力を活かせるお仕事だと思いました。研修を通じて、直接、お客様に対応させていただくことで、英語と日本語の丁寧な言葉遣いについても学ぶことができました。

    ホテル日航福岡様では異なる部署の方々も常にお互いに声を掛け合い、挨拶されていたこと、たとえ小さなことでも報告と連絡を欠かさず、常に動き回られていたことが強く印象に残りました。「痛みがないと人間は成長しない」「社会人になったら、ただ仕事をするだけではなく、なぜその仕事をしているのかと考えると仕事を楽しめる」など、貴重なアドバイスも多くいただきました。今回のホテル日航福岡様でのインターンシップを通して自分自身を高めることができたのではないかと思います。とても貴重な経験をさせていただき、感謝いたします。本当にありがとうございました。

    IMG_7432.jpg
     客室係の制服姿のS.BさんとM.Iさん
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    04月11日

    2018年度後期国際キャリア学科インターンシップ②:H.I.S.九州営業本部でのインターンシップⅠ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ565名にのぼります。

    2018年度後期は、学生の関心が特に強い航空、旅行、ホテル、貿易の各業界でのインターンシップを実施しました。このうち、株式会社エイチ・アイ・エス様でのインターンシップにはC.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)、Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)、K.Iさん(福岡県立久留米高等学校出身)、Y.Nさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)、K.Yさん(明治学園高等学校出身)ら10名が参加しました。10人は学生向けのスタディ・ツアーの企画という課題をいただき、また旅行業務の現場で様々な経験を積み、多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきました同社の皆様、本当にありがとうございました。

    なお、国際キャリア学科からは昨年、卒業した一期生のS.Mさん(福岡女子商業高等学校出身)がエイチ・アイ・エス様に就職し、東京の虎ノ門支店でメディア産業向けの法人営業に従事しているほか、この春、卒業した二期生のA.Kさん(福岡女学院高等学校出身)H.Gさん(福岡女子高等学校出身)も入社しています。

    IMG_3171.jpgIMG_4272.jpg

    以下では、参加した10名を代表してC.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)とY.Nさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)の報告をご紹介します。

    C.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)

    私はエイチ・アイ・エス様の九州営業本部でのインターンシップに参加させていただきました。短い期間でしたが、とても密で、充実したインターンシップになりました。

    初日は自己紹介から始まり、就職活動における自己分析や採用面接ではどのように自分を知っていただくかなどについてのレクチャーをいただいた後、社員の方々がエイチ・アイ・エス様での働き方についてそれぞれのご経験をもとに話してくださいました。エイチ・アイ・エス様は「挑戦させてくれる」、そして「挑戦できる」会社ということが伝わってきました。午後からはエイチ・アイ・エス様が大切にされている「最適解」についてワークをしながら学びました。「最適解」を得るにはお客様とのコミュニケーションが不可欠だということを身に染みて感じました。

    続いて、いただいていた課題である学生向けスタディー・ツアーの企画を行いました。社内の雰囲気を感じるためにオフィスの真ん中に席をいただき、作業を行いました。作業中に印象に残ったのは、社員の方々が役職や年齢に関係なく、相互に様々な提案をされているということでした。「こうしたほうがいいのでは」といった若い社員の方の意見が頻繁に聞こえてきました。エイチ・アイ・エス様は挑戦させてくれる会社であるとともに、雰囲気がとても穏やかな職場であると感じました。作業中、社員の方々はいつも気にかけてくださり、チームで悩んでる時には「顔が怖いよ、楽しい旅行をするには楽しく笑顔で作らなきゃ!」と言葉をかけていただきました。とても素敵な会社だと率直に思いました。

    最終日には入社一年目でカウンター業務などを経験した後、法人向けの営業を担当されている山隈様に就職活動や営業、エイチ・アイ・エス様での業務について詳しいお話をいただきました。山隈様のお仕事に対する熱量をとても感じ、身が引き締まる思いでした。旅行業を目指している私にとって貴重なお話が伺えました。その後のスタディーツアーのプレゼンテーションでは、社員の方が見てくださるなか、とても緊張しました。終了後には、お褒めの言葉と改善点などの講評をいただきました。お客様のご要望を踏まえながら、一から旅行企画を作り上げる難しさとを学ぶとともに、その楽しさも味わうことができました。

    短い期間でしたが、エイチ・アイ・エス様の職場の雰囲気の良さや社員の方々の旅行に対する思いなども肌で感じることができたインターンシップでした。最終日、会社を出る前にご挨拶をした際、オフィスにいらっしゃる方々全員からお返事が返ってきたときはとても嬉しく、穏やかな雰囲気が最後まで伝わってきました。たくさんの方々とお話しし、エイチ・アイ・エス様の様々な魅力を学ぶことができたインターンシップでした。お忙しいなか、ご指導いただき、本当にありがとうございました。

    IMG_7438.JPG
    スタディ・ツアーの企画を検討する右からC.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)、Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)、K.Iさん(福岡県立久留米高等学校出身)

    Y.Nさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)

    私は今回、エイチ・アイ・エス様の九州営業本部でのインターンシップに参加して、旅行業界のお仕事について学ぶとともに、実際に同社で働かれている社員の方々と同じオフィスで学生向けのスタディ・ツアーを企画し、発表するなど、多くの貴重な経験をさせていただきました。

    事前にいただいた学生のためのスタディ・ツアーの企画化の課題では、M.Kさんと一緒にマカオを取り上げました。最初はグーグルアースでマカオの場所を調べることから始めました。調べるうちにマカオがとても魅力的な場所だと知りましたが、その魅力の伝え方や実際の旅行プランの企画を考えるのは難しく、悪戦苦闘しました。しかし、社員の方々の温かいお声掛けやアドバイスのおかげで完成させることができ、最終日には無事、発表できました。発表後には社員の方々から良い点と悪い点を明確に指摘いただき、とても良い経験になりました。

    私は就職活動をするうえでどこの業界のどの職種を目指すのか明確ではない段階で今回、インターンシップに参加させていただきましたが、本当に参加できて良かったと思います。就職活動では、ぜひ旅行業界、特にエイチ・アイ・エス様を第一志望に取り組んでいきたいと強く思いました。

    IMG_7436.JPG
    ご指導いただいていた古川様とY.Nさん(武蔵台高等学校出身)、M.Kさん(中村学園女子高等学校出身)

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@