• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2020年
    02月03日

    2019年度前期国際ビジネス・インターンシップ⑬:H.I.S.九州営業本部でのインターンシップ

    kc_head04.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内外の経済界と連携して、国際ビジネスの現場で学ぶインターンシップやフィールドワークを実施しています。

    インターンシップは九州インターンシップ推進協議会を通じた大学全体でのプログラムのほか、学科独自の科目として国際ビジネス・インターンシップを開講しています。今年度前期の国際ビジネス・インターンシップは、福岡、佐賀、鹿児島、広島、沖縄の5県のほか、カナダ(バンクーバー、トロント)、イタリア(ローマ)、台湾(台北)、韓国(ソウル)、香港、マカオの6カ国・地域で実施し、のべ85名が参加しました。これに大学全体でのプログラムに参加した7名を加えると、92名が前期にインターンシップを経験したことになります。(後期も2年生を中心に31名が観光・旅行、貿易、ホテルなどの分野でインターンシップを経験する予定です。)

    このうち、株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)の九州営業本部でのインターンシップには、国際キャリア学科3年のS.Aさん(福岡県立小倉西高等学校出身)A.Sさん(福岡県立小郡高等学校出身)M.Mさん(熊本市立必由館高等学校出身)ら9名が参加しました。9人は日本を代表する旅行会社の法人営業の現場で多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきました同社の皆様、本当にありがとうございました。

    以下では、9人を代表してA.Oさん(宮崎県立都城西高等学校出身)の報告をご紹介します。

    なお、昨年度、株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)でのインターンシップに参加した現4年生のうちC.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)とH.Uさん(福岡県立春日高等学校出身)の2名は同社に内定、K.Iさん(鹿児島県立大島高等学校出身)は他の大手旅行会社に内定しました。そのほか、旅行業での実務経験を活かしてY.Yさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)とスリランカからの留学生のY.Pさん(弘堂国際学園出身)は大手ホテル・チェーンに内定、S.Hさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)は日本航空の客室乗務員に、M.Hさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)はJALスカイ九州のグランドスタッフに内定しました。

    H.I.S.九州営業本部​でのインターンシップを経験して
    :A.O(宮崎県立都城西高等学校出身)

    IMG_8880.JPG私はH.I.S.九州営業本部様でのインターンシップを終えて特に次の四つのことに強い印象を受けました。一つ目は毎日、仕事の最初と最後に「チェックイン」「チェックアウト」を行ったことです。「チェックイン」と「チェックアウト」は特に決まりごとは作らず、ただ自然に湧き上がる思いをスタッフの間で伝えあうという時間で、私は初日、何を言ってよいかわからず、多くの人の前で話すことに緊張しましたが、次第にリラックスして自分の気持ちを伝えることができるようになりました。このような機会を設けるなど、仕事をする社員のことをよく考えているH.I.S様のような会社で働きたいと思いました。

    二つはH.I.S.様のお客様へ向き合われる姿勢です。ご指導いただいた社員の方からカウンターでの応接ではまずお客様を知ることが第一であるとうかがいました。そうすることでよりお客様にあうプランを提案することができます。社員の方々は「ゴールは成約ではなく、お客様が満足される未来である」「旅を通じてお客様の人生の一部に関われたことが本当に嬉しい」と話され、「お客様のご期待以上の満足を」をモットーにされていると聞いて、感動し、私もそのような素敵なお仕事ができる社会人、女性になりたいと感じました。

    三つ目は、OGの先輩方との面談です。今年の春から新卒の社員として働かれている国際キャリア学科二期生の先輩とお話ができ、就職活動に関してもたくさんのアドバイスをいただきました。先輩は、企業研究や採用面接を通してこの会社が自分に合うのではと思って入社を決められたと話されていました。入社して苦労したことは言葉遣いだと話されていて、私も今のうちから目上の方とお話しする際には特に意識して言葉遣いに注意していこうと思いました。

    IMG_329.jpeg四つ目は、自分たちで実際に学生向けの旅行企画を作成して、それを社員の方々の前で発表した経験です。私は台湾旅行の企画を立てました。現地の学生との交流を通して台湾の伝統文化や食文化を味わえるようなプランを考えました。パワーポイントを作成する時間があまりなく、もっと時間をかけたかったという思いもありましたが、とても楽しく発表することができました。社員の方々からとてもよかったという意見をいただけたので、嬉しく思いました。パワーポイントの作り方や発表の仕方など、今までの大学の授業で練習していた成果が感じられ、貴重な経験をすることができました。

    今回のインターンシップではこれから社会で働いていくうえで大切なことをたくさん学ばせていただきました。これらの学んだことを就職活動や、就職した後にも役立てていきたいと思います。

    IMG_3303.jpeg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2020年
    01月15日

    2019年度前期国際ビジネス・インターンシップ⑫:H.I.S.バンクーバー支店(カナダ)でのインターンシップⅠ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内外の経済界と連携して、国際ビジネスの現場で学ぶインターンシップやフィールドワークを実施しています。

    インターンシップは九州インターンシップ推進協議会を通じた大学全体でのプログラムのほか、学科独自の科目として国際ビジネス・インターンシップを開講しています。今年度前期の国際ビジネス・インターンシップは、福岡、佐賀、鹿児島、広島、沖縄の5県のほか、カナダ(バンクーバー、トロント)、イタリア(ローマ)、台湾(台北)、韓国(ソウル)、香港、マカオの6カ国・地域で実施し、のべ85名が参加しました。これに大学全体でのプログラムに参加した7名を加えると、92名が前期にインターンシップを経験したことになります。(後期も2年生を中心に31名が観光・旅行、貿易、ホテルなどの分野でインターンシップを経験する予定です。)

    このうち、H.I.S.様のバンクーバー支店、トロント支店でのインターンシップには、国際キャリア学科3年のM.Kさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)やN.Kさん(九州産業大学付属九州高等学校出身)ら5名が参加しました。5人は旅行会社の海外支店の現場で多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきましたH.I.S.カナダの皆様、本当にありがとうございました。

    以下では、5人を代表してM.Kさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)の報告をご紹介します。

    H.I.S.バンクーバー支店​でのインターンシップを経験して
    :M.K(福岡工業大学附属城東高等学校出身)

    私は今夏、エイチ・アイ・エス様のバンクーバー支店でインターンシップを経験させていただきました。

    HISバンクーバー2019IMG_1570.jpeg
    ご指導いただいたバンクーバー支店の皆様とM.Kさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)N.Kさん(九州産業大学付属九州高等学校出身)
     
    バンクーバー支店の業務は大きくインバウンド業務とアウトバウンド業務に分かれており、このうちインバウンド業務は個人旅行、添乗員付きツアー、修学旅行・留学の3つの部署に分かれています。私は主にインバウンド業務のうち、修学旅行・留学の部署での業務を体験させていただきました。具体的には、ホームステイされるお客様向けにホスト宅から学校等までの行き方を示した地図資料の作成、現地の学校の紹介資料の作成、そしてツアーの視察調査などを行いました。

    地図資料の作成では、お客様が慣れない土地で迷わないためにはどの行き方がいいのか考えることに留意し、Google Mapを使って実際にその場所に立っているかのように写真を使って示すように工夫をしました。学校案内ではどういう情報を提供したらお客様にその学校で学びたいと思っていただけるのかを考え、学校の情報だけでなく、学校周辺や立地している街の情報を一緒に紹介することでどういう環境で学べるのかをわかりやすく伝えるようにしました。

    HIS Vancouver 5.JPG

    研修中の1日を使って実際にツアーに参加し、レポートを作成しました。担当していただいたツアーガイドさんはとても穏やかな方で、カナダについて多くのことを教えていただくとともに、ツアーガイドのお仕事についても実地で学ぶことができました。

    研修最終日にはパワーポイントで資料を作成し、プレゼンテーションを行いました。内容は「カナダの人におすすめしたい日本」です。バンクーバー支店のスタッフの方々を前に発表するのはたいへん緊張しました。終了後には講評をいただき、良かった点としては「一つの場所に絞って詳しく紹介したことで、実際にそこに行きたいと思えるようなプレゼンテーションになった」ことを、改善点としては「宿泊施設までの交通手段や外国人のお客様に対応できるのかなどの説明を付け加えると、お客様がより安心して参加したいと思えるようになる」ことを指摘いただきました。外国人のお客様を相手にするからこそ、日本人のお客様とは違う視点での紹介が必要になると思いました。

    今回、初めて海外でのインターンシップを経験させていただきました。英語を使っての仕事も初めての体験でした。私がこのインターンシップで一番、感じたことはエイチ・アイ・エス様は常にお客様のことを第一に考えておられるということです。ご利用いただくお客様のためのわかりやすい資料の作成、団体のお客様の場合はアレルギーを持たれている方などへの配慮、留学中のお客様への各種サポートなど、常にお客様のことを考えてきめ細かい対応をされていました。多くのお客様のご利用がある分、発生する問題も様々です。そうしたなかでもスタッフの方々は互いに緊密に連携をとられ、協力しながら問題を解決していらっしゃいました。多くのことを学べた貴重な体験になりました。今回の経験を自分の糧にして、就職活動に活かしていきたいと思います。

    カナダ.jpg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2020年
    01月10日

    国際キャリア学科4年生と3年生の就活懇談会を開催しました!

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学部では志望していた企業への就職が内定し、夢に向けてのスタートラインに立った4年生(国際キャリア学科三期生)と就職活動に臨む3年生(同四期生)との懇談会を開催しました。

    IMG_9143.JPGIMG_9153.JPG
    熱心に就職活動の経験を伝える4年生と真剣に聴き入る3年生

    卒業研究の仕上げなどで忙しいなか、出席してくれた4年生はエアライン、旅行業、ホテル、製造業、流通業、銀行、保険、アパレル・ファッション、IT、公務員(国家、地方)など内定をいただいた企業、官公庁の業界別に分かれて、真剣な表情で業界・企業研究やエントリーシート作成、面接対応など様々な質問を寄せてくる後輩たちにやさしく、かつ的確なアドバイスを行っていました。就職活動を経て、4年生はさらに大きく成長したようです。

    航空運輸業(エアライン)

    IMG_9141.JPG
    日本航空の客室乗務員に内定したS.Hさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)の話に聴き入る後輩たち

    製造業

    IMG_9138.JPG
    ヤマハ発動機に内定したK.Mさん(福岡県立春日高等学校出身)、ジュエリー企業に内定したN.Sさん(福岡県立新宮高等学校出身)の体験談を聞くA.Yさん(福岡県立東筑高等学校出身)

    流通業

    IMG_9146.JPG
    日比谷花壇に内定したM.Mさん(沖縄県立普天間高等学校出身)、資生堂に内定したA.Oさん(大手前高等学校-香川-出身)、トキハインダストリーに内定したH.Nさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)に熱心に質問する後輩たち

    旅行業

    IMG_9142.JPG
    エイチ・アイ・エスに内定したC.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)JTBに内定したK.Fさん(福岡県立光陵高等学校出身)の話を聞く後輩たち

    保険業

    IMG_9150.JPG
    住友生命に内定したM.Sさん(大分県立大分西高等学校出身)と後輩たち

    国家公務員

    IMG_9145.JPG
    国家公務員試験に合格し、出入国在留管理庁に内定したN.Kさん(福岡県立新宮高等学校出身)と後輩たち


    今回、参加してくれた4年生は昨年、同じように先輩にあたる国際キャリア学科二期生(昨春卒業)からアドバイスをいただき、就職活動に臨みました。果敢に夢に向けて挑戦を続けた国際キャリア学科一期生、二期生、三期生の経験とチャレンジ精神は後輩たちに引き継がれていきます。

    以下は先輩から貴重なアドバイスを聴いた3年生の感想(代表)です。

    N.Tさん(大分県立国東高等学校出身)

    様々な業種について学科の先輩方からお話が聴けて、安心感が得られ、意欲が高まりました。このような貴重な機会を設けていただき、ありがとうございました。

    I.Mさん(宮崎県立延岡高等学校出身)

    様々な業種の企業に内定された先輩方からお話を伺い、いつごろからどのような準備をして就職活動に臨んだのかなど多くのことを聞くことができました。学科の先輩方なので質問もとてもしやすかったです。

    A.Kさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    エアラインと生命保険会社に内定された先輩方から主にお話を伺いました。それぞれの業界を目指すうえで大切なこと、準備しておいた方がいいことなど、参考になるアドバイスを数多くいただけました。

    Y.Tさん(熊本信愛女学院高等学校出身)

    限られた時間でしたが、様々な業種のことについて貴重なお話を聴くことができました。いただいたアドバイスをこれからの就職活動に活かしていきたいと思います。

    K.Yさん(福岡女学院高等学校出身)

    エアラインに内定された先輩方のお話を中心に伺い、各企業の特色、大学生活において大切なことなどをたくさん聴けてとても貴重な時間になりました。公務員に内定された先輩方からもお話を聴きましたが、周りの人が次々と内定をいただくなか、自分の夢と意思をしっかり持って勉強を続けて、公務員試験に合格されていて、素晴らしいと思いました。

    A.Sさん(福岡県立小郡高等学校出身)

    私は旅行業界と流通業界の会社に内定された先輩方のお話を聴きました。この時期にやっておくべきことやモチベーションの保ち方など貴重なアドバイスをいただき、とても参考になりました。

    A.Sさん(福岡県立糸島高等学校出身)

    とても自分のためになりました。先輩方は口々に自分自身と向き合うことの大切さを話されていました。私もしっかりと自己分析をして就職活動に臨みたいと思います。この機会があって、本当によかったです。ありがとうございました。

    Y.Uさん(福岡県立伝習館高等学校出身)

    合同企業説明会などの際に気を付けるべきことや聞いておいた方がいいことなど、多くのアドバイスがいただけました。

    M.Hさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    ​就職活動に向けて準備しておくべきことや心構えなど、貴重なアドバイスを多くいただけました。業種、職種によって異なるかと思っていましたが、就職活動において気を付けるべきことは基本的に共通していると思いました。

    IMG_9158.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2020年
    01月09日

    2019年度前期国際ビジネス・インターンシップ⑪:H.I.S.マカオ支店でのインターンシップⅠ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、経済界と連携して、国際ビジネスの現場で学ぶインターンシップやフィールドワークを実施しています。

    インターンシップは九州インターンシップ推進協議会を通じた大学全体でのプログラムのほか、学科独自の科目として国際ビジネス・インターンシップを開講しています。今年度前期の国際ビジネス・インターンシップは、福岡、佐賀、鹿児島、広島、沖縄の5県のほか、カナダ(バンクーバー、トロント)、イタリア(ローマ)、台湾(台北)、韓国(ソウル)、香港、マカオの6カ国・地域で実施し、のべ85名が参加しました。これに大学全体でのプログラムに参加した7名を加えると、92名が前期にインターンシップを経験したことになります。(後期も2年生を中心に30名が観光・旅行、貿易、ホテルなどの分野でインターンシップを経験する予定です。)

    このうち、H.I.S.マカオ支店様でのインターンシップには、国際キャリア学科3年のS.Yさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)やH.Iさん(福岡県立香椎高等学校出身)、同2年生のK.Yさん(福岡県立春日高等学校出身)やA.Tさん(長崎県立佐世保商業高等学校出身)ら8名が参加しました。8人はアジアを代表する観光都市の旅行業務の現場で多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきましたH.I.S.マカオ支店の皆様、本当にありがとうございました。

    以下では、8人を代表してK.Yさん(福岡県立春日高等学校出身)からの報告をご紹介します。

    H.I.S.マカオ支店​でのインターンシップを経験して
    :K.Y(福岡県立春日高等学校出身)

    マカオHIS.jpg私は昨年9月、H.I.S.マカオ支店でのインターンシップに参加させていただきました。2年生でインターンシップを経験するのは少し早いかなとも思いましたが、もともと海外で働くこと、旅行会社で働くことに関心があり、絶好の機会だと思い、応募しました。このインターンシップでは同社の業務内容について学ぶとともに、市内の観光関連施設を視察したうえでマカオへの学生向けの旅行商品を企画し、最後は社員の方々の前で発表しました。(左:観光関連施設の視察の合間に)

    業務内容に関する研修では学びががたくさんありました。H.I.S.マカオ支店では、日本人のほか、マカオ人や香港人のスタッフの方々が働かれており、支店内での会話は基本的に英語でした。マカオ人や香港人のスタッフの方は母国語である広東語に加え、英語やポルトガル語、北京語のすべてを話せる人がほとんどでした。オフィスの雰囲気はとても明るく、和気あいあいとしていました。このことからも窺えるように、H.I.S.様の強みの一つは先輩・後輩間の風通しが良く、若い人の意見が通りやすかったり、年齢に関係なく挑戦させてもらえたりすることだそうです。実際にH.I.S.マカオ支店では20代の日本人女性の方が働かれていて、若いうちから海外で仕事をする経験が積めるのはとてもいいことだと思いました。

    IMG_2974 (2).jpg
    ご指導いただいたH.I.S.マカオ支店の皆様と!

    H.I.S.マカオ支店では、旅行商品の企画やカウンターでのお客様への対応、交通機関の手配だけでなく、日本からの取材のためのお店やホテルとのアポイントメントの取り付け、お客様への24時間の電話対応、パーティ等企画のためのホテルやレストランとの細かい話し合いやセットアップなど、幅広い業務を行われています。このような業務を成し遂げるには、たくさんあるホテルやレストランなどの設備や雰囲気、サービス、利便性などを正確に把握しておく必要があると聞き、想像していたより遥かに大変な仕事で驚きました。

    旅行商品の企画では自分たちが実際に視察してよかったと思うスポットの訪問が時間の都合やコストとあわなかったりして、少し難航しましたが、完成後、社員の方々の前で発表させていただいた際には褒めていただけたので、大きな達成感がありました。

    H.I.S.マカオ支店でのインターンシップでは、旅行会社の業務内容を知るとともに海外で働くことについて考える非常にいい機会になりました。今回、学ばせていただいたことを再来年の就職活動に活かしていきたいです。

    IMG_5393.jpeg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2019年
    12月19日

    2019年度前期国際ビジネス・インターンシップ⑩:カサーレ・マルケーゼ(ローマ)でのインターンシップ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、経済界と連携して2年生、3年生を対象(一部、1年生も参加可)に国際ビジネスの現場で学ぶインターンシップやフィールドワークを実施しています。

    インターンシップは九州インターンシップ推進協議会を通じた大学全体でのプログラムのほか、学科独自の科目として国際ビジネス・インターンシップを開講しています。今年度前期の国際ビジネス・インターンシップは、福岡、佐賀、鹿児島、広島、沖縄の5県のほか、カナダ(バンクーバー、トロント)、イタリア(ローマ)、台湾(台北)、韓国(ソウル)、香港、マカオの6カ国・地域で実施し、のべ85名が参加しました。これに大学全体でのプログラムに参加した7名を加えると、92名が前期にインターンシップを経験したことになります。

    このうち、イタリアのカサーレ・マルケーゼ様でのインターンシップには、国際キャリア学科3年のR.Iさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)とE.Uさん(筑紫女学園高等学校出身)の二人が参加しました。二人はアレッサンドロ・カルレッティ社長はじめローマの伝統あるワイナリーの皆様から丁寧にご指導いただき、多くのことを学ばせていただきました。カサーレ・マルケーゼの皆様、本当にありがとうございました。La ringrazio di cuore!

    EFC3435A-5735-437F-BA6A-0CB0E9BF5C42.jpeg
    ご指導いただいたカサーレ・マルケーゼの方々とR.Iさん(武蔵台高等学校出身)、E.Uさん(筑紫女学園高等学校出身)

    以下では、老舗ワイナリーの現場で多くの学びを得た二人を代表してR.Iさんの報告をご紹介します。

    カサーレ・マルケーゼ(ローマ)でのインターンシップを経験して
    :R.I(福岡県立武蔵台高等学校出身)

    私はこの夏、イタリアのローマにあるワイナリー、カサーレ・マルケーゼ様でのインターンシップを経験させていただきました。

    初日はカルレッティ社長に300年前から残っている建物をご案内いただき、ワイナリーの歴史について教えていただきました。その後、今年発売の新しいワインをのパンフレットを日本のお客様に紹介するパンフレットを作成する作業を行いました。実際にワインを飲みながら、どんな料理に合うのか、どんな風味がするのか、一緒にインターンシップに参加した同級生のE.Uさんと話し合いながら取り組みました。貴重な体験ができ、初日からとても充実した濃い一日でした。

    翌日からはワインがどう保管されているのか見学し、ワインをビン詰している工程も見学させていただきました。ボトルへのラベル貼りや箱詰めはスタッフの方々が手作業で行っておられました。ワインが商品化されるまでの工程やその際の工夫などを実際に働いているスタッフの方々の間近で学ぶことができ、改めてカサーレ・マルケーゼのワインが長年にわたってお客様に愛されている理由が実感できました。続いて、テイスティングの資料を日本語に翻訳しました。自分たちが知らないイタリア料理やフラスカーティの郷土料理があったので大変でしたが、視野が広がりました。私たちが作った資料が実際に使われるのが楽しみです。

    IMG_4528.jpeg葡萄畑や収穫された葡萄の果実を搾汁する工程も見せていただきました。ワインが一から作られている光景を見ることは初めてだったので、私にとってこのインターンシップでの一番のハイライトでした。この日に搾汁されたのは白ワイン用でおよそ5か月後に商品化されて、お客様のもとに届きます。赤ワインは白ワインよりも少し時間がかかり、搾汁されてから7か月後に商品化されるそうです。(左はワイナリーに隣接する葡萄畑で)

    プロモーション動画の作成も行いました。カサーレ・マルケーゼの歴史、ワインを作る工程、葡萄畑、ワイナリーから遠くに見えるローマ市街、実際にお客様がワインを買いに来られている様子などを撮って、日本語、英語の字幕をつけて編集しました。最終日まで動画作成を行い、ワインが作られている様子を説明する動画、採れたての葡萄を搾汁している動画を編集しました。

    カサーレ・マルケーゼの方々のおかげで、とても充実したインターンシップになりました。皆さん、とても気さくで、優しく、明るい方々で、恵まれた環境で貴重な経験ができました。一生忘れない、イタリアでのインターンシップでした。本当にありがとうございました。

    IMG_9005.jpeg
    遠くにローマ市街を望むワイナリーの葡萄畑で!

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@