• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科(ICD)
    5. 国際キャリア学科(ICD)Today一覧

    学部・大学院

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科(ICD)Today 一覧

    2020年
    01月31日

    海外留学留学先からの報告147:S.Sさん(オーストラリア・モナシュ大学-筑紫女学園高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEIC®の成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。147回目となる今回は、今年度後期、オーストラリアのモナシュ大学に留学したS.Sさん(筑紫女学園高等学校出身)からの報告です。

    S.Sさん(筑紫女学園高等学校出身)​からの留学報告

    私は今年度後期、オーストラリアのメルボルンにあるモナシュ大学に留学しました。
     
    MU②SEO.pngモナシュ大学では月曜日から金曜日まで授業がありました。毎月第4週にはリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能のテストが行われ、その結果で次のタームのクラスのレベルが決まりました。宿題は多く、たいてい一日2時間は課題の学習にあてていました。ディスカッションやプレゼンテーションのスキル、クリティカル・シンキングなど、情報を正しく伝達し、読解するための授業もあり、なかでも様々な国籍の留学生とともにプレゼンテーションのための情報を集めにメルボルン市内を回った授業が印象に残りました。こうした授業を通して自然と中国や中東諸国など国籍の違う学生たちとも仲良くなることができました(右:様々な国籍のクラスメイトたち)。

    MU③SEO.jpg
    一緒にプレゼンテーションに取り組んだグループの友人と!

    MU④SEO.jpg留学中の生活はホームステイでした。ルームメイトは中国からの留学生で、一緒に様々なアクティビティを経験しました。お互いの国のことや共通の趣味についてよく話し、交流を深めることができました。ホストマザーとも一緒に日本料理を作ったりして、とてもいい思い出になりました。留学生を含め様々な国籍の人たちが暮らすメルボルンは、多文化が共生しているとてもいい街でした。

    今後はTOEIC®での高得点を目標に英語の学習を続けるとともに、将来に向けて様々なことにチャレンジしていきたいと考えています。また、オーストラリア生活で学んだ多様な価値観を尊重することを胸に、柔軟で寛大な人になりたいと思います。

    SS.MU.jpg
    仲良くなった中国からの留学生のルームメイトと!
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@