• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科(ICD)
    5. 国際キャリア学科(ICD)Today一覧

    学部・大学院

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科(ICD)Today 一覧

    2019年
    12月23日

    Dream Comes True(就職内定者の声)㊵:M.Yさん(福岡県立伝習館高等学校出身)-株式会社ジェイエア(客室乗務員)

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科の三期生にあたる現4年生からは、目指していた業界や企業への就職が内定したとの嬉しい知らせが相次ぎました。

    三期生は、一期生、二期生の多くが就職したエアライン(客室乗務員、グランドスタッフなど)、旅行、ホテル、金融・保険、製造業、アパレル、百貨店、貿易業等の企業への内定に加え、公務員試験に合格し、官公庁、地方自治体から内定をいただいた学生が出たのが大きな特徴といえます。(国家公務員2名、地方公務員3名)

    このコーナーでは志望していた企業、官公庁より内定をいただいた4年生(代表)の就職活動体験談をシリーズでご紹介しています。今年度の第14回は、第一志望であった株式会社ジェイエア様より客室乗務員の内定をいただいたM.Yさん(福岡県立伝習館高等学校出身)からの喜びの報告です。

    Dream Comes True㊵:M.Yさん(福岡県立伝習館高等学校出身)-株式会社ジェイエア(客室乗務員)

    私は、第一志望であった株式会社ジェイエアから客室乗務員の内定をいただきました。

    IMG_8972.JPG
     
    私が航空業界に興味を持ったのは、大学1年生の春でした。「将来は国際的な仕事をしたいな」とぼんやりとした目標を描いて福岡女学院大学国際キャリア学科に入学しましたが、新入生オリエンテーションや授業で航空業界について学んだことなどから、もともと人と関わること、そして飛行機や旅行、海外が大好きだった私は気がつけば航空業界、なかでも機内で最も身近にお客様をアテンドできる客室乗務員の仕事に夢中になっていました。
     
    それから、学内外の航空業界に関するセミナーに時間が許す限り足を運ぶようになりました。ただ、「1年生から航空業界に絞るよりも視野を広くもって、色々な角度から世界を見たほうが、将来の幅も広がるし、客室乗務員になった時も活かせるよ」という先生方のアドバイスを受け、航空業界を意識しながらも、様々な活動に積極的に参加しました。
     
    2年前期にはPBL(課題解決型学習)に参加し、実際に企業の方と企業が抱える課題を解決するプロジェクトに取り組みました。2年後期には、学部の留学制度を利用し、オーストラリアのモナシュ大学へ留学しました。英語力の向上はもちろん、グローバルな世界で活躍したいと考えていた私にとって、海外で暮らすこと自体が刺激的で、新しい価値観や考え方を養うことができたとてもよい機会だったと思います。
     
    留学を通して、改めて「日本のおもてなし」の素晴らしさを実感し、やはり客室乗務員となり、より多くの人にそれを伝えていきたいと思うようになりました。ただ、同時に海外生活で日本企業の製品やアイディアの素晴らしさにも感動し、日本の技術を世界に伝える仕事もいいなと思うようになりました。そのため、航空業界に絞らず、メーカーや卸売、ホテルなど様々な業界でのインターンシップを経験し、その都度、本当にしたい仕事は何なのか自分自身に問いかけるようにしていました。
     
    3年後期にはクラスJというエアライン研修に参加しました。ここでは航空業界に特化しながらも、チームとしてどう動くべきなのかなど、これから社会に出ていく私達にとって欠かせない社会人基礎力を養うことができました。
     
    3年間の経験を踏まえたうえで、やはり客室乗務員を目指そうと思い、就職活動では航空会社を中心にエントリーをしました。自分自身が今後、どのようなキャリアを築いていきたいのか考え、国内の航空会社全ての企業研究をした結果、できる限りお客様や働く仲間との距離を大切にでき、そのうえで「日本のおもてなし」を体現できる航空会社で働きたいという明確なビジョンが持てるようになりました。就職活動中は想像以上に精神的にも体力的にもきつい時がありましたが、常になりたい自分を想像し、そして応援してくださる方々への感謝の気持ちを力に変えて取り組みました。その結果、株式会社ジェイエアから客室乗務職の内定を頂くことができました。本当に嬉しい気持ちで一杯です。
     
    後輩の皆さん、高校生の皆さん、ぜひ「多くの経験、人との出会い」を大切にしてください。既に就きたい職業が決まっている方も、そうでない方も、とにかくいろいろなことを経験することが一番だと思います。そこで、失敗したり、もしかすると合わないなと感じたりすることがあるかもしれませんが、それもまた自身の一面だと思います。大学生活、就職活動は自分自身と向き合うとても良い時間だと思います。本当にやりたいことは何なのか、どんな大人になって、どんな生活をしたいのか、自分の理想とする人生に自分でストップをかけずに、どんどん挑戦をしていただきたいと思います。

    私自身、大学に入学した頃、自分自身がまさか客室乗務員になれるとは夢にも思っていませんでした。しかし、強く願えば、思いは叶います。必ず、道は開けると信じて、一歩ずつ突き進んでください。周囲にはあなたの想いを尊重し、応援してくれる多くの仲間がいることを忘れずに、頑張ってください。

    ☆The Path to Her Dream☆

    1年生①:「フレッシャーズ・セミナー」の授業で将来の夢とキャリアプランを発表!将来の夢は「客室乗務員」でした!

    018.JPG

    1年生②:「私の好きな国・行ってみたい地域」についての英語プレゼンテーションで上位入賞!

    IMG_1865.JPG

    2年生①:オーストラリアのモナシュ大学に長期留学!

    IMG_1537.JPGIMG_1651.JPG

    2年生②:エアラインを目指す同級生たちと

    IMG_1064.jpeg              jennie.jpg
    N.Kさん(中央、香住丘高等学校出身)はJALスカイ九州のグランドスタッフに、N.Mさん(右、香住丘高等学校出身)はJALスカイ九州のディスパッチャーに内定!一緒に夢を叶えました!

    3年生①:アシアナ航空客室乗務員研修を経験​!

    AIXL3624.JPGIMG_6316.JPGIMG_6297.JPGIMG_1845.JPG

    3年生②:国際ビジネス・フィールドワーク、日本航空での研修!

    IMG_6055.JPGIMG_6050.JPG

    3年生③:「カレント・ビジネス」:大きな影響を受けた日本航空ご出身の今村様による航空産業に関する講義!

    IMG_6747.JPGIMG_7376.JPG

    4年生①:中国研究の陳ゼミで!

    IMG_8979.JPG

    4年生②:陳ゼミの上海研修で!

    IMG_2230.JPGIMG_1690.JPG

    jennie2.png
    福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります!

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@