• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2019年
    10月02日

    チンタラーの南川先生観察日記45:先生の暑い夏2019:カンボジア国際協力研修というお話

    kc_hed3.gif

    head_cat_2015.jpg

    秋涼の候、読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

    小生たちにとって秋は恵みの季節である。熱い夏が終わり、女の子たちがキャンパスに戻ってくる。学園祭や「にゅうし」もあり、高校生の女の子たちも多く訪れてくれる。近年では「福岡女学院大学6号館1階の南川研究室のベランダに居住するチンタラーに会うと運がつく」という評判を聞いてか、より多くの女の子たちが小生を訪ねてきてくれるようになった。なかにはしっかりしていて、煮干しやウェット・タイプのキャット・フードを持参してくる子もいる。誠に喜ばしい限りである。

    DSC_3033.JPG

    さて、ライフワークという言葉がある。外山滋比古お茶の水女子大学名誉教授はその著書『ライフワークの思想』(2009年、ちくま文庫)のなかで、「ライフワークとは、それまでバラバラになっていた断片につながりを与えて、ある有機的統一にもたらしてゆくひとつの奇跡、個人の奇跡を行うことにほかならない」としている。通常は天職、ないしはその人が生涯をかけて達成しようとしている仕事や事業を指す。
     
    あえて申し上げるまでもなく、この小生のライフワークは福岡女学院大学国際キャリア学科の南川啓一教授(以下、「せんせい」と記す)の行動分析である。そして、小生の研究対象である「せんせい」は東南アジア諸国の恵まれない環境にいる子供たちへの教育支援にその生涯をかけている。

    430.JPG201.JPG
    「かんぼじあ」での「せんせい」!とても幸せそうである!

    「せんせい」は今夏もそのライフワークの一環として「がっか」の女の子たちを引率して「かんぼじあ」に渡り、様々な支援活動に携わった。女の子たちは孤児の教育施設などでのボランティア活動を経験するとともに、1970年代後半のポルポト政権下での虐殺など「かんぼじあ」の悲劇の歩みを象徴する史跡を訪問し、真に求められる国際協力と東南アジア地域の現代史、そしてそれを取り巻く国際情勢について深く学んできた。小生が見ても熱帯の太陽で日焼けした女の子たちはしなやかに逞しくなって帰ってきた。
     
    123.JPG DSC_3119__3[1].jpg
    「かんぼじあ」での「せんせい」の行動を報告してくれた研究者仲間(左の白黒)と小生(右)

    来週末は「せんせい」がライフワークと同じくらいの情熱とエネルギーを注ぐイベント、学園祭がある。さっそく「せんせい」は模擬店で出すタイ料理の新メニューの試作に動き出した。どんなメニューになるのか、小生も試食できるのか、とても楽しみだ。次回は素材の味を活かしたタイ料理家としても知られている「せんせい」の料理にかけた思いとその思想的背景を学術的見地から分析して、ご報告したいと思う。

    真に求められる国際協力を現場で、実地で学んだ「せんせい」の愛弟子たち!
    154.JPG342.JPG247.JPG050.JPG111.JPG068.JPG

    footer_cat_2016.jpg

    CHINTARA:Beyond your imagination!
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@