• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2019年
    10月30日

    (授業紹介)Junior Seminar(3年次ゼミ、中東・北アフリカ地域研究、担当:山口)

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科3年生、4年生は、国際政治経済・地域研究、国際協力、異文化コミュニケーション、経営・ビジネスの各専門分野のゼミ・クラスに分かれ、専門科目を重点的に学んでいます。

    このうち中東・北アフリカ地域の政治経済を中心に学ぶ山口ゼミの3年生は前期、まず近年、中東・北アフリカ地域の大きな不安定要因となってきた「イスラーム国」(IS)が生まれてきた要因や背景について、春休みに指定された『イスラーム国の衝撃』(池内恵著、文藝春秋)や『現代中東の国家・権力・政治』(ロジャー・オーウェン著、明石書店)、『「イスラーム国」の脅威とイラク』(吉岡明子/山尾大編、岩波書店)などの文献や資料に基づき、各自で調べてきた結果を4つのグループに分かれて議論し、グループで調査を深め、その結果を発表しました。

    JSIMG_7742.JPGJSIMG_7745.JPGJSIMG_7746.JPG
    発表資料の作成を進めるゼミ生
     
    各グループの発表は各自が調べてきたことを議論を通してさらに深めたうえで、報告しており、発表に続く質疑応答からもこの2年間の成長がうかがえました。
     
    JSIMG_7855.JPGIMG_9160.JPGIMG_9166.JPG

    政治・社会に焦点を当てていた前期に続き、後期は経済に焦点を当て、中東・北アフリカにおける広域的な経済ハブとなってきたレバノン、バーレーン、ドバイの経済政策の成功と挫折の要因について様々な視点から分析を行い、発表します。

    IMG_8945.JPGIMG_8943.JPGIMG_9180.JPG
     
    4年次には、こうした3年次のグループでの研究、報告を踏まえ、各自、テーマを設定して卒業研究を進めます。研究テーマは海外留学や実務研修での経験、卒業後の目指す進路(職業)などを踏まえ、各自が最も深い関心を持った分野を担当教員と協議しながら選定します。国際キャリア学科一期生、二期生が作成した卒業研究レポートはいずれも深く考察したことがうかがえる非常に良い内容となっていました。3年生たちのこれからの成長がとても楽しみです。

    ☾ ندوة ياماغوتشي ☆

    IMG_8986.JPG
    IMG_5768.JPG 
     R1070249.JPG R1070234.JPG
    103.JPG 中東 123.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@