• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    10月30日

    2018年度前期国際キャリア学科インターンシップ⑬:大分市役所都市計画部でのインターンシップ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ541名にのぼります。

    今年度前期の国際ビジネス・インターンシップ(Business Internship:国際キャリア学科3年選択科目)は82名が受講し、7月最終週から9月前半にかけて多くの学生が将来の就職先として志望している旅行・観光、航空、貿易、金融業界を中心にインターンシップを実施しました。

    このうち、大分市役所都市計画部でのインターンシップには、国際キャリア学科3年のA.Oさん(大手前高等学校-香川-出身)が参加しました。A.Oさんは魅力ある都市づくりのための自治体の様々な取り組みを体験し、多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきました大分市役所の皆様、本当にありがとうございました。

    以下では、貴重な経験を積んだA.Oさんの感想をご紹介します。

    A.Oさん(大手前高等学校-香川-出身)

    私は8月後半の二週間、大分市役所のインターンシップに参加しました。大分市役所での研修を希望した理由としては、母の実家が大分市内にあり、幼い頃から訪れていたため、親しみを感じていたからです。特に毎年、家族で見に行っていた「府内ぱっちん」というお祭りを市役所と商工会議所が協力して開催していることを祖母から聞いたことが大きな理由です。「市役所がこのようなこともしているのだな」と驚き、市役所へのイメージが変わりました。そこで、市民の方々のために自治体がどのように動いているのかを知りたくなり、インターンシップへの参加を希望しました。また、参加することで就職活動を来年に控えた自分の現状と今後の課題を把握したいと思いました。

    私の配属された都市計画部には、都市計画課、公園緑地課、まちなみ企画課、都市交通対策課、開発建築指導課、まちなみ整備課という6つの課がありました。二週間を通して、全ての課で研修させていただきました。都市計画部という部自体、建築や土木を専攻とした方が多く、当初、業務内容を理解できるのか不安に思っていました。しかし、なかには私と同じ文系のご出身の方も多く、たくさんのお話を聞くことができました。どの課の方も事前に私の自己紹介文を把握しておいてくださったので、質問もしやすく、私の学科ややってみたいことにあわせてお話しくださいました。

    研修内容としては、午前中に各課の業務内容の説明をいただき、午後に現場研修という形でした。毎日8時に出勤し、17時15分に退勤するという日々、そして毎日、初対面の方々と過ごす日々になかなか慣れませんでした。しかし、職員の皆さんの優しく丁寧な対応、そして同じ部署に配属されたインターン生と仲良くなり、協力することで、二週間を乗り越えることができました。最終日には、各課での研修を終え、自分の提案を事前に人事課へ提出し、懇談会を迎えました。自分の考えを直接、佐藤大分市長に提案できるという貴重な機会でした。

    IMG_1804.jpeg

    私が二週間のインターンシップを通して思ったことは、「まちづくり」はメディアで取り上げられているような華やかなものばかりではないということです。新しい施設をつくりあげることも「まちづくり」ですし、より密接に市民の方に寄り添うこと、市民の方が安全で豊かな生活を送るための環境を整備・保全することも「まちづくり」なのだと知りました。さまざまな「まちづくり」の視点から持続可能な魅力ある都市がつくられているのだと思いました。また、市民の方とのコミュニケーションの取り方や築き方も間近で見せていただき、改めてコミュニケーションの大切さを学びました。開発審査会や岩手県奥州市からの視察団受け入れにも立合わせていただきました。各課でそれぞれこれから完成予定の事業が多くあることを知り、大分市の発展がさらに楽しみになりました。

    研修最終日には、都市計画部長、そして各課の課長の前でパワーポイントを使った発表を行いました。とても緊張しましたが、実りある二週間だったため、無事に発表を終え、良い評価をいただくことができました。このインターンシップを通して、良い経験と良い出会いがありました。間違いなく今後の自分の糧になると思っています。本当にありがとうございました。

    IMG_1911.jpeg
    「まちづくり」に関わる様々な業務を体験しました!
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@