• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    10月25日

    2018年度前期国際キャリア学科インターンシップ⑫:外資系企業 ディサント株式会社でのインターンシップ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」機会を豊富に設けています。2016年度以降の3年間で学科科目のインターンシップ(国際ビジネス・インターンシップ)を中心に、九州インターンシップ推進協議会を通した大学全体でのインターンシップ、その他学科が企画、支援したプログラムなどで国内外でのインターンシップや実務研修を経験した学生はのべ541名にのぼります。

    今年度前期の国際ビジネス・インターンシップ(Business Internship:国際キャリア学科3年選択科目)は82名が受講し、7月最終週から9月前半にかけて多くの学生が将来の就職先として志望している旅行・観光、航空、貿易、金融業界を中心にインターンシップを実施しました。

    このうち、イタリアをはじめとするヨーロッパ諸国とのビジネスに関するコンサルティング業務を行っているディサント株式会社でのインターンシップには、国際キャリア学科3年のM.Tさん(佐賀県立三養基高等学校出身)M.Fさん(福岡県立直方高等学校出身)N.Sさん(福岡県立香住丘高等学校出身)R.Iさん(弘堂国際学園出身、スリランカ出身)が参加しました。4人は英語とイタリア語が飛び交うビジネス・コンサルティング業務の現場で、ベネチア大学からのインターン生と一緒に貴重な経験を積み、多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきました同社の皆様、本当にありがとうございました。

    DSC09853.jpg
    ご指導いただいたディサント株式会社の吉村様、ベネチア大学からのインターン生とN.Sさん(福岡県立香住丘高等学校出身)R.Iさん(弘堂国際学園出身)

    以下では、4人を代表してN.Sさん(福岡県立香住丘高等学校出身)とM.Fさん(福岡県立直方高等学校出身)の感想をご紹介します。

    N.Sさん(福岡県立香住丘高等学校出身)

    今回、ディサント株式会社様でインターンシップを体験させていただきました。ディサント様は、主にイタリアをはじめとするヨーロッパの企業と日本の企業を繋ぐコンサルティング・サービスを提供されている外資系企業です。

    主に経験させていただいたのは、同社がイタリアで配信している電子マガジンのために、ベネチア大学からのインターン生と協力して、英語とイタリア語で記事を書くという業務でした。マガジンに載せる記事は、①梓書院という九州で一番古い出版社の紹介、②100円ショップのダイソーで選んだイタリア人に面白いと感じてもらえる商品の紹介、③九州の代表的な温泉の紹介、特に知らない人と一緒に温泉に入ることが苦手な方やタトゥーが入っている外国人観光客に向けた貸し切り風呂、家族風呂の入り方の紹介、④日本の就職活動の仕組みについての紹介の四つでした。梓書院については、インターンシップ初日に同社を訪れて、田村社長とお話ができる機会もいただきました。

    3人で英語の記事を書き、日本の文化などについては私の知識や経験を3人で共有し、他の2人には海外からの視点で面白いと思ったことや疑問に思ったことなどを指摘してもらい、話し合いながら、記事を完成させました。イタリア人インターン生、スリランカ人の同級生と3人での共同作業で、とても貴重な経験になりました。

    DSC09847.jpg

    M.Fさん(福岡県立直方高等学校出身)

    海外と日本の企業をつなぐコンサルティングの業務は、本当に大変な仕事でしたが、ディサント様はイタリア人の社長さんが創業されたイタリア・スタイルの企業なので、社員の方々同士の会話も多く、終始、和やかな雰囲気でした。

    経験させていただいたお仕事は、日本の企業がこのイタリア企業の製品が欲しいと思えるようなプレゼンテーションを考え、最後に発表をする作業でした。一人二社ずつ担当し、私はオリーブオイルとモッツァレラ・チーズの企業を担当しました。まずは自分がその企業について詳しくならなければいけなく、調べては、イタリア人の社員の方に聞くことを何回も繰り返しました。最初のプレゼンテーションは私自身も何が正解なのかわからず、聞いている側の方たちの表情を気にして、不甲斐ない結果に終わってしまいました。次の日からは気持ちを切り替え、社員の方から「さらに細かく写真や記事など入れてみてわかりやすくまとめてみてください」とのアドバイスをいただいたので、誰もが一目見てわかるような説明文と写真をたくさん入れ、その企業が行った活動等を調べては翻訳して、ベネチア大学からのインターン生にもアドバイスをもらいながら調べ尽くしました。

    最終日のプレゼンテーション当日、発表を終え、まだやれただろうなと心残りはありましたが、コンサルティングの仕事に携わることができ、多くのことを勉強することができました。今後もいろいろなことに挑戦していきたいです。

    IMG_7935.jpg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@