• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    08月26日

    (授業紹介)国際ビジネス・フィールドワークを実施しました!①

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科では、国内及び海外の国際ビジネスの「現場で学ぶ」カリキュラムの一環として、北部九州地域のの企業、公的機関、産業関連施設などを訪問し、国際ビジネスとそれを取り巻く環境について実地で学ぶ「国際ビジネス・フィールドワーク」(国際キャリア学科3年選択科目、担当:山口)を実施しました。

    参加したのは国際キャリア学科3年生を中心とする28名で、製造業が集積し、日本を代表する企業が立地している北九州と地元産品の海外市場開拓や観光振興などを通した地域経済活性化が奏功している佐賀で、国際ビジネスやその促進に携わっている製造業企業(安川電機、日本水産、アイム電機工業、アイム製作所)、貿易商社(ドーワテクノス)、金融機関(佐賀銀行)、ホテル(リーガロイヤルホテル小倉)、航空会社(日本航空)、官公庁(門司税関、佐賀県庁)や公的機関(独立行政法人日本貿易振興機構)などを訪問し、研修を受けたほか、安川電機のロボット技術を紹介する安川電機みらい館、門司税関の田野浦出張所と大型X線検査装置、北九州空港における日本航空の航空機離発着やカウンターでの業務の現場、日本水産のニッスイ・パイオニア館とグループ企業のニッスイマリン工業が運営している洋上サバイバル訓練のための日本サバイバルトレーニングセンター、佐賀銀行本店、佐賀県庁本庁などを見学し、経済のグローバル化とともにまずまず重要性を増している国際ビジネスについて、その第一線で学びました。

    安川電機での研修
    IMG_5991.JPG

    IMG_5984.JPG
    IMG_5950.JPG
    IMG_5968.JPG
    IMG_5986.JPG


    ドーワテクノス、アイム電機工業での研修
    IMG_6022.JPG
    IMG_5995.JPG
    IMG_6002.JPG
     
    アイム製作所での研修

    IMG_6015.JPG
    IMG_6020.JPG IMG_6019.JPG 

    日本航空での研修(北九州空港)
    IMG_6041.JPG
    IMG_6055.JPG
    IMG_6059.JPG
    IMG_6036.JPGIMG_6037.JPG
    IMG_6046.JPG IMG_6051.JPGIMG_6060.JPG

    リーガロイヤルホテル小倉での研修
    IMG_6075.JPGIMG_6085.JPG IMG_6072.JPG IMG_6067.JPG 
    IMG_6088.JPG

    日本水産での研修
    IMG_6096.JPGIMG_6101.JPG IMG_6091.JPG IMG_6095.JPGIMG_6109.JPGIMG_6112.JPG

    門司税関での研修
    IMG_6114.JPGIMG_6133.JPGIMG_6117.JPGIMG_6146.JPGIMG_6151.JPG


    佐賀銀行での研修
    IMG_6162.JPGIMG_6157.JPG IMG_6167.JPGIMG_6161.JPG IMG_6173.JPGIMG_6182.JPGIMG_6196.JPGIMG_6193.JPG

    佐賀県庁での研修
    IMG_6207.JPGIMG_6215.JPGIMG_6229.JPGIMG_6234.JPG


    参加した学生たちは「訪問させていただいた企業、機関の皆様はご自分のお仕事に誇りを持たれており、しかもとても楽しそうにお話しをされていて、感銘を受けました。私も将来、この方々のようにいきいきと働きたいと思いました。様々な業界を訪問して、就職活動に向けて自分がどうするべきなのか、何が足りないのかなどを再確認することができました」(M.Mさん:沖縄県立普天間高等学校出身)、「このフィールドワークの知らせを聞いた時、チャンスだと思いました。実際に参加してみて、多くのことを学ばせていただくとともに、4年次に入る前にもう一度自分の人生を見直すことができました」(N.Sさん:福岡県立香住丘高等学校出身)、「就職活動に際しては、その会社の経営理念や企業理念について知り、社風が自分に合っているのかなどについてもよく調べてみることが大切だということを改めて感じました。私も地域の活性化に繋がるような仕事、地域と世界を繋げるような仕事をしてみたいと思いました」(M.Iさん:福岡県立筑紫中央高等学校出身)などの感想を述べており、来年の就職活動に向けて多くを学び取ったようです。

    国際ビジネス・フィールドワークはこれまでも学生の進路決定に大きな影響を与えており、今春、卒業した一昨年度の参加者(国際キャリア学科一期生)を例にとると、日本航空やスターフライヤーでの研修でエアライン産業への関心を深めた卒業生は日本航空、アイベックスエアラインズ、マカオ航空などに就職し、現在、客室乗務員(CA)として活躍中です。また、地域経済に果たす金融機関の役割に関心を持った卒業生は西日本シティ銀行や福岡ひびき信用金庫の新入行員として活躍しています。昨年度の参加者(現4年生)でも北九州港太刀浦コンテナターミナルと北九州市港湾空港局での研修で海上物流に強い関心を持った学生は海運会社に、安川電機等での研修で製造業に関心を深めた学生は国際ビジネスを展開している製造業企業に、ドーワテクノスでの研修で貿易業務に関心を持った学生は貿易商社に、それぞれ内々定をいただいています。今年も参加した学生の成長が楽しみです。

    お忙しいなか、懇切丁寧にご指導いただきました各企業、機関の皆様、本当にありがとうございました。次回は参加した学生のレポートをご紹介します。

    IMG_3514.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@