• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    05月24日

    (学生の活躍)国際キャリア学科2年のY.Bさん(筑紫女学園高等学校出身)が福岡県「グローバルステージ」の最年少団員としてハワイでの研修に参加しました!

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科2年のY.Bさん(筑紫女学園高等学校出身)が福岡県国際交流センターが主催する「グローバルステージ」の最年少団員としてハワイでの研修に参加しました。

    「グローバルステージ」事業は、福岡県の18歳から29歳までの学生、社会人を県出身者が活躍している国・地域に派遣し、世界に挑んだ先人の足跡を学ぶとともに、現地の政治・経済情勢等を理解し、将来に向けての人的ネットワークを築くことを目的に実施されている事業で、Y.Bさんは書類審査と面接を経て、最年少の団員に選ばれました。
     
    Y.Bさんは約10日間、福岡県から多数の方が移民した米国のハワイ州を訪問し、州政府機関やハワイ大学などの訪問、移民史関連施設や日系人経営のコーヒー農園の視察、福岡県人会員や現地の青年との交流などに参加しました。

    図4.jpg
    ハワイ州議会を訪問(後列右から3人目がY.Bさん)

    なお、国際キャリア学科の学生が「グローバルステージ」の団員に選抜されるのは2015年度に同じく最年少団員として南米のボリビアに派遣されたN.Kさん(現4年、福岡県立城南高等学校出身)、2016年度にこれも最年少団員としてブラジルを訪問したM.Sさん(現3年、福岡県立三池高等学校出身)に次いで3年連続となります。果敢に世界に挑む国際キャリア学科生のチャレンジ精神は後輩たちに引き継がれています。

    以下では、様々な経験をして、大きく成長したY.Bさんからの報告をご紹介します。

    「グローバルステージ」​ハワイ研修に参加して

    国際キャリア学科2年 Y.B
     
    MH2.jpg私は今回、福岡県国際交流センターが主催する「グローバルステージ in Hawaii」というプログラムの団員として、約10日間、ハワイのヒロ、コナ、ホノルルで実施された研修に参加しました。「グローバルステージ 」とは、福岡県在住の青少年を県出身者が活躍している海外に派遣するプログラムで、ホームステイしながら様々な事を学べること、そして現地の方との交流を通して「観光地」だけではない側面のハワイを知り、国際的な視野を広げられること、この二つの点に魅力を感じて応募し、最年少団員として、参加することになりました。

    皆さんは「ハワイ」と聞いて、何を思い浮かべますか。青い空、広々とした海、南国の楽園、観光地…ほとんどが良いイメージでしょう。しかし、「たくさんの日本人が移住した場所」という事実をイメージする人は、そして、ハワイに渡ったその多くの方々が私たちが住むこの福岡をはじめとした広島、山口、熊本など西日本の農村からの移民であったという事実を知る人は、おそらく少ないと思います。

    0227ハワイ州議事堂(下院).jpg
    ハワイ州議会(下院)を訪問
    0228日本文化センター(ホノルル).jpg
    ホノルルの日本文化センターを訪問
    0224すばる望遠鏡研究所.jpg
    すばる望遠鏡研究所を訪問


    0225カントリーサムライコーヒーカンパニー(コーヒー農園).jpg私たちは、ヒロでハワイ日本センターを、ホノルルでは日本文化センターという日系人関連施設をそれぞれ訪問し、実際に日系移民の方々が残された「生きた証」を目の当たりにしました。最初の移民である元年者の時代からの移民の歴史、そして第二次世界大戦における苦難…そこから立ち上がった日系人の歩みなども詳しく学びました。そして、福岡県人会に所属される日系人の方々との交流を通して、現地でしか聞けないお話、現地でしか学びとれない歴史、人、空気など…インターネットや本だけではわからない「リアルな歴史」に触れることができました。この「リアルな歴史」を私たち若い世代が知る大切さ、そしてそれを伝えていくことの責任を実感しました。ハワイとコロンビアに移民として移住した親戚がいる私にとって、この移民の歴史は決して人ごととは思えず、ご先祖様に思いを馳せることができました。

    0224ハワイ日本センター(ヒロ).jpg
    ハワイ日本センター(ヒロ)を訪問
    0225ヒロ県人会交流会.jpg
    MH3.jpg
    コナ福岡県人会の方々との交流会
    MH4.jpg
    視察したカントリーサムライ・コーヒー・カンパニーのコーヒー農園

    図3.jpgまた、今回は私にとって初めてのホームステイでした。出発前は「英語でうまく話せるだろうか」「通じなかったら恥ずかしい」、そんな不安を抱いていた私でしたが、ホストファミリーや交流した現地の方々は、挨拶や自己紹介の時、とても温かい眼差しで見守って下さり、最初の頃、まだ慣れずに不安でおずおずとしか話せなかった私の英語でも嫌な顔一つせず、にこやかに聴いて下さいました。そのおかげでだんだん、積極的に、失敗を恐れず、コミュニケーションを楽しむことができるようになりました。ハワイ大学の学生と交流する機会も多くあり、ウエストオアフ校では実際の講義を学部生と一緒に受講させていただきました。その際も同世代の大学生と積極的に意見交換できました。

    MH5.jpg0227ハワイ大学講義参加.jpg
    ハワイ大学を訪問して講義を聴講

    この10日間は本当に充実した、私にとって死ぬまで忘れられない貴重な経験となりました。一つの物事を多面的に考える大切さや人種が異なっても互いを認め合うハワイの人々の姿勢から、将来、航空業界で働きたいと思っている私はとても大切なことを学べたと思います。これからさらに勉強して、いつか必ず、成長した姿でホストファミリーに会いに行きたいです。

    0301ハワイ県人会交流会.jpg
    ハワイ福岡県人会の方々との交流会
    図1.jpg

    MH6.png
    ホストファミリーの方々と

    最後に、このプログラムを薦めて下さった国際キャリア学科の先生、ご指導いただいた福岡県国際交流センターの皆様、ハワイでお世話になった福岡県人会の皆様をはじめとするたくさんの方々、ホストファミリー、そして応援してくれた日本の家族、友人、一緒にプログラムを乗り越えた7人の仲間たち、本当にありがとうございました。私はこれからも負けない心で頑張ります!

    図2.jpg
    Hawai'i Aloha
    kc_fut.gif







    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@