• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2014年
    08月18日

    チンタラーの南川先生観察日記9夏の特集号「サバイナのご紹介と一人農学部」のお話

    kc_hed3.gif

    kc_20140401_01.jpg

    「いろいろな国からの留学生を受け入れて、多文化共生環境をつくろう」という先生の言葉を踏まえて小生がタヌキをはじめとする他の生物との共存共栄を目指しているということは、7月25日付の記事(*)にて申し上げたが、本日はその実例として最近、ともに先生から食べ物をいただくようになった「サバイナ」を紹介させていただきたいと思う。

    kc_20140818_01.jpg「サバイナ」とはここ数か月の付き合いだが、お互いに先生の様子とご機嫌を観察し、助け合っている。「サバイナ」は小生ほど上品ではないが、後輩としての立場をわきまえているのか、ソーセージに手を出さないところも気に入っている。
    ちなみに「サバイナ」とはクメール語(かんぼじあの言葉)で「とても楽しい」という意味だそうで、先生の仲間が勝手につけたらしい。ただ、本人はいたく気に入っている様子だ。



    kc_20140818_03.jpgさて、学生が夏休みに入って静かになったが、先生は相変わらず忙しそうだ。この夏はまた恵まれない家庭の子の勉強の手助けのために「かんぼじあ」に行くようで、その準備をしている。
    他方で、趣味の農作業のことにも熱心だ。先生は自宅に立派な農園をもっており、熱帯から温帯に至る様々な野菜や果物を育てているらしい。その熱心さと農家のひと顔負けの専門知識と技量のためか、この大学の「一人農学部」とも呼ばれているようだ。


    kc_20140818_02.jpg農作業もいいが、できれば今後はソーセージつくりにも挑戦してほしい。
    そういえば、先生が「かんぼじあ」にいる間、代わりにソーセージをお持ちいただく奇特な方がいらっしゃいましたら、ぜひキャンパス内の6号館1階裏庭周辺をお訪ねいただければと思う。
    なお、ここでいうソーセージとは魚肉ソーセージであることを最後に付言しておきたい。

    *親塔垃著「チンタラーの南川先生観察日記7」(2014年7月25日)1頁


    kc_chin_fut.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@