• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2017年
    07月24日

    第2回ミニオープンキャンパスへのご来場、誠にありがとうございました

    kc_hed3.gif

    7月23日の第2回ミニオープンキャンパスへのご来場、誠にありがとうございました。国際キャリア学科では、学科ブースでの在学生との懇談、学科教員による模擬授業と進学相談を行いました。

    IMG_2978.JPG模擬授業では、主に海外からの留学生向けの日本語教育を担当している大里泰弘先生から「言葉からみるグローバリゼーション」と題して学科の学びの三分野のひとつである異文化コミュニケーションについてお話ししました。聴講された方からは「将来の夢はまだ決まっていませんが、ぜひ海外で働きたいと思っているので、非常に勉強になりました」「大学で学びたいと思っていた内容で、聴講できてよかったです」などの感想をいただきました。

    IMG_2975.JPG

    進学相談では学科の学びや入試についてのご説明を行いました。ご相談にいらした高校生の方々は世界とつながる仕事を目指されており、学科の授業内容や留学制度、国内外でのインターンシップ、卒業後の進路や4年生の就職活動の状況などについて積極的に質問されていました。

    IMG_2982.JPG
    多数の来場者の方々で賑わった学科ブース

    今回のミニオープンキャンパスでは、学科ブースでの説明を担当した3年生のM.Oさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)と2年生のM.Tさん(福岡県立京都高等学校出身)、1年生のM.Hさん(福岡市立福翔高等学校出身)に加え、全体運営担当としてY.Yさん(明光学園高等学校出身)とベトナムからの留学生のH.Lさん(日本国際語学アカデミー出身)の2名の1年生が会場の設営から資料の配布、来場された高校生の皆様と保護者の方々のご案内まで大活躍しました。

    以下は学科ブースを担当した三人から高校生の皆様へのメッセージです。

    M.Oさん(3年、鹿児島県立加治木高等学校出身)

    ミニオープンキャンパスはいかがでしたか。国際キャリア学科は座学だけでなく、海外、国内での様々なインターンシップや研修を通じて幅広い知識と教養が得られる学科です。意欲があれば、先生方は一生懸命、学生の挑戦をサポートしてくださいます。また、刺激を受けあい、目標に向け一緒にチャレンジできる友達もたくさんいて、大学生活はとても充実しています。ぜひ、私たちと一緒に有意義な大学生活を送りませんか。

    M.Tさん(2年、福岡県立京都高等学校出身)

    本日はお越しいただき、ありがとうございました。国際キャリア学科には、国際ビジネス、国際協力、異文化コミュニケーションなど幅広い分野のカリキュラムがあり、グローバル化が進むなか、ますます重要になっている実践的な英語を学ぶ環境が整っています。留学プログラムも充実しており、将来、国際的な舞台での活躍を目指している人にとって不可欠な「使える英語」を身につけることができます。皆さん、ぜひ一緒に学びませんか。

    M.Hさん(1年、福岡市立福翔高等学校出身)

    国際キャリア学科には、様々な経験をお持ちの個性的な先生方がいらっしゃって、毎日、楽しく授業を受けています。英語の授業は自分のレベルにあった少人数のクラスで勉強することができます。留学生も多く、一緒に授業を受けるため、日頃から異なる文化や価値観に触れることができます。私は大学の寮(カナン寮)に入っていますが、寮生活もとても楽しいですよ。国際キャリア学科で皆様をお待ちしています。

    IMG_2985.JPG
    大活躍した学科ブースの3人

    jennie2.jpg次回は8月5日(土)と6日(日)にオープンキャンパスが開催されます。模擬授業では地域研究担当の千葉浩美先生から「To Be a Global Citizen-国際問題と身近な生活とのつながり」と題して私たちの身の回りにある国際問題に地球市民としてどう関わっていくべきなのかについてお話しし、国際協力担当の南川啓一先生からは国際キャリア学科の学生たちも毎年、参加しているカンボジアでの支援活動などを例にとり国際協力の意義についてお話します。

    なお、国際キャリア学科のブースでは英語、中国語、韓国語、ネパール語でのご質問にもお答えできます。留学生の方のご訪問も歓迎いたします。

    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@