• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2014年
    04月24日

    チンタラーの南川先生観察日記4(中国語の授業のお話)

    kc_hed3.gif

    kc_20140401_01.jpg

    先生が女性と話をしている。ちん・れい先生という人らしい。初めて見る。とても上品だ。
    話は中国語の授業のことのようだ。
    kc_20140424_01.jpg
    陳(ちん)「私が担当させていただきます中国語にはICDで61名が受講する予定です。」

    南川「それはすごいですね。国際ビジネスや国際協力の世界では英語に加えてもうひとつの言語ができることが重要です。中国は日本にとって大切な経済パートナーで、多くの企業が中国語人材を求めています。学生にとって中国語ができることはそのフロンティアをさらに広げることになります。しかも先生は日本と中国の比較文学を専門とされているので、言葉だけではなくその背景にある日本人と中国人のものの考え方の違いと共通点を踏まえて教えられるので、学生は幸せですね。ここは長く『英語の福女』といわれてきましたが、これからは『中国語も福女』と呼ばれるようになるかもしれませんね。」

    陳(ちん)「そんなにおっしゃるとお恥ずかしいです。できるだけ多くの学生が中国語をマスターできるように頑張ります。」

    などなど話している。ちん先生は奥ゆかしい。小生のようだ。
    名前が似ていると(ちん・れい:陳齢、ちんたらー:親塔拉)、同じようになるのだろうか。いずれにしても、いつものことではあるが南川先生は幸せそうだ。
    上品な小生はこのご機嫌がソーセージに結びつくとは考えていない。だが、期待はできるだろう。
    kc_20140424_02.jpg
    kc_chin_fut.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@