• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    08月23日

    ​グローバルキャリア発見の旅20:三好不動産国際部門 グロ・オルトンス(Gouleau Hortense)さん-Part1

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    Part1

    kc_20160823_01.jpg今回は、三好不動産の国際部門で活躍中のグロ・オルトンスさんにインタビューします。

    オルトンスさんはフランスのメーヌエロワールのご出身で、EMBAビジネススクール(エコール・ド・マネージメント・ブルターニュ・ アトランティック)で、アジアのビジネスについて学びました。その後、日本でのインターンシップを経て、昨年12月から三好不動産の社員として、外国からのお客様向けに新たに設立された部署で働いていらっしゃいます。様々な仕事にチャレンジする毎日で、とても楽しいと話されるオルトンスさん。インタビューを今回と次回、2回にわたってお送りします。なおインタビューは英語で答えて頂きましたので、2言語でご紹介します。
     

    Q1. オルトンスさんのお仕事について教えて下さい。
    昨年12月から三好不動産の国際部門で働いています。私の部署は現在二人ですが、他の部署の外国人(中国人)をあわせると、全部で11名の外国人がいます。私の仕事の1つとして、他の部署に日本語がわからない外国人のお客様がいらした時にサポートをするということがあります。私は外国人のお客様と日本人の従業員の中間の立場ということになります。例えば、事務所のレンタル契約では、日本でのレンタル契約がどんなものかを外国人のお客様に説明しなくてはなりません。日本での契約の仕方は外国とは大きく異なるので、一から説明する必要があります。
    国際部門で働いていて楽しいのは、様々なことが経験できるということです。いろいろな部門をサポートするので、レンタル物件を扱ったあと、次は不動産の契約、さらに次は家を買いたい方や事務所を借りたい方のサポートを行うなど、大変面白いです。私のもう1つの仕事は外国人向けマンスリーアパートの契約を管理することです。これは外国人のために特別に作られた短期の契約です。最近始めた新しいサービスなので、仕事は非常に面白いです。部屋がきちんとしているかチェックしたり、書類や説明書の英語版を作成したり、お客様や学校に部屋を見せたり、お話をしたり、契約書を準備したり…。色んな仕事が経験できます。

    Q1. Would you tell us about your job?
    I am working in the international department of Miyoshi Real Estate since December 2015.
    We are currently two people in the international department, but there are other foreigners (Chinese person) in the company. We are currently 11 employees from abroad. One part of my job in the international department is to support other department of the company when they deal with foreigners who don’t really understand Japanese. I am between the foreigner customer and the Japanese employee. For example, when I support the rental office, I explain to foreigner how usual rental contracts in Japan are. It is often very different with foreigner’s countries, so we have to explain everything from A to Z, to make it clear. Which kind of contract, what do people have to pay, why, what do they have to do... The good point of being in the international department is that I don’t do only one activity. As I support every other departments, I can sometime do rental, then the next hour support property management contract, and then support a customer who wants to buy a houses, or rent an office. This is very complete, and so, very interesting! Another part of my job is to manage the monthly contract for foreigner. Those contracts are special short term contract for monthly apartment rent made especially for foreigners. This is a new service we have recently launch, so it very interesting! Prepare and check the rooms, create English file of the rooms or English explanation documents, present the rooms to clients or schools, communicate with client, prepare the contract… there are a lot of different things. 
     

    Q2. 学生の時にも、三好不動産でインターンシップの経験がおありですね?その時のことを話していただけますか? 
    フランスのビジネス•スクールの4年生だった昨年、海外でのインターンシップをしなくてはなりませんでした。専門がアジアのビジネスだったこと、そして日本語のクラスをとっていたことから、日本でインターンシップがしたいと思いました。それ以前に長崎で語学留学をしていた時に、三好不動産と連絡を取っていたので、それで福岡に行くことに決めました。土地柄が好きだというのも理由の1つです。そのとき、福岡に数ヶ月間滞在したのですが、日本語が上手に話せない外国人がアパートを探すのは、とても難しいということがわかりました。それで三好不動産で研修をした時にそのことを話すと、新しいプロジェクトを作る機会を与えて下さったのです。それは外国人向けの短期契約の制度でした。外国人のニーズに合わせて新しいサービスを作ることになったのです。それは素晴らしい経験でした。会社は私を信頼して下さり、私は自分で考えて、新しいものを作る機会を与えられたのです!このときのインターンシップで難しかったのは、「言葉」でした。というのも、私はインターンシップを英語で行うと思っていたからです。ですが、もちろん全て日本語でした。日本の制度もまた私には新しく、難しかったです。(日本の不動産制度、日本の会社の制度や法律、その他)全てとても難しかったけれども、面白くもありました。なぜなら、私が慣れている事柄と違っているので、そのお陰で私は沢山のことを学ぶことができたからです。

    Q2 Before you started your career at Miyoshi Real Estate, you had worked as a student intern at the company. Would you tell us about it?
    Last summer I was in 4th year in my French Business School. In order to validate the 4th year, I had to do an internship abroad. As my Major was Asian business, I wanted to do my internship in relation with Asia, and as I had Japanese classes in France, I thought it could be a good thing to do it in Japan. I have always been only in the South of Japan, and this is a region I really liked. The reason why I did an internship in Fukuoka is because I made contact there when I came for short term exchange in language school.
    When I came in Japan for few months, I have experienced that it was so difficult for foreigners to find rental apartment for monthly rent in Fukuoka when you don’t speak Japanese very well. 
    So when I enter in the company for the internship, I have spoke about that and the company give me the chance to create a new project: short term contract for foreigners. So we have created this new service adapted to the foreigners needs. This was very interesting because the company trusted me, and gives me the chance to think, create and launch a new thing!

    The main difficulty in this internship was the language. When I came, I though the internship was going to be in English, before I told to the company my Japanese level wasn’t good enough. However, the internship was of course all in Japanese. Then Japanese system too was first very difficult to understand (Japanese Real Estate system, Japanese Companies System and rules). It was difficult but interesting, because as it was different from what I was used to, I learnt a lot of things.
     

    次回につづく

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@