• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    06月23日

    ​授業紹介: 北九州空港、日本航空、スターフライヤーでの研修「Japanese Career Fieldwork」②

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科3年生を対象とした専門科目「Japanese Career Fieldwork」(担当:山口)では国際ビジネスの促進に取り組んでいる北部九州地域の企業、公的機関、産業関連施設などを訪問し、国際ビジネスについて実地で学ぶ授業を行います。

    先日はその最初のプログラムとして、北九州空港での研修を実施しました。学生たちは北九州エアターミナルの今村常務取締役(日本航空ご出身)のご説明を受けながら日本航空のチェックイン・カウンターの表と裏、グランドスタッフの方々のバックオフィス、ちょうど機長、副操縦士と運航担当の地上職員の方との出発前打ち合わせが行われていたオペレーションルーム、整備控室など空港内の諸施設を見学した後、エプロンサイド(駐機場)に出て、預託手荷物のソーティング・エリア、羽田から到着したばかりの日本航空B737型機の周りを一周しながら、飛行機のエンジンを真近で見てその大きさを実感し、給油や手荷物・貨物の搭降載業務などをすぐそばで見学しました。

    kc_20160623_01.jpg
    kc_20160623_03.jpg
    kc_20160623_02.jpg

    続いて、北九州空港に本拠を置くスターフライヤーの乗務員(パイロットと客室乗務員)訓練施設を訪問し、総務人事部の廣池担当課長より日本版顧客満足度指数(JCSI)で7年連続第一位を記録している同社の顧客サービスの概要についてご説明いただいたのち、客室乗務員(CA)の方々が訓練を受けるモックアップで現役のCAでもある野見山指導教官のご指導を受けながら機内サービス実習などを経験しました。

    モックアップには緊急脱出設備も設置されており、学生たちは「緊急脱出の際は客室乗務員が即座に 判断して対応します。客室乗務員はサービス要員であるとともに保安要員です」という野見山教官のご説明を真剣な表情で聞いていました。

    kc_20160623_05.jpg
    kc_20160623_06.jpg
    kc_20160623_07.jpg

    施設見学と体験の間には、今村常務より「世界と日本の航空産業の概要」「北九州空港の歩みと現状」「航空産業への就職を目指す人へのアドバイス」の各テーマの講義をいただき、特に就職活動へのアドバイスについては現役の客室乗務員やグランドスタッフの方々に事前に実施いただいたヒアリングをもとにわかりやすく、詳しく解説いただきました。来年、就職活動を控えた学生たちにとって非常に有意義なご講義でした。

    「Japanese Career Fieldwork」の次のプログラムは8月第四週に実施し、門司税関や北九州港太刀浦コンテナターミナル、国際協力機構(JICA)九州国際センター、北九州活性化協議会、北九州市環境ミュージーアム、佐賀銀行、佐賀県庁、リーガロイヤル・ホテル小倉などを訪問し、各機関・企業の方々からご講義をいただくとともに研修やワークショップに参加する予定です。

    以下では北九州空港訪問を終えた学生たちの感想のいくつかをご紹介します。

    N.Sさん(福岡県立柏陵高等学校出身)

    実際にエプロン(駐機場)に出て、マーシャリング(飛行機の誘導)を行っている方のすぐ後ろで、飛行機が真正面に到着するのを見たときは迫力に圧倒されました。スターフライヤー社の客室乗務員訓練施設では現役の客室乗務員の方からご指導やアドバイスをいただき、身が引き締まる思いがしました。自分の未熟な面も発見することができ、より一層、夢に近づきたい思いでいっぱいになりました。現場で働かれている方々のお姿を拝見し、生のお声を聞けたことで多くの刺激を受けることができました。今回の貴重な経験は就職活動に向けて大きな力になると思います。

    I.Tさん(福岡県立輝翔館中等教育学校出身)

    改めて将来について考えるよい機会になりました。何事も自分の目で見て、体験しないとわからないと実感しました。もっといろいろなことに挑戦しようと思えた貴重な研修でした。

    S.Nさん(佐賀県立鳥栖高等学校出身)

    視野が広がりました。特に就職活動に関する講義では準備の仕方や心得など知りたかった情報をたくさん得ることができました。本を読むようにとのアドバイスもいただきました。本には多くの言葉が使われており、エントリーシートを書く際や面接の際に必要な「言葉」のレパートリーを増やし、伝えたいことを上手に表現できるようになると思います。これからしっかりと本を読んでいきたいと思います。

    M.Kさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)

    客室乗務員やグランドスタッフは憧れだけでなれる職業ではないと実感しました。常にお客様のことを第一に考え、もし何かあったら自分の命をかけてでもお客様を助けるという覚悟と誇りを持って働かれているお姿に強く打たれました。今回の 研修で「働く」ということを学べました。今後の就職活動に活かしていきたいと思います。

    N.Mさん(福岡県立福岡中央高等学校出身)

    今回の研修で「仕事とは何か」について多くを学び、得ることができました。表に見える華やかな部分はもちろん、裏の目に留まらないところでも様々な職種の方が関わって空港を利用できていることを頭に置き、今回、見せていただいた職種以外の仕事にも関心を持ち、職業研究を進めていきたいと思います。

    S.Mさん(那珂川町立福岡女子商業高等学校出身)

    今回の北九州空港研修でたくさんの新しい目標をいただきました。航空業界への就職活動までもう1年もありません。毎日、こつこつと勉強し、自分の夢を実現させたいと思います。

    M.Iさん(福岡県立八幡高等学校出身)

    この研修に参加させていただき、多くの発見をし、感動を味わい、航空関係の仕事への関心が以前よりもさらに高まりました。今回、北九州空港様と先生方のご尽力により貴重な経験ができたことに感謝し、今後もこのような機会があればぜひ参加し、多くのことを学びたいと思います。

    N.Mさん(長崎県立島原高等学校出身)

    航空業界に関することだけでなく、面接に関する情報やアドバイスなど就職活動を行うすべての人に向けた講義も聞かせていただき、とても貴重な体験をさせていただきました。就職活動に向けて今からできることもたくさんあると教えていただいたので、今回の研修を無駄にしないように笑顔や言葉遣い(敬語)、読書などできることから準備していこうと思います。

    K.Uさん(熊本県立玉名高等学校出身)

    就職活動に関する講義で様々なアドバイスをいただいたことで自分が何をしていけばいいのか明確にわかりました。一番、時間がかかり、大変な自己分析などは早めに手を付け、自分の強みを活かして「この会社に入らせていただけたら私はこういうことをし、こういう利益につなげます」と堂々と言えるくらいのしっかりとした準備をしていきたいです。

    kc_20160623_04.jpg

    kc_20160623_08.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@