• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2015年
    08月25日

    チンタラーの南川先生観察日記19夏の特集号:「小生、情報通信技術を活用して海外で活躍中の先生を観察する」というお話

    kc_hed3.gif

    head_cat_2015.jpg
      
    今回の特集号のテーマを学術的に表現すると、「情報通信技術を活用した遠隔地での南川啓一教授行動分析の試みとその成果」ということになる。

    毎年、先生は8月後半から9月初めにかけて自らが主宰する国際協力NGOの活動の一環としてタイとカンボジアにある恵まれない家庭の子の就学などを支援する現場に出かけている。ただ、今年は特別で国際キャリア学科の女の子14人が同行して、一緒に支援活動を行っており、出発前、先生は例年にも増して、文字通り異常なまでに張り切っていた。

    そのため、通常であれば小生も帰国後の先生の会話から現地における行動を分析していたが(2014年9月12日付本日記10を参照)、今年は何とかリアルタイムで先生の行動を観察できないか、小生と意思の疎通ができる先生の仲間と情報通信技術の専門家である大学事務局のT.Mさんの協力を得て、スカイプを活用した観察を試みたのである。

    kc_20180825_01.jpg試みは大成功だった。ちょうどミニオープンキャンパスで来場されていた高校生の女の子もカンボジアで活躍中の先生や学科の女の子とお話をし、熱帯の太陽のもとさらに日焼けしていた先生の上機嫌は画面を通じても十分に伝わってきた。
    ただし、あまりにも現地の風景に溶け込んでいたためか、この小生をもってすら、最初は先生がどこにいるのかわからないという問題は生じた。
    kc_20180825_02.jpg

    これは過去の研究成果から自信を持っていえることだが、先生のこのうえない上機嫌は確実に帰国後の高級魚肉ソーセージにつながるであろう。
    先生の不在中は先生の仲間が小生に食べ物をくれているが、やはりあの先生の手からいただく食事が、たとえ普及品のドライタイプのキャットフードであっても、最高である。早く再会したいものである。
    kc_20180825_03.jpg

    footer_cat_2015.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@