• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 子ども発達学科
    5. 子ども発達学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 合格者サイト
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 子ども発達学科Today 一覧

    2011年
    04月18日

    2011年度子ども発達学科教員紹介

    子ども発達学科では,今年度127名の1年生と4名の新しい先生を迎えて4月をスタートしました。 新任の先生方と担当科目を紹介します。

     渡邉晴美講師 

     岡花祈一郎講師

     鵜崎 愛講師  

     安氏洋子講師 

    2011年度は,野中靖臣教授(学部長),牧 正興教授(学科長),南川啓一教授,角南良幸教授,高原和子准教授,坂田和子准教授,内本充統准教授,吉田尚史准教授,原崎聖子講師,若山 哲講師,川口さやか講師,原田大介講師,渡邉晴美講師,岡花祈一郎講師,鵜崎 愛講師,安氏洋子講師の16名で学生をサポートします。

    また,今年から従来の幼稚園教員養成と保育士養成に加え,小学校教員養成がスタートしました。目指すところは,子どもの育ちを幼保小と連続して支えることのできる教師を多く輩出することです。子どもの育ち(歴史)は小学校からはじまるわけではありません。子どもについて,どのように考えることが真に子どものためになるのか,4年間を通して学修する『子ども学』の学びの中でともに考えましょう。

    2010年
    08月10日

    小学校教諭一種免許課程併設について(文部科学省申請中)

    子ども発達学科では、現在の幼稚園教諭一種免許・保育士資格・社会福祉主事任用資格に加え,
    2011年度より小学校教諭一種免許課程を併設できるよう7月上旬に文部科学省に申請しました。
    免許に必要な教職科目に加え、福岡女学院大学でしか開設されない科目等から構成されるカリキュラムが充実しています。小学校教諭を目指す意欲的で使命感をもつ受験生は、是非女学院の教師として現場で活躍してみませんか。

    20100730.jpg

    2010年
    06月30日

    学外実習用エプロン

     

    2年生の「幼稚園実習(観察)」までいよいよ2ヶ月となりました。「幼稚園実習(観察)」は、4年間の在学中で最初の学外実習となります。学生は実習に向けて実習園との事前オリエンテーションや実習日誌の記入方法など、様々な準備を進めています。

    20100701-03.jpg

    先日、実習の際に着用する保育エプロンが届きました。このエプロンは、今回の実習だけでなく、今後の様々な学外実習で使用します。

    20100701-02.jpg

    このエプロンは南川教授が携わっている カンボジアの孤児施設、“ピースフル・チルドレン・ホーム-1”の子どもたちに依頼したものです。

    20100701-01.jpg

    *** 南川教授から2年生へのメッセージです ***

    子ども発達学科2年生のみなさん
    この実習用のエプロンはカンボジアの孤児施設“ピースフル・チルドレン・ホーム-1”の子どもたちに作らせていただきました。昨年から始まったプロジェクトで、今年が2回目ですが少しずつ上手になっていきました。まだまだうまくいっていないところもあります。糸の始末が十分にできていなかったり、よごれがあったりチャコが残っていたり・・・(ヨゴレは洗濯すればきれいに落ちるようなものばかりです)・・・日本で皆さんがいつも買う衣類から比べるとまだまだ十分ではありませんが、皆さんに払っていただいたお金でおよそ150名の子どもたちの3か月分の生活費を賄うことができます。いつも「お金をもらうばかり」でしたが、このプロジェクトで初めて「仕事をして、お金をもらうことができるようになりました」。これは大きな進歩です。子どもたちは、すこしでも良いエプロンが縫えるようにがんばると張り切っています。皆さんもこのエプロンを着て実習をがんばってください。
    *** ***

    2010年
    06月08日

    最新の音楽環境設備(ML教室)

    ML教室のMLは、「Music Laboratory System」の頭文字から取られており、学生の皆さんが使用するクラビノーバと教員のクラビノーバがつながっています。そのため、①ヘッドフォンとマイ クをとおして、教員と学生が「マン・ツー・マン」でコミュニケーションをとることが可能となっています。また、②ヘッドフォンを使って自分の演奏のみに集中して練習することもできます。そして③アンサンブルが行えます。そこではさまざまな音色を楽しむこともできます。

    420.jpg

    現在、1年次の「子どもの音楽(声楽)」、および2年次の「子どもの音楽(器楽)」の授業で使用しています。音楽に関する理論を学ぶ、子どもの歌のコード伴奏にチャレンジするなどして、音楽に関する基礎的な内容を学び、表現力を磨いています。
    学生の皆さんは、教員がピアノ演奏を行っている際、鍵盤部分が映し出された画面を見
    て自らも演奏を行う、楽譜が映し出された画面を見て、楽譜上の記号の意味を確認するなどしながら学んでいます。授業で使用されていない時間には、ML教室で自由に練習することができます。

    32.jpg

    2008年
    04月16日

    ボランティア

    kodomohattatsu_20080416_1.jpg

    近くの子育て支援センターで授業の空き時間を利用してボランティアをしています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE