• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 子ども発達学科
    5. 子ども発達学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 子ども発達学科Today 一覧

    2019年
    06月28日

    就職率「100%」の意味:幼稚園教諭、保育士

    子ども発達学科では2018年度の就職率が100%でした。25%の卒業生が幼稚園教諭に29%の卒業生が保育士になりました。
    詳しくはこちらの記事をご覧ください

     
    幼稚園教諭や保育士として就職した卒業生については、単に就職率100%というわけではなく、「希望する」園への就職率が高く、ほぼ全ての学生が第一希望の園に就職しています。このことは、卒業生が幼稚園教諭や保育士として「選ばれる」保育者として成長し、卒業していると考えられます。
     
    保育者を目指す高校生のみなさん、ただ免許や資格を取得するだけではなく、自分が理想に近い教育や保育を行うことができる保育者を目指し、子ども発達学科で学びませんか?
     
    なぜ子ども発達学科ではそのような保育者になれるのか、その理由を、ごく一部だけではありますが、オープンキャンパスやミニオープンキャンパスに来て体験し、感じてください。
     
    今後のオープンキャンパス、ミニオープンキャンパスの予定は以下の通りです。
    オープンキャンパス:8月3日(土)、4日(日)
    ミニオープンキャンパス:7月21日(日)、8月25日(日)
     

    2019年
    06月16日

    ミニオープンキャンパス2019(第1回:6月16日)

     本日、6月16日(日)、2019年度最初のミニオープンキャンパスが開催されました。

     子ども発達学科では、吉田尚史先生による模擬授業、学科ブースでの学科紹介、進学相談を行いました。

     模擬授業は、「育つ・遊ぶ・学ぶ―子どもの育ちと子ども学」というタイトルで、ルソーの言葉に表された子ども観や、法制度上の子ども、発達という視点から見た子ども、など様々な視点から子どもについて、また、子どもにとっての遊びとはどういうものなのかという話などから、私たち子ども発達学科の教育の柱である子ども学についての講義が行われました。
     
    模擬授業タイトル.jpg  吉田先生.jpg<吉田尚史先生>


    模擬授業m.jpg

     学科ブースでは、子ども発達学科のカリキュラムや取得できる免許・資格の種類、卒業後の進路について、また、実際に授業で使う教材などの展示を行いました。
     学科教員や在学生スタッフが、高校生からの質問に答えていました。

    学科ブース1.jpg 学科ブース2.jpg

     進学相談では、入試の種類や試験の内容、入学後の学生生活など様々な質問・相談に学科教員(写真は毛利泰剛先生)が対応しました。

    進学相談.jpg


     ミニオープンキャンパスやオープンキャンパスでは、大学案内やホームページに掲載している情報だけではなく、実際に授業を行っている教員や、現在、授業を受け、免許・資格の取得を目指している在学生から直接いろいろな話を聞くことができます。
     大学の雰囲気や、教員と学生の関係性なども感じることができる機会です。

     次回のミニオープンキャンパスは7月21日(日)です。
     8月3日(土)・4日(日)にはオープンキャンパスも開催します。

     今後のミニオープンキャンパス、オープンキャンパスも多くの方のご来場をお待ちしております。

     

    2019年
    06月13日

    【授業風景】子ども学総合演習Ⅰ(担当:赤間)

     子ども発達学科では「子ども学」を教育の柱としています。
    子ども学については、1年生の子ども学概論、子ども学フィールドワーク、2年生の子ども学観察演習、子ども学フィールド演習、3年生の子ども学総合演習Ⅰ・Ⅱ、4年生の卒業研究Ⅰ・Ⅱと4年間を通して学んでいきます。
     今回は、その中の一つ、3年生の前期の子ども学総合演習Ⅰ(担当:赤間健一)の授業風景について紹介します。
    CIMG0131.JPG

     子ども学総合演習Ⅰは、いわゆるゼミといわれる授業の一つで、担当教員によってその内容や方法は様々です。
    2年生までに学んできた子ども学について、それぞれの教員の専門領域に関してより深く学んでいきます。
    取材当日の授業では、研究の進め方として、論文の探し方、読み方についての説明があり、学生がそれぞれに実際に論文を探していました。  
     今後は、それぞれの学生が論文を読み、内容をまとめて発表していく予定とのことでした。
    gakusei1.JPG gakusei3.JPG gakusei2.JPG


     今週末、6月16日(日)にはミニオープンキャンパスがあります。
     模擬授業への参加や、在学生スタッフから大学生活について話を聞くことで、
     子ども発達学科についてより詳しく知ることができると思います。
     たくさんの方のご来場をお待ちしております。
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@