• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    大学院

    大学院Today 一覧

    2015年
    03月15日

    臨床心理センターから『震災支援に学ぶ「臨床心理士」の専門性と養成』が発刊されました。

    rin_20150315_01.jpg臨床心理学専攻の教員と院生が中心になって2011年8月から始まった東日本大震災支援について、4年間の軌跡をまとめた冊子が発刊されました。
    子ども達の集団遊戯療法である「あそぶ寺子屋」とSART(サート:主動型リラクセイション療法)を用いた大人対象の「リラクセイション教室」を軸とした活動は、被災者支援に加え、支援する側、すなわち、臨床心理士として育つ院生たちの成長にも大きな力になりました。

    ご関心のある方には無料でお送りいたします。福岡女学院大学臨床心理センターまでご連絡ください。

    編集後記(人文科学研究科臨床心理学専攻 奇 恵英)

    『震災支援を取り入れた臨床心理実習教育による特色ある教育の確立と専門家育成』という教育活動課題で2014年度福岡女学院活性化推進助成金をいただくことができ、この冊子が生まれた。
    振り返れば、震災支援を始めて4年間、ただひたすら前を見て走り続け、動き続けたように感じる。常に心の中には、宮古の人々、震災支援に参加した院生たち、これから参加するであろう新たな院生たちの顔が浮かんでいた。
    震災支援を計画するときから、この震災支援は被災地のみなさまのためのものだけでなく、「震災支援」という枠組みの中で出会うすべての人々のためのものであると考えた。このたびの未曾有の震災を前に、我々ができることはあまりにも微弱で、空しいもののように感じざるを得ない。
    しかし、無限に広がる可能性を生み出すのは人の「心」であり、「心が働く」とき、無数の「心がつながる」ことから、人の想像を超える力が生み出される。したがって、支援に参加する人たち、特に若い人たちの心がいかに育つか、そして出会う人々の心にふれあい、つながるかがこの支援のもっとも大きな意味になるであろうと考えた。
    拙いながらも生き生きした一人一人の言葉を読み直すと、そのような思いが見事に実っていることを実感した。臨床心理士を目指す若者たちにとってもっとも大事なもの、「心が働く」「心がつながる」という体験と訓練は今後どんな状況でも人の心を大事に見つめ、包む力になることを信じてやまない。
    関わりのあったすべての方々に深く感謝したい。

    追記

    2015年3月22日から3月29日まで、第8回震災支援を無事終えました。崎山での「あそぶ寺子屋」を終了、支援参加院生数の制限など、収束に向かう予定でしたが、田老の「学童の家」(学童保育)での「あそぶ寺子屋」のスタート、宮古市内に有原さんを中心に立ち上げる生活困窮者支援のセンターとのコラボなど、「震災支援」ではなく、「地域及び地域支援者の支援」という新たな支援の章が開かれました。よって、この冊子の発刊をもって、私たちの宮古支援の第1章の終了とさせていただき、新たな第2章のストーリについては改めてご報告申し上げます。

    2015年
    02月27日

    臨床心理学専攻恒例の1泊研修会を行いました。

    臨床心理学専攻では、1年間の実習の振り返りや評価、実習運営役割やケースの引継ぎ等を主な内容とした1泊研修を行っています。
    こん年度末に臨床心理センター指導教員及び臨床実習相談員(修士1年及び2年)全員が参加し、スポーツや夕食の出し物で親睦を深める一方、実習からの学びや気づき、成果等についてじっくり話し合い、学びを深める時間を持ちました。
    修士2年生にとっては、1年間の変化に加え、2年間の学びを全体的に振り返って大学院生活を締めくくる貴重な時間になり、修士1年生にとっては先輩からのアドバイスでこれからの1年間を具体的にイメージしながら学びの見通しや目標を定めるよい転機となっています。

    rin_20150227_01.jpg
    rin_20150227_02.jpg
    rin_20150227_03.jpg
    rin_20150227_04.jpg

    2014年
    10月22日

    国際シンポジウム『国際的な視点から考える臨床心理職の資格法制化』報告

    福岡女学院大学大学院人文科学研究科臨床心理学専攻主催
    国際シンポジウム『国際的な視点から考える臨床心理職の資格法制化』報告


    in_20141022_01.jpg2014年9月27日に標記国際シンポジウムが開催されました。
    「公認心理師法案」が国会に上程され、議論されている今、
    日本における臨床心理専門職のあり方や資格法制化における課題等を考えるにあたって、
    韓国、英国の状況を知ることは、大変参考になり、有意義な示唆を与えられました。




     

    国際的な視点から考える臨床心理職の資格ー英国からー 仙道 由香氏 
     資料1[PDF:5.3MB]資料2[PDF:377KB]

    韓国における臨床心理学資格制度の現況と展望 朴 重圭氏
     資料1[PDF:4.5MB]資料2[PDF:565KB]

    日本における心理職の法制化について 金沢 晃氏
      資料[PDF:5.3MB]

    2014年
    10月12日

    キャンパスで院生と教員のバーベキューパティ―!

    豊富な実習プログラムで豊かな学び、もいいですが、そのおかげで日々追われる大学院生活の中でときには息抜きも大事です。臨床心理学専攻の院生や教員、教員の家族が一緒になって笑い、汗を流し、おいしいものを思いっきり食べて英気を養う貴重なひと時でした。

    rin_20141012_01.jpg

    rin_20141012_02.jpg

    2014年
    08月21日

    国際交流シンポジウムのご案内(9月27日開催)

    福岡女学院大学臨床心理センター地域交流講演会
    福岡女学院大学大学院人文科学研究科臨床心理学専攻国際交流
    共同主催国際シンポジウム

    『国際的な視点から考える臨床心理職の資格法制化』


    日本において臨床心理職の資格法制化は長年議論されてきましたが、未だ議論が十分尽くされたとは言えない状況にあります。
    そこで、国際的な視点から、各国の臨床心理職の資格法制化の経過、現状と展望を概観し、国民のための、質の高い臨床心理専門職の発展を願い、国際交流シンポジウムを企画しました。
    日本とは違う欧米の資格制度とその運用の現状、日本と同様の状況で、すでに臨床心理職の国家資格制度をもつ韓国の現状と展望等、広い視野で臨床心理職の資格法制化を考え、議論するきっかけになることが期待されます。
    一般公開ですので、専門職の方のみならず、ご関心のある方々のご参加をよろしくお願い申し上げます。

    <日時・場所>
    ■日時
     2014年9月27日(土曜日)
     午前10時から午後13時まで(9時半から受け付け)
    ■場所
     福岡朝日ビル(福岡市博多区博多駅前2丁目1-1)

    <シンポジスト>
     仙道 由香 氏(英国/Tavistock and Portman NHS Foundation Trust)
     朴 重圭 氏(韓国/大邱大学教授)
     金沢 晃 氏(日本/神戸市外国語大学准教授)

    詳しくはこちら[PDF:983KB]をご覧ください。

    2014年
    01月27日

    実習を通した社会貢献:
    北九州市健康フェアでリラクセイション療法を行いました

    20140127_03.jpg


    20140127_01.jpg臨床心理学専攻院生と教員が2014年1月12日、
    西日本総合展示場(北九州市小倉北)で行われた第3回北九州市健康フェアに参加しました。

    北九州市精神保健福祉センターと福岡県臨床心理士会がコラボレーションするブースで、
    市民のみなさんに、福岡女学院大学大学院臨床心理学専攻が協力することになり、
    サート(主動型リラクセイション療法)を実施しました。

    健康に関心の高い市民のみなさんが、次から次へと訪ねられ、リラクセイション前後の変化に大変喜んで帰られました。

    20140127_04.jpg中には、"これをタダでやってもらうのは申し訳ない、料金を..."と、お金を出そうとする方もいらっしゃいました。
    "さすがプロ!"と、共催した団体のスタッフも感心され、院生たちにとっては、とてもやりがいを感じた1日でした。
     
     
     
     

    2013年
    12月09日

    大学院臨床心理学専攻(第一種指定大学院)が、
    岩手県宮古市社会福祉大会で表彰されました

    本学大学院臨床心理学専攻(第一種指定大学院)では、2011年8月から6ヵ月に1度、平均6日間の継続震災支援を行っています。
    その間の参加支援者数は延べ65名、支援を受けた被災者は延べ965名に至っています。

    この支援の特徴は、本学大学院の大野博之教授が開発したリラクセイション療法「サート」を用いていることです。
    「サート」は本学大学院臨床心理学専攻の臨床心理実習において主要な技法であることから、訓練された大学院生が参加しています。
    臨床心理学専攻院生の参加は、この2年半の間(5回の震災支援)述べ37名に達しています。

    参加した院生は、精神的に大変大きく成長するとともに、心理療法の実践という支援内容により、集中的な技法の訓練機会を得て、就職後現場で実践できる力を育てることができています。
    被災者の方々の心身の変化も著しく、毎回継続して参加される被災者も数多くいらっしゃる一方、本専攻の継続支援に対する現地ボランティアセンター(現生活復興支援センター)の評価も高く、仮設住宅集会所3ヵ所で始まったこの支援活動は、現在6ヵ所に拡大されています。

    このような活動の実績とその効果が認められ、このたび2013年度第8回宮古市社会福祉大会にて、大会長感謝状を贈られました。
    表彰された団体は、16団体、他県からの受賞は本学のみでした。

    20131209_01.jpg
    院生と感謝状(人間関係学部心理学科の卒業生が多く在籍しています)


    ------大学院生M2 M.Nさんからのメッセージ------

    ~感謝状を受け取って~
    感謝状は、ずっしりと重く、宮古の方々の想いを感じました。
    この感謝状は、この活動に参加した人だけに送られたものではなく、陰で支えてくださった皆様に送られたものだと思います。
    より良い支援を届けられるように一層の努力をしていきたい所存です。

    ~震災ボランティアについて~
    福岡女学院大学大学院臨床心理学専攻では、教員と院生が中心になって、2011年の夏から、2012年春、2012年夏と、3回にわたって継続的な震災支援を行っています。
    今年は、3月25日~30日、8月6日~11日に行いました。
    次回は2014年3月23日~30日の予定です。この計画は、今後も続けて実践する予定です。
     
     
    ------大学院生M2 Y.Aさんからのメッセージ------

    ~震災ボランティアを通じて~
    震災支援からどれだけ月日が経とうと被災地の方の心の中には、当時の記憶が消えることがありません。私達もお話しを聞かせて頂く中で何度も胸が締めつけられました。   
    しかし、被災地では苦しい現状の中でも今を懸命に生きようとする被災者の姿があり、私達自身がたくさんの笑顔とパワーをいただきました。また継続的支援だからこそ生まれる絆を大切にし、今後も被災地への想いを繋げていきたいと思います。
    震災支援(2011年8月~)実習だよりもご覧ください。
    今後もどうぞよろしくお願いいたします!


    20131209_02.jpg
    【左:サートの様子】連日満員御礼、院生の休む暇なしでサート(主動型リラクセイション療法)を行う。
    【右:訪問サート開始】2013年春から、外に出られなくなった方々のために、訪問サートを始めました。


    20131209_03.jpg
    【左:野外遊び】いくら暑くても、いっぱい遊びたい子ども達
    【右:景品選び】院生全員で心を込めて作った手作り景品を選ぶ子ども達


    20131209_04.jpg
    【ねんど遊び】「あそぶ寺子屋」(子ども向け支援プログラム)の風景

    2013年
    09月15日

    臨床心理学専攻による第5回東日本大震災支援を終えて

    岡女学院大学大学院臨床心理学専攻が進めている東日本大震災支援5年プロジェクトの折り返しとなる、第5回震災支援を終えました。
    今回は、支援拠点が今までの4か所から6か所に増え、支援者も過去最高の17名が参加しました。
    「あそぶ寺子屋」(子どもたちの集団療法)には待ってくれていた子どもたちが一層成長した姿を見せてくれ、「あそぶ寺子屋」を行っていた各仮設住宅集会所には、今まで支援に参加した院生たちの手作りのメッセージや一緒に作った作品が大事に飾られていました。

    20130915_01.jpg

    「リラクセイション(サート)教室」には、待ってくださったリピーターの方々に加え、新しい方々もたくさん来てくださいました。院生たちはお一人お一人に対して1対1で精一杯サートを行いました。
    サートが終わると、自然にたくさんのお話をされ、ほっとするひと時を過ごされました。

    20130915_02.jpg

    支援活動には新たな展開がありました。継続支援を通して信頼関係を築いてきた田老福祉センターと今後はさらに密な連携を行い、今後の支援においては、窓口の有原さんが支援に行く前にセンターで希望者の予約を取るなど、積極的な協力体制を作ることになりました。

    20130915_03.jpg
    (田老福祉センターにて、中央が有原さん)

    震災から時間が経つにつれて、どんどん体が不自由になり部屋から出られず、支援を受けることもできない高齢者の方々のために、今回初めての試みで、訪問サートを導入しました。マットをもって訪ね、その場でサートを行うといったチャレンジに挑んだ院生たちにとっては、かけがえのない貴重な出会い、体験となりました。今回の支援では、支援者として教員2名、院生9名が参加、サート教室参加者延べ177名、あそぶ寺子屋参加児童延べ42名となりました。

    20130915_04.jpg
    *写真掲載に関して、関係者の了承をいただいています。

    2013年
    08月30日

    臨床心理センター地域交流講演会のご案内

    20130830_01.jpg

    少子高齢化社会において、様々な社会的課題がありますが、その解決は地域住民の主体的で積極的な共生を目指す高い意識とその実践にかかっているといえます。
    そこで、福岡女学院大学臨床心理センターでは、子どもの育ちを支える、自殺予防対策で国が取り組んでいるゲートキーパーの活動、高齢者のいきいきした生活を支える活動を取り上げ、地域のみなさまと分かち合うためのシンポジウムを開くことにいたしました。
    日本社会の未来と希望についてみなさまと語り合う地域交流講演会になることを期待しながら、みなさまのご関心、ご参加をよろしくお願い申し上げます。
    詳細はチラシをご参照ください。

    チラシはこちら[PDF:430KB]

    2013年
    08月25日

    小学校特別支援教育事業に新たな展開

    学大学院臨床心理学専攻では、近隣小学校との提携による「特別支援教育事業」に力を注ぎ、地域貢献とともに、院生の学校臨床心理の実習に役立てていますが、2013年9月から、春日市立春日小学校と提携した「特別支援教育事業」が新たにスタートしました。

    この事業は、従来の「特別支援教育事業」における個別の生徒に対する「専門的サポーター」とは違う性格で、「特別支援学級」を対象にしたものです。さらに、派遣される院生は、修士2年生に限定される「専門的サポーター」と違い、修士1年生が派遣対象となっています。

    小学校の要望により、今年度は修士1年生全員が派遣され、特別支援教育という現場における臨床心理学的実践を行います。

    2013年
    07月30日

    「ひとりサート」を用いた学校ストレスマネージメントプロジェクトのスタート

    学大学院臨床心理学専攻は、「サート(Self-Active Relaxation Therapy;主動型リラクセイション療法)の発信地として、院生の様々な実習に取り入れられています。

    サートは「自分が動かす:主動」手法であり、そのため、援助がなくても、ひとりでできる心理療法であることから、学校現場で簡単に取り入れ、学校ストレスマネージメントに役立つことが考えられ、その実践プロジェクトが始まりました。

    7分バージョン、10分バージョンのDVDを作成、学校の日常の中で、短い時間を確保、先生と生徒が簡単に実施できる手続きを設定、小学校2校、中学校1校で継続的に実施していただくことになりました。

    担当院生は各学校で実施される現場に携わり、先生と生徒の取り組みの様子やその中での変化を観察、学校ストレスマネージメントに役立つ臨床心理学的手法の確立のための研究を行います。

    20130730_01.jpg
    *写真掲載に関して、関係機関の了承をいただいています。

    2013年
    06月25日

    2013年度子育て支援「サート教室」第1期スタート

    本学臨床心理センターと福岡女学院幼稚園が提携した子育て支援事業「サート教室」の2013年度第1期がスタートしました。
    年間3期、1期あたり6回の有料教室ですが、第1期には13名の幼稚園の保護者が登録をしました。そのため、修士2年全員が援助者としてフル稼働することになりました。
    院生は1年間サートの研修を積み、実習の一環として修士2年から「サート教室」の援助者として臨みます。

    幼稚園が午前中に終わる水曜日に今年度から開室時間帯を再度戻したことで、希望者が昨年度の2倍近くなりました。場所も幼稚園の他の行事の制約を受ける「森の家」から臨床心理センターに移しました。
    2年ぶりに「サート教室」の時間を水曜日に戻したことで、お子さんを幼稚園に送り、ほっと一息自分の時間を持って、終わったらちょうど迎えの時間になると大変喜ばれています。
    日々どれくらい息を切らしながら育児や家事、その他の用事で忙しく過ごしているかがうかがえます。

    20130625.jpg

    2013年
    06月01日

    発達が気になる子どもと親のためのサロン「みなみん」(南区保健福祉センター)の実習がスタートしました

    20130601.jpg「みなみん」は、お子さんの成長が気になったり、子育てについて相談したいけどあまり機会がなかったりするお母さんの子育てを支援するために、福岡市南区保健福祉センターが立ち上げた子育て支援教室です。

    立ち上げ時から、実際の運営について本学臨床心理センターと協議し、教員は運営委員として関わり、院生は実習の場として参加し、教室の運営を手伝うとともになりました。




    2013年
    04月15日

    2012年度修了生進路・就職結果:今年も100%!

    2012年度修了生15名の進路・就職が決まりました。
    2012年度は例年より若干多い修了生となりましたが、3月末日まで全員就職が決定しており、4月からは現場で今まで鍛え上げた力を発揮するとともに、様々なチャレンジに挑むことになります。
    常勤職が7名、非常勤職が8名となっていますが、非常勤職も週3日から5日勤務がほとんどで、例年修了生の動向をみると、これをスタートに常勤へとステップアップしていきます。

    現場で高く評価される先輩たちに倣い、これからみなさんの活躍を期待しています。


    【就職内訳】

    ①教育領域(常勤)
    ②医療領域・教育領域(非常勤複数機関勤務)
    ③医療領域・教育領域・福祉領域(非常勤複数機関勤務)
    ④福祉領域(常勤)
    ⑤教育領域(非常勤複数日勤務)
    ⑥教育領域・行政・福祉(非常勤複数機関勤務)
    ⑦教育領域(非常勤複数日勤務)
    ⑧医療領域(常勤)
    ⑨教育領域(常勤)
    ⑩教育領域(常勤)
    ⑪福祉領域(常勤)
    ⑫教育領域(常勤嘱託)
    ⑬医療領域(常勤)
    ⑭福祉領域・教育領域(非常勤複数機関勤務)
    ⑮教育領域・福祉領域(常勤嘱託・非常勤)

    2013年
    04月10日

    臨床心理学専攻による第4回東日本大震災支援を終えて

    本学臨床心理学専攻による震災支援スタートから1年半、震災から2年が経ちますが、現地は何も始まらないまま。
    一つ変化があるとしたら、ワカメ採りが中心ではありますが、少しずつ漁業の再開が始まったことです。春休みで、子どもたちもお父さんを手伝って、海の側の仕事場で採りたてのワカメを茹でています。

    20130410_01.jpg
    (岩手県宮古市田老の堤防から見た風景)

    20130410_02.jpg

    今回も新たな院生メンバーが加わり、その場でスーパービジョンを受けながら、被災者の方々お一人お一人に心を込めてサートを行いました。

    20130410_03.jpg

    最初の出会いから2年が経ち、「あそぶ寺子屋」の子どもたちも成長し、しっかりした顔つきになりました。

    20130410_04.jpg

    私たちの「サート教室」を心待ちしていらっしゃる仮設住宅の方々が、寒い中でも開始時間前に集会所の前で待ってくださるなど、回を積み重ねる中で、なお支援を必要とされていることを肌で感じることができました。
    今回の支援では、支援者として教員2名、院生7名が参加、サート教室参加者延べ159名、あそぶ寺子屋参加児童延べ52名となりました。

    20130410_05.jpg

    20130410_06.jpg今回の支援で目にすることができた唯一の変化がありました。大槌町の丘にできた、「希望の灯り」の記念碑です。津波にさらわれ町全体がなくなった大槌町を見下ろす丘に、神戸の「1.17希望の灯り」の火種をもらって建てられたものです。
    「1.17希望の灯り」は、阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)の犠牲となった人々の鎮魂と慰霊、そして、大きなダメージを受けた神戸の復興と再生を願って2000年1月17日にメモリアルモニュメントとして東遊園地で灯されたものです。
    希望をつなぐ、希望を失わない、ということがどれほど重く、尊いことかを実感させてくれる風景です。

    *写真掲載に関して、関係者の了承をいただいています。

    2013年
    03月10日

    2012年度1泊研修を終えて

    毎年年度の最後に行う恒例の1泊研修実習が終わりました。

    スポーツで一丸となり、思いっきり身体を動かして日常に溜まったストレスを発散、ゆっくり温泉に入ってから、1年間の実習を振り返りながら、修士2年は修士1年に引継ぎを行います。
    臨床心理士養成課程で学ぶことの意義、心得、習得したものの分析と評価など、修士2年にとっては、終了前の総決算の作業になり、修士1年にとっては、残り1年を有意義に過ごすための学びと覚悟の時間になります。
    そして、涙あり、笑いありの大学院での時間をおいしい物を食べながらゆっくり、楽しく癒します。研修の最後には全員が集い、それぞれの思いをシェアします。
    これで修士2年はすべての大学院生活での修業を終え、社会に出るスタートラインに立ちます。

    みなさん、今年もお疲れさまでした!!

    20130310_01.jpg
    教員も一緒になって卓球対決

    20130310_02.jpg
    修士1年対修士2年のバドミントン大会でM2が優勝!

    20130310_03.jpg
    実習内容によってグループ分け、振り返りと引継ぎ

    20130310_04.jpg
    おいしいものを食べてみんなでリラックス

    20130310_05.jpg
    全体会で1年の振り返り、M2の最後の自己点検・評価


    *写真掲載に関して、関係者の了承をいただいています。

    2012年
    12月10日

    臨床心理センター地域交流講演会のご案内

    20121210.jpg

    大学院開設10周年を迎え、臨床心理センターが毎年行っていた地域交流講演会を、国際交流をテーマに、大学院と共催で開催します。

    『韓国における心理・社会的課題と臨床心理学』と題し、韓国の大邱大学再活科学大学再活心理学科 朴重圭教授を招き、臨床心理学的視点から見た韓国の心理・社会的課題と臨床心理学的実践についてお話ししていただきます。
    大邱大学は臨床心理学においては韓国のパイオニア的存在で、地域と連携し様々な実践が行なわれています。

    韓国の現状を知るとともに、日本との共通点や相違点などを議論することによって、日本の心理・社会的課題の解決に対する一つの手掛かりを得られることを期待し、ご関心のある方のご参会をお待ちしております。
    詳細はチラシ[PDF:606KB]をご参照ください。

    2012年
    09月10日

    臨床心理学専攻による第3回東日本大震災支援を終えて

    満1年となる本学大学院臨床心理学専攻の震災支援を終えました。
    1回目から岩手県宮古でもっとも大きい仮設住宅地であるグリーンピア田老仮設住宅集会所で従来通りサート教室を開きましたが、今回は、樫内仮設住宅地が新たに加わり、初めてサート教室が開かれました。
    樫内仮設住宅地は約80世帯の小規模で、なかなか支援が届きにくいということで、田老福祉センターが今回新たに設定してくださったところです。

    今まであまり支援が届かなかったせいか、初日から多くの方が訪れ、不眠、身体の痛みを訴え、短時間で改善されることに大変喜び、涙を流される場面もありました。
    今回の支援では、支援者として教員2名、院生7名が参加、サート教室参加者延べ137名、あそぶ寺子屋参加児童延べ40名となりました。

    震災後1年半、復興の兆しはまだ見えませんが、子どもたちの心に希望を感じることができた出来事がありました。
    崎山仮設住宅地で「あそぶ寺子屋」を継続して開いていますが、そこにいつも参加している子どもが絵本を書いてくれました。
    今子どもたちに人気のあるキャラクター「なめこ」の物語です。伝説のハートの花を育てているなめこは、やっと芽を出した伝説のハートの花を見て嬉しいですが、なかなか花が咲かないことでがっかりしています。しかし、買い物の途中、海の中でビーナスなめこを見つけます。きれいな海の中には魚たちが泳いでいます。家に帰ってみたら伝説のハートの花が咲いていました。

    子どもたちに、出会う被災者の方々に元気をもらい、希望を与えられ、院生たちも援助とは何か、深く考えさせられ、ひたすら続くサートのトレーニングで技法の実践に自信をつけられる貴重な1週間でした。

    20120910_01.jpg
    樫内仮設住宅集会所で初めてのサート教室/岩手県宮古のグリーンピア田老仮設住宅集会所で

    20120910_02.jpg
    樫内で、膝の痛みが治ったと泣いて支援者の手を握って喜ばれる参加者

    20120910_03.jpg

    *写真掲載に関して、関係者の了承をいただいています。

    2012年
    09月05日

    臨床心理学専攻の東日本大震災継続支援が新聞に掲載されました

    朝日新聞(9月5日付)に本学大学院臨床心理学専攻が行なっている東日本大震災継続支援の記事が掲載れました。
    福岡県内で継続支援を行っている大学を取材したものです。

    20120905.jpg

    2012年
    09月05日

    臨床心理学専攻の震災支援が西日本新聞に掲載されました

    20120905_2.jpg福岡県で継続支援を行っている支援チームの取材で、臨床心理学専攻の震災支援が取り上げられました。
    実際行っている支援の内容(リラクセイション)もわかりやすく掲載されています。

    記事はこちらから[PDF:463KB]











    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@