• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2019年
    02月20日

    「フィールドワークCG(広島 尾道 鳴門 大阪)」映画の尾道より

     毎年2月に行われる「フィールドワークCG(広島 尾道 鳴門 大阪)」が2月15日スタートしました。
     数回に分けてお伝えいたします。

     今回は、尾道市です。
    IMG_2500.JPG
     ここは、小津安二郎監督の『東京物語』や大林宣彦監督の尾道三部作『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』などのロケ地として有名ですね。
    IMG_2488.JPG
    (宿泊先に置かれている大林監督のサイン色紙)

    また、志賀直哉や林芙美子などの作家が住んだ土地としても知られています。
    IMG_2906.JPG
     「フィールドワークCG」では、こういった作品に触れ、そこに描かれている場所へ実際に行ってみるという、いわゆる聖地巡礼を取り入れています。そこで尾道では、映画や文学作品に描かれた場所を、一日中散策し、iPad miniで撮影をしました。ここで撮影された写真は、研修後の授業におけるフォトコンテストにて、紹介されます。
    IMG_2907.JPG
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

    2019年
    02月19日

    学科関係図書・教材の整理

     春休みですが、英語教職の学生さんと英語の勉強会をしています。
     ついでに、学科関係の図書や教材の整理を手伝っていただきました。
     どうもありがとうございました。

    tidy up 20190219.jpg
     
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

     

    2019年
    02月17日

    フィールドワーク(広島 尾道 鳴門 大阪)

     毎年2月に行われる「フィールドワークCG(広島 尾道 鳴門 大阪)」が2月15日スタートしました。
     数回に分けてお伝えいたします。

     今回は、広島編(流川教会)と広島平和記念資料館のご報告です。

     広島流川教会には、毎年通わせていただいております。
     向井牧師の貴重なお話は、心に響きます。
     広島は原爆被害の地であり、原爆被害については忘れてはなりません。しかし、戦争においては、結局は、原爆被害を受けた日本も被害者という立場だけでなく、被害者でもあり加害者でもある。そういうメッセージをいただいたように思います。エノラゲイ出発に際してアメリカ兵の無事と任務を無事全うできることが祈られました。しかしそれは同時に、日本の悲惨な状況を祈っていたのです。これは、マーク・トウェインの"The War Prayer"(戦争の祈り)に描かれていたことにも通じます。向井先生もマーク・トウェインも、ものごとを複数の視点から俯瞰する思考力の持ち主なのだと思います。すばらしいお話をありがとうございました。
    2019-02-17 22.30.17.png]
     
    2019-02-17 22.30.58.png
    流川教会で貴重なお話や資料を見せていただいた後、一行は広島平和記念資料館へと向かいました。平和公園では、授業の合間にみんなで折った折り鶴を奉納させていただき、原爆死没者慰霊碑の前では全員大島先生の「フランチェスコの平和の祈り」に心を合わせお祈りさせていただきました。
     
    2019-02-17 22.36.25.png
    「フランチェスコの平和の祈り」
    主よ わたしをあなたの平和の道具としてお使いください

    憎しみのあるところに愛を いさかいのあるところにゆるしを
    分裂のあるところに一致を 疑惑のあるところに信仰を
    誤っているところに真理を 絶望のあるところに希望を
    闇に光を 悲しみのあるところによろこびをもたらすものとしてください

    慰められるよりは慰めることを 理解されるよりは理解することを
    愛されるよりは愛することを わたしが求めますように

    わたしたちは与えるから受け ゆるすからゆるされ
    自分を捨てて死に 永遠の命をいただくのですから
     
    お祈りの後、平和記念資料館に入り、数時間にわたって、資料を拝見し、また、貴重なお話をお聞きすることもできました。スタッフのみなさま、ありがとうございました。
     
    2019-02-17 22.31.48.png
    2019-02-17 22.33.44.png


    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

     

    2019年
    02月12日

    授業紹介:映画と社会


     「映画と社会」は一昨年からフィールドワークを行っています。今年は京都を舞台にした作品、京都でロケ撮影が実施された作品、そして京都での映画業界の活動を対象に勉強し、実際に京都をフィールドに研修を行いました。

     2泊3日のフィールドワークで歩いた距離は40キロ、7万歩を超えました。かなり大変な研修でしたが、参加した学生たちは大変喜んでいました。
     

     

     

    51575854_2549981621684476_2451716758763995136_n.jpg
    51567884_2549981821684456_236997197336412160_n.jpg

    52489213_2549982161684422_8153315926154936320_n.jpg
    51914294_2549981495017822_3401273812468105216_o.jpg
    52354613_2549984225017549_2857262744971771904_n.jpg



    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科ネットラジオ局(You Tube音声)

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    2019年
    02月01日

    卒業研究発表会を開催しました

    言語芸術学科では、3年次に卒業論文を完成させ、4年次では「言語芸術研究」という授業で、外部に向けて発信をします。
    1月26日(土)、第三期生の卒業研究発表会が開催されました。
    久しぶりに4年生全員が集まり、興味深い発表・展示が行われました。
    各ゼミ生の発表内容は以下の通りとなっています。

    文屋ゼミ
    ポスター発表。ポスター内容をまとめた冊子を配布しました。
    「理想の王子様像の変化 ―『花より男子』を通して」
    「乃木坂46というニューミュージックのスタンス」
    「地方が生んだお笑いスターと歴史から学ぶお笑い」
    「ポテトチップスの歴史と愛される秘訣」
     
     DSC06797.JPG

    DSC06796.JPG

    上村ゼミ
    3年次の卒業論文の内容を要約したプレゼンテーションを行いました。
    「ウィリアム・ブレイクの詩における時間」
    「ウィリアム・ブレイクの詩における親子愛」
    「ウィリアム・ブレイクの描く人間の心」
    「ウィリアム・ブレイクの詩におけるInnocenceとExperience」
    「英詩における春」
    「ジェーン・オースティン『高慢と偏見』における二つの愛」
    「ハリー・ポッターはなぜ人気なのか」
    「『ウエスト・サイド・ストーリー』が上演され続けている理由」
    「『ピーター・パン』はなぜ名作か」
    「『くまのプーさん』はなぜ人気か」
    「『天使にラブソングを』はなぜ人気なのか」
     
    DSC06791.JPG

    大島ゼミ
    3年次の卒業論文に関連する創作物の展示とプレゼンテーションを行いました。

    展示
    「世界で一番、幸せに近い場所」(小説創作)
    「FAIRIES KING」(小説創作)
    「アンデルセン~現代版戯曲」(戯曲と舞台セットのイメージ図製作)
    「琉球神話を絵本にしてみた」(絵本創作)
    「ナルニア国物語 ~ライオンと魔女の予言と名言~」(名言集製作)
    「19th century England」(冊子製作)
    「週刊平安」(冊子製作)

    プレゼンテーション発表
    「ディズニープリンセスのドレス」
    「教会音楽と現代音楽の関係性」
    「刀から見る物語~刀剣男子作ってみた~」
     
    DSC06775.JPG

    DSC06782.JPG

    上田ゼミ
    共通のテーマを決めて執筆したゼミ生のエッセイをエッセイ集として刊行。「子ども」「女性」「自由」「過去未来」「夢」など11のテーマについて執筆しました。
     
    DSC06794.JPG

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@