• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2018年
    09月14日

    【海外フィールドワーク(実践)】ピーターラビットの湖水地方を歩く

     言語芸術学科では、夏休みを利用して約1ヶ月間、イギリス研修が行われます。語学学校に通って英語を学ぶとともに、イギリス文学・文化について見聞を広めます。現地での様子をご紹介します。

     今日は湖水地方に行きました。バスで約2時間ぐらいで、空気がとても美味しくて自然豊かなところでした。日本でいう琵琶湖みたいなものでしょうか。とても大きくて、泳いでいる人もいました。「本当は海ではないか」と皆で疑ってしまいました。
    image4.jpeg
    image33.jpeg
    image1 (1).jpeg

     ピーターラビットの作者Beatrix Potterが住んでいたHill Topに行きました。原画や彼女が使っていた家具がそのまま残っていました。彼女が自然をよく観察して物語を練り上げていたことがよく分かりました。マクレガーおじさんの畑は絵本から飛び出してきたかのような素敵なところでした。残念ながらピーターラビットには会えませんでした…
    image5.jpeg
    image2.jpeg
    image7.jpeg

     次に、詩人William Wordsworthが通った学校、ホークスヘッド・グラマー・スクールを訪れました。一番衝撃的だったのは、机や壁などに所狭しと文字が彫ってあったところです。ワーズワースの名前もありました。生徒たちは、水が汚くて飲めなかったので、ビールを飲んで、休み時間にはパイプをふかして、闘鶏(ギャンブル)をしていたそうです。先日見学したQuarry Bank Millとは大違いの学校生活だと思いました。(M.K.)
    image1.jpeg
    image9.jpeg

     次の写真の左側にある黒板のようなものは、当時の子どもたちが使っていた勉強道具です。スタッフの方が、以前、1歳くらいの子どもが来た際、iPadと勘違いして触っていた、と話されたので、並べて撮ってみました。確かに似ていると思います。勉強道具の今昔を目の当たりにしました。(R.T.)
     
    IMG_3028 (1).jpeg
     
     その後、ワーズワースが数々の詩をそこで書いたというDove Cottageに行きました。特に感動したのは、ワーズワースが座っていた椅子です。そこに座って執筆していたと思うと感慨深いものがありました。他にも実際に使用していたものがそのままの状態で置いてありました。綺麗でした。これから先もたくさんの人に見てほしいなと思いました。(A.W. & Y.T.)
     
    image3.jpeg
     
     湖水地方での最後のプログラムは山登り。というのも、昔、棺をグラスミアにある教会まで運ぶために作られた道を歩いて、Wordsworthやその妹と同じように自然を感じる、という体験でした。途中、ぬかるみや急な道もありましたが、水のせせらぎや、美しい野花に癒されました。彼の詩の一部を口ずさみながら、楽しんで歩きました♪(N.M.)
     
    image21 (1).jpeg
     


    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

     

    2018年
    09月12日

    【海外フィールドワーク(実践)】ブロンテ姉妹の『嵐が丘』を歩く

     言語芸術学科では、毎年、夏休みを利用して約1ヶ月間、イギリスでフィールドワークを行っています。今日は『嵐が丘』や『ジェーン・エア』で知られているブロンテ姉妹のふるさと、ハワースを訪ねました。現地の様子をご紹介します。

     私たちは嵐が丘に立ちました。風が心地よく、見渡す限り大草原で、天気も良く、より一層自然を体と心で感じることができました! 長時間のバスの乗車で疲れていたので、とても良いリフレッシュになりました。 まわりには木がありませんでした。嵐が丘と言うだけあって、木が成長できないくらい強い風が吹くからだそうです。
     
    image1-2.jpeg
     
     先生が、気持ちいいから寝転がってみなさい!!とみんなに言った瞬間です( 笑)。何人か寝転がっていましたが、わたしは虫が苦手なので出来ませんでした。みんな気持ちいい〜!!!と言って、自然に感動していました(^ ^)。 
     
    image3.jpeg

       Brontë  Parsonage Museum(ブロンテ姉妹が住んでいた牧師館)の前で集合写真を撮りました。牧師館の前にはお墓がたくさんあって少し怖かったです…。建物の中には、実際にブロンテ姉妹が使用していた文房具や家具が展示してあり、歴史を感じることができました。今年はEmilyの生誕200年だそうです。
     
    image31.jpeg

     これは Brontë Parsonage Museum の中に展示されてあった、シャーロットが作品のメモを取っていたノートです。虫めがねを使ってもこんなに小さい文字があなたは読めますか?( 笑 )
    image4.jpeg

     Brontë Parsonage Museum の中を見学したあと、自由時間があり、みんなそれぞれスイーツを食べたり、飲み物を飲んだりしました。建物も美しいですが、間に写る自然の風景がナイスでした。(M.H.)
    image2.jpeg

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

    2018年
    09月10日

    【海外フィールドワーク(実践)】産業革命とマンチェスター

    言語芸術学科では、毎年、約1ヶ月間、イギリス研修が行われています。イギリス文学・文化を学びながら、関連する土地でフィールドワークを行います。百聞は一見にしかずで、実際に現場を見ると、理解がより深まります。現地での様子をご紹介します。

    今日から授業の内容が発音から文学・文化に変わりました。今日は歴史について、特に産業革命とイギリス文学の関連について学びました。午後は教室を出て、マンチェスターで起こった産業革命について学ぶために、「Quarry Bank Mill」へ行きました。当時の工場の様子や、そこでの子供たちの生活などを知ることができてとても勉強になりました。(M.M.)
    image1 (1).JPG

    工場で働いていた子供たちは、ほんの少しの教育と酷い環境の中で過ごしており、工場を経営していた家の子供は、非常に裕福な生活をしていました。生まれた家によって一生が決まると言っても過言ではないなと思いました。
    image1.jpeg

    工場の中には、実際に動いている機械が展示されており、動力が手動から水力へ、蒸気へと移り変わっていく様子がよく分かりました。機械の酷い騒音と綿を紡ぐ際に出る埃は、体のいたるところに影響を及ぼしていたようです。危険な機械作業で、指や腕を失った労働者もいたそうです。(K.M.)
    image2 (1).jpeg
    image3.jpeg

    今日の授業は、「嵐が丘」や「ジェーン・エア」を書いたブロンテ姉妹についてでした。授業のウォーミングアップでは、先生のギターに合わせて歌ったり、友達の素敵なものを褒めたりと、日本とは違うスタイルで良い刺激になりました。
    IMG_8314.JPG

    午後のFree Timeについてです。今日はホストファミリーがショッピングモールに連れて行ってくれました! 素敵なお土産を買えて大満足です。(M.M.)
    IMG_8324 (1).jpg

    ホストファミリーが用意してくださった甘い甘い食後のデザートです。毎日ホストファミリーが素敵な夜ご飯を作ってくださいます! とっても美味しいです!
    (Y.A.)
    image21.jpeg

    ホストファミリーの家には、猫がいます。名前はBrunoです。私たちの部屋によく遊びに来てくれます。ホストファミリーがとても可愛がって育てているので、すごく賢くてお利口な猫です。今日はそんなBrunoとたくさん遊びました!! とても人懐っこい猫なので、ついつい遊びすぎてしまいました!
    image31.jpeg

    蜂のオブジェについてです。蜂は働き者の象徴として知られていることから、Manchesterの労働者たちの功績をたたえる街の象徴として、様々な場所にさまざまな色の蜂のオブジェが建てられています。City CentreはManchester Cathedralを始めとする古い建物と、現代的な建物のショッピングモールなどが一緒に建ち並んでいますので、街歩きを楽しむことができます。(H.M.)
    image32.jpeg

    私はエディンバラで買ってきたスコットランドの伝統的な柄であるタータンの布(写真左)と、Quarry Bank Millで買ってきた産業革命時代の機械で作られたハギレセット(写真右)を使って、ヘアアクセサリーを作りました。
    IMG_2897.jpeg

    完成したものがこちらです。手のひらサイズのバレッタになりました。タータンのお花は、日本の江戸時代に生まれた伝統工芸のひとつである「つまみ細工」という方法で作りました。良い具合に歴史的な要素とイギリスと日本の文化的な要素を組み合わせることができたのではないかと思います。真ん中のボタンは、City Centreの手芸店で見つけたものをつけてみました。(R.T.)
    IMG_2846.jpeg

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

    2018年
    09月08日

    【海外フィールドワーク】エディンバラでフィールドワーク

     言語芸術学科では、毎年、約1ヶ月間、イギリス研修が行われます。今日はイングランドを越えて、スコットランドの首都、エディンバラまで足を延ばしました。現地での様子をご紹介します。

     エディンバラの街並みです。マンチェスターの建物ともまた違う趣があります。街全体にこのような歴史的な建物が広がっています。
    IMG_2691.jpeg

     エディンバラのお土産屋さんです。このようにキルトのマフラーやショートブレッドなどがどのお土産屋さんにも置いてありました。どのグッズもおしゃれで可愛かったです。
    IMG_2692.jpeg

     エレファント・カフェに行きました。ハリーポッターの著者であるJ・K・ローリングは、このカフェからエディンバラ城を眺めながら作品を仕上げたと言われています。休日ということもあり、店の前には長蛇の列が...。
    image2.jpeg

     並んで食べたスコットランド名物のショートブレッドはとても美味しかったです♪お店には、ポストカードなどのさまざまなグッズが置いてありました。ポストカードを買ったので、家族に送りました。
    IMG_2704.jpeg

     カールトンヒルに行きました。駅から10分ほど歩いたところにある小さな丘で、記念碑や天文台等がありました。眺めもすごく綺麗で、たくさん写真を撮りました♪
    image7 (1).jpeg

     スコット記念塔にも行きました。町の中心で見つけた塔です。近くには広場やお店がたくさんあり、観光客で賑わっていました!
    image6.jpeg

     「アーサー王の玉座」と呼ばれる丘に登って来ました。丘というより、ちょっとした山だったので、登るのは本当に大変でした。しかし、アーサー王物語ファンとしては絶対に行きたいところだったので、行けてとても嬉しかったです。
    IMG_2711.jpeg

     エディンバラ城にも行って来ました。入場するために営業開始時間近くから並んだのですが、入れたのは30分後でした。歴史的なスポットが集まっていたので、濃密な時間を過ごすことができました。(R.T. & N.M.)
    IMG_2719.jpeg


    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

    2018年
    09月06日

    【海外フィールドワーク】イギリスの古都、ヨークを歩く

     言語芸術学科では、夏休みを利用してイギリス研修が行われています。学生たちは、約1ヶ月間、語学学校で学ぶとともに、イギリス文学・文化に関連する土地でフィールドワークを行います。現地での様子をご紹介します。

     私たちはヨークに行ってきました。ヨークはイングランド北西部に位置し、昔ながらの街並みが広がっていてとても素敵な街でした。雨が降っていて寒かったのですが、古い建物とたくさんの小さなお店があって、ハリーポッターの世界に迷い込んだような気分を味わえました!(M.M. & Y.A.)
    IMG_8113.jpg IMG_8117.jpg

     ヨーク大聖堂はとても壮大で、一つ一つのステンドグラスに細かい細工が施されていました。地下は美術館になっていて、大聖堂の歴史について学ぶことができました。また機会があるならば、次は礼拝にも参加してみたいなと思いました。
    (H.M.)
    IMG_8146.jpg IMG_8134.jpg IMG_8129.jpg

     Railway Museum(鉄道博物館)に行きました。多くの種類の電車が展示してあり、中に入って座席に座ることもできました。日本の新幹線も展示してありました。子どもたちがたくさん遊びに来ていて可愛らしかったです。
    写真 不明(1)humei(1).jpg

     あの有名なBetty's Cafe Tea RoomsでAfternoon Teaをしました。下からサンドイッチ、スコーン、フルーツタルトとチョコレートケーキとレモンのマカロンがのっていました。本場のAfternoon Teaを楽しめて大満足です。(K.S.)
    image1 (1).jpeg

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のブログなどで詳しく知ることが出来ます。

    お勧め:
    FJLA言語芸術学科ネットラジオ局(YouTube)
    ツイキャスラジオやツイキャス動画も配信されています。

    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@