• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2016年
    09月16日

    授業紹介:舞台製作I

    image2.jpg
     

     今日、明日の二日間、集中講義の舞台制作Iの後半の授業が行われています。
     今回からは役者チームと裏方のチームに分かれてやります。
     役者チームはストレッチと呼吸、発声を念入りにやったあと、作品の一部の立ち稽古。
     裏方チームは、音響のミニ講座を受けたあと、プラン作りに挑戦。音と照明、パネルを使って、作品の世界をどう表現できるか、想像力の羽を羽ばたかせています。
     明日は役者と裏方が一緒になって一部のシーンを合わせます。

     本番は来年の2月。演目はあの名作の舞台版です。何の演目かは後日お知らせしますので、どうぞお楽しみに!

     
    image.jpg
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月15日

    「国内フィールドワーク(実践)」奄美 報告3

     「国内フィールドワーク(実践)」(3年生選択必修科目)では、奄美大島での様々なフィールドワークを通して、歴史、文化、宗教、自然などについて理解を深めます。また、奄美での10日間は普段のキャンパスライフとはかなり違った環境での集団生活となります。協調生や社交性などについても自ずと考えさせられる10日間となりました。
     さて、今回は、最終3日間の様子をご紹介します。
     まず、島体験として、黒糖作り、陶芸、島料理、よもぎ餅作り、島唄などを体験します。
    黒糖作りは、畑に生えているさとうきびから黒砂糖を作る過程を経験します。黒砂糖と奄美や薩摩藩の歴史を学んだ上で、作った黒砂糖を改めて見ると、歴史の重みを感じてしまいます。

     IMG_0074 のコピー.JPG
    島唄体験では、実際に一曲歌い上げます。楽器好きな学生は体験後もずっと弾き方を習っていました。

    14233100_1169344489806504_4409734429281929387_n.jpg
    夕方、元気な学生は、マリンスポーツを楽しみました。

    14316791_1169344463139840_6320885647731959102_n.jpg
    記念撮影。
    ​最終日、空港へ向かう途中で、奄美パークに寄り、奄美の自然や生活について最終的なおさらいをしました。後期の「国内フィールドワーク(理論)」の材料集めをする学生もいました。また、ここには、奄美の自然を描いた田中一村の美術館があります。絵画好きの多い言語芸術学科の学生は、じっくりと鑑賞していました。
    14291735_1171340532940233_8599329939478011807_n.jpg
    空港の手前にある宇宿貝塚史跡の見学風景です。長時間にわたる説明をしていただきました。その内容の面白さに、教員も学生もグイグイ惹き付けられました。

    14322292_1172755212798765_1135908546046178628_n.jpg
    無事フィールドワークを終え、福岡へ。
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

     

    2016年
    09月14日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告5

    言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。

    今日の授業のテーマはエレガンス。ジェーン・オースティンの小説を題材にして、エレガントな女性とは、どのような女性なのかを学びました。授業では、歌やダンスも教わります。
    IMG_0980-2.jpg
    18世紀のエレガントな女性を学ぶためのダンスワークショップ。なめらかな動きがとても難しかったです。(M.M.さん)

    今日はタトン・パークという貴族のお屋敷を見学しました。写真はお屋敷の中を写したものです。
    img-6025.jpg
    客間
    IMG_6027-2.JPG
    書斎
    IMG_6036-2.JPG
    食堂

    壁にはたくさんの絵画が飾られており、家具や装飾品がとても美しかったです。
    (A.T.さん)

    お屋敷の中を見学したあと、外に出て庭園を見学しました。
    IMG_3287-2.JPG
    タトン・パークの庭園はとても広く、緑鮮やかできれいでした。
     
    IMG_3313-2.JPG
    建物や植物について説明を聞きながら歩きました。
    自然にふれた心地よい一日でした。(K.A.さん)
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月13日

    「国内フィールドワーク(実践)」奄美 報告2

     奄美は自然、文化、宗教、文学、歴史のフィールドワークにはもってこいの島です。
     どの分野のフィールドワークも大変濃縮された要素に溢れています。

     今回は、マングローブの森でのカヌー体験や大島紬の染の体験の様子をご紹介します。
     どちらも、自分自身の意外な面を発見できる体験だったようです。
    14224895_1433981699951146_9111004464401325853_n.jpg
    まずは朝のお祈りから。
     
    14222142_1431576766858306_1873418049265317164_n.jpg
    簡単にパドリングをマスターする人もいれば、そうでない人も・・・
     
    14199494_1433981633284486_5134634317017070033_n.jpg
     14224920_1433981663284483_3713260729350905662_n.jpg
    実際に泥の中に入って染めるんです。
    大島紬が出来上がっていく行程を実際に見ると、伝統芸の奥深さに納得。
    引率者からは思わず「高いわけだー」という声が。

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月10日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告4

    言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。

    今日は一日フリーだったので、私たちは自分で計画を立ててリヴァプールに行きました。まず、ウォーカー美術館を訪問しました。
    IMG_0877.JPG
    有名なヘンリー8世、エリザベス1世とともに写真撮影。

    次に、ビートルズで有名なマシュー・ストリートを歩きました。キャヴァン・クラブやエリナ・リグビーの像を見ました。
    IMG_0890.JPG
    ビートルズと一緒に。

    それから、ユネスコの世界遺産に登録されているアルバート・ドックへ移動し、海洋博物館で奴隷貿易やタイタニック号のことを学びました。
    最後に、英国国教会の中でもっとも大きなリヴァプール大聖堂に行きました。
    IMG_0905.JPG
    IMG_0902.JPG
    人間と比べると、大聖堂がどれだけ大きいかがわかります。

    リヴァプールでは、みんなで楽しく過ごすことができました。私たちは日帰りでしたが、翌日も一日フリーだったので、リヴァプールで一泊した人たちもいました。(M.M.さん)
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@