• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2019年
    11月03日

    【学外授業】「観光文化論D(文化政策論)」で視察研修が行われました

     「観光文化論D(文化政策論)」では、地域にとって重要な資源である歴史文化の保存のあり方や活用の方法について学んでいます。2019年11月3日(日)に、小郡市松崎に所在する薩摩街道松崎宿旅籠油屋などを訪問し、外部講師の杉本岳史先生・片岡宏二先生にご案内頂きながら小郡市の史跡や歴史についての学外研修が行われました。小郡市福岡女学院大学人文学部現代文化学科は、2018年7月に「小郡市観光まちづくり調査事業の実施に関する協定」を締結し、今年度も7月に本協定の継続の調印が行われるなど、小郡市の文化遺産の保存や活用のあり方や観光まちづくりの方策などを連携して取り組んでいます。
     
     小郡市に集合した一行は、バスでの移動の際に小郡市有形文化財に指定されている「平田家住宅」を車窓から見ながら最初の目的地、松崎宿旅籠油屋を見学しました。油屋は薩摩街道の宿場町である松崎に建てられた江戸時代の旅籠(旅館)で、昭和初期まで旅籠として使用されていましたが、その後は芝居小屋、食堂などで使用されていたそうです。2019(平成31)年3月に復原された油屋を、NPO法人小郡市の歴史を守る会の関係者に解説を頂きながら、2班に分かれて見学をしました。

    5F59E456-2874-4DDF-B960-0F80A76BEDD3.jpeg
    ≪★2班に分かれて旅籠油屋の解説を聞きました★≫

    4EE113FD-3E7A-4774-B7B0-827FC1A6B226.jpeg
    ≪★2階の床板の一部が取り外され、学生たちもびっくり★≫
     
    A9A35933-AACA-464A-8DF5-F8EDA06B275B.jpeg
    ≪★旅籠油屋の2階で昼食をいただきました★≫
     
     
     午後からは小郡市内薩摩街道沿いを解説を聞きながら散策しました。江戸時代、参勤交代道として使われていた薩摩街道は、薩摩(鹿児島)や肥後(熊本)の大名が参勤交代でこの道を歩いただけでなく、明治維新の中心人物である西郷隆盛や大久保利通らも通ったとされるいにしえの記憶とさまざまな資産を残す道です。今に残るさまざまな文化遺産を実際に学生たちも歩いて見てまわることで、小郡市の歴史魅力についてさらに深く学びました。

    1F1F9F7F-41F0-47E7-9045-78F2E5C5F464.jpeg
    ≪★午後からは小郡市内を解説を聞きながら散策★≫

    B1100AA4-C2BA-4E76-8D99-6FF8FEA8F5EE.jpeg
    ≪★散策のあと、おやつまで頂きました★≫

     学外研修の最後は旅籠油屋で、関係者を交えた意見交換会が実施されました。「小郡市にどのようにして観光客を呼び込むか」、「自分自身が地域おこし協力隊として小郡市で活動すると仮定し、どのような活動をするのか」という問いに対して、授業内や実際に自分たちの目で見た感想を交えながら女子大生ならではの視点で提案をしていました。この意見交換会には、小郡市長 加地良光様にもお越しいただき、学生たちの意見に対して1つずつ丁寧にコメントを頂きました。さまざまな提案に大変興味を示していただき、大盛況ののちに意見交換会は閉会しました。

    A691D4DF-6239-48BC-901B-4FAD4C08C26D.jpeg
    ≪★関係者を交えた意見交換会を実施★≫

    66D2B022-932A-4953-B6F3-BD6A8DBD5B77.jpeg
    ≪★学生の提案に加地市長からコメントを頂きました★≫

     普段の大学の学びに加え、このように学外に出て自分たちの目で見て体験したものを加地市長をはじめ関係者の皆さまの前で発表するという機会は、学生たちにとっても大変有意義な研修となりました。関係者の皆さま、この度は誠にありがとうございました。
     

    F2B78B27-92F2-4B95-9C9E-DFBA691E3634.jpeg
    ≪★旅籠油屋の前で加地市長と記念撮影★≫

    2019年
    11月01日

    ホテル研修事前学習②【接遇・ビジネスマナー講座】

     2月に沖縄で実施するホテル研修に向けて、現在事前学習が行われています。2回目のこの日は、「接遇・ビジネスマナー講座」が行われました。本日講師を務めていただきましたのは、ご自身も客室乗務員として勤務され、長年にわたりその指導も行ってこられた田中丸光子先生です。田中丸先生は本学の「観光文化論H(航空産業論)」や「空港研修」もご担当されており、学生にとってもおなじみの先生です。
     「マナーはなぜ必要だと思いますか?」との問いかけから始まった今回の授業は、マナーを守ることで周りの人たちが気持ちよく仕事ができる「信頼」を構築するだけでなく、ひいてはお客様からみて安全・安心といった「信用」につながることを学びました。

     
    B6C3ADF7-EB08-46DC-B040-15C182DF4FB1.jpeg
    ≪★田中丸先生の質問に答える学生たち★≫

     講義の中盤からは、実践を交えた授業が行われました。まず、正しい姿勢で、無駄のない動き方相手に配慮する態度、そしてアイコンタクトを基本とする立ち居振る舞いの基本について学び、その後おじぎや座り方、方向の指し示し、物の渡し方など、さまざまな応用を実際に体験しました。また、自分自身の身だしなみや笑顔の作り方、そしてあいさつの基本なども学びました。

    58EF56A4-8AE0-485C-A29B-8EE35AF82CFA.jpeg
    ≪★美しい立ち居振る舞い(立ち姿)を実践★≫

    F7E27499-1D4E-4889-A3FB-15A3DF622AA4.jpeg
    ≪★おじぎの基本をマスター★≫
     
    4A52A40A-D003-49F7-80FA-48D0C8A24870.jpeg
    ≪★美しい座り姿勢も学びました★≫

     そして美しい歩き方を田中丸先生のリズムに合わせて実際に実践しました。学生たちもはじめは悪戦苦闘していましたが、少しずつ上手になり、田中丸先生からもお褒めの言葉を頂きました。
     
    29083E5D-F0B2-4688-9496-C4F9D31E6350.jpeg
    ≪★正しい姿勢で歩くことを実践しました★≫

     今回の授業では、マナーについて単に学んだだけでなく、日常生活のなかから継続して実践していくことの大切さを学びました。本日の講義で学んだことは日常の中でも大いに活用できることばかりで、学生たちも普段の生活から心がけていきたいと話していました。この後も事前研修が続いていきますが、回を重ねるごとに学生たちの成長を感じられ、大変充実した学びを実践しているようです。

    2019年
    10月18日

    ホテル研修事前学習①【旅行業界】

     現代文化学科では沖縄の高級リゾートホテルにおいて、レストラン・客室・フロントなど各部門の業務を体験し、一流のおもてなしを学ぶ「ホテル研修」という授業があります。この研修では一流リゾートホテルでの実習を通して、観光ホスピタリティ産業の現場を体験するとともに、業界について知識を深める人気科目です。今年度は2年生3名、1年生14名の計17名が履修しています。
     この日より2月の研修に向けての事前研修が始まりました。第1回目の本日は、ビックホリデー株式会社 取締役であられる加藤伸一様をお招きし、旅行業の現状と業務内容に関する講義が行われました。旅行業界の成り立ちやなぜ就職先として人気であるのかなど、旅行業に関する多岐にわたる内容をわかりやすく解説いただきました。特にラグビーワールドカップ等の国際イベントや、福岡空港・博多港に関する解説もあり、私たちの住む福岡県の観光について考えるきっかけになりました。
     
    33DE2F61-7BE3-44DD-AD80-58F9EAD9A4F8.jpeg
    ≪★旅行業の現状について講義が行われました★≫

     また講義のなかでは、観光業全体が抱える課題についてもお話があり、普段の大学での学びに加え、旅行業界の専門家に頂くお話に学生も集中して授業に聞き入っていました。

     
    1C5FA1EB-9D96-4379-970A-89D9A4180F69.jpeg
    ≪★講義に集中してます★≫
     
     加藤様がなぜ旅行業界に進んだのかもご自身の経験からお話になり、学生たちも今回の授業を通して、将来の夢である旅行業界への想いを強めるとともに、2月の研修に向けての意欲が高まったようでした。この後も事前学習が続きますが、学生たちの成長が楽しみです。
     
    7C3653D9-A54F-4570-92B2-A75765E05059.jpeg
    ≪★加藤様ありがとうございました★≫

    2019年
    08月27日

    【ユニークなゼミ学外活動】長崎県平戸市フィールドワーク(池田ゼミ 3年)

    池田ゼミ(3年)では、観光と文化・社会との関わりについて多角的に分析・検討できるようになることを目標としています。特に観光のメリット・デメリットの双方を捉えつつ、観光地の現状及び実態を把握し、その地域が抱える問題点や改善策を考えることをゼミの活動としています。特に今年は「女子大生の視点で旅行商品を造る」ことをテーマに掲げ、観光統計データを分析し、その結果とフィールドワークなどで得られた意見や情報を反映させながら、実際に旅行商品として販売することを目指しています。
    その活動の現地調査として、8月26日(月)に長崎県平戸市へのフィールドワークを実施しました。平戸市は古くから海を通じた海外との交流が活発な場所で、17世紀初頭オランダ船やイギリス船が訪れ、江戸幕府の許可を得て日本最初の西洋貿易港として栄え、異国の文化の発信地となった場所です。また長崎県内で最初にキリスト教の布教が開始された地として、風光明媚な美しい自然のなかにキリスト教の歴史と文化が息づく観光地です。今回はフィールドワークの活動についてご紹介します。

    フィールドワークではまず、「平戸ザビエル記念教会」に向かいました。平戸を訪れる多くの観光客が訪問するザビエル教会を訪れ、平戸とキリスト教の歴史や、教会と観光との調和に関する課題などを考えました。
     
    278AC7C9-983E-4049-A147-8962D43C321E.jpeg
    ≪★平戸ザビエル記念教会で記念写真★≫

    その後、生月島に向かい多数のCMのロケ地として活用されている「生月サンセット・ウェイ」を訪れました。夏の時期には珍しく大雨に見舞われ、限りなく広がる水平線や青い海を見ることはできませんでしたが、山側に切り立つ断崖や日本ではないような感覚になってしまうほどの素晴らしい景観を堪能しました。晴れていればドライブコースとしても有名な場所で、またぜひ晴れた日に訪問したいと思います。

    そして、生月を後にした一行は、「春日集落拠点施設かたりな」を訪問しました。この場所は、昨年世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の1つである「平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)」の世界遺産としての価値を地元の語り部の方から直接聞くことができます。春日集落の解説を受けた後、動画を視聴し、なぜ世界遺産に登録されたのか改めて勉強しました。また同施設では、地元のおばあちゃんたちが安満岳の湧水を使用したお茶や手作りのお漬物でおもてなしを受けることができます。ファンも多いおばあちゃんたちとの交流に、心癒され、学生たちもほっと一息です。
     
    6A9789AE-3AE7-4954-86F3-114FE09A6078.jpeg
    ≪★平戸とキリスト教の歴史について真剣に解説を聞いています★≫
     
    A51F2562-9E52-4F84-912F-7CFFE7E24C90.jpeg
    ≪★交流部屋ではおばあちゃんたちにお茶を頂きました★≫
     
    C7CEBDB5-684B-4257-B24D-4E65BFB60E19.jpeg
    ≪★おばあちゃんたちの手作りのお漬物を堪能しました★≫
     
    CFB324EC-EDFA-444B-974A-E7A6816DB053.jpeg
    ≪★おもてなしを頂いたおばあちゃんと記念写真★≫

    その後、「人津久海水浴場」を訪れました。「死ぬ前に行きたい世界の絶景-日本編-」でも取り上げられた絶景のビーチで、白い砂浜とエメラルドグリーンに輝く海の織りなすコントラストは、多くの人を魅力しています。幸運にも訪れた際は雨も止み、美しい海を見ることができました。
     
    A94853C1-F19C-4EB5-9692-171734AA9DDD.jpeg
    ≪★人津久海水浴場で記念写真★≫

    そして最後に、「田平天主堂」を訪問しました。田平天主堂は当初世界遺産候補として構成資産に挙げられていましたが、潜伏キリシタンに世界遺産の価値証明が変更された際に除外を余儀なくされました。しかし、除外後も観光客が年々増加しており、それに伴い本来の「信仰の場」としての意味と観光地化の動きに地域は揺れています。特に信者の方々にお話を聞くなかで、観光客が増加したことで生じた問題点や揺れる地域の実情に触れ、信仰の場と観光との調和の難しさを実感しました。
     
    CF1B5DC5-1B51-4F67-A64B-1B886761C5CD.jpeg
    ≪★献堂101年を誇る田平天主堂で記念撮影★≫

    今回のフィールドワークをもとに、後期のゼミ活動では実際に旅行商品づくりを開始する予定です。女子大生の視点から考える新たな旅行商品を造成し、平戸市の関係者に対してプレゼンテーションを行うことを目標として活動していきます!実際に旅行商品として販売が実現できるよう、今後とも活動を継続・発展させていきます。今回のフィールドワークにご協力いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

     

    2019年
    08月25日

    今年最後のミニオープンキャンパスが開催されました

    8月25日(日)に今年最後のミニオープンキャンパスが開催されました。あいにくの天気となりましたが、現代文化学科の模擬授業、進学相談ブース、学科ブースのすべてにおいて多くの方々にご来場いただき誠にありがとうございました。

    模擬授業では佐島顕子教授が「戦国時代の姫たち」と題し、自分と家族の生き残りのため女性と男性が力を合わせた戦乱の時代について紹介する授業が行われました。「歴史の難しい授業かと思っていたら、非常に興味深い内容でした」「面白かったです」などの感想をいただき、模擬授業に来場された方々は真剣な表情で大学の学びを体験し、満足されたようでした。
     
    3B86C11D-6E77-4460-8BD6-E4F9B66A8972.jpeg
     
    870E8775-DB6E-46BB-90E1-B6C4D281996F.jpeg
    ≪★大盛況の佐島顕子教授による模擬授業★≫

    学科ブースでは現代文化学科の充実した研修メニューや、大学での実際の学びに関する質問、ゼミ活動などさまざまな質問が寄せられ、学生スタッフの2名が優しく、そして深く解説をしていました。学生の実体験を交えたお話に、高校生や保護者の方々も満足されたようです。
    進学相談では入試・編入の内容や大学卒業後の進路に関して、留学に関する内容など多くの質問が寄せられました。特に入学試験に関する質問が多く、「大変参考になりました」「深く話が聞けてよかった」などのお声を頂きました。
     
    DE78A701-BCA9-4CDE-BB79-C2E7C01FAC1D.jpeg
    ≪★学生スタッフが優しく解説★≫

    先日のオープンキャンパス、そして3回のミニオープンキャンパスも大盛況ののちに終了しました。お越しいただきました皆さま、ご来場誠にありがとうございました。来年の4月、みなさんと一緒に福岡女学院大学で勉学を共にできますことを心待ちにしております。これから今後の進路を考える上で重要な時期となってきます!皆さんの明るい未来を応援しています!頑張ってください!!
     
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@