• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2020年
    01月08日

    (授業紹介)国際観光地理研究~地理の知識は視野の広さ

     現代文化学科の2年生以上が履修できる科目に【国際観光地理研究】があります。今日は、この科目についてご紹介します。
     
    【国際観光地理研究】では、総合旅行業務取扱管理者試験や旅行地理検定で問われる海外の観光資源を軸に、自然・人口・産業・文化といった中学~高校地理で学習する世界地誌と、世界の観光地が抱える課題をあわせて学習しています。
     
    2020.01.08.①.jpg
     
     公務員やJTB等の旅行会社や、みんな大好き航空業界にとどまらず、企業の採用試験でも地理的知識は問われますが、在校生のなかには高校地理を履修できなかった人が少なくありません(理系専門科目との制限があり、その結果として女子学生の選択科目ではないというジェンダーの刷り込みがあることも!)。
     
     しかし、2022年からは高校での地理が必修化されます。地図や地理情報システムに関する技能や、世界の多様性と地球的課題・国際協力についての知識は、グローバル時代を生きる上で「あたり前の教養」としてますます不可欠なものになっていくわけです。よってやっぱり地理大事!
     
     そういうわけで、【国際観光地理研究】2020年最初の授業では、年末年始に起こった世界のニュース(新聞記事)を持ち寄り、その要約を地図に貼って発表会をしました。ニュースの所在が、アジアから西アジア~欧米に集中し、南米やアフリカはごく少数という結果から、日本のメディアによる海外ニュース配分の偏りを指摘する声もありました。
     
    2020.01.08.②.jpg
     
     毎年受講生の中には、旅行会社の内定を得ている4年生や、総合旅行業務取扱管理者試験に挑戦中の人、旅程管理主任者の資格を取り、さらに力をつけたいという人、高校時代に学べなかった世界地理を学生のうちにもっと学びたいという人までおり、みんなとても熱心です。
     
    2020.01.08.③.png
     
     現代文化学科で学ぶ学生さんには、ニュース番組で国名・地名を聞いたときに、その場所を頭の中の地図で思い描ける程度には世界の予備知識を持っておいてほしいです。「観光・交流・日本の文化」を考え研究する土台として、ぜひ学生のうちに地理の知識を身に付けて、そして世界と日本の文化と交流へ目を向けて、世界につながることのできる人になってほしいと思います。
     
    2020.01.08.④.jpg

    2019年
    12月28日

    小倉駅周辺商店街フィールドワーク(よりふじゼミ)

     12月某日、現代文化基礎演習(2年 寄藤ゼミ)で北九州市小倉駅周辺のフィールドワークを行いました。題して「歩き・見て・聞き・考える!観察・発見から問いをたてるフィールドワーク演習」です。

    2019.12.27.no1.jpg

     2年後期から始まったよりふじゼミでは、(1)人口の変化から地域を読み解き、(2)地形図や土地利用図から地域の変化を考える練習をし、一定の専門技能を身に付けてきました
     今回も事前に、地域の変化がわかる地図=小倉藩士屋敷街並図、大日本帝国陸地測量部1898年(明治31年)測量一万分の一地形図、2007年小倉2万5千分の一地形図=の3枚を比較して、大まかな地域の変化を頭に入れました。
     
    2019.12.27.no2.jpg

     そのうえで「鳥の目から虫の目へ」と近づいていきます。一緒に街の中を歩きながら、人の動き、店舗の様子、商店街の新しい取り組み等を楽しみながら観察します。景観から情報を集め、駅前繁華街の現状、新しい動きなどを自分の目で見つけることに慣れてくると、さまざまな発見・考察が生まれ、研究の種に育っていきます。最近よく聞く「課題発見型」というものでしょうか。活動が評価されて雑誌記者になった先輩もいます。

    2019.12.27.no3.jpg

     そして、北九州市ESD協議会北九州市のリノベーションまちづくり、築30年以上のアパートをリノベーションしたセレクトショップ兼イベントスペースなども訪問し、女性経営者や北九大の学生さんなど多彩な方々にお話を伺いました。
     
     地図や写真、景観の読み解きから入って、地域の姿を考えていく。歩きながら、景観から情報を集め、街づくりに関わる人と出会い、話を聞く。簡単そうに見えて意外と難しいのです!
     だからこそ、大学での専門的な学習と研究経験が必要になります。寄藤ゼミでは、地理学的地域調査を基礎にしながら、社会学のフィールドワークの教科書を参考にして、2年後期・3年春・3年秋の3段階で地域調査に挑戦します!自ら地域で調査し、現代社会の多様な知識と技能を身に付けて、実践的とりくみに挑戦してみたい人はぜひ、現代文化学科の寄藤ゼミへお越しください!
     
      2019.12.27.no4.jpg
     
     
    こうした取り組みに関心ある人におすすめの科目郡(一部)
    国内観光地理基礎,国内観光地理研究,国際観光地理基礎,国際観光地理研究
    観光文化論入門,観光文化論(観光のまなざし), ホテル研修,エアライン研修
    旅行業務研究
     
     

    2019年
    12月25日

    ツーリズムEXPOジャパン2019(よりふじゼミ)

     寄藤ゼミ(2~3年生有志)で「ツーリズムEXPOジャパン2019」に行ってきました。「ツーリズムEXPOジャパン2019」とは、世界の100の国や地域の観光大使・観光事業者が日本市場向けに観光PRを行う世界最大級の展示会で、今年は15万人以上が来場しました。
     
    2019.12.25.no1.jpg

     参加のねらいは、(1)業界研究と、(2)視野を広げることです。展示会場をまわることで、2019年現在の海外観光市場の動向や、日本人向け商品の状況を学ぶことができます。また、出展している各国・地域の観光事業者と交流をし、当該国・地域の文化に触れ、視野を広げることもできます。学生は英語や多様な言語で質問項目を準備して行きました。
     
    2019.12.25.no2.jpg

     ゼミ旅行に行ってきた「だけ」で終わらないように、会場では学生ひとりひとりが記者となって各国・地域を「取材」をし、大学に戻ってから、EXPOや世界の豊かさ・楽しみを伝えるポスターを作成しました
     

    2019.12.25.no3.jpg 2019.12.25.no4.jpg

     このようなアウトプットも含めて、寄藤ゼミでは「現場」に行って「経験し」「考えること」「言葉にすること」を重視しています。今回は、観光の世界市場に触れるなかで、生き方・働き方を含めた進路イメージを広く大きくすることができたのではないでしょうか。

    2019.12.25.no5.jpg
     
     早朝6時に博多駅で集合して、23時近くに解散する日帰り弾丸ゼミ旅行でしたが、みんな元気に充実した時間を過ごしました。来年は沖縄・那覇での開催。寄藤ゼミでは新2年ゼミ生で参加する予定です!最後に、会場で時間を割いて下さった世界各地の皆さまに感謝を込めて。
     
     
    【参加した学生の声】
     ツーリズムEXPOに行って、多くの外国人の方と会うことができ、今まで知らなかった世界を知ることができました。例えば、ブータンでは着用の義務があるため普段から民族衣装を着ているということに驚かされたり、ボリビアにはピンクのイルカが生息したり、アルパカの肉を食べるなど面白い話が沢山聞けました。私が思い込んでいたイメージが良い意味で裏切られ、私の知らない各地の今の姿や伝統を見ることができたと思います。(熊本県立東稜高校Nさん)
     
     世界各地の方たちの人柄に触れるだけでなく、今まで詳しく知らなかった国の話を聞き、その土地の有名なお土産や代表的な料理を頂いたり、民族衣装を着せてもらったりと、様々な文化を体験しました。特に私はモルディブのブースで、赤くて長い、厳かなスカートのような素敵な民族衣装を着られたことが嬉しかったです!(佐賀県立鳥栖高校出身Kさん)
     
    2019.12.25.no6.jpg
     
     ツーリズムEXPOでは、様々な国が自分たちの国の観光をアピールしていて、それぞれの国によってワイン・ビーチ・インスタ映えスポットなど推してる観光のポイントの違いから、各国の特徴を知ることができました。また、各ブースで、楽しそうにもっと魅力を知ってもらいたいと現地の人や現地の人と一緒にその国の魅力を熱く話す日本人の方々からの話を聞くと、行ってみたいという気持ちになりました。今まで知らなかった国や知ってる国でも新たな魅力を発見することができ、自分の視野が広がるとてもいい経験になりました。(福岡県立宗像高校Iさん)
     
     中国人旅行者に道を聞かれたり、アルバイト先でフィリピン出身のお客様と接点をもつ以外では、外国出身者との関わりが少ない私にとってツーリズムEXPOは新鮮でした。各ブースでは、自国のことを知ってもらおうと私の質問にも日本語で親切に答えてくださり、その国の食べ物や伝統衣装などを、自分が食べたり着たりして体験できる貴重な機会になりました!(福岡県立朝倉東高校出身Sさん)
     

    2019年
    12月20日

    ホテル研修事前学習④【沖縄観光の現状】

     2月のホテル研修に向け、事前授業も終盤となってきました。4回目の本日はANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートより島田修二様をお招きし、沖縄観光の現状について講義を頂きました。クルーズ船の入港数の増加などにより国内外の観光客が過去最高を記録する沖縄県の観光の現状について、統計データや実際の現地での反応など島田様の経験に基づいてお話しいただきました。
     
    2019.12.20 ①.jpeg
    ≪★沖縄観光の現状について講義をいただきました★≫
     
    2019.12.20④.jpeg
    ≪★島田様の講義に学生たちも惹きこまれています★≫

     その一方で、沖縄観光が抱える課題についても学びました。観光客が増加する一方で、観光業に従事する人々の働き手不足や、地価の高騰など観光客だけでなく地元の住民にも不利益となってしまう事態が生じていることも学び、観光にはメリット・デメリットがあるとともに、その奥深さを改めて実感しました。そのために労働環境の改善などの働き手の人たちの改善だけでなく、今後いかに滞在日数を伸ばすかなど観光客側の課題の双方を学びました。将来観光業界を目指す学生が多いこともあり、大変貴重なお話しでした。
     
    2019.12.20②.jpeg
    ≪★島田様ありがとうございました★≫
     
     島田様には年明けの事前授業の最終回にもお越しいただく予定となっています。次回の事前授業が研修前最後の授業となりますが、島田様の講義を楽しみにしております。この度は誠にありがとうございました。
     いよいよ沖縄ホテル研修に向けた事前授業も残り1回となりました。研修を重ねていくなかで、学生の成長や意識の変化が感じられ、大変素晴らしく思います。

    2019年
    12月03日

    ホテル研修事前学習③【ホテルの業務について】

     2020年2月に沖縄で実施するホテル研修に向けて、事前学習がも3回目の授業となりました。3回目の本日は、ANAクラウンプラザホテル福岡より西村雅子様をお招きし、ホテル業界の仕事内容について講義をいただきました。ANAクラウンプラザホテルをはじめ、ホテル研修でもお世話になる世界最大のホテル運営会社IHGグループ(Inter Continental Hoter Group)の説明からはじまり、実際にホテルの仕事にはどのようなものがあるのか、そしてお客様に接する際に大切にしていることなど、西村様の経験をもとにお話しいただきました。
     
    DC1352CD-AF16-48F9-9E52-893D91798FEE.jpeg
    ≪★ホテル業界の仕事内容について講義を頂きました★≫
     
    4E556CA7-05AA-4956-84AD-D7B5E816AA3A.jpeg
    ≪★西村様の講義を真剣に聞いてます★≫
     
     講義のなかではペアワークが行われ、相手の話を下手に聞く場合と上手に聞く場合の違いについて考えました。学生たちは一様に上手に聞く際は「笑顔がある」「相槌の打ち方が違う」「話しやすさが違う」など、その違いを体感していました。この体験を通して西村様から「真の自信」の重要性を教えて頂き、自らの職務を遂行するために自信をもつこと、そしてお客様に自信のない姿を見せないことは、ひいてはお客様への安心感につながることをお話しいただきました。この言葉に受講した学生たちも深く感銘を受けていました。
     
    4BEEB2D5-4C65-4D4E-B7CC-243C7F36DE65.jpeg
    ≪★うまく話す、聞く技術を体験★≫
     
     そしてIHGグループが大切にしている、滞在中のお客様に細やかな気遣いと歓迎、敬意をもって大切に扱われていると感じていただくための「True Hospitality」の教えについてお話をいただきました。具体的には「誠実な態度(True Attitude)」「真の自信(True Confidence)」「心からお客様の声を聞くこと(True Listening)」「誠実な対応(True Responsiveness)」の4つから成り、IHGグループをご利用のお客様の満足を提供するために重要な対応について学びました。実際に2月のホテル研修の場面だけでなく、普段の学校生活やアルバイトでも実践できることが多く、これまでの授業でも教わった日常から意識することを改めて実感していました。
     
    E08B44D4-F6D0-41E7-AB8D-1966459093BE.jpeg
    ≪★美しい立ち居振る舞いを実践★≫

     講義終了後は多くの学生が西村様に質問をしたり、ホテル業界についての話を聞いたりしており、2月の研修に向けて学生たちの意識がより高くなってきています。事前授業を通して成長していく学生たちの姿は、大変逞しく思います。2月の研修が楽しみです。この度は西村様、誠にありがとうございました。
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    2020年
    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@