• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2019年
    06月14日

    新任教員・池田拓朗講師(観光社会学分野)

     現代文化学科では、2019年度より池田拓朗講師(観光社会学分野)をお迎えし、主として観光文化分野の科目を担当しています。そこで今回は池田先生による自己紹介をお届けします。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     
     4月より現代文化学科に着任しました池田拓朗です。博士課程卒業後、長崎県内の特別支援学校で教員を経験した後、長崎県平戸市に所在する平戸観光協会に勤務していましたが、ご縁あって福岡女学院大学の一員となりました。

     長崎出身でもともと歴史が好きなこともあり、小さい頃からお墓参り等で訪れていた長崎寺町の景観形成と歴史に興味を持ち、そこから観光の問題を考えるようになりました。博士後期課程では宗教的聖地と観光の関係についてその研究の裾野を広げ、特に2018(平成30)年に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の研究を現在に至るまで継続しています。
     
     私たちは旅行に出かける際、さまざまな情報を得てから旅行に出かけると思います。かつては旅行雑誌や旅行代理店を通じて得ていた情報は、今や携帯電話1つあればその場所の情報だけでなく、写真まで簡単に調べることができます。そのさまざまな情報のなかから目的地を決め、イメージを膨らませて観光に出かけるという経験は多くの人が行ったことがあるのではないでしょうか。このイメージというのが、観光地の「見どころ」を表すものとして機能しているのです。

     特に「世界遺産登録」がメディアで取り上げられると、多くの人が観光を連想するのではないかなと思います。「世界遺産」というワールドスタンダードな価値が付与されると、その場所に普遍的価値が与えられるだけでなく、各種メディアに取り上げられ、広く広報されていきます。本来であれば世界遺産は人類共通の遺産として後世に語り継がれ保存されていくべきものの称号ですが、それが観光の目玉となっていることもまた事実です。このように観光には「イメージ」というものが非常に重要です。私は潜伏キリシタン関連遺産を通して、本来「祈りの場」である宗教的聖地が観光資源として商品化されるようになると、地域がどのように変化していくのか、そこに問題性はないのかに関心があります。
     
     私が担当する授業は「観光文化論入門」、「観光文化論A(観光社会学)」、「観光文化論E(観光のまなざし)」などです。すべての授業で共通しているのは、観光に内在するメリット・デメリットの双方を分析できるようになることです。世界を変革する力の1つと言われるほど多くの影響力をもち、地域活性化などの起爆剤として期待される観光ですが、デメリットも存在します。そのために皆さんと一緒に考えていくのが「観光倫理」という視点です。観光を倫理的な側面から検討することによって、観光地となる場所が抱える問題点改善策を学生とともに考えていきたいと思います。
     
     福岡女学院大学の学生は真面目な学生が多く、大変熱心な印象をもっています。授業やゼミのなかでも、積極的に活動に取り組んでくれており、学生とともに何かを作り出していくことが楽しいです。特にゼミでは旅行パンフレット旅行商品づくりを通して、観光倫理に配慮した観光地のマネジメントの方策について実践のなかで考えています!アットホームな雰囲気のもと、楽しくも深く学んでいきましょう。どうぞよろしくお願いします。

    gendai-01.jpg
    《 お気に入りの教会 田平天主堂(長崎県平戸市) 》
     
    gendai-02.jpg
     《 世界遺産に登録された平戸島の聖地と集落(春日集落)》
     世界遺産登録後、地域にはどのような変化がもたらされたのか考えてみましょう! 

    2019年
    06月14日

    新任教員・小林賢太講師(日本古典文学、古典教育分野)

    現代文化学科では、2019年度より小林賢太講師(日本古典文学、古典教育分野)をお迎えし、主として日本文化分野の科目を担当しています。そこで今回は小林先生による自己紹介をお届けします。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     4月より現代文化学科に赴任しました小林賢太です。平安・鎌倉時代の和歌や日記、物語など、日本の古典文学について研究しています。「現代文化学科なのに古典?」と思われた方もいることでしょう。確かに古典文学は今から遙か昔のものですが、現在私たちの周りに存在する様々な文化と無関係ではありません。むしろ現代文化のあちこちに、古典文学は息づいています。
     
     例えば大ヒット映画『君の名は。』では、男女が入れ替わることがストーリーの要ですが、すでに平安末期には『とりかへばや物語』という、男女が入れ替わる物語がありました。この二つの物語は似ているようで、異なる点もあります。それは、『君の名は。』では魂が入れ替わるのに対し、『とりかへばや物語』では装束(着物)を取り替えることによって、男女が入れ替わるという点です。しかし、魂が肉体から抜け出るという発想が平安時代にも存在したことは、次の和泉式部の和歌から分かります。
      もの思へば沢の蛍も我が身よりあくがれいづる魂(たま)かとぞみる
    (後拾遺和歌集・巻二十・雑六)

     「物思いにふけっていると沢を飛び交う蛍も、私の身体からさまよい抜け出た魂のように見えます」と恋に思い悩む心境を歌いますが、この時代すでに、肉体と魂は別だという考え方があったことが分かります。このように、平安時代に生きた人々の考え方の一部は、現代に生きる私たちにも受け継がれているのです。
     
     また古典文学の中には、映画や演劇、漫画や小説などに形を変え、現代でも楽しまれている作品が多くあります。その代表は『源氏物語』でしょう。漫画『あさきゆめみし』や宝塚歌劇など多くの二次作品が生み出されてきましたが、それらはどれも個性的で、独自の解釈、独自の演出がなされています。『源氏物語』以外にも、『百人一首』『万葉集』などに関係する漫画も出版されています。これら現代文化に生まれ変わった古典作品を、原作と比較しながら研究していくことも面白い試みでしょう。
     
     もちろん古典文学とじっくり向き合い、精読していくことも、大変意味のあることです。古典文学の中には、千年近く経ってもいまだに解明されていない謎が多くあります。登場人物の行動や発言の理由が今もって分からず、様々な説が提唱されているものも少なくありません。こうした問題をあれこれ考え、仲間と議論することは、思考力表現力を高める訓練にもなります。
     
    大学とは、物事をしっかり見つめ、じっくり考え、それを自分の言葉で表現する力を身につける場です。そうした力を育てるにあたって、古典文学は素晴らしい教材となることでしょう。また、グローバル化社会を渡っていくうえで、日本の歴史文化を知ることはとても大切です。
     
    さらに、国語科教員免許の取得を目指す方にとっては、国語教育の視点から古典を考えることも必要でしょう。教材としてどのような価値があるのか、授業でどのように扱っていくのか。国語教師を目指す方のことも想定して、講義や演習を進めていきたいと考えています。
     
     現代文化学科では、幅広い視点で「文化」を学ぶことができます。様々な文化を学ぶ中で、日本の古典にも興味を持ち、文学に触れる機会を持ってもらえたら大変嬉しく思います。そのために私も精一杯努力していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
     
    kobayashisensei_introduce1.jpg
    《 漫画に生まれ変わった古典文学たち 》
    ぜひ一度読んでみてください。

    kobayashisensei_introduce2.jpg
    《 京都市内にある「夕顔之墳」(夕顔の墓)》
    夕顔は『源氏物語』の主人公・光源氏の恋人です。
    架空の人物のお墓がなぜ存在すると思いますか。
     
    kobayashisensei_introduce3.jpg
    《 兵庫県・須磨の海 》
    若き日の光源氏は、政治的な理由から一時的に都を離れ、須磨に住んだことがありました。
    京都育ちの彼は、
    どのような気持ちで海を見たのでしょう。

    2019年
    06月12日

    【日野ゼミ】陶工房 遊山の窯でピザと陶芸作品を焼きました

    皆さんこんにちは!私たちは、現代文化学科・日野ゼミの4年生です。

    日野ゼミでは比較文化を学んでおり、その一環として昨年は「パルコと三越の比較」をしました。
    また、年に一回、日帰りバスツアーも企画しています。
    それで5月26日(日)に実行したバスツァーの模様をご紹介したいと思います。
     
    前回は、行き先を決めてからツアーを組みましたが、
    今回のバスツアーは「どこへ行きたいかではなく、何をしたいか」を重視して企画しました。
    スケジュールは以下の通りです。     
    時間
    場所
    8:00
    福岡女学院大学 発
    9:30
    道の駅 水辺の郷 おおやま
    10:30
    くじゅう花公園 着
     
    自由行動(60分)
    11:30
    くじゅう花公園 発
    12:30
    陶工房 游山 着
     
    ピザ作り&陶芸体験
    16:30
    陶工房 游山 発
    18:00
    基山PA
    19:00
    福岡女学院大学 着
     
     
    まず始めに、「くじゅう花公園」へ行きました。ネモフィラやポピーなど色とりどりの花々が一面に広がっており、就職活動で疲れた私たちの心を癒してくれました。
    hino_0526_1.jpg
     
    次に、「陶工房游山」へ行きました。ここでは、ピザ作り体験と陶芸体験をしました。ピザ作り体験では、薪窯で本格的なピザを作りました。6種類のピザ、オーナーの奥様のしずゑさんが大切に育てられた季節の野菜を使ったサラダ、コーヒーを頂きました。 

    hino_0526_2_caption.jpg  
    どうですか? おいしくできましたよ♪
     
    お昼を食べた後は、陶芸体験をしました。オーナーの游山さんのご指導のもと、思い思いの作品を制作しました。初めての電動ろくろや手びねりで、緊張しましたが、優しくサポートしていただいて、満足のいく作品ができました。2か月後の出来上がりが楽しみです。みなさんも、自然の中で貴重な体験をしてみませんか?
    hino_0526_3.jpg

     今回は体験型の日帰りバスツアーを企画し、非日常の体験をすることができました。また、チームの絆がより深まり、記憶だけではなく形に残る思い出を作ることもできました。このようにゼミ活動では、通常の授業とは異なった視点から様々なことを学ぶことが出来ます。
     私たちの学科は、観光分野に視点をおいた授業と個性あふれるゼミがたくさんあるので、楽しみにしていてくださいね!お待ちしてまーす!

    2019年
    06月10日

    現代文化学科のブックレット『We love 現代文化』2019年版が発行されています。

    現代文化学科では2013年度より、学科の魅力や学びの分野などを詳しく解説したブックレット『We love 現代文化』を発行しています。7冊目となる2019年版も、デザインを一新して4月に発行しました。
    IMG_1140.jpg

    主として1年生向けの初年次教育科目「スタディスキル」の教材として使用していますが、8月3日(土)・4日(日)に行われるオープンキャンパスや、6月16日(日)・ 7月21日(日)・ 8月25日(日)に行われるミニオープンキャンパスなどでも来てくださったみなさんにお配りしています(オープンキャンパスに関する情報は、コチラをご参照ください)。現代文化学科での勉強や学科の雰囲気がよくわかる一冊です。ぜひ手に取っていただければと思います!A5サイズクリアファイルがオマケとして付いてきます。
     
    IMG_1167.jpg

    え、青いネコさん?この青いネコさん(ネコさんには見えないという声もありますが…)は、スペインのバルセロナで見つけたおみやげです。なんでバルセロナがでてくるのかは、このブックレットを手に取ってからのお楽しみ(^^♪

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@