• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2018年
    05月31日

    【ユニークな授業】 文化を学ぶ楽しみを知る初年次演習の取り組み

    現代文化学科に入学した1年生が履修する必修科目として「スタディスキル」があります。大学で学ぶためのスキルを身につけつつ、学科のキーワードである文化の多様性を学ぶことを目的とした初年次演習科目です。授業のイントロダクションとして、第1回、第2回の授業で、現代文化学科で文化を学ぶことについて考えてもらった後、スタディスキルを担当する5人の教員が、それぞれの専門分野から文化の多様性や文化を学ぶ面白さを解説するミニ講義を行いました。
    今年のミニ講義のタイトルは以下の通りです。

    ・「『文化遺産』になった『和食』」(担当:田中英資准教授)
    ・「【洒落怖】『今度は落とさないでね』」(担当:高戸聰准教授)
    ・「日本語教師を目指そう」(担当:日野資成教授)・
    ・「ジェンダー:性(生)の多様性を知ろう」(担当:寄藤晶子准教授)
    ・「言葉と文化と物語」(担当:能勢卓准教授)
     
    そのなかから5回目の能勢卓准教授の講義「言葉と文化と物語」を少しご紹介します。能勢准教授は2018年度に現代文化学科に着任しました。アメリカ文学が専門です。ミニ講義では、言葉と文化や言葉と物語の結びつきから、言葉とコミュニケーションの結びつき、言葉のもつメッセージ性について、映画「プラダを着た悪魔」の一場面なども題材にしながら考えていきました。言葉と物語、文化やコミュニケーションの関わりの面白さが1年生にもつたわったようです。
     
    IMG_8024.JPG

    スタディスキルでは今後、研究倫理も含むメディアリテラシーについて学び、必要な文章の読み取り、理解力を養っていく内容にはいっていきます。スタディスキルで大学での学びの基礎を身につけたあと、2年生前期の必修科目「アカデミックリテラシー」で、2年生後期から始まるゼミで研究活動を進めていくために必要なスキルを身につけます。

    2018年
    05月28日

    【特別授業】2年生必修科目アカデミックリテラシー特別講義『女城主誾千代と復活の大名宗茂』

    先日もお知らせいたしましたように、2年生向け必修科目「アカデミックリテラシー」におきまして、立花家史料館公式キャラクター「宗成と誾千代」を招いた特別講義『女城主誾千代と復活の大名』を実施します。厳しい戦国時代を生き抜いた立花宗茂公と誾千代姫の人生を、武将方の演舞立花家史料館学芸員の先生による講義の組み合わせで学ぶことに加え、世界遺産登録が見込まれる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とも関わりの深い島原の乱についても、演舞を通して知識を深めます。内容盛りだくさんのこの特別授業は、立花家史料館様のご協力のもと行う文化を学ぶことの楽しさを知るアカデミックリテラシーのミニ講義であるとともに、柳川市のNHK大河ドラマ招致キャンペーンも兼ねています。
    また、この特別授業を裏方として支えるのは、歴史文化を地域の活性化につなげる研究・活動を行っている佐島ゼミの3年生、4年生です。その点で、学科での学びを実践につなげる取り組みでもあります。
    詳細なプログラムは以下の通りです。なんと、期間限定で現世に復活された柳川藩第2代藩主立花忠茂様も特別に参陣されるようです。
     
    0001.jpg

    日時:2018年5月30日(水)4時限目(15:25~16:55)
    (開場:15:15 開園:15:30)
    場所:福岡女学院大学 ギール記念講堂
    (正門よりまっすぐ進んだところにあります。)
    ※空き時間学生、中高生、保護者の方の聴講も歓迎です。
    ※ 但し座席は正規履修生の後方となります。
    ※ご来場の際は正門受付にて「アカデミックリテラシー」とおっしゃってください。駐車場ございます。
    ※14時以降ヘの御来学をお願い致します。授業までは大学カフェでお待ちいただけます。
     

    2018年
    05月22日

    【イベント告知】特別講義「女城主誾千代と復活の大名宗茂」実施のお知らせ


    現代文化学科2年生は、必修科目「アカデミックリテラシー」で発表資料の作り方や資料を作るうえで大切な要約の仕方など、大学でのアカデミックな学びに必要なスキルを学びながら、文化の豊かさやそれを学ぶ楽しさに触れるミニ講義も受講します。今回は、この「アカデミックリテラシー」のミニ講義の一環として、立花家史料館公式イメージキャラクター「宗茂と誾千代(ぎんちよ)」を招いた特別講義「女城主誾千代と復活の大名宗茂」を実施します。なお、この特別授業は学外の方にも公開いたします。詳細は以下の通りです。

    日時:2018年5月30日(水)4時限目(15:25~16:55)
      (開場:15:15 開園:15:30)
    場所:福岡女学院大学 ギール記念講堂
      (正門よりまっすぐ進んだところにあります。) 
    ※空き時間学生、中高生、保護者の方の聴講も歓迎です。
    ※ 但し座席は正規履修生の後方となります。
    ※ご来場の際は正門受付にて「アカデミックリテラシー」とおっしゃってください。駐車場ございます。
    ※14時以降ヘの御来学をお願い致します。授業までは大学カフェでお待ちいただけます。


    フライヤー530.jpg

     

    2018年
    05月19日

    【ゼミの活動】武将隊の交流イベントを見学しに、柳川にでかけました

    佐島教授は、これまで「熊本城おもてなし武将隊」立花財団・立花家史料館公式イメージキャラクター「宗茂と誾千代」と授業のタイアップ企画を通して、学生に日本の過去の歴史と現在とのつながりを実感してもらう取り組みが行ってきました(例えば、コチラコチラに、コチラ)。また、こうしたイベントの企画・運営は、歴史文化を地域の活性化につなげる活動を行ってきた佐島教授のゼミ学生が行ってきました。

    今年度も、こうした取り組みを実施するにあたり、まず、佐島ゼミ3年生と4年生が、5月13日に柳川御花で開催された武将隊イベント「島原の乱 その時何が起こった」を見学に、柳川藩主立花邸御花にでかけました。立花財団・立花家史料館公式イメージキャラクター「宗茂と誾千代」と、島原城を訪れる人たちをもてなす「島原城七万石武将隊」の交流イベントです。
     
    1526219941141.jpg


    午前中は「学芸員が語る御家の事情-立花・鍋島・細川のうごき-」を拝聴しました。反乱鎮圧に集まった九州諸大名の本音を、各地の博物館史料館の学芸員の先生方がそれぞれの大名家の立場で、「ウチはこうでした」「じゃあ、ウチもそれ同じ~!」と語り合うトークイベントです。配布された資料には福岡女学院の十時理事長のご先祖さまのお名前も…。

    ランチは学生各自で柳川の美味しいもの発見に掘割端の道へGo!

    午後は、武将方の演舞を見学しました。まず、立花家史料館公式イメージキャラクター「宗茂と誾千代」の「島原の乱特別演舞」。「宗茂と誾千代」は、普段なら宗茂公、誾千代姫、立花家宝刀の雷切丸の3人で演舞するのですが、今回は、宗茂公の後を継いだ忠茂様が甦っての初陣演舞でした(その代わり、なぜか雷切丸くんの姿が見えなかったです)。そして、島原城七万石武将隊から天草四郎殿、島原城を建てた松倉重政殿、乱後の復興をした城主高力忠房殿の演舞が続きます。島原の7万石武将隊はオール女子で、凛々しく可愛く美しくが、アピールポイント。凄い迫力の演舞を披露されました。
     
    1526220092123.jpg

    和気藹々とした楽しいステージづくりを見学することで、企画運営のコツを学ぶことができました。5月30日には、2年生向け必修授業「アカデミックリテラシー」で、「宗茂と誾千代」をお迎えした特別授業を実施する予定になっています。

    2018年
    05月14日

    【ユニークな授業】1年生向け課題解決型授業の「プロジェクト演習」が始まっています。

    現代文化学科を特徴づける科目のひとつとして、1年生全員を対象の課題解決型授業科目「プロジェクト演習」があります。これは、アクティブラーニングの手法を取り入れた授業で、与えられた課題をグループワークで取り組むことを通して、プレゼンテーション力や思考力を身に着けながら、チームで働くとはどういうことかを学ぶものです。
     
    IMG_7876.JPG

    12のグループに分かれた1年生に与えられた最初の課題は、与えられた図に描かれた三角形の数とその探し方を説明するプレゼンテーションを行うというものでした。三角形の数と探し方のプレゼンテーションと書くのは簡単ですが、聴いている人にわかりやすくプレゼンするというやり方ひとつをとっても、様々な説明の仕方が考えられます。また、与えられた時間内で説明する必要もあります。相手にどう説明すれば分かりやすいか、それぞれのグループが知恵を絞って考えなければなりません。それぞれのグループが考えた説明の仕方も、三角形を色分けして区別したり、番号をつけたりとさまざまでした。
     
    IMG_7879.JPG

    今回は最初の課題ということで、まだ慣れない様子の1年生。説明の仕方の工夫はよく考えられていましたが、グループで行うプレゼンテーションはまだまだ決して上手いとはいえませんでした。しかし、この「プロジェクト演習」で何回も課題をこなすことで、少しずつ効果的なプレゼンテーションの方法が身につき、1年後にはどのグループもチームワークを発揮した素晴らしいプレゼンテーションができるようになっていきます。

    また、「プロジェクト演習」で培った力をゼミ活動でさらに伸ばし、2017年度「社会人基礎力育成グランプリ」で全国1位を獲得する学生たちも輩出しています。



     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@