• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2018年
    12月26日

    【イベント】「小郡市×福岡女学院大学 観光まちづくりを考えるシンポジウム」が実施されました

    12月1日、小郡市埋蔵文化財センターにおいて行われた観光まちづくりに関するシンポジウムで、現代文化学科の2年生3名がパネリストとして登壇し、意見を発表しました。
     
    DSC02342.JPG

    すでにお知らせしたように、2018年7月に小郡市と福岡女学院大学は「小郡市観光まちづくり調査研究事業の実施に関する協定」を締結しました(コチラをご参照ください)。協定の締結を前提として、「観光文化論B(観光まちづくり論)」(非常勤講師の片岡宏二先生担当、以下「観光まちづくり論」)では、観光まちづくりはどのように捉えるべきか、小郡市の文化遺産や文化遺産の保全と活用のあり方を事例にした講義が行われました。その一環として5月には小郡市内の文化遺産や観光スポットを巡るフィールドワークを実施しました。フィールドワークやその後授業で考えたことをふまえ、7月の協定調印の際には加地良光小郡市長や市の関係者の皆様に対して学生たち自身の出身地や現在住んでいる地域と小郡市との比較や学生の視点で考えた「観光まちづくり」に関する提案を発表する意見交換会を行いました。
     
    〔5月に小郡市で行われたフィールドワーク〕
    DSC02011.JPG
    〔7月に行われた調印式とその後の意見交換会〕
    IMG_6906-2.jpg
    IMG_6938.JPG
     

    そして12月1日、観光まちづくり協定の成果報告を兼ねたシンポジウムが開催されました。まず、第1部では阿久戸光晴学長が「幸福を実感できる地域づくりのために」と題した基調講演を行いました。そして、第2部では、片岡先生をコーディネーターに、加地小郡市長、小郡市教育委員会文化財課の杉本様、阿久戸学長、そして「観光まちづくり論」を履修していた現代文化学科2年生3名をパネリストとした「市民を幸せにする小郡市の観光まちづくり」と題したパネルディスカッションが行われました。現代文化学科の学生たちは、フィールドワークで訪れた小郡市の観光スポット(かえる寺、七夕神社、油屋など)に対する提案を発表しました。自分が住んでいる町との比較などからしっかり自分の意見を述べることができていました。
    〔シンポジウムで意見を発表するパネリストの学生たち〕
    DSC02275.JPG
    DSC02295.JPG
    DSC02395.JPG

    現代文化学科では、これまでも岡垣町や朝倉市など自治体と連携した観光まちづくり事業を行った実績があります。また、今回のシンポジウムのよう、に大学の中だけでは終わらない様々なかたちの授業が展開され、学生たちも主体的に取り組んでいます。

    2018年
    12月01日

    【公開授業のお知らせ】日本史Aの講義に『島原城七万石武将隊』が出陣します。

    日本史を専門とする佐島教授が担当している日本史Aの講義に『島原城七万石武将隊』から3武将(松倉重政様、高力忠房様、有馬晴信様)が参陣します。佐島教授は2015年度から『熊本城おもてなし武将隊』はじめとした九州各地の観光おもてなし武将隊とのコラボによって、歴史・文化の語り継ぎを通して学生に日本の歴史と現在とのつながりを実感してもらうことを目的とした様々な企画を日本史の講義のなかで展開してきました。なお、『島原城七万石武将隊』との企画は今回が初めてです。詳細は以下の通りです。

    ★日時:12月18日(火曜日)11時30分~(2時限目)
    ★場所:ギール記念講堂

    この特別講義は日本史Aを履修している学生だけでなく、一般の方にも公開されます。グッズ販売も実施予定です。 また、この企画の運営は、佐島教授のゼミ生たちによって行われます。
     
    〔参陣される3武将:(左から)松倉重政様、高力忠房様、有馬晴信様〕
    DSC_0550.JPG

    〔武将方の華麗な演舞〕
    DSC_0525.JPG

    〔島原七万石武将隊の本拠地、島原城〕
    IMG_7949.JPG

    2018年
    05月22日

    【イベント告知】特別講義「女城主誾千代と復活の大名宗茂」実施のお知らせ


    現代文化学科2年生は、必修科目「アカデミックリテラシー」で発表資料の作り方や資料を作るうえで大切な要約の仕方など、大学でのアカデミックな学びに必要なスキルを学びながら、文化の豊かさやそれを学ぶ楽しさに触れるミニ講義も受講します。今回は、この「アカデミックリテラシー」のミニ講義の一環として、立花家史料館公式イメージキャラクター「宗茂と誾千代(ぎんちよ)」を招いた特別講義「女城主誾千代と復活の大名宗茂」を実施します。なお、この特別授業は学外の方にも公開いたします。詳細は以下の通りです。

    日時:2018年5月30日(水)4時限目(15:25~16:55)
      (開場:15:15 開園:15:30)
    場所:福岡女学院大学 ギール記念講堂
      (正門よりまっすぐ進んだところにあります。) 
    ※空き時間学生、中高生、保護者の方の聴講も歓迎です。
    ※ 但し座席は正規履修生の後方となります。
    ※ご来場の際は正門受付にて「アカデミックリテラシー」とおっしゃってください。駐車場ございます。
    ※14時以降ヘの御来学をお願い致します。授業までは大学カフェでお待ちいただけます。


    フライヤー530.jpg

     

    2017年
    11月25日

    【イベント告知】「日本史A」特別授業&NHK大河ドラマ招致キャンペーン 『戦国最強カップル 誾千代姫・立花宗茂公 降臨!』

    先日ご案内しておりました「日本史A」特別授業&NHK大河ドラマ招致キャンペーン 『戦国最強カップル 誾千代姫・立花宗茂公 降臨!』が迫ってまいりました。皆さまのご来場をお待ち申し上げます!
    以下は、佐島ゼミ2年生が作成したイベントポスターです!

    フライヤー立花4.jpg

    なお、会場の422教室(4号館2階)への経路は、以下の地図をご確認ください。4号館は赤い丸で囲ってある建物です。正門から入られた場合、池のある中庭を抜けてグラウンドを正面にして、左手にお進みください。
    map_marked.png

    2017年
    06月12日

    【イベント告知】「熊本城おもてなし武将隊」を招聘した公開授業のご案内

    昨年12月に引き続き「熊本城おもてなし武将隊」を招聘した公開授業を6月17日(土)3時間目(13時15分~)にギール講堂1階で行う運びとなりました。
    6月17日おもてなし部武将隊特別授業フライヤー.jpg

    今回は熊本城の初代城主・加藤清正の長女あま姫と、清正の重臣森本儀太夫庄林隼人が来学します。「戦国時代から400年ぶりによみがえった」姫と2人の武将(加藤家の二傑)の語りを通して、日本の歴史や熊本の観光・史跡復旧について親しく感じ、理解を深める時間となることを期待しています。公開授業では、以下のようなトークが予定されています。 司会は現代文化学科の佐島教授(日本史・日本史B担当)です。

    ・清正との関係(どのようにして加藤家家臣になったの?)
    ・姫の生き様
    ・加藤家に忠誠を誓う家臣たち
    ・熊本城の現状等

    学生のみならず、大学卒業生、中高生、生徒学生のおうちの方々も歓迎です。おうちの方や卒業生の方々には、正門で「武将隊授業」とおっしゃってそのままギール講堂に向かっていただければ、そちらで受付します。客席からの授業の妨げにならないように節度を持った写真撮影は可能ですが、動画撮影はできませんのでご了承ください。

    なお、この公開授業は、学院活性化資金(産学連携)の助成を受けた「歴史や文化の語りつぎの開発と支援」事業の一環です。また、震災後の熊本観光復興支援をも兼ねております。

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE