• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2012年
    04月14日

    観光実習A(東京エアライン研修) 学生によるレポート

     

    2月13日から2月16日の4日間、東京にある人材教育・社員研修機関、JALアカデミー(2012年4月よりJ-Presence Academy)でのマナー研修や、羽田空港周辺の航空関係施設の見学を含めた「観光実習A」に参加しました。私は、“吸収できるものは全て吸収する”“今まで大学で学んできたマナーや立ち居振る舞いなどがどこまで通用するかを知ること”を目的としてこの研修に参加しました。

    初日は、宿泊していた帝国ホテルで一流の接客に触れながら、テーブルマナーについて学びました。ここで一番心に残ったことは、テーブルマナーを教えて下さった講師の先生が、マナーに関することやそうでないことも、すぐに答えて下さり、1を聞けば10教えて下さったことです。ホテルスタッフも客室乗務員もお客様と接する仕事であり、お客様とのお話が尽きないようにいつまでも勉強は怠らない姿はとても印象に残りました。

    2日目、3日目は、JALアカデミーにてマナー研修を受講しました。2日間の研修で立ち居振る舞い、電話対応、ビジネスマナー、面接の練習など中身の濃い内容でした。電話対応の練習では実際に自分の声を録音し、先生に聞いてもらい、どの発音が聞き取りづらいか、自分の口調の癖などのご指摘をいただきました。自分の声を聞く機会はほぼありませんし、イントネーションや語尾の口調の癖を知ることが出来て良かったです。

    今回の研修では、正しいマナー、敬語なども見直すことができ、まだまだ自分の学んできた事が実際に自分の身についていないことにも気付かされました。実践的な人前での自己紹介や面接練習ではその様子をビデオに撮っていただいたので、とても為になる研修でした。今まで気付くことの出来なかった自分の日常生活の癖を見つけられました。現在も日々気をつけて生活しています。

    IMG_3934a.JPG

    最終日には、とても人気があり、なかなか見学出来ないといわれる整備工場の見学に行きました。普段見ることの出来ない距離で飛行機を見ることができ、感動の気持ちでいっぱいになりました。また、安全啓発センターにも行きました。聞いたことはあったものの、詳しく知らなかった御巣鷹山事故についてビデオを視聴し、実際に墜落した飛行機の残骸や遺留品の展示を見学しました。抑えようのない気持ちが込み上げ涙が出ました。事前授業や今回の研修で空港の現場を見学させていただくことなどを通して、今まで何度も安全がどれだけ大切かを教わってきましたが、その意味を初めて心から理解できたと思います。

    IMG_3420.JPG

    今回、この研修に参加出来、数々の貴重な経験が出来たことは私の糧となりました。今後、夢に向けてやらなければならないことが明確になったと思います。残り2年間、学生生活が残っていますが、この研修で再確認した、客室乗務員になりたいという夢に向けて後悔することのないように日々の生活に全力を注ぎたいと思います。(2年 中田さん)

    2012年
    02月07日

    エアライン研修の事前授業 「福岡空港見学」

    現代文化学科の科目「観光実習A」は、東京にある日本航空研修機関でのマナー研修や、羽田空港周辺の航空関係施設の見学を含めた本学科独自のエアライン研修プログラムで、将来客室乗務員空港グランドスタッフを目指す学生が参加します。現地での研修は授業期間の終わった2月に実施しますが、学期中から事前授業が行われています。

    今回は、日本航空・福岡空港支店を見学させていただき、乗客と接するチェックインカウンター業務フライトの運航を支える航務航空の安全を支える整備の仕事など空港での業務について学びました。

    1210 (1).JPG

    チェックインカウンターでは、カウンターの裏側で、係員の方がどのようなお仕事をされているのかをどの学生も興味深そうに見学していました。

    1210 (3).JPG

    また、飛行機の運航を支える航務部や整備部の方々に業務についてのお話を伺いながら、乗客からは見えない部分でも、限られた時間のなかで、安全な運航を支えるために非常に多くの人が関わっていることを知ることもできました。そして、今回の空港見学でお世話になった方々が誇りをもって自身の仕事をされていることが強く印象に残り、改めて働くとは何かを考えさせられた学生も多かったようです。

    1210 (2).JPG

    現場の仕事を実際に見学させていただいたことで、航空業界に入り、飛行機を飛ばす一員になりたい!と改めて感じさせる非常に充実した研修になりました。

    2012年
    01月24日

    エアライン研修の事前授業 「航空会社の仕事について」

    現代文化学科の科目「観光実習A」は、東京にある日本航空研修機関でのマナー研修や、羽田空港周辺の航空関係施設の見学を含めた本学科独自のエアライン研修プログラムで、将来客室乗務員空港グランドスタッフを目指す学生が参加します。現地での研修は授業期間の終わった2月に実施しますが、学期中から事前授業が行われています。

    今回は、東京での研修でお世話になる日本航空・福岡地区販売部担当者と現役の客室乗務員を講師にお招きしました。

    まず、日本航空の歴史やエアラインという事業がどのように支えられているかについてのお話を伺い、航空会社の具体的なイメージをつかみました。

    1202 (1).JPG

    続いて、客室乗務員の仕事について具体的なお話を伺いました。飛行計画や機内食、機内販売品等の内容について事前にしっかり頭に入れておかないといけないサービスのプロとしての仕事についてお話や、乗客の命を預かる保安要員としての役割がとても重要だいうお話が印象に残った学生が多かったようです。

    1202 (3).JPG

    さらに、ご自身の就職活動のご経験も伺うことができ、どの学生も非常に熱心に聞き入っていました。

    1202 (2).JPG

     

    2011年
    12月11日

    エアライン研修の事前授業 「マナー研修」

    現代文化学科の科目「観光実習A」は、東京にある航空会社研修機関でのマナー研修や羽田空港周辺の航空関係施設の見学を含めた本学科独自のエアライン研修プログラムで、将来客室乗務員やグランドスタッフを目指す学生が参加します。

    実際の研修は2月に行いますが、それに備えるための事前授業が11月25日から始まりました。第1回目は、国際線乗務経験がある元客室乗務員の石田桂子先生を講師にお招きしたマナー研修でした。

     ojigi.JPG

    普段の大学の授業とは異なり、先生から接客の心構えについてのお話を伺うだけでなく、お辞儀の仕方や歩き方など立ち居振る舞い方を実際にご指導していただく非常に実践的な内容でした。

    マナー講座を受講した学生たちは、接客の心構えや立ち居振る舞いは、普段から常に意識することの大切さについて、身をもって学ぶことができたようです。今回学んだことを生かして、2月の研修がさらに充実したことになるよう頑張っていきましょう!

    2011年
    11月16日

    ヨーロッパ研修の報告(ドイツ編)

    9月1日から12日間ヨーロッパ研修に参加しました。大学生活、最後の夏休みを利用して念願のヨーロッパに行ってきました。行先はイタリアから電車移動でのドイツへの旅です。私はドイツについて書きたいと思います。

    イタリアのヴェネツィアを出発し、ヴェローナという町で乗継をしてドイツのミュンヘンへ移動しました。ミュンヘンはイタリアの町とは違い、近代的な町でファッションビルがたくさんあり、その中にも歴史的な建物も残っていて楽しく観光できました。ミュンヘンの中心であるマリエン広場には1867~1909年に建造されたネオ・ゴシック様式の新市庁舎があり、ドイツ最大の仕掛け時計が有名です。

    次の日はリンダーホーフ城とノイシュバンシュタイン城を見学するツアーに参加しました。印象に残っているのはシンデレラ城のモデルとなったノイシュバンシュタイン城です。綺麗で美しく、また見る角度によって外観が全く違うのでずっと見ていても飽きません。またお城の中も煌びやかで、頑張って山を登った甲斐がありました。

    IMG_6578.JPG

    次はロマンティック街道です。アウクスブルク、ネルトリンゲン、ディンケルスビュール、ローテンブルクの順に中世の街並みをバスで観光しました。建物は統一性があり、とてもかわいくて温かい街並みが広がっていました。

    ローテンブルクでは、かわいい街中を散策し、お土産もたくさん購入できました。お店はどこもおとぎ話に出てくるようなかわいい外観で、日本では見られないようなものもたくさん発見できました。テーマパークに来たような感覚です。

    IMG_6876.JPG

    最後はフランクフルトです。フランクフルトは商業・金融の中心地なので今回の旅では1番近代的な町です。訪れたときは週末ということもあり、レーマー広場は賑わっており、ドイツビールを飲みながらお祭り騒ぎの人やゆっくりスポーツ観戦する人など様々な人々と出会うことができました。最後にフランクフルトの夜景を見て今回の旅を終えました。

    この研修に参加するまではドイツにあまり興味がなかったのですが、想像以上に街並みが美しく、料理も美味しいのでドイツに完全に魅かれてしまいました。その土地を訪れ、直に触れないと分からないことばかりだと実感しました。また自分で荷物を運びながら、ガイドを見ながら、海外での電車移動というのは初めてでした。このような旅のスタイルを体験できたので、この研修に参加して良かったと改めて思います。この経験を生かして、これからも機会があれば旅をどんどん続けたいです。(4年松尾さん)

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@