• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2013年
    12月15日

    【学生レポート】 夏休み・ヨーロッパ研修の報告①

    11日間のヨーロッパ研修を終え、初めてのヨーロッパということもあり、すべてが新鮮で、本当にたくさんの経験をすることができました。

    IMG_3089.JPG私は街全体が世界遺産になっているコルドバにとても興味を持っていたのですが、実際にコルドバを訪れ、実際に街並みを目にしたことで、その土地の歴史を含めなぜ街全体が世界遺産になっているのかわかった気がしました。本当に素敵な街並みで、小さな都市ならではのアットホームな雰囲気も感じることができ、とくに夜の広場やテラスの雰囲気がとても好きでした。

    IMG_2783.JPG

    コルドバの他に心に残った都市はグラナダです。グラナダは、滞在時間自体は少なかったのですが、十分に満喫することができました。特に朝から行ったサン・ニコラス展望台から見た景色がとても美しく、印象的でした。展望台にたどり着くまでは長い坂道で大変でしたが、その疲れも忘れてしまうほどでした。また、アルハンブラ宮殿では以前から見てみたかった水面に写る宮殿を見ることができ、とても感動しました。

    IMG_2922.JPG

    そして、今回訪れた中で最も印象深かった場所はやはりサグラダ・ファミリアでした。

    IMG_2487.JPG想像していたよりも遥かに大きく壮大で、サグラダ・ファミリアが初めて目に入った瞬間は本当に感動的でした。上からの眺めも素晴らしく、中で何をしたというわけでもないですが、3、4時間の滞在が本当にあっという間に感じました。早く完成した姿も見てみたいですが、建築途中の姿を見られたことも貴重だったかもしれないと思いました。さらに、もう一つ研修の前から楽しみにしていたグエル公園では、トカゲの噴水での写真撮影は争奪戦だと聞いていたのでみんな気合を入れていたのですが、意外とスムーズにいき、思う存分写真が撮れて満足でした。

    IMG_2671.JPG

    食事に関しては、実際に現地に行き口にするまで少し不安もあったのですが、どの料理も本当においしく、日本人の口に合うものが多かったと思います。メニューはスペイン語や英語で書いてあり、写真もないものがほとんどだったため、実際に運ばれてくるまでのスリルもあり、毎回の食事がとても楽しかったです。

    IMG_3225.JPG

    スペインには、日本にはどこを探してもないような街並みや景色があり、そのようなところから長い歴史を感じることができました。天気にも恵まれ、本当にいい思い出を作ることができました。この研修に参加できて本当によかったと思います。(3年 釣船さん)

    2013年
    09月15日

    研修旅行が無事に終了しました

    現代文化学科では学外で実地見学や実習をおこなう研修旅行科目を数多く実施しています。

    この夏は、韓国、トルコ、スペイン、オランダで研修旅行を実施しました。研修の模様は現代文化学科facebookでご紹介しています。
    http://www.facebook.com/fukujogendai

    また、現代文化学科Todayでも関連記事を掲載していきます。ご期待ください。

    2013年
    03月21日

    【学生レポート】 沖縄ホテル研修の報告

     

    私は今回、4泊5日の沖縄ホテル研修に参加させていただきました。この研修ではサービス業やホテルでの仕事に興味がある27人が参加し、事前にマナーやホテル業務についての講義を受けてから沖縄に向かいました。

    研修はまず、ホテルの方々から座学でのガイダンスを受け、その後フロント・ベル、料飲、客室管理と3つのチームに分かれて実際に仕事を体験させていただきました。まず、私はフロント・ベルの研修を受けました。普段、私たちがお客様としてホテルを利用する時、一番関わるのがこの仕事のため、どのような内容か分かっていたつもりでしたがそれを上回るものでした。荷物を受け取ったり受付をしたりするだけでなく、お客様の車の移動や部屋の空き状況に応じてお客様に合った部屋を勧めたり、バースデーやウエディングでのサプライズの準備をしたりしていて観察力やその時々の臨機応変な行動が必要なのだと感じました。

    IMG_6974.JPG

    料飲の研修ではレストランのホールスタッフの仕事と接客のロールプレイング、カクテル作りをさせていただきました。ロールプレイングでは普段、アルバイトでしているような接客ではなく、それ以上の注意力と気配り、そしてマナーを意識して行わなければならなかったので緊張しました。普段体験できないカクテル作りはとても良い経験になりました。

    最後に客室管理の研修ではベッドメイキングを行いました。客室管理はほとんどお客様と接する機会はありませんが、どの業務にも負けずお客様が部屋で快適にリラックスして過ごせるように細かいところまで配慮していることが伝わりました。そのため、ベッドメイキングして終わりではなく、チェックマンという部屋の最終確認をする人がいて合格を貰わなければその部屋を商品として出せないとのことでした。この仕事をしている方々は一部屋25分程度で終わらせると聞いたときは本当に驚きました。

    IMG_6820.JPG

    ホテル研修は2日間でしたが、残りの時間に今流行りの海カフェやひめゆりの塔、首里城、美ら海水族館など沖縄の文化や歴史を学び、そして現地の人達のあたたかさに触れることが出来ました。

    この研修に参加させていただいてサービス業と言ってもさまざまな職種があることを知りました。しかし、どの仕事もお客様に喜んでいただきたいという気持ちは同じであり、楽しんでもらったり時には感動していただいたり出来るような素晴らしい仕事だと改めて感じました。今後、この研修を学校生活だけでなくアルバイトや就職活動にも活かしていきたいです。(2年午頭さん)

    ▼現代文化学科Facebook
    http://www.facebook.com/fukujogendai

    2012年
    10月21日

    ヨーロッパ研修の報告(チェコ編)

    私は、研修の4、5、6日目に訪れたチェコのプラハについて紹介します。プラハはロマネスク以降のあらゆる時代の、あらゆる様式の建造物が残る町並みが特徴です。プラハ初日はベルリンからの移動で到着が日没前であり、プラハ観光の中心地ともされる旧市街広場の夜景観光を堪能しました。石畳の上に広がるライトアップされた建物と、夜の雰囲気がとても幻想的でした。また、周辺にはテラス席を設けた飲食店も軒を連ねており、夜にもかかわらず地元の人々や観光客で大変賑わっていたのが印象的です。

    旧市街広場の夜景.JPG

    2日目はプラハ最古の橋といわれるカレル橋を通り、プラハ城へと向かいました。プラハ城は世界でもっとも大きい城のうちの一つとされています。そのプラハ城の中にある聖ヴィート大聖堂は、ゴシック様式で荘厳な建物でした。また、色鮮やかなステンドグラスが施されている点も見所の1つです。次に訪れた黄金の小路という名所は、おとぎ話に出てくるようなかわいらしい家が立ち並んでいます。ここはすべてお土産屋さんで、個性あふれる雑貨やチェコの伝統工芸品を購入することができます。プラハらしいお土産で代表とされる、ボヘミアンガラスやマリオネットなどもここで手に入れることができます。

    カレル橋.JPG

    黄金の小路.JPG
    プラハ観光最終日には、街並み全体が世界遺産にも登録されているチェスキー・クルムロフを訪れました。ここは13世紀の街並みそのまま姿で残っている古都ともいえます。チェスキー・クルムロフ城の橋の先にあるバロック様式の広大な橋や、ゴシックからルネサンス様式に改修された城の塔を訪れ、そこから見渡すことのできる街並みはとても美しく時が止まったかのようでした。そのあとプラハの旧市街広場に移動しました。旧市庁舎の塔はエレベーターで上ることが可能であり、塔へ上り旧市街周辺を360度見渡すことができました。建物の屋根がオレンジ色に統一されており、異国に来たことを再認識させられた瞬間でした

    旧市庁舎の塔の上からの眺め2.JPG

    この研修では、ガイドブックや旅行雑誌などに掲載されている情報の他に、実際に自分たちの足で現地を訪れたからこそ得ることができたものも多くあったように感じます。特に同じヨーロッパの国でも3カ国それぞれ街の雰囲気や人柄など異なり、国の個性を実感できたことが面白く感じました。そして、外国の食習慣や生活習慣、それぞれの国の雰囲気や治安など、日本との違いに驚くこともたくさんありましたが、普段の生活では経験できないことを体験できたと考えます。今回は4年が3人でしたが、研修日程を重ねるにつれ異なる学年のメンバーとも距離が縮まっていき、楽しく充実した研修を送ることができたことを嬉しく思います。(4年森さん)

    ※現代文化学科facebookにも関連記事を掲載しています。
    http://www.facebook.com/home.php?ref=hpskip#!/fukujogendai

    2012年
    10月08日

    ヨーロッパ研修の報告(ベルリン・ウィーン編)

     
    IMG_2989.JPG

    9月1日から12日間、ヨーロッパ研修に参加しました。今年は、ドイツ、チェコ、オーストリアの3カ国です。福岡を出発し、香港を経由した後、約12時間のフライトを終えフランクフルトに到着しました。ここから電車を乗り継ぎ、ベルリンに到着したときは、綺麗な町並みと異国感に魅了され、長時間の移動での疲れも吹っ飛びました。

    ベルリンでは、ベルリン大聖堂やイーストサイドギャラリー、博物館島などを訪れました。中でも私のお気に入りの場所は、ベルリン大聖堂とドイツ連邦議会議事堂です。大聖堂は、1700本のパイプを持つオルガン、地下聖堂には美しく装飾された王家の棺が100墓以上納められており、歴史を感じることもできます。建物の外観、内部の荘厳で美しい装飾やステンドグラスに魅了されました。議会議事堂は、名前の通りドイツ連邦議会の本拠地であり、ベルリンの町並みと行政区域が見渡せるガラス張りの丸い屋根が特徴の建物です。らせん状に登ることができるガラス張りのドームは観光名所となっており、私達が訪れた夕方には、綺麗な夕日を見ることができました。

    IMG_3157.JPG

    ベルリンからプラハへ移動し、7日目にはウィーンにやってきました。ウィーンでは、美術史美術館やシュテファン寺院を訪れたほか、建築めぐりをしました。8日目に訪れたシェーンブルン宮殿は、私がこの研修で訪れた数々の名所の中で最も印象に残っている場所です。ハプスブルグ家の夏の離宮だったバロック宮殿では、マリアーテレジア女帝やエリザベート皇后の暮らした部屋、1441室のうち最も重要な約40室が一般公開されています。また、丘の上に立つグロリエッテ前からは、シェーンブルン宮殿とウィーンの街並みを眺めることができます。この宮殿とその広大な庭園すべてがユネスコ世界遺産に指定されているだけあり、どこを見てもとても美しく、素晴らしい絶景に心が癒されました。

    IMG_3745.JPG

    正直に言って、私はこの研修に参加するまではヨーロッパにそれほど興味がなかったのですが、想像以上に美しい町並み、美味しい料理、時間がゆっくりと流れている雰囲気など、様々な魅力に引き込まれていきました。長時間の列車移動や、街中では歩いての観光で疲れもありましたが、異文化に触れ、多くのことを学ぶことができ、毎日が新鮮で色濃くとても充実した12日間でした。そして何より、研修で多くの友人と出会い、最高の思い出が作れて本当に良かったです。(4年後藤さん)

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@