• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2015年
    03月25日

    【フィールドワーク】 ヨーロッパ世界遺産研修 イタリア編

    現代文化学科では、長期休暇を利用し、さまざまな研修旅行(フィールドワーク)を数多く実施しています。「フィールドワーク現代文化(欧米A)」では、「鉄道でめぐるフランス・イタリアの世界遺産」をテーマに11日間でフランス・イタリアへ行ってきました。ここでは、イタリアについての学生レポートを紹介します。

     
     
    イタリアでは、ミラノ・ヴェネツィア・フィレンツェ・ローマとイタリアの5大都市のうちの4都市を訪れました。私がイタリアを訪れた中で特に印象に残った都市は、ヴェネツィアとローマです。
     
    IMG_2665.JPG
     
    水の都・ヴェネツィアは、街全体が世界遺産に登録されています。島内の建物は統一感があり、建物と建物の間を流れる川や川を渡る橋のちょっとした風景などもオシャレでとても絵になり美しい島だなと感じました。また、島の中心部のサン・マルコ広場にある鐘楼からは、ヴェネツィアの全体を眺めることができます。夕暮れ時に染まるヴェネツィアは本当に美しくて言葉を失うほど感動したことを覚えています。まさに、街全体が世界遺産であることを実感した瞬間でした。
     
    IMG_2757.JPG
     
    永遠の都・ローマには、有名な観光地が沢山あります。事前授業でローマを舞台にした映画『ローマの休日』を見たので、実際にその場所に行けることをとても楽しみにしていたのですが、スペイン広場やトレヴィの泉、コロッセオなどが工事中でとても残念でした。しかし、工事中でさえも感動を覚えるほどの美しさでした。トレヴィの泉で、コインを投げたのでまたローマに戻れると信じて、次こそは工事中ではない姿を見に行きます!!イタリア最後の夕食は、日本人シェフの方が働いているレストランに行きました。みんなで研修のことを振り返り、お互いの印象に残ったところなどを言い合い、思い出話に華を咲かせたのは研修の食事の中で一番楽しくてとても幸せな時間でした。
     
    IMG_2944.JPG
     
    イタリアでの研修中、私たちは三人の日本の方と偶然お会いしました。一人は、先ほども話した通り、ローマの最後の夜に食事したレストランの日本人シェフの方です。また、ヴェネツィアにある革製品のお店では女性の店員さんが働いていらっしゃいました。そして、フィレンツェの中央市場の中でも女性の方が働いていらっしゃいました。この数日間でこんなにも日本の方々にお会いできたことに驚きました。私には、三人の方はそれぞれが堂々としていて輝いており、とてもかっこよく見えました。世界で活躍する人を間近で見てとても刺激を受け、私も将来、海外もしくは、海外の仕事に携わることをしてみたいという考えも生まれ、将来の職業選択の視野が広がるきっかけになりました。
    また、この研修を終え、事前にしっかりと歴史や文化について勉強していたら、もっと興味を持って見学できたのではないかと感じました。再び訪れる機会があるならば、次はしっかりと知識を事前に身につけ、更に充実した旅にしたいなと思いました。そして、次は自分の力で訪れたいと心から思いました。あっという間の11日間でしたが、刺激的な毎日を送り充実した研修になりました。この研修に参加して本当に良かったです!!!(by 田鍋さん)

    IMG_3044.JPG

    2015年
    01月02日

    【フィールドワーク】 香港&イギリス研修

    現代文化学科では、国内外で数多くのフィールドワーク(学外への研修旅行)を実施しています。ここでは、2014年9月に実施した香港&イギリス研修に参加した学生による紹介記事を掲載します。
     
     
    IMG_8233.JPG

    私は、事前授業で自然や動物、植物を大切にし、高い環境意識がイギリスには根付いているということを勉強し、とても興味を持ちました。実際、イギリスではロンドンだけではなく、ケンブリッジやコッツウォルズなどへも行くことができたので、都市の風景だけでなく、田舎の風景も楽しむことができました。ロンドンでは街の中に公園として広大な土地に自然がたくさんあり、リスや白鳥、水鳥などがいましたが、コッツウォルズやケンブリッジへ行く電車の中から見える風景には、街を開発することなく、自然の中にひっそりと街を作っている感じで、丘には羊や牛の群れを見ることもできました。コッツウォルズではフットパスにも入ってみました。フットパスとは、イギリスで発祥した「歩くことを楽しむための道」のことで、農村部を中心に、イギリス国内を網の目のように走っている公共の散歩道です。このフットパスがイギリスにはたくさんあり、自然を大切にし、共存していくという意識が日本とは少し違った形であるということに気づきました。
     
    IMG_8016.JPG

    そして、イギリスの料理は美味しくないというイメージがありましたが、食べた料理はどれも美味しかったです。フィッシュ&チップスやアフタヌーンティー、イギリス料理だけでなく中華料理やインドカレーも食べました。移民が多いイギリスだからこそ、こういったいろんな国の料理を楽しめました。
    ロンドンでは、大英博物館やナショナルギャラリー、ジョンソーンズ博物館、ビッグベン、ウェストミンスター寺院などに行きました。本で見るのと目で見るのとではスケールも感動も全く違いました。特に印象に残っているのは、ジョンソーンズ博物館です。何もわからずに行ったのですが、博物館の中は驚きの連続でした。隠し扉や、絵画の部屋、無造作にレイアウトされた彫刻。どこの博物館とも違った雰囲気で、どれも素晴らしく、とても感動しました。建築家だったジョンソーンさんが趣味で集めたものを自宅で公開していたこともあり、家の中を見ることが出来たのも良い経験となりました。大英博物館では、先生の解説を聞きながら、実物を見て感じた歴史の誤ちなど、心に残るものがたくさんありました。

    今回の研修で学んだ歴史や文化、すべてがイギリスへの興味をより強くしてくれました。サービスの違いに驚いたり、呆れたりすることもありましたが、日本で当たり前に受けられる質の高いサービスのありがたさを知りました。
     
    IMG_8269.JPG

    また、文化の違いで異国を感じて、日本の良さを改めて感じることができました。日本の文化、歴史、伝統などを知り、それがどういう形で外国と繋がっているのか、また、どういう関係があり、お互いの国が繁栄してきたかも気になりました。こういったことを自分で調べ、実際に自分の目で確かめる。という経験をもっとしたいと思ったし、そういう機会を自分でもどんどん作っていきたいと思いました。(3年 宮元さん)

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai

     

    2014年
    10月15日

    【フィールドワーク】ヨーロッパ世界遺産研修 フランス編

    現代文化学科では夏季休暇や春季休暇を利用して、国内外でのフィールドワークを数多く実施しています。ここでは9月に実施した「フィールドワーク:ヨーロッパ世界遺産研修」のフランスでの模様を参加学生のレポートからご紹介します。


    9月1日から11日までフィールドワークでフランスとイタリアに行ってきまた。ここではフランスについて書きたいと思います。

    もともとフランスの文化や歴史に興味があり、ちょっとだけですが知識もあって、実際に行って文化や歴史を肌で感じたい!と思ったため参加を決意しました。

    フランスではパリとモンサンミッシェルとヴェルサイユに行きました。この3つの街は北海道よりも緯度が高いですが日差しが強く、暑かったです。しかし日陰では涼しくて日本の高温多湿の気候とフランスの気候の違いを感じることができました。急に暑くなったり寒くなったりと気候の変化がかなりあるため、服での調節が大変でした。

    IMG_1862.JPG


    パリの町並みは写真で見るよりも美しく、ちょっとしたカフェですらおしゃれで、町自体が一つのアートのようでした。更に駅でも電車の中でもアコーディオンやバイオリンを弾く人がいて、どこにいても芸術を楽しめる街だなと感じました。そのため、日本はフランスと比べて静かな国だと感じました。更にフランスは伝統的な町並みを大切にしているように思えました。それと比べて日本は高いビルが沢山あったりと、伝統的な作りをしたものは少ないように思えました。そこは日本のいいところでもあり、悪いところでもあると思いました。

    IMG_1885.JPG


    ヴェルサイユ宮殿にも行きました。ヴェルサイユ宮殿は想像以上に煌びやかで、広大な敷地でした。以前「ヴェルサイユのばら」を読んだときにヴェルサイユ宮殿は一つの街のようなことを言っていたことを思い出しました。まさにその言葉の通り!!と思うほど広大でした。ヴェルサイユ宮殿には数時間しかいることができなかったので完全に回りきれませんでしたので、また改めて時間を作って訪れたいと思いました。

    IMG_2475.JPG


    ルーヴル美術館にも行きました。ルーヴル美術館は行く前からとっても楽しみに思っていたところです。事前授業で絵画の知識をつけて美術館へ行きました。生の絵画は現代の3D技術をつかったものより立体的で、命が宿っているように見えました。参加者と絵について意見を交換し合って、それぞれ違う見方、見え方があって、そのような新しい発見をすることができて視野が広がったような気がします。

    IMG_2361.JPG


    今回フィールドワークに参加して、絵画や建物のデザインにキリスト教のモチーフが入っており、もっともっと旅を楽しむためには、宗教や歴史や文化の知識が必要だと感じました。旅をより楽しくするために幅広い知識をつけて、また改めてフランスへいきたいと思います。(2年 中島さん)

    IMG_2229.JPG

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai

     

    2014年
    09月18日

    海外研修「異文化へのアプローチ」の報告

    この夏、大学全体の海外研修プログラム「異文化へのアプローチ(欧米)」が実施されました。引率した現代文化学科・日野先生によるレポートを掲載します。
     

    今年度の「異文化へのアプローチ(欧米)」の一つはカナダのバンクーバーアイランド大学(VIU)で実施しました。VIUでの英語研修は8月4日から30日までの4週間で、10名が参加しました。うち、6名は現代文化学科、4名は心理学科の学生です。

    8月30日、福岡空港到着時の写真です。

    IMG_0848.JPG


    充実した研修で、みんな満足していますね。研修中は全員ホストファミリーの家に泊まり、カナダの文化を直に体験することができました。VIU研修は、福岡女学院大学以外にも、宮崎公立大学、沖縄国際大学、多摩大学など、40名以上の学生が参加しました。

    8月28日の最後の合同授業時の写真です。

    IMG_0846.JPG

    他大学の学生と一緒に切磋琢磨し、みなさんいっそう積極的になりましたね。現地では40数名が3つのレベルに分かれて、英語をインテンシブに学習しました。
     
    英語以外にも、洞窟探検、カヌー、カヤック、インドアロッククライミングなどの課外活動にも参加しました。洞窟探検の写真です。

    CIMG4604.JPG

    VIUでの研修は今回が初めて。みんなががんばったことで、福岡女学院大学とVIUの深い絆ができました。みなさん、どうもありがとう。これからもますます英語に磨きをかけてください。

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

    2013年
    12月27日

    【学生レポート】 夏休み・ヨーロッパ研修の報告②

    今回のヨーロッパ研修では、スペインとオランダの二ヶ国に行きました。私はオランダのアムステルダムについて書きたいと思います。アムステルダムで最初に驚いたことは、スペインとの気候の違いです。スペインの気候は、暑いけれど南国のようなさっぱりとした気持ちのよい気候でした。ですがアムステルダムは全くといっていいほど違いました。じめっとしていて雨は降ったりやんだり、少しヨーロッパを移動するだけでも天気はだいぶ違いました。

    IMG_3681.JPG

    アムステルダムでは、アンネ・フランクが第2次世界大戦の時のナチスによる迫害のときに実際に隠れていた家に行ったり、ゴッホの絵がたくさん置いてあるゴッホ美術館に行ったり、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」レンブラントの「夜警」があるアムステルダム国立美術館に行きました。

    IMG_3566.JPG

    実際に使われていたアンネの家に行ったり今まで教書や本などで見た絵が近くで見たりして、本物の迫力にとても感動しました。また、アムステルダムの街並みはとても素敵で絵本の中の街を歩いているようでした。日本とは違い水上にも家があり、生活環境の違いに驚きました。

    IMG_3688.JPG

    歩くことが多く体力のいる研修でしたが、きれいな街並みに癒され疲れも吹き飛び、またたくさんの先輩方と話しができとても楽しかったです。大学生活の大きな思い出のひとつになりました。(by 2年吉森さん)

    ▼現代文化学科Facebook
    http://www.facebook.com/fukujogendai

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@