• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2017年
    07月16日

    【研修旅行】ヨーロッパ(クロアチア・イタリア)への研修旅行の準備が進んでいます

    現代文化学科には欧米諸国やアジアに実際にでかけ、現地の社会・文化を見聞する研修旅行科目があります。この授業はただ旅行に出かけるだけではありません。事前授業で出発前に出かける国の歴史や文化、社会について調べて十分に理解を深めたうえで、勉強したことを実地体験によって確認します。今年度は、クロアチア、イタリアです。これらの国々の世界遺産をめぐることを通して、地中海地域の文化と歴史の理解を深めます。
    IMG_5238.JPG

    5月から始まった事前授業では訪問先であるクロアチアのドゥブロヴニク、イタリアのローマ、ヴェネツィア、アルベロベッロにおける観光資源をグループに分かれて調べたり、関連するDVDを視聴や、関心をもったことについての個人発表を行なったりすることを通して、現地についての予備知識を深めました。また、「旅行のしおり」を手分けして作成しています。滞在するホテルと研修で出かける場所の位置関係や、交通手段のほか、ローカルな食文化、土産物事情についても確認し、しおりの内容を充実させています。
     
    IMG_5237.JPG

     

    2017年
    02月25日

    【様々な研修旅行】 カナダで異文化体験!-学生の海外研修プログラム参加

    現代文化学科には国内外に出かける研修旅行科目が多く準備されていますが、福岡女学院大学としても、派遣留学プログラムのほかに、長期休暇中に実施される独自の短期海外研修プログラム「異文化へのアプローチ(欧米)」・「異文化へのアプローチ(アジア)」を実施しており、現代文化学科の学生が多く参加しています。
    IMG_3716.JPG
    2016年度後期の「異文化へのアプローチ(欧米)」の研修先は、カナダのバンクーバー・アイランド大学です。ナナイモという豊かな自然に囲まれた小さな港町にあります。
    IMG_3766.JPG
    〔美しい港町ナナイモ〕
    先週末に現地に到着しました。3週間の予定でホームステイをしながら、英語研修に参加します。英語研修が始まって1週間。オリエンテーションが終わり、授業がはじまりました。担当の先生はニッコリ笑いながら毎日いろいろな課題を出してきます。3週間とはいえ、どっぷり英語漬けの生活です。
    IMG_3688.JPG
    〔オリエンテーションで原住民について説明を受けています〕
    IMG_3744.JPG
    〔和気あいあいとした授業風景〕
    また、スケートやスキー、カーリングといったカナダならではのウィンタースポーツ体験や、大学のあるブリティッシュコロンビア州の州都ヴィクトリアへの訪問など、文化体験プログラムが組み込まれています。
    IMG_3761.JPG
    〔アイススケート体験〕
    IMG_3781.JPG
    〔ヴィクトリアのロイヤル・ブリティッシュコロンビア博物館〕
    今は話された内容が理解できても、それを言葉にすることができずもどかしく感じることが多い様子ですが、英語を使うことに慣れるだけでなく、異文化に接することの面白さや大変さを体感し、帰国後の学びに生かしてもらえたらと思います。
    IMG_3693.JPG
    〔バンクーバーアイランド大学のキャンパスで見かける野生のウサギ〕

     

    2016年
    10月30日

    【研修旅行】「フィールドワーク現代文化(アジアB)台湾研修」の報告

    現代文化学科にはアジアや欧米の諸国に実際にでかけ、現地の社会・文化を見聞する研修旅行科目があります。この授業はただ旅行に出かけるだけではありません。事前授業で出発前に出かける国の歴史や文化、社会について調べて十分に理解を深めたうえで、勉強したことを実地体験を通して確認します。今年度の研修旅行先は、韓国と台湾でした。以下は、夏休みに台湾に出かけた研修旅行(高戸准教授担当「フィールドワーク現代文化(アジアB)」)の報告です。
    台湾研修では、台湾の歴史的な経緯の複雑さを理解してもらうのが、目的の一つでした。
    DSC00030.JPG
    17世紀、スペイン人によって建設され、今世紀まで、オランダ、中国、イギリス、と主を変えてきた紅毛城、
    ファイル 2016-10-19 17 36 54.jpeg
    日本統治時代、炭鉱の街として栄えた九份、
    DSC00167.JPG
    中華人民共和国の蒋介石を祭る中正記念堂、などを訪れました。
    以下、学生レポートから紹介します。
    「私たちが龍山寺に行ったとき結構雨が降っていたのですが、雨が降っている中でもたくさんの人がお参りに来ていて皆必死に拝んでいてびっくりしました。」(T.S.さん)
    DSC00005.JPG
    smaller.jpg
    「士林夜市正面看板のほうにあるのが大きなチキンで有名な士林豪大大鶏排があります。……自分の顔くらい大きさで、でもしっかり味もついておりとっても満足でした。」(M.A.さん)
    DSC00165.JPG

    「どの場所に行っても旅行客への対応があり、楽しませてもらいました。旅行地となっていることを理解しそこでどうすることが満足を得ることができ、自分たちの利益になるのかをしっかり繋げて考えられているように感じました。」(M.A.さん)

    「海外は遠い、時間がない、そんな中台湾は日本から近く、日本語を話せる人が多く、とても行きやすい国です。台湾で美味しいご飯を食べ、きれいな景色を見て、台湾の方と触れ合い、気持ちを元気にして就職活動へのはげみにしたいと思いました。」(H.K.さん)

    最後に、みんなでオープンキャンパスなどで使用するパネルを作りました。
    smaller2.jpg
     

    2016年
    07月17日

    【研修旅行】台湾への研修旅行の準備が進んでいます

    現代文化学科にはアジアや欧米の諸国に実際にでかけ、現地の社会・文化を見聞する研修旅行科目があります。この授業はただ旅行に出かけるだけではありません。事前授業で出発前に出かける国の歴史や文化、社会について調べて十分に理解を深めたうえで、勉強したことを実地体験を通して確認します。今年度の研修旅行先は、韓国と台湾です。
    それでは、夏休みに台湾に出かける研修旅行(高戸准教授担当「フィールドワーク現代文化(アジアB)」)の事前授業の様子を覗いてみましょう。この台湾への研修旅行では、あらかじめ台湾の歴史を学んだうえで台湾の社会・文化を実地体験することで、東アジアにおける台湾の複雑な立ち位置についての理解を深めます。
     
    IMG_2179.JPG

    今日の事前授業では、台北市の地図を広げ、滞在するホテルと研修で出かける場所の位置関係や、交通手段などを調べました。また、ローカルな食文化事情についてもしっかり確認し、楽しみも増えたようです。
     
    IMG_2178.JPG

    2015年
    10月30日

    ヨーロッパの世界遺産をめぐる研修旅行 <チェコ>

    現代文化学科では、学内での学習のほかに、学外でのフィールドワークを数多くおこなっています。9月に実施した「フィールドワーク現代文化(欧米)」の模様を学生レポートよりご紹介します。


    ヨーロッパの世界遺産の魅力に触れるフィールドワークに参加しました。今回はチェコ、ドイツ、ベルギーを訪問しました。私は、チェコについてレポートします。
    チェコの首都プラハは街全体が世界遺産ということで、実際に行ったからこそその素晴らしい光景を見ることができました、言葉にできない感動を研修中ずっと味わうことができました。

    IMG_2573.JPG
     

    プラハは、石畳の道が迷路のように入り組んでいて、まさに私がイメージする中世のヨーロッパでした。
    プラハの中心とも言える旧市街広場は、旧市庁舎やゴシック様式のティーン教会などが立ち並び、歴史を感じることができました。


    IMG_2398.JPG


    天文時計、プラハ城から、プラハの街全体を見下ろすことができたのですが、どちらから見る景色も、赤瓦屋根が本当に絵葉書のように綺麗でした。


    IMG_2455.JPG


    私がとても行きたかった一つでもあるカレル橋は、ヴルタヴァ川に掛かるプラハ最古のゴシック様式の石橋です。幅10メートル全長250メートルの橋が、雲一つない空のもとどっしりと構えていて、その光景は写真で見ていたのとは比べ物にならないくらい素晴らしく、かっこよくて圧倒されました。


    IMG_2493.JPG


    今回のフィールドワークでチェコにいたのは二泊三日でしたが、チェコからは一生の思い出になる感動をたくさんもらいました。フィールドワークで学んだことを日常生活に活かしながら毎日を過ごし、また必ずチェコに行こうと思います!!! (3年 本多さん)

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

     

     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@