• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2019年
    08月27日

    【ユニークなゼミ学外活動】長崎県平戸市フィールドワーク(池田ゼミ 3年)

    池田ゼミ(3年)では、観光と文化・社会との関わりについて多角的に分析・検討できるようになることを目標としています。特に観光のメリット・デメリットの双方を捉えつつ、観光地の現状及び実態を把握し、その地域が抱える問題点や改善策を考えることをゼミの活動としています。特に今年は「女子大生の視点で旅行商品を造る」ことをテーマに掲げ、観光統計データを分析し、その結果とフィールドワークなどで得られた意見や情報を反映させながら、実際に旅行商品として販売することを目指しています。
    その活動の現地調査として、8月26日(月)に長崎県平戸市へのフィールドワークを実施しました。平戸市は古くから海を通じた海外との交流が活発な場所で、17世紀初頭オランダ船やイギリス船が訪れ、江戸幕府の許可を得て日本最初の西洋貿易港として栄え、異国の文化の発信地となった場所です。また長崎県内で最初にキリスト教の布教が開始された地として、風光明媚な美しい自然のなかにキリスト教の歴史と文化が息づく観光地です。今回はフィールドワークの活動についてご紹介します。

    フィールドワークではまず、「平戸ザビエル記念教会」に向かいました。平戸を訪れる多くの観光客が訪問するザビエル教会を訪れ、平戸とキリスト教の歴史や、教会と観光との調和に関する課題などを考えました。
     
    278AC7C9-983E-4049-A147-8962D43C321E.jpeg
    ≪★平戸ザビエル記念教会で記念写真★≫

    その後、生月島に向かい多数のCMのロケ地として活用されている「生月サンセット・ウェイ」を訪れました。夏の時期には珍しく大雨に見舞われ、限りなく広がる水平線や青い海を見ることはできませんでしたが、山側に切り立つ断崖や日本ではないような感覚になってしまうほどの素晴らしい景観を堪能しました。晴れていればドライブコースとしても有名な場所で、またぜひ晴れた日に訪問したいと思います。

    そして、生月を後にした一行は、「春日集落拠点施設かたりな」を訪問しました。この場所は、昨年世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の1つである「平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)」の世界遺産としての価値を地元の語り部の方から直接聞くことができます。春日集落の解説を受けた後、動画を視聴し、なぜ世界遺産に登録されたのか改めて勉強しました。また同施設では、地元のおばあちゃんたちが安満岳の湧水を使用したお茶や手作りのお漬物でおもてなしを受けることができます。ファンも多いおばあちゃんたちとの交流に、心癒され、学生たちもほっと一息です。
     
    6A9789AE-3AE7-4954-86F3-114FE09A6078.jpeg
    ≪★平戸とキリスト教の歴史について真剣に解説を聞いています★≫
     
    A51F2562-9E52-4F84-912F-7CFFE7E24C90.jpeg
    ≪★交流部屋ではおばあちゃんたちにお茶を頂きました★≫
     
    C7CEBDB5-684B-4257-B24D-4E65BFB60E19.jpeg
    ≪★おばあちゃんたちの手作りのお漬物を堪能しました★≫
     
    CFB324EC-EDFA-444B-974A-E7A6816DB053.jpeg
    ≪★おもてなしを頂いたおばあちゃんと記念写真★≫

    その後、「人津久海水浴場」を訪れました。「死ぬ前に行きたい世界の絶景-日本編-」でも取り上げられた絶景のビーチで、白い砂浜とエメラルドグリーンに輝く海の織りなすコントラストは、多くの人を魅力しています。幸運にも訪れた際は雨も止み、美しい海を見ることができました。
     
    A94853C1-F19C-4EB5-9692-171734AA9DDD.jpeg
    ≪★人津久海水浴場で記念写真★≫

    そして最後に、「田平天主堂」を訪問しました。田平天主堂は当初世界遺産候補として構成資産に挙げられていましたが、潜伏キリシタンに世界遺産の価値証明が変更された際に除外を余儀なくされました。しかし、除外後も観光客が年々増加しており、それに伴い本来の「信仰の場」としての意味と観光地化の動きに地域は揺れています。特に信者の方々にお話を聞くなかで、観光客が増加したことで生じた問題点や揺れる地域の実情に触れ、信仰の場と観光との調和の難しさを実感しました。
     
    CF1B5DC5-1B51-4F67-A64B-1B886761C5CD.jpeg
    ≪★献堂101年を誇る田平天主堂で記念撮影★≫

    今回のフィールドワークをもとに、後期のゼミ活動では実際に旅行商品づくりを開始する予定です。女子大生の視点から考える新たな旅行商品を造成し、平戸市の関係者に対してプレゼンテーションを行うことを目標として活動していきます!実際に旅行商品として販売が実現できるよう、今後とも活動を継続・発展させていきます。今回のフィールドワークにご協力いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

     

    2019年
    07月30日

    【日野ゼミ】くまもとにフィールドワーク

    こんにちは!私たちは現代文化学科3年の日野ゼミです。
    今回はゼミ研修として、6月2日(日)に行った熊本バスツアーについてご紹介します!
    ゼミ生全員で、1から計画をたてました。
     
    スケジュール
    8:00 福岡女学院 発 集合
    10:30 くまもと工芸会館 着 和菓子作り体験
    12:30 くまもと工芸会館 発  
    13:00 昼食
    グルマン 着
    赤牛ステーキ丼
     
    14:00 グルマン 発  
    14:30 熊本城 着 グループ行動
    16:00 熊本城 発  
    18:30 福岡女学院 着 解散
     
     
    まず、くまもと工芸会館で和菓子職人の立山学先生の下、私たちは和菓子作り体験をしました。
    Hino_201907_wagashizenninn.jpg

    hino_201907sagyo.jpg
    先生の流れるような作業を見ていると、一見簡単そうでしたが、実際にやってみると難しく、苦戦しました。
    和菓子作りの工程だけでなく、和菓子についても学びました。
    同じ和菓子といっても、地域の気候に合わせて作り方が違いうこと、
    外国から入ってきた羊羹が、徐々に日本人に合う味に変化して和菓子になった歴史もある、
    ということも知って考えさせられ、とても充実した時間になりました。
     
    熊本で有名な赤牛のステーキ丼を昼食に選んでお腹を満たすと、熊本城見学に向かいました。
    hino_201907kumamotojou.jpg
    ↑足場が組まれて工事中の熊本城の現状
     
    この天守閣は2019年10月から特別公開されます。
    熊本城全域の復旧作業は2037年まで続く予定ですが、
    熊本の復興を皆さんで応援しましょう!

    hino_201907josaien.jpg
    ↑お食事処やお土産屋さんが立ち並ぶ城下町のような城彩苑というエリア

    午後は、熊本城城下町周辺を三つのグループに分かれて散策しました。
    熊本城の近くには4つの有名な神社があります。
    それで2グループは、熊本城稲荷神社と山崎菅原神社を訪れました。
    hino_201907mikuji.jpg
    ↑山崎菅原神社のユニークな恋みくじ
     
    翌週、バスツアーで学んだことをグループ別に発表しました。
    それで、それぞれの考え方や思いを共有することで、より充実したバスツアーになりました!

    普段のゼミでは、日本と外国の文化の違いを比較してディスカッションやプレゼンテーションを行っています。
    その他にも、即興スピーチや意見文の作成を行って「書く、聞く、話す力」を伸ばし、
    自分の考えを他人にわかってもらう力を育て、また、異文化を理解する力も養っている日野ゼミです。
     
    興味を持った方はぜひ現代文化学科で共に学びましょう♪
    日野ゼミでお待ちしています! (3年生 Nさん)
     

    2019年
    06月12日

    【日野ゼミ】陶工房 遊山の窯でピザと陶芸作品を焼きました

    皆さんこんにちは!私たちは、現代文化学科・日野ゼミの4年生です。

    日野ゼミでは比較文化を学んでおり、その一環として昨年は「パルコと三越の比較」をしました。
    また、年に一回、日帰りバスツアーも企画しています。
    それで5月26日(日)に実行したバスツァーの模様をご紹介したいと思います。
     
    前回は、行き先を決めてからツアーを組みましたが、
    今回のバスツアーは「どこへ行きたいかではなく、何をしたいか」を重視して企画しました。
    スケジュールは以下の通りです。     
    時間
    場所
    8:00
    福岡女学院大学 発
    9:30
    道の駅 水辺の郷 おおやま
    10:30
    くじゅう花公園 着
     
    自由行動(60分)
    11:30
    くじゅう花公園 発
    12:30
    陶工房 游山 着
     
    ピザ作り&陶芸体験
    16:30
    陶工房 游山 発
    18:00
    基山PA
    19:00
    福岡女学院大学 着
     
     
    まず始めに、「くじゅう花公園」へ行きました。ネモフィラやポピーなど色とりどりの花々が一面に広がっており、就職活動で疲れた私たちの心を癒してくれました。
    hino_0526_1.jpg
     
    次に、「陶工房游山」へ行きました。ここでは、ピザ作り体験と陶芸体験をしました。ピザ作り体験では、薪窯で本格的なピザを作りました。6種類のピザ、オーナーの奥様のしずゑさんが大切に育てられた季節の野菜を使ったサラダ、コーヒーを頂きました。 

    hino_0526_2_caption.jpg  
    どうですか? おいしくできましたよ♪
     
    お昼を食べた後は、陶芸体験をしました。オーナーの游山さんのご指導のもと、思い思いの作品を制作しました。初めての電動ろくろや手びねりで、緊張しましたが、優しくサポートしていただいて、満足のいく作品ができました。2か月後の出来上がりが楽しみです。みなさんも、自然の中で貴重な体験をしてみませんか?
    hino_0526_3.jpg

     今回は体験型の日帰りバスツアーを企画し、非日常の体験をすることができました。また、チームの絆がより深まり、記憶だけではなく形に残る思い出を作ることもできました。このようにゼミ活動では、通常の授業とは異なった視点から様々なことを学ぶことが出来ます。
     私たちの学科は、観光分野に視点をおいた授業と個性あふれるゼミがたくさんあるので、楽しみにしていてくださいね!お待ちしてまーす!

    2019年
    04月25日

    5/22(水)島原城七万石武将隊 来学公開授業

    5月22日(水)11時40分 島原城七万石武将隊 特別公開授業
    shimabara5busho.png

    6月日本史授業に【神戸・清盛隊】様をお招きし、3年ゼミ生が準備をしていますが、
    実は5月の1年生向け授業には【島原城七万石武将隊】様をお招きし、4年ゼミ生が準備中です。

    「人とは、ただ年貢を取られるだけで終わりはしない。不条理と戦う勇気とプライドを持つ存在だ」と幕府に見せつけた16歳の天草四郎時貞様。
    戦乱で荒廃し人々も消えた島原に入った新領主・高力忠房様は、島原復興に力を尽くしました。「暮らしとは年貢の重軽だけではない。心の拠り所が必要だ」と、人々の気持ちを安らげました。
    その後を継いだ松平忠雄様は島原を発展させ、いつか起きるかもしれない災害への備えも怠りません。おかげで島原は飢饉の時にも死者を出さず、普賢岳噴火の大災害からも復興を遂げました。
    御三方のゆるく楽しい御案内で、時の彼方の島原へ旅に出ませんか。

    ■来学武将
    【 島原城七万石武将隊 】http://shimabarabushoutai.com/
       天草四郎時貞様・高力忠房様・松平忠雄様(予定)

    ■日程
    5月22日(水)午前11時25分 OPEN 
           午前11時40分 START
           午前12時55分 END
      
    ■会場 
    福岡女学院ギール記念講堂(福岡市南区曰佐3-42-1)
                    外来者駐車場あります
         
    ■対象
    現代文化学科1年生向け必修授業「スタディスキル~文化を学ぶ楽しみ」履修学生
      (スタディスキル履修者は11時25分に講堂集合してください)
    空き時間の学生。卒業生の方。御家族の方。一般の方。本学教職員。
      
    ■事前申込みなし。無料。

    ■学外の方は正門門衛所で「島原城武将隊授業」または「武将隊授業」とおっしゃって御通りください。

    ■御席
    講堂1階の前半中央2ブロックを着席エリアとします。
    最前列は、障がいのある方の優先御席、学生スタッフ席となります。
    2列目以降は、左右ブロックそれぞれを学生優先席・一般優先席としますが、空席があればどちらでも御自由に御着席ください。

    ■写真・動画撮影・ネットアップ
    御自由ですが、フラッシュ撮影は御遠慮ください。
    撮影機材を頭より上にはあげないでください。

    ■三脚、設置場所
    前半の客席サイドブロック(着席者はいません)と、
    前半中央ブロックの後ろの横通路で撮影可能です。

    ■大学カフェ・学食の御利用(学外者様へ)
    授業前のお待ち場所として、池のある中庭に面した1Fのカフェをご利用になれます。(御注文なさらなくてもかまいません)
    ただし1時~2時は学生で混み合うため座席確保やお食事は困難です。申しわけありません。
    カフェを抜けた別建物に、学食もございます。(こちらも1時~1時半過ぎまでは混雑し、限られたメニューしか残らない日が多いです)

    ■島原城七万石武将隊物販
    午後2時40分より、カフェでの販売を予定しています。
    物販と並行して、武将様方がキャンパス巡見(散策)に出られます。行き会った学生さんやお客様はラッキーです。
    (諸般の事情で変更があるかもしれません)

    ■御問合せ 
    メール   sajima711@fukujo.ac.jp
    ツイッター @sele607 (佐島)

    2019年
    04月24日

    6/13(木)神戸・清盛隊来学日本史公開授業

    『平家の思い~時空を超えて』
    kiyomoritai2_40.jpg

    800年の眠りから覚めた平安時代の平家の公達。
    棟梁・平清盛率いる一族は、今の世では本拠地神戸を中心に、全国で活躍しています。
    平家は由緒正しい武家の一族、殺陣も披露。
    しかも風雅な公達は和歌も見事。今の世の和歌はJ-POPにも似ています。
    神戸も震災に遭いました。「復興支援は続けることが大切です」とおっしゃる平家の皆様は
    2017年に熊本城復興チャリティソング「光/くまもとしっとぉ!?」を発表しました。
    その寄付に対して、大西熊本市長から感謝状も贈られました。
    平家の語る歴史、思いの溢れる歌、
    平家の方々と時を一緒に過ごしてみませんか。

    ■来学武将
    【 神戸・清盛隊 】https://ameblo.jp/kobe-kiyomoritai/
      平清盛様・宗盛様・重衡様 (予定)

    ■日程
    6月13日(木) 午後1時40分 OPEN 
           午後2時   START
           午後3時15分 END
      
    ■会場 
    福岡女学院ギール記念講堂(福岡市南区曰佐3-42-1)
                    外来者駐車場あります
         
    ■対象
    人文学部「日本史B」授業 履修学生
      ( 日本史B学生は1時45分に講堂集合してください)
    空き時間の学生。卒業生の方。御家族の方。
    一般の方。本学教職員。
      
    ■事前申込みなし。無料。

    ■学外の方は正門門衛所で「神戸・清盛隊授業」または「武将隊授業」とおっしゃって、御通りください。

    ■御席
    講堂1階の前半中央2ブロックを着席エリアとします。
    最前列は、障がいのある方の優先御席、学生スタッフ席となります。
    2列目以降は、左右ブロックそれぞれを学生優先席・一般優先席としますが、空席があればどちらでも御自由に御着席ください。

    ■写真・動画撮影・ネットアップ
    御自由ですが、フラッシュ撮影は御遠慮ください。
    撮影機材を頭より上にはあげないでください。

    ■三脚、設置場所
    前半の客席サイドブロック(着席者はいません)と、
    前半び中央ブロックの後ろの横通路で撮影可能です。

    ■大学カフェの御利用(学外者様へ)
    池のある中庭に面した1Fのカフェをご利用になれます。(御注文なさらなくてもかまいません)
    ただし1時~2時は特に学生で混み合いますので、座席確保やお食事は困難です。申しわけありません。
    (現在、開場までお待ちになれるスペースを検討中です)

    ■御問合せ 
    メール   sajima711@fukujo.ac.jp
    ツイッター @sele607 (佐島)

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@