• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2013年
    07月05日

    社会人講師による就職活動レクチャー

    日立情報制御ソリューションズ常務取締役の西谷昭氏が、日野ゼミ4年と3年のクラスに社会人講師として招かれました。西谷氏は、日野の高校時代からの友人です。

    4年のクラスでは、まず就活についての注意事項を述べ、あらかじめ受けた質問に答えました。西谷氏は現在、最終面接のみを担当しており、西谷氏の一声で合否が決まります。「最終面接での合否の決め手は何ですか」という質問に対して西谷氏は、「これからこの会社で一緒にやっていきたいと思う人」と答えました。そのあと、その場で学生全員にエントリーシートを記入してもらい、そのエントリーシートを使って公開の模擬面接をしました。模擬面接は就職課のスタッフの方も見に来てくれました。

    DSCF3164.JPG

    初めに就活まっただ中の学生が2名指名され、1人ずつ模擬面接後、アドバイスがありました。その学生の1人からは「的確なアドバイスでとても役に立ちました。自信につながりました」という感想がありました。

    さらにもう1人、内定が決まった学生が指名され、圧迫面接の例が示されました。さすがに内定しただけあって、その学生は堂々と対応し、西谷氏からほめられました。

    3年のクラスでは、4つのチームが「日立情報制御ソリューションズ」の企業紹介プレゼンをし、最後に西谷氏からの「日立」紹介並びに講評がありました。西谷氏は「あまり一般的には知られていない会社であるにもかかわらず、指静脈入退管理システムなどを調べてくれてうれしかった」というコメントがありました。指静脈による認証は指紋などよりも正確かつ半永久的に使えて、日立が誇る発明の一つだそうです。それを紹介してくれたのがうれしかったとのことです。今回の企業紹介プレゼンは、「その企業にいる人を喜ばせること」を目標としていたので、その意味で目標が達成できました。

    最後に、西谷氏からのコメントを紹介します。「4年生のみなさんからは、就活への情熱が伝わって来ました。内定目指してがんばってください。3年生のみなさんは、チームの団結力がすばらしかったです。これからもさらにプレゼンに磨きをかけてください」。

    ▼現代文化学科Facebook
    http://www.facebook.com/fukujogendai
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@