• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 臨床心理学専攻
    5. 震災支援(2011年)実習便り

    就職・進路

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻

    カリキュラム

    福岡女学院大学大学院臨床心理学専攻では、教員と院生が中心になって、2011年の夏から、2012年春、2012年夏と、3回に渡って継続的な震災支援を行っています。この計画は、今後も続けて実践する予定です。

    この震災支援の特徴は、臨床心理学専門家が主体となって、臨床心理学的手法を用いて行うことです。
    具体的には、集団遊戯療法「あそぶ寺子屋」と、本学が中心になって展開している主動型リラクセイション療法(サート;Self-Active Relaxation Therapy)が震災支援の手法です。

    毎回大きな成果を上げているこの支援のもう一つの特徴は、臨床心理学専攻の院生全員が参加するということです。
    実際現地に行く院生は毎回5人から7名程度ですが、支援期間中に必要な準備は事前に院生全員が力を合わせて、知恵を絞り、被災地の子どもに心を馳せながら準備に取り組みます。
    集団療法の内容の発案、進め方の工夫、手作りで用意する道具や景品等、現地に行かなくても子ども達の心を想像し、つながるという作業は臨床心理実習としても大事な気づき、学びを与えてくれます。
    もちろん、現地で指導教員(スーパーバイザー)のもと、1日平均2,3人の、主に高齢の方々にひたすらサートを行う訓練は、サートの腕を上げる大きいきっかけになります。

    この震災支援の実習は、社会が直面している課題に実際関わりながら、臨床心理士としてのアイデンティティを育成し、その専門性をもって貢献するという体験であり、院生にとってより意欲的に、自信をもっていきいきと修業に励む力になっています。


    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@